February 20, 2018

ディーゼル車の人気再燃

昨日の讀賣新聞朝刊に載っていた記事ですが、国内の自動車市場でディーゼル車の人気が再び高まってきているのだそうです。2015年に発覚したフォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題の影響で、翌2016年の売れ行きは鈍ったそうなのですが、昨年は前年と比べて約10%増の15万6000台と再び増加に転じたとのこと。

その排ガス不正問題を起こしたVWは、このディーゼル車人気を受けて先週2月14日から『パサート』のディーゼルエンジン版を発売したそうですが、なんと、VWが日本市場でディーゼル車を販売するのは20年ぶりだそうです。

また、昨年最も売れた輸入車はBMW社傘下のMINIだったそうですが、その要因の一つに、2017年2月に全面改良したSUV『ミニ クロスオーバー』のディーゼルモデルのヒットがあるそうです。国産車の中で私が欲しいと思ったマツダのSUV『CX-8』はディーゼル車のみの設定だそうですが、昨年12月に発売して1ヶ月の時点での受注台数は、月間販売目標の10倍となる1万2000台に達したとのこと。

私も2013年に購入したBMW 320dツーリングからディーゼル車に乗っていますが、低回転でのトルクが大きいので街乗りや山間部のワインディングでもクルマの重さを感じさせないくらいキビキビ走るし、高速道路を乗っていることが比較的多いとはいえ、2,000ccなのに燃費はリッター16km強走りました。

そして昨年、無駄に2台あったクルマを1台に集約しましたが、家内が運転できるギリギリ大きいサイズのSUVで、且つ、ディーゼル車であるBMW X1の『xDrive 18d』が投入されていなかったら、あのタイミングでは買い換えていなかったと思っています。尚、FRからFFベースの4WDに変わったことで、320dに比べてキビキビ感が若干鈍ったように感じますが、燃費の良さは健在で、X1のxDrive 18dもリッター16km強走ってくれています。

また、2年前にリッター100円強だったレギューラーガソリンの価格は、その後の原油価格の高騰で今では135円を超えて30円以上あがりました。軽油(ディーゼル)は其れよりも20円弱安いので、同様に値上がりしているとはいえ今でも112円前後と、燃費の良さと燃料価格の安さでダブルで財布に優しいです!私がハイブリッド車やEV車に移行するのは、当分先になると思っています。


22:31:33 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 19, 2018

若いスポーツ選手の国際化

日本中が平昌オリンピックの話題で沸いていて、日本の選手も期待通りの活躍を見せてくれていますが、ソチ五輪でメダルが取れなかった高梨沙羅ちゃんが悲願の銅メダルを獲得し、羽生結弦くんは66年振りに五輪連覇し、新潟県村上市出身の平野歩夢くんも2大会連続銀。そして昨夜は、今大会の日本代表選手団の団長である小平奈緒さんも金メダルを獲得し、或る意味、安堵しましたよね。

小平選手は、500mでは昨季からワールドカップで15連勝、2016年から国内外の大会で24連勝中だっただけに、日本中の、いや、米国のデータ専門会社を初めとした世界中の人たちが、500mで小平選手が金メダルを取ると予想していたと思われる中、本人が世界記録を保持している1,000mでは惜しくも銀メダル。。。なので、500mでは相当なプレッシャーだったと思いますが、それに打ち勝って五輪新記録で金メダルを獲得したのは、本当に凄いと思いました!

そして今朝の情報番組では、羽生結弦くんが海外メディアから「プーさんがたくさん投げ込まれましたが、どうしますか?」という質問に対し、「プーさんは森に帰します、、、冗談です。僕がすべてを家に持って行くのは難しいので、いつも子どものチームなどに寄付しています」と英語で答えていましたが、結構流暢な英語でした。

高梨沙羅ちゃんがワールドカップの表彰台でインタビューに答えていた時も、英語で答えているシーンが多かったので感心していました。沙羅ちゃんの場合は簡単な単語で日本人的な発音の英語でしたが、東南アジアの英語を聞いている限り、文法や発音など気にしなくても意味が伝われば充分だと思っているので、臆せず堂々と話す沙羅ちゃんも頼もしいと思っています。

平野歩夢くんや小平奈緒さんの英語力は分かりませんが、結構な期間海外を転戦しているので、英語、或いは現地語をそこそこ話せるのではないでしょうか。ちなみに、スノボで活躍している鬼塚雅さんは英語が流量なようですし、サッカー選手も本田圭佑のように欧州の現地語を話す人が結構多いですよね。そういえば、エンゼルスに行った大谷翔平くんも英語を話す気満々なのをインタビューなどで匂わせていますよね。

私の年代のオジさん達は、「今の若いものは、、、」をネガティブな意味で使うことが多いような気がしますが、若い頃から海外で武者修行しているスポーツ選手たちを見ていると、早くから国際感覚が身に付いていてグローバルで活躍している若い世代には、今後の日本を任せる意味においても、結構期待できるのかも知れません。


23:02:20 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 18, 2018

ビューサンクスポイント

昨日の十日町雪まつりJR東日本の『びゅう』で買ったお得な割安のツアーでしたが("ツアー"といっても、往復の切符と雪まつり会場で使えるクーポンが送られて来るだけ)、このツアーを申し込む前か後に『ビューサンクスプレゼント新商品等のご紹介《VIEW's NET ニュース[臨時号]》というのがメールで来ていたので、ちょっと眺めるのにログインすると、有効期限間近のビューサンクスポイントが結構貯まっていました。

3年前に入会した、50歳以上になって入会出来る『大人の休日倶楽部ミドルカード』で貯まっていたのですが、殆ど使っていないクレジットカードなので、ポイントが貯まっているという認識が無かったのですが、Suicaのオートチャージが出来るクレジットカードはビューカードだけなので、Apple WatchにインストールしてあるSuicaで、通勤定期区間以外の路線や区間で使って残高が減ってオートチャージされていた時に発生したポイントが貯まっていたのでした。

あらためてビューサンクスポイントを調べると、毎月の利用総額に対して1,000円ごとに2ポイントが貯まるのですが、Suicaチャージやオートチャージなど「VIEWプラス」対象商品の利用では、通常の3倍(1,000円ごとに6ポイント)ポイントが貯まるのだそうです。なので、5,000円のSuicaのオートチャージのたびに30ポイントが貯まっていたのでした。

今回は1,030ポイントでフランスワイン赤白セット(南フランス地中海沿岸一帯に面するラングドック・ルーション地方から直輸入したワイン)と、650ポイントで2.000円分のルミネ商品券をゲットしました。知らない間に貯まっていたので、意識して貯めていたときよりも何だかんだ余計に嬉しいですね(笑)。なお、ポイントの有効期限は2年間でした。


23:34:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 17, 2018

十日町雪まつり

今日は、私が生まれた新潟県で、しかも7歳まで住んでいた松代町と母の実家がある川西町の隣街、十日町市の雪まつりを家内と一緒に日帰りで鑑賞して来ました。

今年で69回になる『十日町雪まつり』ですが、実は私は今までに一度も行ったことはなく、母の話の中に時々出てくるけど、その内容は全然知りませんでした。そんな中、1ヶ月くらい前の新聞内の広告で見て、新幹線で行く割安な日帰りツアーがJR東日本の『びゅう』であり、日程的にも休日出勤の当番が無い週末だったので、家内を誘って行くことにしたのです。

残念ながら、この週末の北日本は吹雪の天気予報で、新幹線から在来線に乗り換える越後湯沢駅に着いた時も、外は深々と大粒の雪が降り続けていましたが、十日町に降り立つと、雪は降り続けているものの風は吹いていなかったので、傘をさしながら雪まつり会場の散策は出来ました。晴天の青空であれば、真っ白な雪と青空のコントラストが映えたと思いますが、雪が降り続ける情景も、雪国の風情があって良かったと思います。

メインイベントである雪上カーニバルの会場には巨大な首里城が造られていて、18時20分頃からは花火が上がる予定でしたが、18時45分発の電車に乗らないと指定席で取っている新幹線に間に合わず、カーニバル会場から駅までは徒歩30分くらい掛かるので、断腸の思いで花火は諦めて帰路につきました。

なお、十日町18時45分発の電車の到着が雪の影響で15分程度遅れていて、19分あった越後湯沢駅での乗り継ぎに間に合うかどうか不安でしたが、その後も電車は更に遅れ、結果的には越後湯沢駅に到着できたのは新幹線の発車時間の10分以上後でした。。。指定席の空きがあった2本あとの新幹線に振り替えて貰って帰還出来ましたけどね。

その新幹線までは1時間くらい時間があったので、越後湯沢駅の『CoCoLo湯沢・がんぎどおり』の巨大なお土産屋さんを巡ったり、レストランでゆっくり晩飯食べようと思っていたのですが、、、レストランも含めて20時に閉まっちゃうのが想定外でした。結局、駅構内のコンビニで買ったツマミとビールで寂しいディナーになり、「温かいモノが食べたい!」と言っていた家内もオニギリで御冠(汗)。

今回の十日町雪まつり訪問で感じたことを、備忘録も兼ねて以下に記します。
・雪国の方が、気温は低くても雪の潤いなのか、東京よりも寒く感じなかった
・パンフレットや案内板、そして案内カウンターなど、予想外にバイリンガルが進んでいて感心した
・体育館のような屋内の『いっぷくひろば』は、ストーブもあって有り難かった
・今日のような天気では、雪上カーニバルの会場でのミニスカートのアイドルや着物姿の女性は可哀想!
・巡回バスの間隔が長過ぎるので、バスで廻るよりも歩いて廻った方が効率的だった
・次回は花火の時間も考慮して帰りの時間を遅くしよう
・でも、その時には『CoCoLo湯沢・がんぎどおり』は当てにせず、十日町で晩飯済ませよう


23:15:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 16, 2018

河津桜観賞@三浦海岸 with 母娘

代休の今日は星奈と実家の母を誘い、桜祭り開催中の三浦海岸へ早咲きの河津桜を観賞しに行ってきました。ここには3年前に会社のレクで来て以来ですが、実家の八街からは湾岸道路経由で渋滞も含めて約2時間でした。アクティブ・クルーズコントロールで渋滞も苦になりませんでしたよ。

現地到着後に先ずは腹ごしらえで、マホロバマインズ三浦の「桜まつりランチフェア」メニューを楽しみました。星奈が花見御膳、母が鮪の尾の身ステーキ、そして私が三浦海鮮丼と三者三様。言わずもがな、まいうー!でした。

京急線沿いに約1kmにわたって植えられた1,000本の河津桜は"未だ5分咲き"という感じでしたが、黄色い菜の花とピンクの河津桜のコラボ、そして女子大生の星奈を交えた綺麗でGOODな写真が撮れました。10代最後の歳の星奈に関しては、「お花の効果で実物以上に綺麗に撮れた」と思っているのは、内緒にしておきましょう(笑)。

帰りはアクアライン経由にして海ほたるに寄り、スタバのReward eTicketがちょうど3人分貯まっていたので、みんなで『さくら ストロベリー ピンク もち フラペチーノ』を堪能しました。なお、母は「花より団子」のようで、河津桜観賞よりも、マホロバマインズ三浦と海ほたるでのお土産買いに時間を費やしていましたよ。私も、おつまみ用に魚の干物を数個買ってもらっちゃいましたけどね(笑)。

4月で77歳になる母は食も太く未だ未だ元気ですが、普通に考えると、将来はお嫁に行ってしまう可能性が高い星奈なので、こうして母と娘が一緒に行動できるのは、あと何回くらいあるのでしょうかね? 今日もチャッカリお小遣い貰っていましたが。


23:10:00 | tom | comments(0) | TrackBacks