May 21, 2018

京成バラ園

今日は代休でしたが、星奈たちを羽田空港に迎えに行って帰宅してからは録画したTV番組を観ながら赤ワインを飲み始め、おそらく3時半くらいに寝落ちり、今朝は10時過ぎに起きました。なので半日しか活動できませんが、ランニングは土曜日にやったので今日の午後の活動先に選んだのは近場の『京成バラ園』。ちょうど「ローズフェスティバル2018」の期間中で、このての施設は月曜日定休が多い中、3月から6月は無休だったので行って来ました。

混雑していなければ自宅からクルマで30分程度の距離ですが、月曜日なので園内も空いていると思いきや、、、駐車場に入るのに20分程度並ばなくてはならないほど混んでいましたよ。で入園してみると、、、その理由が分かりました。ローズフェスティバル中は「恋するバラ園」ということで"恋バラ総選挙"や各種イベントが開催されているのですが、今日は『ベルサイユのばら』の原作者である池田理代子さんと、元宝塚歌劇団宙組トップスターの凰稀かなめさんのスペシャルトークがあったのです。

スペシャルトークは13時半〜14時だったので私が着いた時には終わっていましたが、入園直後に「何やら人の流れがこっちに向かってくる」と思いきや、凰稀かなめさんが先頭でお付きの人と一緒に歩いてきて、その後ろを一般の女性陣が付いてきていました。なので、ラッキーにも比較的間近で凰稀かなめさんを拝見しちゃいましたが、顔が超小さくて背が高く、真っ白な上下の洋服を纏った超美人で、明らかに一般人とは違ってて目立ちましたよ! お付きの人が「写真撮影はご遠慮ください」という看板持ってたので撮りませんでしたが、目に焼き付けました(笑)。

それからゆっくり"バラ観賞"、というか"バラ撮影"しましたが、種類が在り過ぎて被写体を選ぶのも迷うくらい。。。取り敢えず私のインスピレーションに合ったのを片っ端から撮り、Facebookには1回の投稿でMaxな40枚の写真を載せちゃいましたよ(笑)。なお、撮影をしている中で残念に思ったのが近くのマンション群でしたが、引いた写真だと構図に入ってきちゃうんですよね。。。入らない方向から撮影すると今日の時間帯だと逆光になるので、園内の全体の雰囲気を捉えるべく引いた写真を撮りたい場合には、午前中の方が良いかも知れません。

そして今回の撮影のテーマは以下の通り。途中で勝手に思いついて探し回っただけですけどね(笑)。
1. ザ・薔薇:私の中にある”薔薇のイメージ”に合った形や色の花びら
2. バラと蜂:花に蜂がいると、ついつい一緒に撮りたくなります
3. 棘:「綺麗な花には棘がある」の象徴として、棘にフォーカスを当てた写真
4. ベルサイユのばら:看板があったのでリアルな薔薇と共に

ところで、"恋バナ総選挙"にエントリーされている薔薇は以下の通りでした。総じて日本語名の種類のに惹かれましたが、表が赤く裏が白い”ラブ”も魅力的!
1. 恋結び
2. 恋心
3. 結愛
4. ビブ ラ マリエ
5. オスカル フランソワ
6. ウェディングベルズ
7. ラブストラック
8. シンデレラ
9. グランデ アモーレ
10. ラブ
11. アフロティーテ
12. 初恋

なんの予備知識もなく行ったので行き当たりばったりの撮影でしたが、次回は1時間の「ローズガーデンガイドツアー」などに参加して見識を深めてみたいと思っています。


23:57:00 | tom | comments(0) | TrackBacks