March 24, 2019

星奈@CHEGO☆VOL.10

土曜日に星奈がK-POPアイドルグループとしてデヴューしました!!というのは嘘で(笑)、彼女が趣味で通っている南行徳のK-POP専門ダンススクールなどが参加するK-POPの発表会(ダンスイベント)白金高輪SELENE b2で開催されたので、家内、元紀、義妹、姪、そして私の5人で観賞&応援に行って来ました。

なお、「CHEGO(チェゴ)」とは韓国語で「最高」を意味するそうで、今回のダンスイベントは東京と千葉のK-POP好きが集まってカバーダンスを披露しあい”最高”に盛り上がるイベントで、初心者から既にユニットを組んで活動している人まで、一般の人が気軽に参加できるイベントだそうです。

14時から開始されましたが、6つのセッション(ショーケース)に分かれていて、総勢63グループが参加し、星奈のグループ「Mpink」は6th showcaseの9番目でラス3でした。6th showcaseが始まるのが20時5分からだったので、白金高輪駅近くのイタリアン『サルヴァトーレ クオモ&バー』で義妹家族と一緒にちょっと早目のディナーをしてから会場に向かい、18時30分頃から観賞していました。

参加に関しては特に審査や制限は無いようなので、本物と遜色ないキレキレのダンスを演じるグループもあれば、「えっ、やる気ないの?」的なグループもあり、また老若男女年齢も幅広く、色んな意味で楽しめました(笑)。星奈のグループ(女子6人)の中にも50代、40代がいたとか!

そして星奈のグループ「Mpink」が登場しApinkのEUNG EUNGを披露しましたが、星奈は完全にK-POPアイドルに成りきっていて中々よかったです。本人曰く「超緊張した」そうですが、南行徳のK-POP専門ダンススクール『SCD DANCE COMPANY』には通い続けるようなので、VOL.11以降のCHEGOも楽しみにしています。ちなみに、このダンススクールは元紀が最初に見つけて体験に行き、星奈に紹介したのだそうです(笑)。


23:48:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 23, 2019

イチロー引退

先週の月曜日にMLB開幕戦プレシーズンゲームの『読売巨人軍 vs. シアトル・マリナーズ』を観戦し、その日の日記に「イチローの現役最後になるのでは?と思われる勇姿を、、、」と書きましたが、本当になってしまいましたね(泣)。

3/21のMLB開幕第2戦『オークランド・アスレチックス vs. シアトル・マリナーズ』のゲーム途中に、イチロー選手が現役生活から引退するとマリナーズが発表して速報が流れ、延長11回にも渡ったゲーム終了後の深夜0時頃から記者会見が開かれ、イチロー自身の口から自分の言葉で引退することが報告されました。

翌22日は代休だったので、朝から情報番組でイチロー引退のニュースを観まくっていて、あらためて偉大な選手だったことを実感しましたが、オープン戦で打率が1割を満たないのに開幕戦2試合に先発出場したのは、"引退への花道"だったと思わずにはいられませんし、MLBの2チームを率いて7年ぶりに日本で開幕戦をさせて花道を作らせてしまうほど、USAでも影響力があり尊敬されていた選手だったと思うと、ホント、同じ日本人として超誇りに思います!

野茂が30年ぶり日本人2人目のメジャーリーガーとしてMLBに行って成功し、その後イチローがMLBに行くまでの5年間は全て投手でした。あらためて並べてみると、
・1995年:野茂英雄
・1996年:マック鈴木
・1997年:長谷川滋利、柏田貴史、伊良部秀輝
・1998年:吉井理人
・1999年:木田優夫、大家友和
・2000年:佐々木主浩
そして2001年にイチローが日本人史上初のポスティングシステムでマリナーズに移籍して、日本人初の"野手としての"メジャーリーガーになりました。

正直、私も多くの世の中の人と同じように、日本のプロ野球選手は投手なら多彩な変化球でMLBでも通用すると思いましたが、野手は体格差から難しいと思っていました。でも、イチローのような広角打法で足が速い選手、そして守備が凄い走攻守揃った選手なら充分に通用するし、それどころかMLBの記録を次々と塗り変えるような偉業も出来ちゃうということを認識させられました。これは日本人だけでなくUSAの人達もそう感じたと思うし、それまでの野球感をも変えたのではと思います。

私見ですが、長嶋茂雄さんが昭和を代表する野球選手で"記憶に残る選手"だとしたら、平成を代表する選手はイチローであり、彼の場合は"記憶だけでなく記録にも残る選手"でした。「50歳まで現役を続ける」と公言していたイチローが、それを覆して引退したのが"平成最後の年"というのも感慨深いです。

記者会見でもイチロー節が随所に出ていましたが、私が気に入ったフレーズを備忘録も兼ねて以下に記します。
・子どもたちへ、自分が熱中できるものを見つけて欲しい
・貫いたもの、貫けたものは、野球のことを愛したこと
・秤(はかり)は自分のなかにある。自分なりに秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく
・雄星のデビューの日に引退を迎えたというのは「なんかいいなあ」というふうに思っている
・翔平は、あのサイズであの機敏な動きができるというのはいないから、それだけで世界一の選手にならなきゃいけない
・外国人になったことで、人の心を慮ったり人の痛みを想像したり、今までなかった自分があらわれた

イチロー選手、日本での9年間+USAでの19年間の長い間、本当にお疲れ様でした! 今は私も米国企業で仕事をしていますが、米国企業でも臆することなく仕事ができるのは、イチロー選手を初めとした「日本人選手のMLBでの活躍があったから」だと言っても過言ではありません。ありがとう!!!


23:13:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 22, 2019

NINJA AKASAKA

昨日はシンガポールから日本に家族旅行で来ていた元同僚ファミリーと一緒にディナーだったのですが、会場はそのファミリーが探し当ててくれた赤坂の『NINJA AKASAKA』でした。その名前から”忍者”を意識したレストランであることは容易に想像できましたが、WEBで見たメニューも超ユニーク!

元同僚Pさんが予約する時にオーダーも尋かれたので、私は「初めてご来店の方におすすめ」という「大和魂コース」を選びましたが、内容は以下の通りでした。
・壱品目:手裏剣グリッシーニ
・弐品目:季節の冷製前菜
・参品目:サザエ爆弾焼き エスカルゴもどき
・四品目:季節の温製前菜
・伍品目:季節の和え物 泡仕立て
・六品目:名物 灼熱投石鍋 葉隠之術(和風ブイヤベース)
・七品目:忍びの衆(シュー)
・八品目:季節のアイスキャンディ
・九品目:本日の肉料理、または魚料理
・拾品目:特選握り寿司とロール寿司
・拾壱品目:本日のデザート

忍者の格好をした店員さんが運んでくれるのですが、手裏剣グリッシーニは正に"手裏剣"の形で黒かったし、サザエ爆弾焼きはその場で火を点けるパフォーマンスがあり、灼熱投石鍋葉隠之術はその場で石を出したり入れたりして調理してくれ、まさに食事も忍者エンターテインメントになっていました。

そして最後には目の前で手品を披露してくれるのですが、超至近距離で見ているのにトランプのマジック、リングのマジック、そして紙のマジック、すべてのタネが全く分かりませんでしたよ。

最初、レストランの入り口で席(部屋)まで案内してくれる人が隠し扉から忍者の格好で飛び出して来た時には、5歳のHanaちゃんは泣きそうになり暫く忍者を怖がっていましたが、そこから複雑に曲がりくねった通路が途中で途切れていて「ニンニンニン」と唱えると忍術?で橋が飛び出して来たりと、全てが忍者エンターテインメントに溢れていて、訪日した外国人は超喜ぶと思いますし、日本人が行っても充分に楽しめると思いますよ!


23:52:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 21, 2019

サクラ開花

ここ数日暖かい日が続き注目されていた東京のサクラの開花、正確にいうとソメイヨシノの開花発表(5〜6輪以上の花が咲いた状態)ですが、本日気象庁が靖国神社にあるソメイヨシノの標本木が開花したと発表しました。平年より5日早く、昨年より4日遅い開花だそうです。

昨日の人間ドックが終わった後、自宅で『情報ライブ ミヤネ屋』をながら見していたら、標本木周辺に多くの人が集まり、開花発表を今か今かと待っている様子が映されていて、午後3時に気象庁の職員が報道陣の前に立った時には誰もが「開花だ!」と思っていた雰囲気でしたが、4輪は確認できたけど5輪には届かず開花には至らなかったとの報告で、現地もミヤネ屋のスタジオもKY的な感じでした。なんだか気象庁の職員さんが悪者みたいな空気になっていて不憫でしたたよ(笑)。

そして今日も暖かかった東京では午前の観測で開花が発表されました。休日出勤していた私もそのニュースをネットで知った後のランチ後に、毛利庭園のソメイヨシノを観測しましたが、一昨日観た時から大きく進展し、少なく見積もっても20輪以上は咲いていました!

とはいうものの未だ開花なので、東京の主な名所でお花見を楽しめる"見頃"の予想は以下の通りだそうです。
六義園:3月24日(日)〜4月1日(月)
上野恩賜公園:3月28日(木)〜4月5日(金)
千鳥ヶ淵緑道:3月28日(木)〜4月4日(木)

見頃とは「五分咲き〜桜吹雪の翌日の日付」だそうですが、同じ東京でそれほど距離が離れていなくても、六義園と他では結構違うんですね。そして上野と千鳥ヶ淵の終わりの1日のズレも愉快かも(笑)。今年は何処にお花見&撮影に行こうかな?


23:53:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 20, 2019

バリウム対策

今日は年次健康診断で人間ドックを受診して来ましたが、夕方から同僚有志の『秋葉原より東で飲む会』が浅草橋の『クラフトビールカンパニー』であったので、バリウム排出対応で自分史上最多量の水を飲みました。

思い起こせば7年前、マレーシアから帰任した時に受けた人間ドックで酷い目にあったので、今回の宴会の日程調整の時には今日は「×」にしていたのですが、集計結果にて最大公約数で今日になってしまったのです・・・。前回は元紀と舞の結婚式でハワイに行っていた時で参加できなかったので、連チャン欠席は不本意だし、今回は参加人数も結構多いので再考しました。

そして「人間ドックは半日で終わり、その後はオフィスに行かず在宅勤務だとしても開始時間までには充分に間に合う」と考え、最終的には参加することにしました。但し懸念は7年前の悲劇。当時は知らなかったとはいえ、本来バリウムが完全に排出されるまでの数日間はアルコールは控えた方が良いのです。そのココロは、アルコールは体内の水分を奪うので、排出されるべきバリウムが硬くなり出難くなってしまうから。

ということで、それに立ち向かうために兎にかく水をたくさん飲みました。結果的にその量は、2Lのペットボトル2本、500mlのペットボトル3本だったので合計5.5L!! 人間ドックを受けたクリニックの胃X線検査の部屋の前には「水を2Lから3Lは飲みましょう」と書いてありましたが、それを大きく上回る量になりましたよ。

人間ドック終了後に渡された下剤も全部飲み、自宅にいる間にバリウムも順調に排出されたので大丈夫でしょう、きっと・・・。そして飲み会では、自分でサーバーから注ぐ飲み放題のクラフトビール4種類がどれも美味しく、毎度のごとくたらふく飲んだので、正直、明日の朝がちょっと不安です(汗)。結果は如何に?!


23:15:00 | tom | comments(0) | TrackBacks