June 17, 2018

佐倉市

曇天で涼しかった今日は、ZOZOマリンスタジアムまでの約12kmをLSDランニングでゆっくり走って行き、日本生命セ・パ交流戦の『千葉ロッテマリーンズ vs. 読売巨人軍』を観戦して来ました。なお、今日は選手がサンライズレッドのユニフォームを着用する『ALL for CHIBA』のイベントゲームで『佐倉市』に特化した日。

佐倉市は今年から『ALL for CHIBA』のフレンドシップシティに加わったのですが、「佐倉市といえば長嶋さん!」と思う人が私の年代では少なくないのではと思う中、佐倉市に特化した初めてのゲームを巨人戦にしたのは、千葉ロッテ球団の”粋な計らい”だと感じています!

もっとも、幼少の頃から巨人ファンで野球に励み、一所懸命勉強して憧れていた長嶋さんの母校である佐倉高校に入学して野球部だった私は、今でも基本的には巨人ファンなので、「佐倉市=長嶋さん=巨人」となる部分ではジャイアンツを応援したい気持ちもありましたが、地元千葉県愛も高まり最近はマリーンズファンを自負しているので、若干複雑な心境だったけどライトスタンドのホーム応援席でマリーンズを応援していました(笑)。

なお、神宮球場に行ってヤクルト戦を観戦する機会が多いので、私をスワローズファンだと思っている人も少なくないようですが、スワローズのファンクラブに加入しているのは、会社からアクセスし易い神宮球場のゲームのチケットを、早く安く買うための便宜上なのです(笑)。あえて言うと、スワローズファンでは無いけど山田哲人選手つば九郎のファンであり、大学野球も含めて”神宮球場のファン”です。

巨人の本拠地である東京ドームもオフィスからのアクセスはそれほど難しく無いのですが、空が見えないドーム球場のゲームはあまり好きではないのと、最近のジャイアンツの試合は観ていて面白くなくストレスが溜まるので、ユニフォーム配布などのイベントゲーム以外は行かないのです。生ビールも一番高いしね(笑)。

そして『ALL for CHIBA 佐倉市』のゲームは佐倉市出身で親善大使でもある荻野目ちゃん(荻野目洋子)の国歌斉唱で始まり、先発の酒居、内海両投手の好投で9回表まで0対1でジャイアンツがリードする投手戦。9回裏に今シーズン10セーブをあげているカミネロが登板したときには、「これで私が観戦したマリンスタジアムのゲームは連敗か!」と思ったのですが、想定外にカミネロが乱調でノーアウト満塁となり、三木の内野ゴロの間に同点! そして私が成長を期待している甲子園の元ヒーロー、仙台育英高校出身の平沢大河選手のヒットでサヨナラ勝ち!!

最後の最後でホーム応援席は大いに盛り上がり、とても楽しい野球観戦でした! ちなみに今年の挑発ポスター”逆さ文字”の巨人版は「無敵」ですが、逆さにすると「得意」! この3連戦は2勝1敗でマリーンズが勝ち越したので、今年も「得意」なのが証明されましたね。

ゲーム終了後にグラウンドウォークがありましたが、長嶋さんに敬意を評してサンライズレッドのCHIBAユニフォームの下に着ていた”佐倉市&長嶋さんTシャツ”だけになり、"栄光の背番号3"で記念写真を撮りました(笑)。


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 14, 2018

習志野

今日はZOZOマリンスタジアムで開催された日本生命セ・パ交流戦千葉ロッテマリーンズ vs. 横浜DeNAベイスターズ』を観戦して来ましたが、平日木曜日なのに”満員御礼”! 今日のゲームは『ALL for CHIBA』のイベントゲームとはいえ平日”満員御礼”になることなんて滅多にないのですが、おそらく其の理由は、この日の『ALL for CHIBA』が習志野市に特化した日で「習志野高校吹奏楽部による応援」があったから。

私が今日午後半休を取って臨んだのも、この習志野高校吹奏楽部の応援を拝聴したかったからですが、2年前に東京ドームの野球殿堂博物館に行った時にあった侍ジャパン壮行試合のポスターに、「誰もが恐れる美爆音集団」や「習志野が吹くと演奏は攻撃になる」と書かれた習志野高校吹奏楽部のポスターがあり、「全校生徒958人、そのうち202人が吹奏楽部」という表記にも驚嘆していました!

実は其のポスターを目にする前に、3年前の全国高校野球選手権大会の千葉県予選で星奈の千葉商大付属高校がベスト8まで勝ち進んでマリンスタジアムで習志野高校と対戦した時に、この習志野高校吹奏楽部の演奏を初めて生で聴いたのですが、凄い迫力で鳥肌モノでした。ほんと「演奏は攻撃になる」と思いましたよ!

そして今日のゲームには習志野高校野球部OBで千葉ロッテマリーンズ一筋、2,000本安打達成まであと23本に迫っている福浦和也選手がDHで先発出場していましたが、福原選手の時だけ応援曲がいつもと違い習志野高校の「レッツゴー・習志野」になっていて超感動しました。残念ながら福浦選手にヒットはなく、ゲームも延長11回で負けちゃいましたが、ゲーム開始前にはグラウンド内を広く使った吹奏楽部の演奏もあり、半休とって行った甲斐がありました!

以前この日記にも書きましたが、習志野高校は私が佐倉高校野球部で3年の夏の最後の公式戦で対戦したチームであり、千葉商大付属高校でチアリーダーをしていた星奈が2年生の時にマリンスタジアムで対戦したチームでもあり、現在の愛車のナンバープレートは"習志野"なので、"習志野"にも何かと愛着が湧いてきている今日この頃です。


23:29:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 13, 2018

2018年のフルマラソンは大阪に確定

今年走ったレースは3月に富津市で開催された『千葉県民マラソン』、そして先日参加した『びえいヘルシーマラソン』の2つのハーフマラソンですが、そのほかに『ちばアクアラインマラソン』のハーフの部、『大阪マラソン』、そして『横浜マラソン』を申し込み、この3つに関しては何れも抽選だったのですが、昨日横浜マラソンの結果の連絡がメールであり、全て出揃いました。

・ちばアクアライン(ハーフ):落選
・大阪マラソン:当選!!
・横浜マラソン:落選

ということで、今年2018年のフルマラソンは大阪の街を走ることになりました! 2015年にホノルルで人生初のフルマラソンを走って以来、2016年3月の板橋10月のちばアクアライン、そして昨年はシンガポールマラソンを走り、フルマラソンは年に1回参加しているようになっていますが、「身体へのダメージが大きいフルマラソンは、大きな都市の大会を年に1回程度のペースで走りたい」と考えているので、大阪マラソンに当選したのはGOODでした!

開催日は11月25日(日)なので、我が家にとって大きなイベントの2週間後ですが、大勢に影響は無いでしょう。上述したように身体へのダメージが大きいフルマラソンは其れなりの準備が必要なので、夏の間にLSDランニングで体重を落とすことに尽力し、9月以降は比較的短い距離を速く走るようなトレーニングをして持久力がつくようにしたいと思っています。もちろん暫くサボっている体幹ストレッチも夏から再開!

フルマラソンは景色や雰囲気を楽しみながら走りたいので記録は狙っていないとはいえ、5時間以内では走りたいと思っているので、2018年の後半に向けての目標にしたいと思っていますが、3年連続で落選している『東京マラソン』は来年3月3日開催予定なのでエントリーが始まったら申し込み、もし当選したら、2019年のフルマラソンは其れでお終いになると思います(笑)。


23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 10, 2018

丘のまちびえいヘルシーマラソン

今回の北海道旅行のメインイベントは『丘のまちびえいヘルシーマラソン』出走です。北海道在住のFacebook友達Hさん(中学校の時に3年間クラスが一緒で比較的仲が良かった同級生女子の妹さん)からこの大会のことを紹介され、ハーフマラソンなら観光気分で走れるし、美瑛macOSの壁紙に採用された『青い池』がとても気になっていて観に行きたかったので、ほとんど二つ返事で参加することを決めたのです。

そしてHさんのクルマに乗って、彼女の友達と行きつけのバーのマスター4人で札幌を6時頃出発して現地に向かいました。高速道路に入る前から私が運転役になり、行きは道央道で旭川経由で美瑛に入り、帰りは富良野三笠経由で札幌市内に帰還して皆さんがお気に入りのスープカレー屋さん『CHUTTA!』に来るまでは終始私が運転していましたが、思いがけず、広い北海道の大地を400km弱クルマで走ることが出来て楽しかったです! もともと長距離運転は全く苦にならないし、北海道の道路は運転しててストレスフリー(渋滞がほとんど無く、信号も少なめ)であることを改めて実感しました。

『丘のまちびえいヘルシーマラソン』はゴール地点から約15km離れたスタート地点の道の駅『びえい 白金ビルケ』近くまでバスで移動し、そこから戻って来るコースです。スタート直後から5km付近までは比較的なだらかな下りが続いていたせいか、自分が想定していたよりも速い1キロ5分30秒ペースでしたが、風が冷たくて気持ちよかったのと、下りなので体力もあまり消耗されず快調。

もっとも、10km地点手前の”心臓破りの坂”以降は、比較的ゆったりとした長い昇りと下りを繰り返すアップダウンが多い状況になり、昇りでは左脚の付け根の部分(お尻の部分)が「攣るのでは?」という感覚になってきましたが、大事に至ることなく無事ゴール! 完走証の記録はグロスだけ記載されていて"2時間03分17秒"でしたが、風景を楽しんで写真を撮りながら走ったレースだったので良しとしましょう(笑)。ホント、とても気持ちが良い21.0975kmでした!

ハーフマラソンを走り終えた後は既に観光モードになっていて、待望の『青い池』を観賞して撮影した後は白金温泉で汗を流して疲れを癒し、選果工房でソフトクリームを食べ、富良野からの果てしなく広い大地とまだ雪が残っている山々との眺めを楽しみ、運転の小休止がてらに寄った芦別の三段滝で複雑な地層を観賞し、CHUTTA!でラム肉とキノコのスープカレーを食べながらハーフマラソン後にまだ飲めていなかったビールにありつけ(ここで運転交代)、ホテルに帰還したのはほぼ22時。メチャクチャ充実した1日でした!


23:42:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 07, 2018

有吉

“有吉”と聞けば、99%の人がお笑い芸人で『有吉反省会』や『有吉ゼミ』など自身の名前が付いた人気番組のMCで毒舌の『有吉弘行』を思い浮かべると思いますが、彼がその昔、『猿岩石』というお笑いコンビを結成し、『進め!電波少年』でのユーラシア大陸横断ヒッチハイクでブレイクし、帰国後のデビューシングル『白い雲のように』が、お笑い芸人がリリースしたCDとしては異例のロングヒットとなってオリコンでミリオンセラーを達成していたことを、私世代の人は知っているけど「若い人達は殆ど知らないのでは?」と思います。

一方で、今日のタイトルの”有吉”はお笑い芸人だけではなく、千葉ロッテマリーンズの有吉優樹投手のことでもあります。昨年ドラフト5位でマリーンズに入団した有吉選手を私が初めて知ったのは、昨年、マリンスタジアムで観戦していた時に彼が中継ぎで登板した時ですが、場内アナウンスで彼の名前が告げられた後に流れたテーマソングが、猿岩石の『白い雲のように』だったので、「なるほど、有吉繋がりか!安直だけど、まあ良いか(笑)」と思って印象的だったのですが、その後で更に興味を持ったのが彼の経歴でした。

実家があり私が育った八街市の隣の市で、私が最初に転職して行った会社の所在地でもある東金市にある県立東金高校卒で、九十九里海岸の海水浴で馴染みがある大網白里市出身だったのです! 私の同級生も何人か東金高校には行ってましたが、当時は女子高だったので野球で意識したことは一度もありませんし、今も強く無いと思うので、彼の出身高校でなければ思い出すことも無かったでしょう(笑)。

大学は『東京情報大』と記されていたものの「どこにある大学?」と思ってググりましたが、千葉県千葉市にある大学でした。私の認識がこの程度だったので、当然ながら野球でも無名の大学で、その後、社会人になって九州三菱自動車の野球部で開花したようです。

その有吉投手、ルーキーイヤーの昨年は中継ぎでチーム最多の53試合に登板しましたが、今年の5月に中継ぎから先発に転向し、過去2試合は何れも雨が降る天気の中(その1試合は「自分史上最もビショビショに濡れた野球観戦」のヤクルト戦@神宮)での登板でした。初戦が5回を2点に抑え、神宮でも5回1/3を1失点に抑えてゲームを作っていましたが、昨日のドラゴンズ戦@ナゴヤドームは7回1/3を投げて無失点に抑え、リリーフ陣も見事に抑えて1対0で勝ち、今季初勝利、先発としてはプロ入り初勝利を挙げたのです!

そして、な、なんと、広島出身で広島カープファンの(お笑いの方の)有吉が、自身のツイッターでゲームセットから9分後に「ロッテ有吉投手!おめでとうございます!! 同姓会万歳!!」と投稿したのだそうです。今年の4月末に「広島が血液に染み込んでいるカープファンですが、同姓という特殊事情でロッテの有吉投手も応援しています。何卒お身体ご自愛ください。」というのが有吉が有吉投手に言及した最初の投稿のようですが、これで益々テーマソング『白い雲のように』は変えられませんね(笑)。

井口監督からは先発した過去2試合でも信頼されているようなコメントがありましたが、今回も「有吉が自分でつかみ取った1勝。丁寧に低めに、見本のような投球だった!」と絶賛したそうなので、今後もローテーションの一角として先発で登板することを楽しみにしていると共に、滅多に出ない地元に近い地域や学校の出身選手なので、今後も応援し活躍を見守っていきたいと思っています!


23:33:00 | tom | comments(0) | TrackBacks