May 25, 2018

高校野球とプロ野球の違い

今年は甲子園を沸かせた高卒のゴールデンルーキー、特に"超高校級スラッガー"と言われた野手がプロ野球にドラフト1位で数人入団しましたが、これまでは結構苦戦しているようです。具体的には、
清宮幸太郎:早稲田実業 → 日ハム:昨日までの成績(1軍) 打率.150、HR1、打点1
安田尚憲:履正社 → 千葉ロッテ:昨日までの成績(2軍) 打率.267、HR3、打点24
中村奨成:広陵 → 広島カープ:昨日までの成績(2軍) 打率.200、HR2、打点8

昨日ZOZOマリンスタジアムで観戦した『千葉ロッテマリーンズ vs. 北海道日本ハムファイターズ』戦には清宮選手が8番レフトで出ていましたが、2打席凡退した後に交代させられてしまい、2軍降格も大いに懸念されます。また、仙台育英時代に甲子園で活躍して一昨年千葉ロッテにドラフト1位で入団した平沢大河選手も8番ライトで先発出場していたものの、今シーズンの此れまでの成績は打率.206、HR0、打点7と低迷しています。

ある意味、高卒の選手がプロ野球でいきなり活躍できる方が稀ですが(特に野手の場合)、こうやって"超高校級"と言われたスラッガーの現状をみてみると、高校野球と高校野球ではレベルが全然違うのを改めて認識させられました。

そういう意味では、1986年に西武ライオンズに入団して新人王をとった清原選手の打率.304、HR31、78打点というのはズバ抜けていましたね。同じく甲子園の"超高校級スラッガー"だった巨人の松井選手でさえも、入団した年(1993年)は57試合に出場して打率.223、HR11、打点27でしたからね。

なお、高校時代はそれほど騒がれていなかった、オリックスに入団したイチロー選手も入団した1992年は40試合に出場して打率.253、HR0、打点5、トリプルスリーを2年連続達成したヤクルトの山田哲人選手も初年度は2軍のみでした。清宮選手、安田選手、中村選手も長い目で見守りましょう!


23:38:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 24, 2018

野球観戦 with 愛人

衝撃的なタイトルだったと思いますが、単に家内のことです(笑)。日本語では不適切な意味になりますが、中国語だと彼女や奥さんのことを「愛人」と書きます。ちなみに、日本語の「愛人」の意味の中国語は「情人」です。「野球」を意味する中国語も日本語とは異なり「棒球」と書くので、そういう意味では「看棒球 with 愛人」が適切ですが、単にキャッチーなタイトルにしたかったということで(笑)。

2年前から年間25試合以上スタジアムで野球観戦していますが、私の記憶に間違いがなければ、家内と行ったのは何れの年も2回だったと思います(うち昨年の1回は星奈も一緒)。それ以外は、会社の同僚、元同僚、同窓生関係、Facebook仲間、SNS仲間等々と一緒で、週末の野球観戦には一応最初に声掛けるものの、即答で「行かない」と返されます(汗)。

主な理由は、
・昼間の試合は太陽が当たる席は日焼けするのと暑いから嫌だ
・マリンスタジアムで太陽が当たらないライトのホーム応援席は、マリーンズの攻撃の時に立たなくてはならないので嫌だ
ですが、ホーム応援席でマリーンズを応援している同年代の夫婦(もしかしたら、夫婦ではないかも知れないが、笑)を見かけると羨ましくなりますねぇ。

そんな状況の中、今日は珍しく平日のナイター@マリンスタジアムを一緒に観戦しました。今年からゴールド会員にアップグレードしてみたのですが、その特典である"試合カテゴリー限定指定席引換券"2枚を使って内野指定席Sで観戦するには身内の方が都合が良いと思ったので、「5/24の試合は”ALL for CHIBA”のイベントゲームで花火が上がるよ」と誘ったところ、(二つ返事とは言いませんが、かろうじて)一緒に行くことになったのです。

こうなると雨だけが心配でしたが、昨日の午後から降っていた雨は今朝には止み、その後は晴天で絶好の野球観戦日和となりました。実は一昨日もZOZOマリンスタジアムの同カード『千葉ロッテマリーンズ vs. 北海道日本ハムファイターズ』を観戦したのですが、その日も野球観戦日和だったので、ピンポイントで雨を避けて野球観戦できている感じです。ちなみに今シーズンは公式戦を今日までスタジアムで13試合観ていますが、雨天はゼロ! GW中のレース観戦も含めて、"晴れ男パワー"は昨年以上に健在のような気がします(笑)。

家内曰く「マリンスタジアムでナイター観戦するのは初めて」だったようですが、家内が涌井選手の、そして私が旧バージョンの中村選手のサンライズレッドのレプリカユニフォームを着て応援した試合は、9回に代打のドミンゲスの2ランホームランで追い付き、1点離された延長11回にもドミンゲスのヒットで追い付き、延長12回に清田のサヨナラヒットで勝ちました! なお、誘い文句だった"花火"は、強風のため中止となりました(汗)。


23:14:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 23, 2018

立ち上がれ日本人:マハティール・モハマド

日本のGWが終わった後に賑わっていたニュースで私にとって非常に身近に感じられたのが、1957年の独立後初の政権交代となったマレーシアのマハティールさん首相就任のニュースです。しかも93歳という年齢は、選挙で選ばれた指導者では世界最高齢になるとのこと!

マハティールさんは過去に22年間にわたって首相として政権を担っていましたが、ちょうど私がマレーシアに長期出張し(2年間で366日)、その後家族と共に赴任して駐在していた時(1994年〜2001年)にあたり、「ルック・イースト政策」を導入して2020年に先進国入りする目標『WAWASAN 2020』の看板を街のいたるところで見かけたものでした。

当時はまだ日本が元気な時だったので、若干上から目線で懐疑的に見ていたのも正直なところですが、その後の日本の「失われた20年」や昨今の首相の動向と国会の混乱した状況、そして北朝鮮問題では全くと言って良いほど存在感を発揮できない母国を見ていると、あらためてマハティールさんの偉大さを思わずにはいられませんでした。

そんな中、Facebookに高校同窓生が「日本で政治してくんないかなぁ」とコメントしてリンクをシェアした『日本人よ誇りを持て」日本の高校生を泣かせた、92歳のマハティール首相のスピーチ』という記事には其のスピーチの全文が紹介されていましたが、2003年12月に発行されていた書籍で其れが収録されているマハティールさん著書の書籍『立ち上がれ日本人:マハティール・モハマド』を読みたくなり、Kindle版をダウンロード購入して読みました。

この書籍を翻訳された加藤暁子さんが「訳者前書き」に書かれた内容で共感する部分が多かったので、その一部分を以下に転記します。
*************************
人口わずか2300万人余りの東南アジアの小国が、世界の大国に堂々と意見をする姿に何度、私はすがすがしさを感じたことでしょうか。そして、どれだけマレーシア国民が羨ましいと思ったか。こんなリーダーが日本にいたらどんなに「日本」という国に誇りを持てたでしょうか。

ただただ米国の言いなりになる”経済大国”の政治家には、腹立たしさよりふがいなさを覚えます。マハティールに直にインタビューを続けて5年余り、しかし、そんな私は「日本」という国に生まれたことを感謝するようになりました。

「日本はすごい国だ」「日本の勤勉精神はどこにも負けないセールスポイントだ」と言い続けるマハティールに、「まだまだ日本人は負けてはいられない。自信をもとうじゃないか」との気持ちが高まってきたのです
*************************


「訳者前書き」は最後に以下のように締めくくられていますが、その後に目次を記しときます。「マハティールさん、Terima Kasih Banyak!」

*************************
序章の「日本人よ誇りを持て」は、2002年11月、マレーシアを訪れた東京都立国際高校の修学旅行生に対してマハティールが行ったスピーチです。「あなたたちには日本人の勤勉な血が流れているのだから、誇りに思いなさい」

茶髪の高校生たちは、マハティールの言葉に「感動した。こんなことを言ってくれる日本の政治家はいない」と感激していました。握手をして泣く子供たちの姿に、日本もまだまだ捨てたものではない、と私ももらい泣きをしました。

日本という国はいま、羅針盤を失っています。米国に追いつけ追い越せと一丸になって経済発展を遂げた日本は、確かに物質的に豊かな国になりました。しかしその半面、人の心がゆがみ、若者が夢を失っているのです。子どもたちは「大人になってもいいことなんかない」と退廃的になり、欲望のおもむくままに行動しています。その悲鳴を大人たちは受け止めているのでしょうか。日本はまさに、大人が手本を示さなくなってしまった国に成り下がっています。

アジアの哲人宰相マハティール。いったい彼はなぜ、日本を愛し続けてくれるのでしょうか。彼は日本が汗水たらして歩んだ過去を振り返り、精神的な「国のかたち」のありかを私たちに投げかけています。「国を愛する」という意味を、曲解するすることなくマハティール首相の言葉から感じとっていただけたら、これほどの喜びはありません。
*************************


序章:日本人よ誇りを持て
・日本に学んだこと
・日本人よ自信を取り戻せ
・辞任にあたって伝えたいこと

第1章:ルックイースト - 日本への憧れ
・アジアはいつも日本を仰いでいた
・「自由貿易」という圧力
・新たなる「植民地化」の危機
・「日本株式会社」の素晴らしさ
・アジアは欧米にあらず
・今こそ強力なリーダーを

第2章:教育こそ国の柱
・知識教育を怠るな
・科学的思考の重要性
・宗教教育と道徳
・フリーターが国を滅ぼす
・若者よ、愛国心を持て
・家族の役割

第3章:中国に怯えるな
・中国は脅威か
・ASEANと日本の優位性
・巨象を軍備に走らせるな
・中国はチャンスだ

第4章:日本人こそイスラム世界を理解できる
・誤解されたイスラム教
・パレスチナ紛争は宗教対立ではない
・テロは許せない
・領土を拡張してきたヨーロッパ人
・イラク戦争の誤り
・ネオコンに対する危惧
・日本人よ、盲従するなかれ

第5章:富める者の責任
・真のグローバリゼーションとは
・節度ある規制を
・「地球税」が世界を救う
・民主主義は絶対ではない
・途上国の声に耳を傾けよ
・自らの足で立ち、戦うということ


21:35:17 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 22, 2018

Apple Pencil

今のiPad Pro(9.7インチ版)を使い始めて2年が過ぎましたが、通勤時の電車内で電子書籍を読むときに使い、旅行時にはSmart Keyboardと一緒に持ってってパソコン替わりに活用(主に日記を書く時)していますが、一緒に買ったApple Pencilを最近は全然使っていなく、いざ使おうとするとバッテリー切れで充電から始めなくてはならないことが多くなっていました。

そんな中、Mac Fanの2018年6月号では3月末にリリースされた新型iPad(主に教育市場向けへプロモ)が特集されていて、廉価版のiPadでもApple Pencilが使えるようになったことが最大のアドバンテージと謳われていたので、私のiPadの利用状況でも改めてApple Pencilを見直すことにしました。iPad Proを買ったばかりの時は「お絵かきソフトで絵画にもチャレンジしてみよう!」と思っていましたが、それも3日坊主だったし・・・(汗)。

さしあたって、iPadを買った後にインストールして便利に使っていた手書き日本語入力『mazec』をもっと積極的に使うことにしましたが、「使おうと思った時にApple Pencilのバッテリー無し」を防ぐため、常に目に見えて手が届くところに置けるように、Amazonで『Ostart Apple Pencil 充電スタンド アップル ペンシル充電ドック』なるものを「ポチっ!」しました。

1,800円と比較的安かったのですが、直接挿し込んで充電できるし、その時にキャップを入れてお穴もあり、その穴は充電後にはペンスタンドにもなり中々便利です。Apple Pencilをオフィスの机の引き出しに入れちゃわないので、使いたい時にすぐ取り出せるのがやはりGOODですね。

Mac Fanの2018年6月号には「iPadの”最驚”使いこなし術」という特集記事もあり、iPadを使った15のアイデアが紹介されていました。
1. ドラレコやカーナビとして使う
2. 一眼レフを操るカメラコントローラとして使う
3. 自宅やオフィスの監視カメラとして使う
4. デジタルサイネージとして動画やメッセージを表示させる
5. プログラミングでロボットを動かす
6. 楽器を一切使わずにギターやドラムを演奏する
7. パーティでDJをする
8. 本を自炊して読書専用端末として使う
9. 自分専用機としていつでもどこでもテレビを視聴する
10. デジタルを活かして英語を勉強する
11. スポーツ上達のためにフォームを確認する
12. 素人でもハイクオリティなイラストを描く
13. マインドフルネスを高める塗り絵を楽しむ
14. イベントのための豪華なビデオを作成する
15. Apple Pencilを駆使してチラシやポスターを作る

1から4までは、それをiPadでやるのは勿体ない気がしますが、私の場合は此の中では既に実施している8(但し、自炊はもう卒業)と9は引き続きiPadのキモ的な活用内容ですし、これから遣ってみたいのは、やはり一度三日坊主になった12ですかね(笑)。


23:49:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 21, 2018

京成バラ園

今日は代休でしたが、星奈たちを羽田空港に迎えに行って帰宅してからは録画したTV番組を観ながら赤ワインを飲み始め、おそらく3時半くらいに寝落ちり、今朝は10時過ぎに起きました。なので半日しか活動できませんが、ランニングは土曜日にやったので今日の午後の活動先に選んだのは近場の『京成バラ園』。ちょうど「ローズフェスティバル2018」の期間中で、このての施設は月曜日定休が多い中、3月から6月は無休だったので行って来ました。

混雑していなければ自宅からクルマで30分程度の距離ですが、月曜日なので園内も空いていると思いきや、、、駐車場に入るのに20分程度並ばなくてはならないほど混んでいましたよ。で入園してみると、、、その理由が分かりました。ローズフェスティバル中は「恋するバラ園」ということで"恋バラ総選挙"や各種イベントが開催されているのですが、今日は『ベルサイユのばら』の原作者である池田理代子さんと、元宝塚歌劇団宙組トップスターの凰稀かなめさんのスペシャルトークがあったのです。

スペシャルトークは13時半〜14時だったので私が着いた時には終わっていましたが、入園直後に「何やら人の流れがこっちに向かってくる」と思いきや、凰稀かなめさんが先頭でお付きの人と一緒に歩いてきて、その後ろを一般の女性陣が付いてきていました。なので、ラッキーにも比較的間近で凰稀かなめさんを拝見しちゃいましたが、顔が超小さくて背が高く、真っ白な上下の洋服を纏った超美人で、明らかに一般人とは違ってて目立ちましたよ! お付きの人が「写真撮影はご遠慮ください」という看板持ってたので撮りませんでしたが、目に焼き付けました(笑)。

それからゆっくり"バラ観賞"、というか"バラ撮影"しましたが、種類が在り過ぎて被写体を選ぶのも迷うくらい。。。取り敢えず私のインスピレーションに合ったのを片っ端から撮り、Facebookには1回の投稿でMaxな40枚の写真を載せちゃいましたよ(笑)。なお、撮影をしている中で残念に思ったのが近くのマンション群でしたが、引いた写真だと構図に入ってきちゃうんですよね。。。入らない方向から撮影すると今日の時間帯だと逆光になるので、園内の全体の雰囲気を捉えるべく引いた写真を撮りたい場合には、午前中の方が良いかも知れません。

そして今回の撮影のテーマは以下の通り。途中で勝手に思いついて探し回っただけですけどね(笑)。
1. ザ・薔薇:私の中にある”薔薇のイメージ”に合った形や色の花びら
2. バラと蜂:花に蜂がいると、ついつい一緒に撮りたくなります
3. 棘:「綺麗な花には棘がある」の象徴として、棘にフォーカスを当てた写真
4. ベルサイユのばら:看板があったのでリアルな薔薇と共に

ところで、"恋バナ総選挙"にエントリーされている薔薇は以下の通りでした。総じて日本語名の種類のに惹かれましたが、表が赤く裏が白い”ラブ”も魅力的!
1. 恋結び
2. 恋心
3. 結愛
4. ビブ ラ マリエ
5. オスカル フランソワ
6. ウェディングベルズ
7. ラブストラック
8. シンデレラ
9. グランデ アモーレ
10. ラブ
11. アフロティーテ
12. 初恋

なんの予備知識もなく行ったので行き当たりばったりの撮影でしたが、次回は1時間の「ローズガーデンガイドツアー」などに参加して見識を深めてみたいと思っています。


23:57:00 | tom | comments(0) | TrackBacks