January 12, 2019

前へ!

54回目の誕生日の今日は、午後4時から辻井伸行 × 加古 隆 × レ・フレ−ルによる新春スペシャルコンサート『THE PIANIST!』を渋谷のオーチャードホールで友人と鑑賞予定でしたが、気になるのは秩父宮ラグビー場で開催されたラグビー全国大学選手権決勝『明治大学 vs. 天理大学』。

昨年は同決勝戦『明治大学 vs. 帝京大学』を元紀カップルと秩父宮で観戦し、帝京大学がV9を達成したのを目の当たりにしたのですが、今回は運悪くこのイベントと重なってしまったので現地での観戦は出来ず・・・。14時15分キックオフだったので「前半だけでも観られないか」と年が明けてから考えたものの、既にチケットは完売だったので諦めがつきました。

そして渋谷に電車で移動中、ストリーミング放送しているサービスを探したものの見つからない一方で、録り溜めてあった『カンブリア宮殿』や『ガイアの夜明け』のビデオを午前中に観ていたSlingboxのことを思い出し、Slingboxに繋がっている自宅のHDDビデオレコーダーのNHKの放送をインターネット経由&モバイルデータ通信で観ていました。"ほぼ使い放題"のウルトラギガモンスターの有り難みを実感しながらね。

オーチャードホールに着いた時には22対5で楽勝だと思いきや、残り10分からの天理の粘りで2トライ1ゴールを決められ、「あっ」という間に22対17となり1トライで同点になってしまう状況・・・。

コンサート開始までにゲームが終わるか微妙なタイミングでしたが、押されに押される手に汗握る展開で目が離せません。座席に着いてもまだ電波が入っていたのでドキドキしながらずっと観ていましたが、最後のプレイで天理がボールを前に落としてノーサイド! 22年ぶりに大学日本一になった瞬間を目に留めてから、ピアノの音色に耳を傾けることが出来ました。

関東大学ラグビー対抗戦で王者帝京を破って期待させてくれたものの慶応に敗れ、現地で観戦した明早戦でも負けちゃったのでガッカリし、箱根駅伝でもまさかの10区の大失速でシード権を大きく逃した中での今回の優勝は久し振りに母校スポーツの明るいニュースで、「成田山と出雲大社東京分祠の御神籤の内容が良かったのが運気を良くしたのかな?」と勝手に思ってしまいましたよ。

結果的に最高の誕生日プレゼントとなった今日のゲームは、母校の真骨頂であっる「前へ!」をたくさん感じられたので、アラフィフ最後の1年が始まった今日、私の今年のモットーも「前へ!」に決めました(笑)。


Posted by tom at 11:02 P | from category: イベント情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks