July 31, 2014

英語漬けの7月最終日

今日は7月31日、ついこの前梅雨明けしたと思ったら、明日からはもう8月ですね。自分が子供の頃、8月に入ると「あっ」と言う間に夏休みが終わったような記憶がありますが、今の子供達はどう感じているんだろう。。。

そんな7月最後の今日は終日社内の研修だったのですが、、、日本語だと思っていたら先生は白人で思いっきり英語でした。受講生も非日本人が1/3くらいいて、やっぱり我が社は日本の会社ではないんだと改めて実感。

研修の内容は教えられませんが、ロナウド似のイケメン講師とアンジェラ・アキ似の副講師の息もピッタリで、9時から5時までという長丁場の研修でしたが、昨日飲み過ぎて二日酔い&寝不足気味だったけど眠くなることもなく、有意義な研修でしたよ。

更に、、、こんな会社に入ったのに比較的英語を聞いたり話したりする機会は多部署に比べたら少なかったので、入社して9ヶ月で一番英語を聞いて話した一日でした。脳が疲れたことは間違いありません(汗、今なら中国語の方が疲れないかも、笑)。

嬉しかったのは、講師から「最近当社の製品を人にあげて喜ばれたのは、いつで誰に?」という質問に「数ヶ月前で息子に」と答えた後、「彼は幾つ?」と聞かれ「21」と答えたら、皆さんが「えぇ〜、嘘でしょう! そんな大きい子がいるように見えない!」と言われたことでした(笑)。能天気なので、年相応に老けていないようです。


21:06:44 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 30, 2014

ドラえもんのひみつ道具

今、テレビ朝日と六本木ヒルズの夏祭りの一環として、66プラザに66体の等身大のドラえもんが、異なるひみつ道具を持って並んでいます。お昼休み時に森ビルLLのスタバでコーヒー飲んでいると、今は学校も夏休みなだけあって、子連れの人達がドラえもんと一緒に写真撮ったりしていて、とても賑やかになっています。

1969年から小学館の学年誌にて連載が開始されたドラえもん、私も小学○年生の月刊誌だけでなく単行本も買って何度も読んでいましたが(トイレの中で読んでいたことが多い、笑)、毎回、四次元ポケットから出てくるひみつ道具にはワクワクしていました。既に半世紀近く前に考えられたみひつ道具なので、もしかしたら今の時代に具現化出来ている道具もあるのではと思いますが(比較したこと無いけど)、鉄腕アトム等に出て来た腕時計タイプのテレビ電話は、完全に具現化してますよね!

ひみつ道具の中で、インパクトが一番あって具現化して欲しい道具は「どこでもドア」ではないでしょうか? その昔、パソコン通信時代を経験している身としては、今の高速通信時代なんてまったく予想出来ませんでしたが、エンコード、デコード、エラー訂正技術の進歩の賜物だと思います。これと同じで、人間の細胞を極限まで小さく分解してエンコードし、それを高速移動体で移動して究極の信頼がおけるエラー訂正を施した後にデコードすれば技術的には可能だと考えますが(ホントかな?笑)、おそらく倫理的に許されないでしょうね(汗)。

ということで、皆さんの大好きなひみつ道具、具現化して欲しいひみつ道具はなんでしょう? どこでもドアも等身大で66ひろばにありますが、「どこでもノア」と微妙に違ってます。色も青じゃなくてピンクだし(笑)。


23:27:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 29, 2014

土用の丑の日

今日は土用の丑の日、比較的最近まで(といっても30前ですが)「土用」を「土曜」だと思い、「土曜日じゃないのに何で丑の日?」と思ったこともありましたが(笑)、土用の丑の日と言えば鰻ですよね。皆さんは今日、鰻を食べたでしょうか?

我が家は一昨日、すき屋の鰻丼を食べたばかりではありますが、何かとイベント好きな私は(家内には「単にFacebookに載せたいだけだろ!」と言われていますが、汗)、「今日は土用の丑の日だから鰻なんでしょ?」と朝リマインドし、結果的に晩飯には鰻の蒲焼きが出て来ました。もっとも、国産だと1,900円程度するので中国産になり、且つ、2人で1枚でしたが(汗)。

改めて、「何で土用の丑の日は鰻を食べるの?」と思って調べてみました。まず「土用」とは五行に由来する暦の雑節で、1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつを言うのだそうです。そして「土用の丑の日」とは、土用の間のうち十二支が丑の日のことを言いますが、夏の土用の丑の日のことを言うことが多いとのこと。厳密には土用は春夏秋冬の年4回あり、土用の丑の日は年に平均6.09日あるそうですが(Wikipediaを参考にしました)。

「何故、土用の丑の日は鰻を食べるの?」ということには諸説あるそうですが、最も有名なのは「売り上げが伸びず困っている鰻屋に、平賀源内が「本日土用丑の日」と看板を書いてはり出してやったのが評判になった」という説だそうです。土用は各季節の中でも、暑さや寒さの厳しい時期だったり、丑の日は災難が多いと言われ、丑の”ウ”のつく食べ物や、丑の方角(北)を守護する玄武の色にちなみ、黒いものを食べると良いとされ、スタミナ食として代表的なウナギが理に適った食べ物とされたのだそうです(食事大辞典を参考にしました)。


22:12:48 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 28, 2014

北海道新得町 塚田農場

今日は知人が現職の最終出勤日で、8月から新天地に行くのを祝って、ささやかな慰労会&壮行会を新宿の「北海道新得町 塚田農場 新宿西口店」で開催しました。私にとっては半年振りの塚田農場グループでの飲み会となりましたが、月曜日だというのに予約無しでは入れないほど盛況で、相変わらずのホスピタリティにも感心しました!

新宿西口から徒歩2分という立地ですが、ビル街にあるので意外と見つけづらく、知人は30分以上彷徨っていましたが、塚田農場の女の子も「連れの人、来るのかなぁ、、、」と密かに心配していたらしく、精算を伝えた際に作ってくれたサービス・デザートが載っているお皿には、チョコレートで文字とイラストが書かれて「会えて良かったですね」なんて言葉も記してありました。塚田農場ならではのサプライズです!

新得地鶏の炭火焼、せせりの炭火焼、玉子焼き、食べる玉ねぎドレッシング完熟トマトサラダ、自家製ニンニクオイルガーリックきゅうり、農業大国帯広の実力中札内枝豆の料理の全てが美味しかった! 新得地鶏にあうワイン「ロランジュレ カベルネソーヴィニヨン」と共に堪能しました。美味しいお酒と料理、そして店の活気も相まって会話も弾み、有意義な慰労会&壮行会となりました。


23:48:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 27, 2014

すき屋の鰻

今日は自宅でノンビリしていましたが、ランチ時も「暑くて外に出掛けたくない!ピザでも取る?」と家内が言っていたので、ならば「すき屋のドライブスルーで弁当でも買ってくる?鰻もあるよ」と提案したところ賛同され、ランチはすき屋弁当になりました。

元々、「今夜は鰻でも買って来ようかなぁ」と言っていた家内なので、すき屋の弁当も家族3人は鰻丼の特盛、私は鰻牛丼の特盛で(普段は普通盛なのに、鰻2切れに連れられて特盛にしました、笑)、それぞれ1,120円、1,210円と、すき屋のメニューの中では破格の値段ですが、鰻屋で食べると安くても2,500円以上するので、それに比べたら激安ですね。

おそらく中国産だと思いますが、今時、中国産以外のモノの方が少ないと思うので、「いちいち気にしていたら何も食べられなくなる」というのが私の持論です。特に、煮たり焼いたり、熱処理しているものだったら健康にも全く問題は無いでしょうしね。国産といえども、これまでに産地偽装問題は多々あったし。。。

ということで、今日は土用の丑の日(7/29)よりも一足早く、鰻を腹いっぱい堪能しました!


23:47:44 | tom | comments(0) | TrackBacks