February 28, 2007

世界同時株安

今朝起きてメールをチェックしながら、久し振りに、本当に久し振り(半年ぶりくらいでしょうか)にTVをつけて報道ニュース番組「鳳凰早班車」を見ていると、何やらニューヨーク・ストックマーケットを映しながら騒いでいました。TV画面には「急跌」という文字が現れていたのですが、「急騰したのかな?」と悠長にいたら、「9.11以来」という言葉が聞こえたので内容に聞き入ると、同時多発テロ以来最大の下げ幅で、昨日の上海株式市場の暴落を引き金に世界同時株安になっている模様。。。(「跌」という感じは、「つまづく」と読むのですね、笑)

久し振りにつけた「鳳凰早班車」が、5年に1度あるか無いかの衝撃的ニュースだったのは、虫の知らせだったのでしょうか。。。早速、手持ちの日本株をネットバンクで全部「売り」手続をしてから出勤しました(爆)。個人的にも、最近小さな株を細々買いすぎて管理が面倒になってきていたので、一旦整理するにはいい機会だと思いましたし。。。

そして日本の株式市場の取引が始まると、予想通り大幅続落。最大で日経平均は730円以上も下がりましたが、後半は下げ渋って終値では515円80銭安。私の方は、前日までちょっと含み益がありましたが、今日の取引で実損が出ました。でも大した金額にはならなかったので一安心(かな?)。これが吉と出るか凶と出るか、、、いずれにしても、これでちょっとまとまった資金になったので、自分の投資の仕方をレビューしたいと思っています。尚、今日の上海株式市場は小幅上昇で終わり、続落になることはなかったようなので、明朝のニューヨークの状況を見てから、再投資したいと思います。

追伸:
台湾の証券会社に塩漬けになっている台湾株、徐々に持ち直してきた含み損が再び元の木阿弥に戻るのが嫌だったので、群益証券の担当者にTELし全部売りに出して貰おうと思ったのですが、なんと、今日は2.28事件を教訓とする意味の「和平記念日(228記念日)」で台湾はお休みとの事。。。もしかして、これも「1日の暴落ぐらいで焦っちゃ駄目よ」という神のお告げだったのでしょうか・・・。と、何事も楽天的に考える私です(笑)。

23:27:00 | tom | comments(2) | TrackBacks

February 27, 2007

カラクリ・セミナー

弊社の効率改善・自動化(身の程を知っているので、決して全自動化ではなく、半自動化です)に向けての新たな社内教育活動・啓蒙活動として、昨日からカラクリ・セミナーを開始しました。今のところ、東莞の工場2箇所で毎月1回ずつ半年間行う予定です。もちろん、私はカラクリ関係のセミナーが出来るほど専門家ではないので(一応、メカ屋ですが、汗)、外部から専門家を呼んでのセミナーです。

その講師のかたは、カラクリ機構を使った自動機関係の経験が豊富なかたで、たまたま見た華南マンスリーの広告を通じて面識が出来、ダメもとでセミナーを依頼してみたら脈がありそうだったので、弊社の会長も口説いて、今回に到りました。会長曰く、「中国人は中国人の講師のことはあまり信用しないが、日本人や欧米人の講師だと信用するので、中国内で講師を探すより、外国から講師を招いた方が良い」との事。。。

本当かどうかは別として、カラクリの講師は日本人ですが、中国で起業されているかたなので、費用的にも時間的にも日本から招くよりは都合が良く、一方で、実際に中国にあったカラクリ改善を熟知しているので、弊社にとっては非常に有り難い存在です。他にも、広東語が堪能で普通話も聞く方は問題なさそうなので、そういった意味でも、弊社のために存在するような講師です(笑)。

今回は第1回目ということで、講義する方も聞く方も相手のレベルがどれくらいなのか、講義の内容の難易度はどうなのか分からず、手探りの状態でスタートしましたが、やはりカラクリ機構を使った現物を見せると中の仕掛けに興味が湧いてくるようで、特に今日は、ボルトを外して中身を見始める程でした。次回からは、そういったサンプルをより多く見せると共に(現物を持ってくるのは限界があるので、少なくても動画等を多く駆使して)、講義を聞く方は次回までに自分の現場でカラクリ機構を使った改善が出来そうなポイントを見つけ出して、講師に見て貰うという手筈で一致しました。

私もカラクリのセミナーを聞いた後、改めて今、自分の部門の開発課題になっている簡易はんだ付け自動機を考えてみたら、いいアイデアがいくつか思いつきました。忘れない内に、明日の朝、自部門のエンジニア達に伝えたいと思います。

ということで、Tさん、お互いに初めての試みの2日間、本当にお疲れ様でした。有り難う御座いました。

追伸:
以前もこのブログに書きましたが、おさらいの意味で、
【からくり改善とは?】
「現場オペレーターが知恵を出し」「手づくり」で製作し、その結果は「創造性が高く」他の見本となる「楽しい改善」。下記の条件を満たした改善を「からくり改善」という。
1.「メカニズムは単純シンプル」で故障・トラブル時の対応がしやすいこと。(物の重力、ゼンマイ、テコ、カム、光、糸、紐、歯車などが駆使されているもの)
2.「お金をかけない」改善であること(小額な材料費と少ない動力で作られている)
3.現場における3ム(ムリ、ムダ、ムラ)を退治した「作業改善」であること
4.その結果「品質向上、生産性向上、故障低減、保全性向上、点検が容易、物流効率向上、安全性向上」などの大きな結果が得られて改善であること
(芝浦工業大学 津村豊治 名誉教授による)

23:20:00 | tom | comments(6) | TrackBacks

February 26, 2007

中国語検定

先日、急に思い立って中国語検定2級の攻略本を買った話はこのブログに書きましたが、千葉の実家に届いていたその本を見たとたんに絶句・・・難しすぎる。。。特に、私にとってのディスアドバンテージは、
1.試験には簡体字が使われるが、私は繁体字が得意で簡体字は苦手
2.ピンインや声調も正確に覚えていないと点数は稼げない一方で、私の中国語はこの辺が疎か

ということで、2級に挑戦する前に4級や3級の勉強もきちんとやってある程度点数を取れるようになってからじゃないと歯が立たないと判断し、本屋さんで「絶対合格・中国語検定・頻出問題集」というCD付きの本の準4級&4級と3級の本を買ってきて、まずは準4級&4級から眺めていますが、う〜ん、もし何も勉強しないで検定試験にトライしたら、準4級さえも危ない状況かも(笑)。結構、引っかけ的な選択肢もあるし、テクニックが必要そうです。

ということで、初心に返って、まずは今日から準4級の試験問題にチャレンジしております(汗)。


23:47:00 | tom | comments(2) | TrackBacks

February 25, 2007

発熱

夕べは怖い夢を何本か見て(何故か、劉徳華と王力宏が出てきました)、今朝4時半に目が覚めると、喉がとても痛い。そのまま7時まで横になっていましたが、今度は関節が痛くなり(筋肉痛の痛さではなく、発熱時の痛さ)、発熱しちゃいました。従って、今日は昼食の後は冷えピタ貼って6時間程爆睡。汗を沢山かいたのでだいぶ良くなりましたが、これからまた一寝入りして、明日の朝までに治したいと思います。

22:24:06 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 24, 2007

香港に戻ってきました

春節連休初日の17日から今日までの8日間、日本で過ごしましたが、今日16時20分発のCX便で香港に戻ってきました。香港到着は香港時間の20時45分。荷物が出てくるのが遅かったので香港の自宅に到着したのは22時でした。

CX(Cathay Pacific)は今までは第一ターミナルでしたが、1月末から第二ターミナルに移動しました。チェックインカウンターはA、近づいてみると長蛇の列が、、、お土産をたくさん抱えた中国人、香港人達の列でした。どうやら、団体旅行の集団がいくつかあるようです。尤も、チェックインまで何分かかるのか心配しましたが、私のMarco Polo Clubカードで家族4人ともFast Pathの方に並ぶことが出来(正確に言うと、誰も並んでいませんでした)、ものの数分でチェックイン出来ました。

久し振りの第二ターミナルはなんだか以前よりも小さく感じました。ばかでかい香港空港を見ているせいか、はたまた第一ターミナルが改装されて以前より広くなったように感じられるからか、、、特に、イミグレは開いているカウンター数が少ないこともあり、部屋から階段の方にはみ出すほど長蛇の列でした。

ところで、最近は週末ゴルフに行く回数や飲み会に行く回数が断然減り、その分、家族と過ごす日々が増えました。ゴルフなんて、もう半年以上プレイしていませんが、子供達と一緒に旅行できる今という時間(さすがに、高校に入ったら、親と一緒に旅行に行く機会は少なくなるでしょう)は後で取り戻すことは出来ないので、暫くはゴルフは封印してでも家族と一緒に過ごしたいという思いが、今回のスキー旅行で益々強まったような気がします。次は、、、あれ? 4月上旬にイースター+清明節の5連休?!

23:40:00 | tom | comments(4) | TrackBacks