March 31, 2007

Wii + Modでバックアップが動いた

私が香港で買ったWiiMod Chip入りの改造版であることは、このブログでも報告しましたが、Mod Chip入りの場合の最大の特典である「DVD-Rなどに焼いたバックアップディスクでプレイできる」事を確認しましたが。ここに報告します。(尚、Mod Chipは日本国内では1999年10月の不正競争防止法の改正施行で輸入販売等が禁止されているので買ってはいけません)

まずパックアップの取り方ですが、 Rawdump2.0を使ってWiiのDiscからデータを吸い出すわけですが、吸い出せるDVDドライブが日立LGのいくつかの機種(LG-8163b、GDR-8163b、LG8164b、GDR-8164b等)に限定されるようですのでお気を付け下さい。バックアップの方法の詳細はこちら。尚、吸い出しには3時間弱掛かりますので忍耐力が必要です(笑)。(上記サイトを眺めていたところ、Wii本体でバックアップがとれるアプリ「Wii/GC DVDtoSD Dumper」がβ版ながら登場したようです。これなら、もっと手軽に出来ますね。)

吸い出したデータをISOイメージファイルにし、それをNeroなどイメージファイルとしてコピーできるアプリケーションを使ってDVD-Rなどに焼くと出来上がり。あまり高速で焼くとWiiで読めない時があるとネットで見たので2倍速で焼いてみましたが、見事、Wiiでバックアップディスクがプレイできるようになりました!(その他の速度でのBurnは、まだトライしていません)

ところで、深センの羅湖にはWiiの海賊版Discが登場し出しました。冷やかしで見てみたところ、DVD-Rなどに焼いたのではなく、型でスタンプして作ったDisc(DVD-ROM)のようです。さすが中国(爆)。尚、価格は1枚30元強(約450円)とのこと。因みに香港では約2倍です。もちろん、これらを買って日本に持ち込むことは違法なのでお気を付け下さい(買って帰っても、Mod Chip入りのWiiじゃないとプレイできないと思いますが・・・)。

23:04:00 | tom | comments(9) | TrackBacks

March 30, 2007

Wii Sports 面白すぎ

Wiiのゲームの中で一番有名といって過言では無いと思いますが、このWii Sportsに家族で填っています。ボーリング、野球、テニス、ゴルフ、ボクシング。先日、ワインを1本空けた後、娘とボクシングしたら一汗かきました。でも、負けちゃいましたが・・・(爆)。

ボーリングもボールをリリースする瞬間の微妙な腕の角度や動きをチェックしてボールの曲がり方が変わるし、テニスもついついTVの前でオーバーアクションになるので、一汗かきます。野球も守備はWiiが適当にやってくれるので、投げるのと打つのに集中でき、野球を知らない人でも楽しめると思います。ゴルフはグリーンの寄せを娘とチャレンジしただけですが、腕の振りに打撃の強さが微妙に反応して楽しいです。

Wiiのゲームに一般的に言えることですが、他のゲームと違って一人の世界に入ることがなく、家族皆で楽しめるのが実感できます。また、難しい操作が必要なく、ゲームが複雑すぎることも無いのも良いところですね。Nintendo DSといい、任天堂さんの最近の戦略、ことごとくヒットしますね。それにくらべてS社のPS3は・・・


23:15:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 29, 2007

容疑者

昨日の件ですが、今朝会社に来てみたら更に騒ぎが大きくなっており、会長から幹部に、「非常にシリアスな問題。情報が何処から漏れたのか徹底的にトレースする」とのメールが発信されました。

そのメールの下を見ると、工場サイドのトップから各工場のIEリーダーに、「今日、ある顧客が弊社のMODAPST資料を持ってきて、MODAPSTの計算手法に乗っ取り、徹底的にそれに従ってコストを出すように言ってきた。コストは、MODAPSTの計算結果だけで出されるのではないので、非常に理不尽な要求である。従って、そのような要求が来ても直接対応することはNGだし、社内の文章を出すことも許されないことである」と発信され、それが会長と社長にも転送され、それに対する会長の反応だったようです。

会長が事の真意を何処まで知っているかわかりませんでしたが、社内の文献を出したのは私なので、昨日の晩に出したメールと同じような内容で説明し、更に「決してコンフィデンシャルな文章だと思わないが、もし私の不用意な行動で皆に迷惑を掛けたのならお詫びする」という日本式の謙虚さを付け加えました。でも、これっていわゆる自首?!

ということで、容疑者の途夢郷でした(爆)。

23:54:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 28, 2007

お役所仕事?

先日、お客さんから、標準作業時間を計算する方法の一つであるMODAPTSの説明に使える中国語の資料がないか聞かれたので、弊社のIE教育に使ったものを送り大変感謝されました。こういったGive&Take、信頼関係を維持していく上で重要だと感じています。

そんな中、今日の夕方、そのお客さんの仕事を請け負っている部門の部門長から「お客さんがMODAPTSの教育資料を持ち出し、弊社に標準作業時間の計算を強いてきた。これは非常にシリアスな問題で、いかなるドキュメントも、営業を通じてやりとりしなければならない」と、営業の担当課長宛、私や工場幹部、営業の取締役にCcで入ってきた。

このメールを私は「途夢郷は何てことしてくれたんだ。弊社の貴重な資料をお客さんにばらまいたので、彼等がそれを使ってコストダウン要求をしてくる。とてもシリアスな問題だ!」と受け取ったので、早速、背景の説明。

「誤解を防ぐために説明するが、お客さんはMODAPTSの説明を中国人スタッフにしたかったのだが日本語の資料しか無く、中国語版を持っていないか問い合わせがあったので、手元にある中国版を送った。この資料は、MODAPTSの説明の非常に一般的な資料であり、ネットで検索すればおそらく簡単に探し当てれるだろう。そんな一般的な資料で弊社のコンフィデンシャルなことは何も書かれていないので、生産技術本部の代表としてお客さんに提供した。

もし、こういった一般的な資料の供給でも営業を通して行わなければならないのなら、それには従うので言ってくれ。但し、こんな一般的な資料の事まで「営業を通して依頼してくれ」と言っていたら、お客さんとの信頼関係がギクシャクするのではないかと心配だ」

きっとその部門長は、配布された資料をよく見ることなく、「大変だ、途夢郷が配った資料でお客さんがコストダウンの要求をしてきた」となったのだと思いますが、なんだかなぁ〜、ですね。無知さをさらけ出しているようで、もしこんな事がお客さんに知れたら恥ずかしい限りです。

23:04:00 | tom | comments(8) | TrackBacks

March 27, 2007

セレブなディナーと会長夫人の心遣い

今日は私の将来のボスになるかも知れない人が香港に来たので、弊社の会長、現在のボス、そしてマレーシア中華人の品質部長と一緒に香港でディナーがありました。

ルネサンス九龍ホテル
ダイナスティという中華で、いわゆる中華のフルコース。会長は香港の権威者なのでVIPルームで食事でしたが、久し振りにフカヒレスープ(しかもフカヒレがたくさん!)、ロブスター、あわび等、高価な食材が多く使われている本格的な中華料理を堪能しました。最後のデザートも、マンゴーが1/4、メロンも1/4の大きさに切ってある豪華なフルーツ盛り合わせで、なんだかセレブな気分を味わえました(笑)。

ところで、デザートの時間になったら会長の奥さんがやってきて挨拶してくれましたが(クルマで会長を迎えに来たようです)、あまったデザートのテイクアウトをホテルの人に頼んでいたので(広東語でしたが、普通話に似ていたので聞き取れました)、「さすが香港人、お金持ちでもテイクアウトするんだな」と思っていたら、「これ、佐藤さんの子供達に」との事でした。この気遣い、我が伴侶にも見習って欲しい・・・。

弊社の会長は弊社を1代で築いて香港でも複数の協会の会長職を兼務している程の人なので、ある意味ワンマンで強引な人なのですが、そんな人でも信望が厚いのは、この奥さんの気遣いがあるからだと、改めて思いました。お金持ちなのに外見は質素で態度も穏和、もう50を過ぎていると思いますが、会長からは想像できないほど(爆)可愛らしい人です。

23:33:00 | tom | comments(0) | TrackBacks