July 20, 2018

燕パワーFRIDAY

最近のプロ野球各球団は営業努力を結構していて、観客をたくさん呼んで楽しませてくれるようなイベントをいくつも企画していると感じていますが、東京ヤクルトスワローズも例年以上にやってくれています。そして金曜日の今日の中日ドラゴンズ戦は『生ビール半額ナイター』だけでなく『燕パワーFRIDAY』でした。結果(ドラゴンズ戦なのに、笑)満員御礼でした!

今シーズンは神宮球場での金曜日の試合を『燕パワーFRIDAY』として、選手は緑色のTOKYO燕パワーユニホームを着用してゲームに臨み、燕パワーユニホーム(今年バージョンではなく歴代のでもOK)を着用している観客には”プチ特典”なるものがあるのです。

そして今日は、売店で販売している500円のレモンサワーが通常545mlカップのを720mlカップに増量してもらえる”プチ特典”だったので、半額以下である350円の生ビールを一休みして、このレモンサワーも堪能しましたよ。

私は山田哲人選手のネーム&背番号入り2017年バージョンのTOKYO燕パワーユニホームを着て久し振りにスワローズ側(1塁側)で応援していましたが、それに応えてくれるように山田選手が19号と20号の2本のホームランを放ってくれました!

そしてスワローズも快勝!今シーズン初の神宮球場の花火も、夏祭り - Whiteberryの『夏祭り』の楽曲と共に打ち上がり、まさに"TGIF"(Thank God. It's Friday)!でした。


23:42:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 19, 2018

ご縁が無かった・・・

というのはiPhoneケースのことです(笑)。以前この日記にも書きましたが、私はiPhoneにはスリーブタイプのケースを使っていて、鞄などに入れる時にはそのケースに収め、使う時にはケースから取り出して裸で使っています。そしてお気に入りのケースは、『alin(ありん)』が販売している本牛革レザースリーブケースで、経年劣化に依る買い替えや機種違いなどで此れまでに3つ買いました。

その中で、昨年11月に買ったiPhone X用のネイビーのケースは、1ヶ月ほど経過した後の12月中旬に開催された高校同窓生との忘年会の会場(船橋のスペイン料理『メソン・パスカ』)に忘れて来ちゃいました。翌日お店に電話したら在ったので、その日の夕方に取りに行って事なきを得ましたが。

それから半年ちょっと過ぎた今週月曜日の『海の日』、ZOZOマリンスタジアムで『千葉ロッテマリーンズ vs. 東北楽天ゴールデンイーグルス』を観戦して来ましたが、自宅に着くとiPhone X用のケースが見当たらない・・・。

リュックを隈なく探しても見つからなかったのですが、スタジアムから自宅まではFacebookへの投稿なども含めて終始iPhoneを弄っていたので、落としたとしたらグランドウォークの芝生の上か、移動中のバスや電車で手からこぼれ落ちたかですかね。

一応マリンスタジアムには尋いてみましたが無かったので、このケースとはご縁が無かったようです。去る者は追わず、、、なんてね(笑)。代替えとして今回は『alin』のではなく、ちょっと安いスリーブタイプのケースをAmazonでオーダーしてみました。


23:27:53 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 18, 2018

風車のひまわりガーデン

代休の昨日は「アメ横に買い物に行きたい」という母(イッちゃん)のリクエストに応えて上野方面に一緒に出掛ける予定でしたが、連日の猛暑で「暑いから今回は出かけるのをやめる」と前々日にキャンセルを申し出て来たので私は暇になり、全国のイベント&おでかけスポット情報『ウォーカープラス』で千葉県内のイベントを調べ、千葉県イベントランキングの2位だった『風車のひまわりガーデン』が近場だったので写真撮影をメインに行って来ました。

会場はチューリップやコスモス、そして向日葵(ひまわり)でも何度か行っている『佐倉ふるさと広場』でしたが、「向日葵はこれからが旬?」と思いきや、『風車のひまわりガーデン』は次の日曜日(7/22)まででした。それ以降は、8/4(土)に開催される花火大会『佐倉花火フェスタ』の観覧会場設営作業のため観られないのだそうです。

以前、平日の金曜日にチューリップを観に来たときに、空いていると思いきや意外に多くの人達で賑わっていたことがありましたが、今回は人も疎らで写真撮影にはGOODでした。しか〜し、「気温35℃を超えているのでは?」と思われる暑さと、「90%くらいはあるのでは?」と思える湿度のため、屋外には30分もいられないくらいでした。陽射しが痛いし(汗)。

ということで、"じっくり"ではなく"足早"に写真をそれなりに撮って来ましたが、今回の発見は、中央の種の部分が茶色ではなく黄色い向日葵が1つだけあったこと。そういう品種なのでしょうかね?生まれて半世紀過ぎてますが、初めて見た気がします。

その後、帰宅してから冷房を効かせて缶チューハイ飲んでマッタリしていたら、奇遇にも日テレの『news every.』で、「猛暑のなか満開のひまわり約1万5,000本が咲き誇る」として『風車のひまわりガーデン』の会場から、タレントの渡辺裕太渡辺徹榊原郁恵夫婦の長男)がLIVE中継していました。

その中継内でも説明がありましたが、ここに咲いている約1万5,000本の向日葵は、オランダの画家 ゴッホが描いた向日葵のイメージに近い品種『ゴッホのひまわり』なのだそうです。確かに一般的な向日葵よりも背が低いと思ったのですが、そんな理由だったのですね。猛暑の割には空の青さはイマイチでしたが、それでもオランダ風車と青空をバックにした一面の向日葵は、今の季節にピッタリでした!


23:21:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 17, 2018

幕張サマーユニフォームと圧着サービス

海の日』の昨日は、ZOZOマリンスタジアムの『千葉ロッテマリーンズ vs. 東北楽天ゴールデンイーグルス』を観戦して来ましたが、この日は『MAKUHARI SUMMER STADIUM』のイベントゲームで、サーフブランド『BILLABONG』デザインによるボタニカル柄のサマーユニフォームが配布されるゲームでした。

そんな時、マリーンズのWEBページのニュース一覧で「7/16(月・祝)メモラビリア即売会&配布サマーユニフォーム圧着サービス実施!!」というタイトルが目に留まりチェックしてみると、背ネーム・番号ワッペンの販売と其の場で入れられる圧着サービスイベントを開催するとのことでした。圧着は無料なので費用はネームシート代2,000円と比較的リーズナブルだと思い、またサマーユニフォームのMajestic製レプリカを購入する予定は今のところ無いので、この機会に圧着をやって貰うことにしました。

ゲームは17時開始だったので、お昼時にイオンモール船橋まで歩いて行き(約2km)、らーめん春樹の冷麺でブランチを採ってからQBハウスで散髪し、多目的トイレで日焼け止めを入念に塗ってからランニングでスタジアムに向かいました。猛暑ですが風はあったので、走っている時はそれほど暑く感じなかったものの、信号待ちで停まると熱風を感じて汗が玉のように吹き出してくる状態。それでも苦にならず習志野市海浜公園に到着し、それからは海風に当たりながら2kmほど歩き、汗を自然乾燥させていました。従って昨日は8kmのランニングと4kmのウォーキングでした。

そして海岸沿いをスタジアムまで歩いている時に、圧着サービスはどの選手のにしようか考えていました。No.16の涌井、No.13の平沢、そしてNo.8の安田のがあるので、社会人から今年入団したルーキーでレギュラーを守り続けているショートの藤岡裕大選手にすることに決め、圧着サービス会場に行きましたが、、、2,000円で購入できるネームシートに藤岡選手はラインアップされてなく、結局、アルファベットのワッペンを個別に買うことにしました。

アルファベットのワッペンは300円でしたが、藤岡選手の場合は同姓がいるので名前のイニシャルとドットも入リ、”Y” “.” “F” “U” “J” “I” “O” “K” “A”と9文字! それに背番号が900円、胸番号が400円なので合計4,000円!のはずが3,850円だったのは、ドットが150円なのかな? いずれにしても目論見よりも倍くらい掛かりましたが、まあ、良しとしましょう(汗)。なお、 後から冷静に確認して分かったのですが、2,000円のネームシートは背番号もついているようなので、文字数が多い名前だったり二桁背番号の選手の場合には、そちらを買うのがベストだと認識しました。胸番号は別に買う必要がありますが、それでも2,400円ですからね。ちょっと細かいですが、備忘録も兼ねて。

ゲームの方は、私が観戦したゲームでは4試合連続となるアジャ井上の17号ホームランが飛び出し、直後に追いつかれたものの勝ち越して9回2アウトまで来ましたが、代打枡田のホームランで同点。9回裏には2アウト満塁から中村奨吾選手の"あわやサヨナラヒット"をセカンド藤田に背走ファインプレーで好捕され、結局、延長戦で負けてしまいました。翌日が代休なのを良いことに、MAKUHARI SUMMER STADIUMスペシャルのライティング・グランドウォークにも参加して来ちゃったので、自宅に着いたのは22時30分過ぎ。長い1日でした(笑)。


23:24:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 16, 2018

人生初のプロレス生観戦

昨日は母校の高校野球を観戦していましたが、7回表が終わった時に時間切れで後楽園ホールに移動し、プロレスを初めて生観戦して来ました。本当は12時からだったのですが、高校野球の観戦が急遽決まったので、プロレス観戦に声を掛けて頂いたマレーシアソフトボール友達Pさんに、1時間遅れでの参加を承諾して頂きました。

後楽園ホールでは全日本プロレスが興行していましたが、ちょうど前半が終わったところの休憩中でタイミング良く入れ、それでも以下の3つの試合を観れました。
1. GAORA TVチャンピオンシップ:第15代王者 秋山準 vs. 挑戦者 TAJIRI
2. 世界ジュニアヘビー級選手権試合:第47代王者 青木篤志 vs. 挑戦者 岩本煌史
3. 三冠ヘビー級選手権試合前哨戦6人タッグマッチ:宮原健斗、ヨシタツ、野村直矢 vs. ゼウス、J.ドーリング、KAI

最初の試合の秋山準は全日本プロレスの運営会社オールジャパン・プロレスリング(株)の社長さんだそうで、毒霧を吐くのが特徴であるTAJIRIも遠慮するのでは?との噂もありましたが、最後は毒霧を吹かれた社長が首固めで敗れ、11度目の防衛に失敗しました。毒霧の成分が気になりますが、まあショーなので(笑)。

この二人の試合は比較的ゆっくりとした動きでしたが、2試合目は青木篤志が覆面を被ったレスラーであり、ミル・マスカラスタイガーマスクをイメージした私の期待通りの空中戦でした。この頃になってくるとレフェリーが「3カウント目を叩かない」と感じる状況も分かるようになり(2カウント目までよりも間があく)、カウント2.9ぐらいが結構ありましたが、まあ、ショーなので(笑)。試合は青木篤志選手がアサルトポイントで4度目の防衛に成功しました。

3試合目は3人ずつのタッグマッチでしたが、場外乱闘はリングサイドだけでなく客席まで来て展開され、私の4つ目の前の座席に叩きつけられるシーンなどもあって迫力満点でしたよ! ちゃんとお客さんが逃げるのを待ってから叩きつけていましたけどね。ちなみに、こんな乱闘が2人ずつ3箇所で行われていました。今日のレスラーの中で一番筋肉モリモリだった元ボディービルダーのゼウスがいるチームがジャックハマーから片エビ固めで勝利しましたが、彼は関西弁のお茶目なおにーちゃんでした。

私が中学生くらいまでの時はゴールデンタイムに週2回プロレスの中継がTVでもありましたが、当時存命だった祖父がプロレスが大好きで、ボディースラムとかで選手がマットに叩きつけられる時など、身体を揺らしながら見入っていましたよ。なので私も結構一緒に観ていましたが、当時はザ・デストロイヤー以外の外人レスラーは反則が多くて全て悪者だと思っていました(笑)。

ジャイアント馬場アントニオ猪木ジャンボ鶴田天龍源一郎坂口征二長州力ドリー・ファンク・ジュニアテリー・ファンクアンドレ・ザ・ジャイアントハルク・ホーガンブルーザー・ブロディ等々、懐かしい名前を思い出します。


23:09:00 | tom | comments(0) | TrackBacks