October 19, 2018

カープ圧勝!

セ・パ両リーグともクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージが水曜日から始まっていますが、セ・リーグは広島東洋カープが3連勝し、アドバンテージと合わせて4勝となって「あっ」という間に日本シリーズ進出を今晩決めました。

ファーストステージではリーグ3位の読売ジャイアンツが2位ヤクルトに連勝し、しかもファイナルステージ進出を決めた日曜日のゲームでは菅野投手がノーヒットノーランを達成したので、そのままの勢いで由伸くんが有終の美を飾れるのを微かに望んでいたのですが、、、ジャイアンツを「カモにしている」と言っても過言ではない広島にとって、"赤子の手を捻る"ような感じで圧勝でした。

昨日までに連敗して広島に王手をかけられ後がないジャイアンツは、中4日で菅野が登板すると思いきや先発は今村、、、連敗したので「もはや4連勝は無理」とばかりに諦めたのでしょうか・・・。今日菅野で勝っても後に続く投手がいなそうなので、目先の勝利よりも長い目でみて、菅野投手の今後の選手生命を縮めるようなリスクを犯さないようにでもしたのですかね。リーグ公式戦負け越しでCSに進出したのに、「失うものは何もない!」的なガムシャラさをファイナルステージでは感じることが出来ませんでした。

ちなみにジャイアンツがファイナルシリーズで放ったヒット数と得点数は、
・初戦:1安打、1得点
・2戦目:3安打、1得点
・3戦目:4安打、1得点

一方で広島の場合は、、、安打数は初戦以外大差は無いのですが、得点は結構差が出ましたね。これも得手不得手の違いなのでしょうか。
・初戦:9安打、6得点
・2戦目:4安打、3得点
・3戦目:5安打、5得点

昨年は2位阪神に10ゲーム差をつけてリーグ連覇を果たしたのに、14.5ゲーム差をつけた3位横浜にCSで破れて日本シリーズ進出を逃した悔しさを今回は払拭したので、緒方監督になって3連覇で3度目のリーグ優勝だけど未だ達成出来ていない日本一を目指し、どっちのチームと対戦するか未だ分からない日本シリーズでも勝って欲しいと思っています。

なお、パ・リーグの日本シリーズ進出は埼玉西武か福岡ソフトバンクか未だ未だ予断を許しましせんが、日本シリーズの抽選予約がチーム不特定の想定版で始まったので、リーグ優勝を果たした埼玉西武ライオンズが勝ち上がってくることを望み、メットライフドームの30日(火)のゲームの抽選予約を申込んどきました。広島と福岡では、容易には行けませんからねぇ。


23:30:25 | tom | comments(0) | TrackBacks

October 17, 2018

もうすぐ東京国際映画祭

毎年この時期に六本木ヒルズを中心に開催される『東京国際映画祭』、職場に超近いことを活かして会社帰りなどに積極的に観賞していますが、先週の土曜日から一般販売が始まったので、上映スケジュールと自分の予定を照らし合わせながら、早速5作品のチケット(正確には4作品+?)を予約しました。なお、先行抽選販売で申し込んだ『人魚の眠る家』は外れました(泣)。

ということで、予約した作品は以下の通りで、括弧内は部門と製作国です。
はじめての別れ(アジアの未来:中国)
万引き家族(Japan Now:日本)
菊とギロチン(Japan Now:日本)
アジア三面鏡2018:Journey(アジア三面鏡:中国、ミャンマー、日本)
アジアの未来 作品賞 受賞作品(アジアの未来:???)

毎年述べていそうな気がしますが、『万引き家族』以外は全く予備知識もなくタイミングが合致しただけの縁で選んだ映画なので、観た後の感想が良いか悪いかには関係無く、これも"偶然のように思える必然"。『アジアの未来 作品賞 受賞作品』なんて何が選ばれるかも分かりませんからねぇ。なお、残念ながら今回はタイミングが合わず『東京グランプリ受賞作品』の観賞は無しになりそうです。


23:18:13 | tom | comments(0) | TrackBacks

October 15, 2018

コーヒーが冷めないうちに

日曜日の昨日は先週平日に行けなかったコナミスポーツクラブに午後から行きたく、午前中は何もイベントが無い時の日曜日恒例のTBS三昧(健康カプセル!ゲンキの時間がっちりマンデーサンデーモーニングサンデージャポンアッコにおまかせ!)していましたが、星奈がバイトで出かけた後に家内とランチの話になり、「俺は13時までTBSのTV観てるから、カップラーメンでいいや」と応えていました。

その後、「夜はセ・リーグのクライマックスシリーズ東京ヤクルトスワローズ vs. 読売ジャイアンツ』をTV観戦したいので、晩飯は自宅で食べる」旨伝えると何だか残念そうな素振りを見せ溜息ついたので(家内は週末は外食したい派)、「ならばランチをコルトンプラザで一緒に食べて、そのまま俺はコルトン内のコナミに行き、家内はコルトン内で適当に買い物」という案を思い付きました。

せっかくなので「今日はコルトンで映画何やってる?」と思ってTOHOシネマズの市川コルトンプラザのスケジュールを見てみると、奇遇にも前日に家内が話していた『コーヒーが冷めないうちに』がちょうど良いタイミングの13時10分から上映予定だったので、一緒にコルトンでランチして映画観てから、私はスポーツクラブ、家内は買い物とVERY GOODなプランが出来たので即提案して出掛けることになりました。ちなみにコルトンプラザは映画を観ると最長で6時間まで駐車料金が無料になります。

昨日は14日のTOHOシネマズの日で、独りで映画観ても1,100円で観られる日だったのですが、二人だったのでもちろん夫婦50割使って一人1,100円で観ました。通常の1,800円に比べてメチャクチャお得感がありますが、特に今回のように「”必ず”観たい」ではなく「”なんとなく”観てみようかな」と思うような映画の場合には好都合です。ちなみに家内は、星奈から『コーヒーが冷めないうちに』を「面白いから観たほうが良いよ!」と勧められていたそうです。

そして『タルタルハンバーグ 牛忠』で家内がサイコロステーキ&ハンバーグを、私が牛三昧丼(ローストビーフ、高級コンビーフ、牛しぐれ煮)を食べた後に映画鑑賞しましたが、なんの予備知識もなく観た『コーヒーが冷めないうちに』は、”ほんわか”するような内容で温かい気持ちになりました。目頭が熱くなるシーンはあったものの涙を流すまでには至りませんでしたが、隣の家内はハンカチ出して拭ったり鼻ズーズーしていたシーンがありましたよ(笑)。

ネタバレになるので詳細を語るのは控えますが、主な所見は以下の通り。
ALLWAYS 三丁目の夕日に似た映画かなと思っていたけど、だいぶ違った
・某女優さんが最後まで喋らない役なのかと思った
・イケメン俳優よりもずいぶん早く、キーとなる作戦に察しがついた
・吉田羊が”はまり役”だった。プライベートでもあんな感じがする
・なんで水中眼鏡?
・認知症は夫婦にとっても身近な問題かも

その日の夜、野球観戦しながら赤ワイン飲んで良い気分になっていた時に、家内に「あの映画みたいなことが出来たなら、いつに戻りたい? 結婚前に戻って千葉に来るのをやめるとか(笑)」と尋いたところ、マジ顔で「死に際に会えなかったので、お父さんが死ぬ直前に会いたい」とのことでした。翻って私の場合には、、、俄かには思い浮かびませんが、子供達の出産には立ち会えなかったので、産まれた数分後の彼らに会ってみたいかなぁ。分娩室の外で充分ですけどね。子供達が巣立った後には、"夫婦関係が冷めないうち"に時々映画に行くのもGOODです(笑)


23:10:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

October 14, 2018

菅野ノーヒットノーラン!

プロ野球はセ・パ両リーグで土曜日からクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージが行われていますが、セ・リーグは東京の球団同士の戦いで2位東京ヤクルトスワローズ神宮球場での開催。神宮ファンの私はヤクルトのファンクラブに便宜上入っているので、チケットを一般の人より先行で購入できたのですが、昨日は山へ芝刈り(ゴルフ)なので会社帰りに行ける15日(月)のを先ずは購入しました。

更に今日のゲームのチケットも買おうと思ったのですが、「土曜日はライアン小川でヤクルト、日曜日は菅野で巨人が勝って第3戦まで縺れること間違い無し。ポストシーズンのチケットは高いし、まだファーストステージなので、月曜日の一番盛り上がるゲーム観戦だけでいいや!」と思ってやめました。

そして昨日から始まったファーストステージでヤクルトは予定通り小川投手が先発しましたが、一昨年からジャイアンツに対して8連勝中で今シーズンも4連勝していたライアン小川が、、、7回途中までに4点を取られ、セ・リーグ最高チーム打率のヤクルトは山田哲人バレンティンの主砲が不発で1対4と惨敗

そして今日は菅野投手なのでジャイアンツが勝つ可能性大ですが、心の奥ではジャイアンツファンで明日もジャイアンツ側のレフトスタンドの座席のチケットを持っているとはいえ、今日勝ってしまうとジャイアンツのファイナルステージ進出が決定し明日のゲームがなくなってしまうので、ちょっと複雑な心境・・・。

BSフジでライブ中継していたのでサラウンドシステムをオンにして臨場感を高め、缶チュウハイと赤ワイン飲みながら観戦していましたが、「菅野だけど今日は負けてもいいよ」という私の個人的な淡い願いを一蹴するように、ジャイアンツが長野、マギー、亀井のホームランで点数を積み上げる中、ヤクルトは菅野の前に一人もランナーを出せず凡打の山・・・。

4回終了後に4対0となったので明日のゲーム観戦は早々に諦め、ここからの関心は菅野投手の完全試合となりました。結果、7回2死から山田哲人にフォアボールを与えましたが、菅野の圧巻のピッチングは最後まで崩れることなく、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成しました!

菅野投手はシーズン終盤に3試合連続完封勝利を挙げ、15勝で2年連続最多勝、防御率2.14で3年連続最優秀防御率、200奪三振で最多奪三振と投手主要3部門で3冠を獲得し、10完投、200投球回など沢村賞の選考基準の7項目を全てクリアし受賞が有力視されていましたが、これで確実になったと思います。

広島とのファイナルステージで菅野投手がどんなピッチングを見せてくれるのかも興味津々ですが、ここまで来たら史上最大の下克上、勝率5割以下からの日本シリーズ出場を果たして日本一になっちゃい、由伸くんに有終の美を飾って貰えたらと願っています。ちょっと気が早いかも知れませんけどね(笑)。


23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

October 13, 2018

第13回SOP杯

今日は前職のゴルフコンペが市原の『かずさカントリークラブ』で開催され参加してきました。SONY Optiarc社が解散してから5年半経過しましたが、初代永久幹事Sさん、そして今の2代目永久幹事Mさんの尽力で毎年2回のペースで開催され、今回も当時の社長さんを含め10人が集まりました。皆さん様々な新天地に散らばりましたが、このコンペで定期的に近況報告出来るのもGOODです。

今日は最後の3組目でY女史、そして幹事のMさんと廻りましたが、自身今年2回目、半年振りのゴルフで途中全く練習していなかったにも関わらず、比較的狭い山岳コースなのに前半は好調で結果オーライを含めてスコアも良く、パー2、ボギー4、ダボ3回で46。

このゴルフ場のカートはスコアを入力すると同じパーティの他のメンバーのスコアも見れてグロスの順位で並べてくれるのですが、後半の途中くらいまで2位争いをしていましたよ。でも3位までの他の二人は80代以下で廻る凄腕メンバーだったので、このまま行けばハンディキャップが多い私が優勝するチャンス!

そして後半のつばめコースも最初の2ホールが連続ダボだったものの、3連続ボギーで挽回し、「久し振りの2桁間違いなし」と思って臨んだ上がり3ホールのロングで10打叩き、次のホールもトリ・・・。もはや最後のホールをパーで上がらない限り2桁を維持できない状況になってしまいましたが、、、最終ホールで3mくらいのパットを決めて見事パー!なんとか2桁維持の99でした。

残念ながらコンペの結果は4位でしたが(スコアが3つ良ければ優勝だったのに、泣)、かずさCCのコースと同じように山あり谷ありで面白おかしく廻り、充実した芝刈りラウンドでした。半年後の再会を楽しみにしています!


23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks