November 19, 2017

2017年に2017mの雲取山登頂!

昨日今日と、高校同窓生山登り仲間4人で雲取山に行って来ました。毎回、企画とメンバー募集、ルートやスケジュール管理も全て”師匠”と称している元テニス部の女史なのですが、今回の目玉は「2017年に標高2017mの雲取山に登頂する!」でした。前2回(尾瀬と白馬)はタイミングが合わず参加できなかったので、計画が確定した1ヶ月ちょっと前から楽しみにしていました。

もっとも週初めの天気予報では、この週末は冬将軍がやって来て大荒れになる天気。。。日が近づくにつれ雨の程度が緩んで来ましたが、それでも当日の昨日の天気予報では半日くらい小雨が降る予報になっていました。しか〜し、超小雨を感じたのはスタート直後の森の中の数分間だけで、それ以外は全く雨は無く、終始曇天とはいえ気持ち良い初日になりました。「さすが晴れ男!自分!!」と自画自賛したのは言うまでもありません(笑)。

その初日は西武池袋駅から6時50分発の”ちちぶ3号”に乗って西武秩父駅に行き、そこから路線バスで1時間15分ほど掛けて三峯神社へ。そして其処から約900m標高が高い雲取山へ向かいますが、初日の最終到着地は手前の雲取山荘です。

三峯神社の森の中の鳥居をくぐり、妙法ヶ岳山頂、炭焼平、地蔵峠、そして秩父宮両殿下御尊影レリーフが岩に嵌め込まれている霧藻ヶ峰山頂へ。その後、お清平からは比較的急な坂が続き、小さなアップダウンを繰り返しながら前白岩山へ。そして標高1,920mの白岩山を超え、芋ノ木ドッケ、大ダワと進んで午後3時半過ぎに雲取山荘に到着しました。約5時間半のルートでしたが、心地良い疲労感と前日は3時間しか眠っていなかったこともあり、18時の夕食後に豆炭で温かった炬燵に入っていたら急激に睡魔に襲われ、そこから爆睡しましたよ。

そして今朝は4時半に起床して5時半からの朝食を一番乗りで食べ、御来光を観るために早々に雲取山山頂を目指しました。日の出予想が6時20分頃とタイミング的にはギリギリだったので、早飯の私が写真撮影のために先に出発して歩くこと20分強。日の出3分くらい前に山頂に到着し、見事な御来光を拝観し撮影できました! 地平線の日の出の位置には雲があったので、後続メンバーも雲の上からの御来光には間に合いました(若干体調を悪くした1名除く)。

そして、見事に晴れ渡って空気も澄んでいて視界"超"良好の山頂で、『雲取山西暦二千十七年記念』と『雲取山 東京都最高峰 標高2017.1m』の看板の前で記念撮影。朝の太陽の光を浴びて東側が綺麗に輝いている富士山を背景に、GOODな写真が撮れました。なお、気温はマイナス5度程度だったと思います。

その後は三条の湯、サオラ峠、丹波天平を通り、目的地の丹波山役場前へ。7時間掛かる予定でしたが、健脚者が多かったからか(4人中3人がフルマラソン経験者)6時間程度で到着でき、路線バスの出発時間まで休憩する予定だった道の駅『たばやま』の『のめこい湯』でも、思いっきりリラックスできました。此処では遅めのランチにもなりましたが、私はきのこ蕎麦、ヤマメのレモン煮、鹿のウィンナーを肴に生ビール、ハイボールを堪能し、その後もお座敷の休憩室で缶ビール500mlやっちゃいました。

奥多摩湖駅までの路線バスは登山客と思われる人達でほぼ満員。私も終始立っていましたが達成感で苦にならず、奥多摩駅からのホリデー快速おくたまには楽勝で座れたので、道の駅の売店で買った紙カップ版の赤ワインを2本飲み、電車に揺られて後半はウトウト夢心地でした。

路線バスや電車の時間も含めて綿密な計画を立ててくれた師匠のKちゃんには今回も頭が下がると共に、すっかり任せっきりで、雲取山の住所が東京都だって知ったのも出発二日前という私。。。でも、高校同窓会山登りチームにはなくてはならない存在なので、今後も宜しくね!ちなみに下戸ですが、全くそうは見えません(笑)。


23:15:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 18, 2017

パクチー・パーティー

昨日の夜は前職での同僚で引き続きFacebookで繋がっているTさん主催のパクチー・パーティーが南青山のイタリアン『LACCO』で開催され、場所を調べるとオフィスから徒歩20分強でしたが、開始が19時30分からだったので、歩いて行って参加しました。

タイトル通りパクチー料理だらけのメニューでしたが、Tさんが自分の交友関係の中で「パクチー大好き!」を認めているメンバーに声掛けて募った参加者なので、皆さん望むところ。そんな会だったので、全参加者21人中Tさんを含めた4人以外は初めて会う人というエキサイティングな飲み会でしたが(しかも女性が多い!)、異業種交流会みたいな雰囲気で早々に打ち解け、旅行の話や趣味の話、マイブームなどの話で大いに盛り上がりました。

翌日は4時半起きで山登りに行くので21時30分までの1次会で引き上げようと思っていたのですが、会話に夢中になり、何気に時計を見たら既に22時30分と1時間もオーバーしていて、慌てて帰宅したものの自宅到着は午前様、、、3時間睡眠で今日の山登りに望みましたよ(汗)。

でも新しいFacebook友達も数人でき、人脈と交流が広がりそうな予感です。次の飲み会やイベントなどへの発展を楽しみにしています。


23:24:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 16, 2017

ザ・サークル: THE CIRCLE

昨日の日記に書いたように、今週はシネマイレージ会員は映画が1,100円で観られる週間ですが、昨日の1回だけでは勿体無く、また最終日の明日は飲み会で行けないので今晩行くことにし、朝の通勤中に作品を選んでいました。

候補は、
亜人
ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜
だったのですが(結構ミーハー、笑)、いずれも上映開始が21時過ぎなので、観るなら市川のコルトンプラザのTOHOシネマズに移動して観賞する必要がありますが、それでも終了時間は23時半前後とメチャ遅いのでやめました。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ上映分では『ザ・サークル』が18時45分開始でGOODなタイミングでしたが、Yahoo!映画の評価では星3つと低め。。。でも詳細をチェックしてみると、世界一のシェアを誇るというSNS企業を話題にした内容だったとの、映画のポスターには『「いいね!」のために、生きている。』という、なにやら誰かに似ているような(はい、私ですね。笑)キャッチコピーもあったので、興味が急激に高まり観ることに決めました。なお、奇しくも昨日がトム・クルーズ、そして今日がトム・ハンクスとトム続きになりましたよ!

そうと決まったら家内に「今日は晩飯要らない」連絡をしなくてはならないので、家族用のグループLINEに『ザ・サークル』の画像と共に投稿すると、星奈から「いいなあ、うちも見たいやつ(泣)」とコメントがありました。彼女の今夜のバイト予定等を知りませんでしたが、「TOHOシネマズ六本木で18時45分開始だけど」と返すと「いこうかしら、、」という返信があり、結局、父娘で観ることになりました。

折角なので、その前に六本木ヒルズ近くに最近オープンしたシェイクシャックで腹ごしらえ。晩飯含めて2,000円弱で済むはずの今宵の予定が、星奈の飯代とチケット代が追加され、結果的に5,000円強の出費になってしまいましたよ。それを彼女に嘆くと、「今の世の中、オヤジがJDとデートするなんて、3万円払わないと出来ないんだぞ!」と返されましたが(笑)。

そして、『「いいね!」のために、生きている。』で期待して観た『ザ・サークル』は、実際には「いいね!」に関しての直接的な描写は殆ど無く、街中のいたるところに取り付けられたカメラによる監視社会の功罪と、それに対するアンチテーゼを示すような内容でしたが、プライベートの公開とプライバシーのバランスの重要性を再認識させられました。

私は家族を含めたプライベートをFacebookやブログ(その昔はホームページ)で比較的公開しているほうですが、それは決してライブカメラでは無くプライバシーは比較的確保していると思っています。私を含め、誰にでも独りだけになって心底リラックスし、人知れず素の自分を出して「だらっ」としたい時間が間違いなくあると思いますが、エマ・ワトソン演じるメイのようにされてしまったら、その時間が全く無くなりますからね。

そして衝撃の結末は・・・! 公開中なので多くを語りませんが、あまりにあっけ無さ過ぎて、星三つの理由が理解出来たかもです(笑)。


23:37:00 | tom | comments(1) | TrackBacks

November 15, 2017

シネマイレージ会員のお得な1週間

TOHOシネマズのメルマガで告知があり、リマインダーにも登録して逃さないようにしていたのですが、11月11日(土)〜17日(金)はシネマイレージ会員は映画が1,100円で観られるお得な1週間です。

シネマイレージ会員は毎週火曜日に割安で観られますが、それでも1,800円が1,400円になるだけ。1,100円で観られるチャンスは毎月1日のファーストデイ、毎月14日のTOHOシネマズデイ、そして夫婦どちらかが50歳を超えていたら2人で2,200円で観られる夫婦50割引がありますが、1,800円 vs 1,400円よりも1,800円 vs 1,100円の方が、お得感だけでなく、仕事帰りでも映画を観に行きたくなる動機は圧倒的に高まります。

そしてオフィスから映画館が近い地の利も利用し、仕事が終わってからでも上映開始に間に合い、あまり遅くならない時間の範囲で探した結果、今宵はTOHOシネマズ六本木ヒルズで19時10分から上映開始の『バリー・シール/アメリカをはめた男』を観賞してきました。

トム・クルーズ主演の映画なので、ミッション・インポッシブルのようにトム自身が身体を張ったアクション満載の映画かと思いきや、ハラハラドキドキ感はあったものの、1970年代から80年代の古き良き時代のアメリカン・テイスト満載でノスタルジックでもあり、(方法はともかく)ひょんな事からアメリカンドリーム?を実現した実話のバリー・シール役がトム・クルーズのキャラにぴったりだった気がします。

なお、映画の原題は『American Made』で邦題『バリー・シール/アメリカをはめた男』とは大きく違いますが、どちらかというとバリー・シールがアメリカに"はめられた"ように思えました。


23:26:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 12, 2017

尾崎裕哉 SEIZE THE DAY

今日は尾崎裕哉のコンサート『SEIZE THE DAY HIROYA OZAKI TOUR 2017』を鑑賞しに松戸の森のホール21に行って来ました。8月末の某国出張時にe+(イープラス)から先着先行の案内がメールで来たのですが、自宅から比較的近い松戸で日曜日の夜なので、数少ない共通の嗜好がJ-POPである家内と行くつもりで申し込み、「尾崎裕哉のコンサート、申し込んだよ」とLINEで伝えたのですが、「尾崎裕哉を好きなんて言ったっけ? 私は三浦佑太郎君ラブだから行かないよ!」とつれない返事。。。

その後、この週末に茂木で開催される『2017 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT GRAND FINAL』に誘われたりしていたので、チケットキャンプで売ることも考えていましたが、先月中旬の代休時に観ていた情報番組『スッキリ』にゲスト出演していて、そこで紹介された楽曲、劇場版アニメ『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1』の主題歌『Glory Days』が、力強くて良い感じでヒットの予感がしたので、そのまま行くことにしたのでした。もっとも、日曜日の夜で松戸だと私の交友関係では行ける人が中々見つからず、最悪独りで行くことも考えていましたが、先週水曜日にSNSでやっと同行者が見つかりました。

森のホール21の最寄駅、新八柱駅は武蔵野線で西船橋駅から4駅目で、乗っている時間は12分程度。駅からホールまでは徒歩20分弱ですが、自宅からのアクセスは比較的楽ちんでした。自宅→西船橋駅も徒歩20分弱なので、歩いている時間が長かったですけどね。帰りは西船橋駅の一つ手前、中山競馬場への観客で賑わう船橋法典駅で降りてみましたが、こちらは徒歩で20分強でした。

そして尾崎裕哉、ご存知のように伝説のミュージシャン、尾崎豊の息子ですが、今年の2月に東京国際フォーラムで開催された『Billboard Classics Festival 2017 in TOKYO』に行った時に生で聴いたお父さんの名曲『I LOVE YOU』に超感動し、このコンサートの中でも歌ってくれることを楽しみにして来ました。なお、客層は思ったよりも若い人達が多く、また、母娘で来ている人も少なからずいたような気がします。お母さんが尾崎豊、娘が尾崎裕哉のファンなのでしょうかね。

ところでこのコンサート、Facebookカーの私には非常にありがたいことに、ストロボなどで演出の妨げにならなければ写真や動画の撮影はOKとのことでした!演奏が始まる前のコンサート内を撮影することさえ禁止のプログラムが多い中、粋な計らいです。肖像権や著作権云々がありますが、SNSで拡散されて間違いなく宣伝にはなると思うので、こういったアーチストが増えてくれることを願っています。

2時間強のプログラムは「あっ」という間に終わっちゃった感じでしたが、弾き語りのコーナーで歌ったお父さんの名曲『シェリー』がアコースティックギターの音色と共に会場に響き渡り、最後の『Glory Days』も気持ちが前向きになり、力が湧いてくるような強さで溢れていました。その楽曲では客席前側を周回する演出もあり、2m程度の距離でナマ尾崎裕哉を拝観しましたよ。若干、劇団ひとりに似てる?(笑)。

そしてアンコールでは待望の『I LOVE YOU』を披露してくれ、またまた心に染み入りました。お父さんのような泥臭さや、良い意味でのトゲトゲしさは感じられませんが、綺麗な歌声とお父さん譲りの圧倒的な声量です。アンコール最後の楽曲は「両親への感謝の意を込めて」と言ってから『始まりの街』をハートフルに歌ってくれました。♪遠い空から見守っているきっと♪、その通りなのでしょうね!


23:48:00 | tom | comments(0) | TrackBacks