November 30, 2018

丸バツ

う〜ん、「丸よ、お前もか!」と言ってしまいたくなる結果で、FA権を獲得した広島東洋カープの丸佳浩選手が読売ジャイアンツに移籍することが決まってしまいました。個人的には千葉県出身の丸選手には千葉ロッテマリーンズに来て欲しかったし、ケチで有名?な千葉ロッテが破格の6年間30億を提示し本気で獲りにいっていたので残念です。ということで、私の願いが叶わなかったという意味で「バツ」(笑)。

過去に各球団の四番バッターだったりエースだったりしたビッグネームが数多く読売ジャイアンツに移籍しましたが、移籍前以上に活躍できた選手は数える程だったと思います。あの清原でさえ西武ライオンズ時代の方が活躍していたし、広島から移籍してきた江藤に至っては全く活躍出来ませんでした。おそらく読売ジャイアンツには何かしら見えない様々なプレッシャーがあるのだと思いますが、それでも選んでしまうほど野球選手にとって"ジャイアンツ"は魅力的な響きなんでしょうね。もちろん、5年で35億という破格の金額も魅力だったとは思います。

もっとも、決まった以上は丸選手にはこれまでの定説(移籍しても活躍出来ない)を覆して広島時代以上に結果を残して活躍して欲しいと思いますし、こう見えてセ・リーグではジャイアンツを応援しているので、来年は優勝争いができるチームに復活してもらいたいと思っています。幼少の頃、野球少年だった時には熱狂的なジャイアンツファンでしたが、なんだかんだで巨人と阪神が強くならないとセ・リーグは盛り上がらないと思っているので。

一方で、今シーズンは12球団一貧打(3割バッターゼロ、二桁ホームラン1人だけ)だった千葉ロッテは丸選手を獲得出来なかった今、どんな補強をするのか興味があります。逆に、暫くは我慢して生え抜きの選手が育ってくるのを待っている時間になるかも知れないので、くじ運良く獲得出来た甲子園のヒーロー達、平沢大河、安田尚憲、そして今年のドラフト1位の藤原恭大選手たちが実力をつけてチームに貢献してくれることを期待しています。

最後に個人的な見解ですが、丸や鈴木誠也、菊池など比較的無名だった選手を発掘する広島カープのスカウト陣は凄いと思っていますが、江藤や新井などチームの中心選手がFAで他球団に移籍するので、それまで埋もれていた生え抜きの選手が活躍する場ができ、チームの若返りがうまく回って今の広島カープの強さになっているのではと思います。

一方でジャイアンツは、芽を出し始めた若手の選手が、FAで移籍してくるビッグネームに活躍の場を断たれてモチベーションも下がり、チームの若返りのチャンスを失い、さらに見えないプレッシャーで移籍した選手が期待通りの活躍ができず、そんな悪循環から結果的にチームが長らく低迷している原因になっているのではと危惧しています。


23:23:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 29, 2018

大阪マラソンのタイム

関空から大阪市内までの特急電車の座席が4号車44番で不吉な予感がしたものの、無事完走した大阪マラソンの公式記録が出ました。ちなみに今回はその場で完走証を渡されるのではなく、自分でサイトから印刷する方式でした。
・ネットタイム:4時間50分17秒(スタートラインからゴールラインまで)
・グロスタイム:4時間59分28秒(号砲からゴールラインまで)

ちなみに過去の私のフルマラソンの記録をネットタイムの速い順に並べてみると、
1. 板橋Cityマラソン(2016年3月):4時間23分02秒(グロス:4時間37分36秒)
2. 大阪マラソン(2018年11月):4時間50分17秒(4時間59分28秒)
3. ちばアクアラインマラソン(2016年10月):5時間8分11秒(5時間11分45秒)
4. ホノルルマラソン(2015年12月):5時間41分55秒(5時間58分46秒)
5. シンガポールマラソン(2017年12月):6時間12分07秒(7時間15分39秒)

板橋Cityマラソンが自己ベストで、ネットタイムで大阪マラソンより30分ほど速いことは間違いありませんが、そのラップタイムを5km毎に比較してみると、
板橋Cityマラソン:
・スタート → 5km:31分29秒
・5km → 10km:29分56秒
・10km → 15km:29分38秒
・15km → 20km:29分56秒
・20km → 25km:31分07秒
・25km → 30km:31分56秒
・30km → 35km:31分41秒
・35km → 40km:32分57秒
・40km → ゴール:14分22秒

大阪マラソン:
・スタート → 5km:42分12秒
・5km → 10km:33分47秒
・10km → 15km:33分32秒
・15km → 20km:33分34秒
・20km → 25km:33分49秒
・25km → 30km:39分16秒
・30km → 35km:30分40秒
・35km → 40km:30分41秒
・40km → ゴール:12分46秒

板橋では一度もトイレに行く事はなかったのでラップタイムにバラツキが少ないですが、大阪では「スタート → 5km」と「25km → 30km」の時にトイレに行っているので、ここだけ突出して時間が長くなっています(トイレの列に並んでいる時間が長い)。

特筆すべきは30km以降は大阪マラソンの方が圧倒的に優っているということ。今回はPowerBarを8個用意してウェストポーチに入れ、5km毎に水と一緒に1個ずつ食べていたのですが、長丁場でこれが効いたのですかね。

しかし、26kmでトイレに行った後の脚の軽くなりようは、ホント不思議でした!フルマラソンを辛くないように走るには「特に後半はなるべく立ち停まらない方が良い」と思っていたのに、6分程度も停止していたんですけどね。実は3ヶ月後にまたフルマラソン走るのですが、同じような作戦(前半は比較的ゆっくり&5km毎の栄養補給)で挑みたいと思います。出来れば途中でトイレには行きたくない(笑)。


23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 28, 2018

大阪の雑感

土曜日から3泊4日で滞在した大阪は5年ぶりの訪問でしたが、今回の私の個人的な大阪の感想(雑感)を備忘録も兼ねて記しときます。何故か鉄道関係が多くなりましたが(笑)。

・外国人が東京よりも多い(特に韓国人)
・そのおかげで、衣服のセンスが適当でも気にならない
・そのおかげで、50過ぎのオッさんが自撮り棒使ってても恥ずかしくない
・そのおかげで、50過ぎのオッさんが道頓堀でグリコと同じポーズしていても恥ずかしくない
・大阪弁のカジュアルな響きから、誰とでも直ぐに仲良くなれそうな気がする

・電車の扉が開いている時間が東京よりも長い気がする(ゆったり待ってくれてる?)
・駅にエスカレーターが少なく階段が多い気がする
・電車の優先席に健常者が座っていることがあまりない
・駅のホームの椅子が線路を向いてなく進行方向 or その反対方向を向いているのは何故?
・大阪の駅構内の看板が分かりづらい気がする。特にライバル鉄道会社の案内が載ってない

・大阪の主要駅は改札を出ても地下なので、屋外に出る時に戸惑う
・大阪と京都の近さには驚いた(新快速で4駅目、30分)
・大阪と京都は超近いのに、エスカレーターに並ぶ位置が違うのは何故?(大阪は右、京都は関東と同じ左)
・ホテルがある桜川と道頓堀がある難波は一駅なのに、桜川周辺は寂しすぎ
・駅構内に歩行者が歩くラインの注意書きがあるのが、並んでいる人が多い時にGOOD
・行きの特急の座席が4号車44番で、翌日のマラソンで「何か良からぬことが起きるのでは?」と不安になった

・この日数でお好み焼き、たこ焼き、串カツ、豚まんを制覇しようとすると食い倒れる
・新世界は串カツ屋だらけで、タコ焼き屋を探すのに若干苦労する
・飲食店で働いてる人は意外と日本人が多い
・新世界は昼間から良い感じで酔っ払っているオヤジがいる
・大阪のお店の3次元的な看板の数々は楽しく、見ていて飽きない
・大阪に来ると何だか元気になれる気がする

皆さんの雑感はどんな感じでしょうか?私の雑感への反対意見、同意意見などウェルカムです!


23:27:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 27, 2018

大阪散策(道頓堀〜大阪城〜新世界)

大阪滞在最後の日の今日は、9時にホテル(スマイルホテルなんば。普通のビジネスホテルだけど変な名前w)をチェックアウトした後、先ずは南海なんば駅に行って関空までの特急ラピートβのチケットを購入し、スーツケースをコインロッカーに預けてから大阪散策を開始しました。

最初は昨夜寄った道頓堀に再び行き、昼間の様子を伺ってました。まだ心斎橋筋のお店が開いているのが少ないくらいの時間帯だったので観光客も疎らでしたが、先ずは今日の作戦を練るためにスタバヘ。そして、この後は法善寺を経由してから大阪城に向かい、最後に新世界(通天閣ジャンジャン横丁)に行くことに決めました。

そしてここ道頓堀では、今回の大阪観光で参考にしたKindle Unlimited版の『大阪観光ランキング ウォーカームック』の「大阪観光のテッパンがいっぱい」と評された道頓堀の項で紹介されていた名物看板特集が気になっていたのですが、昨夜もサクッと見たけど昼間の写真も撮ってみたくなり、全部制覇(+α)しました。
道頓堀ネオンサイン(グリコの看板)
中庭くいだおれビル(くいだおれ太郎)
大阪王将
明治カール
かに道楽
つぼらや(ふぐ)
元禄寿司
たこ家道頓堀くくる
金龍ラーメン
串かつだるま
ドンキホーテ

+αは、
コナモンミュージアム
たよし(ふぐ)
大阪かに源(タラバガニの脚)
たこ焼き十八番
飽きませんね(笑)。

法善寺も昨晩YZさんに連れてって貰ったものの、事前知識無しで行ったので見落としていたのですが、ここは全身に緑の苔がびっしり生えている不動尊が有名なパワースポットだったのですね。スタバで大阪観光ランキング ウォーカームックを見ていて知ったのですが、お賽銭をあげて不動尊の頭に水をかけて来ました。

そして地下鉄とJR環状線を乗り継いで大阪城ヘ。マラソンのスタート地点だったので一昨日来ましたが、実は過去の大阪訪問も含めて観光では一度も訪れたことが無い場所だったのです。マラソンの時と同じでJR大阪城公園駅から向かいましたが、こちらが裏側だったのを改めて知りましたよ。

折角なので天守閣まで上ることにしましたが、エレベーターは結構な人数並んでいたので階段で上りました。地上8階程度を上がったので汗が滲み出して来ていましたが、天守閣には比較的冷たい風が吹いていてメチャ気持ち良かったです。そして大阪城公園内の紅葉が綺麗に見えました。「お城の周り中360°全部紅葉」って感じで見頃でしたよ!

最後も昨夜に続いて再び新世界へ。此処では昭和レトロ感を探しつつ、昨夜は時間の関係であまり見られなかったビリケンさんを見つけてはたくさん写真を撮っていました。幸運の神様ですからね!そして遅めのブランチは今回未だ食べていなかったタコ焼きにし、ハイボール片手に堪能しました。どて焼きも美味かったです!

そして南海なんば駅から15時05分発のラピートβで関空に行き、家族から頼まれていた551蓬莱の焼売を買うときに、これまた今回の滞在で食べていなかった豚饅をプレモルと共に堪能しました。実は新世界のブランチ時に目に留まった「究極のTKG」を〆に食べちゃったのですが意外と量が多く、また豚饅は2個入りのが最少だったので、食い倒れそうになりましたよ(笑)。ということで、愉快で楽しく充実した3泊4日の大阪の旅でした!


23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 26, 2018

京都紅葉2大名所巡り

今回の3泊4日の大阪の旅、3泊にしたのは関西方面の友人達と2夜飲むことを目論んだからなのですが、日昼の予定に関してはあまり考えていませんでした。少なくても半月くらい前までは、「大阪観光を適当にしよう」と思っていたくらいだったのです。

そんな中、Facebookに紅葉狩りの投稿を数回した時に、某Facebook友達から「京都の紅葉は真っ赤で綺麗なんだろうなぁ」と言われ、「そうだ、月曜日の日昼は京都に紅葉を観に行こう!」と決めて直ぐにネットで調べ、ハワイでも利用したVELTRA経由で京都定期観光バスの『紅葉バスツアー 天龍寺・嵐山散策+東福寺 紅葉2大名所めぐり(2018/11/3〜12/10限定)<京都駅発>』を申し込みました。VELTRAのポイント使って若干安くなりましたよ。

そして今朝7時半ごろホテルを出て京都に向かいましたが、JR京都線の新快速に乗ると大阪駅から京都駅は4駅目で30分しか掛からないんですね!千葉市と東京くらいの距離でしょうか。そして予約していた定期観光バスに乗り、先ずは嵐山に行きました。嵐山には6年前に定期観光バスで来ていましたが、10月だったので未だ紅葉していませんでした。そして初めて観る京都の紅葉@天龍寺は、、、噂通り、私が今シーズンこれまで観たどの紅葉よりも赤みが強くて「ザ・紅葉!」って感じでした!

「この3連休中は渡月橋を渡るのが困難なくらい大混雑だった」とのニュースも聞いていましたが、今日は連休明けの平日なので比較的空いていて良好でした。それでも大勢の人で賑わっていたので、週末は想像するだけで恐ろしいです。なお、時々陽射しは出ていたものの概ね薄曇りだったので、嵐山の山肌にある紅葉がちょっとくすんでいましたが、これで陽射しが出ていて青空だったらメチャクチャ映えるんでしょうね。ちょっと残念!

そして次の訪問先は東福寺。通天橋庭園に足を踏み入れてみると、、、「うわぁ!こんな紅葉観たことない!!」というほど素晴らしい紅葉風景が目の前に広がっていました。こちらも青空だったら最高の”映え(ばえ)”だったと思いますが、曇り空であることを忘れるくらい真っ赤な紅葉が一面に拡がり、オレンジ、黄色、黄緑のグラデーションの相乗効果で言葉を失います。絶句!

京都で且つ紅葉観賞なんて、オッさん独りが一番似合わないシチュエーションですが、きっとTVドラマだと、井川遥風の綺麗な女性が独り旅で同じツアーに乗り合わせ、何か物語が始まるのでしょうね。もっとも現実の世界は、、、ノーコメント(笑)。


23:49:00 | tom | comments(0) | TrackBacks