December 10, 2018

都内はイチョウが多い

昨日は、新調したナイキのランニング用シューズ(Air Zoom Pegasus 35)の初走り(筆下ろし? 処女航海? 何か適当な比喩の言葉ってあるのかなw)を、久し振りの皇居周回コースで実施してきました。なお、大阪マラソンの前に購入済みだったのですが、初走りでフルマラソンはリスクが大きいので使うのは控えました。

今年の1月5日に星奈と木更津のアウトレットモールに行って買ったNike Air Zoom Pegasus 33を今年はずっと履いて大会に出ていましたが、足が痛くなったりマメができたりする事もなく快適なので、引き続きAir Zoom Pegasusシリーズを履こうと考えていました。実際、大阪マラソンでも予想外の楽さでゴールできましたし!

練習も含めると結構な距離を走っていたので靴底のパターンの一部が片減りで無くなりつつあり、新調しようと思っていた時にタイミングよく東京ミッドタウン前にある招待制のNike Employee Storeの招待券を貰いました。行く前には「Pegasus 34で良い」と思っていたら、な、なんと、Pegasus 35がGOODなプライスになっていたので即購入。

一応履いて親指に余裕があることを確認してサイズ(アメリカ表記の10=28cm)を選んだのですが、購入後に自宅で改めて今まで履いていたPegasus 33を確認すると・・・28.5cmでした! 私の場合、親指の爪が靴に長い時間当たっていると血が滲んで爪が死んで変色することがあり、実際、人生初マラソンであるホノルルマラソンの時に履いていたNew BalanceのM980WB2が正にそうでした。

ということで、「もしかしたらヤバイかも」と思いながら走り始めましたが、実際は親指が当たるメッシュ部分が柔らかいためか、昨日走った16kmくらいの距離では全く違和感はありませんでした。次のフルマラソンは3月3日なので、それまでに長い距離を走って確認したいと思っています。

と前置きが長くなりましたが、これからがタイトルに関してです(笑)。皇居周回ランの時は都心とは思えない安さの北の丸公園駐車場(3時間まで400円、以後1時間毎100円)に停めるのですが、この日も同様にクルマでやって来て10時30分過ぎに到着しました。いつもと違うのは第二駐車場が貸切で封鎖されていたこと(この時点では理由は不明)。

なので奥まで進み、武道館すぐ横の第三駐車場に並ぶと長蛇の列・・・。結果的に、いつもの第二駐車場なら並んでも1時間程度のところを3時間も並ぶ羽目になってしまいましたが、おかげで日曜日の私の定番番組、サンデージャポンアッコにおまかせ!噂の東京マガジンの途中まで車載テレビ(iPhone 6s PlusとピクセラのPIX-BD100)で観れたので、全く長く感じず寛げましたよ。

ということで13時30分すぎにクルマを停めて走り始めたところ、目の前に黄金色(こがね色)の大きなイチョウの樹が目に留まりました。そして地面は隙間が無いほどの落ち葉で黄金色の絨毯になっていました。なので愛車X1と共にパチリ、そして自撮りでパチリ。

更に北の丸公園内の歩道を走り始めたら、目を奪われるほど綺麗な紅葉で、早々に停まってパチリ、パチリ。特に丘のような地面いっぱいに落ちていたモミジの葉っぱと、まだ葉をたくさん残しているモミジの赤オレンジのコラボが素晴らしかったです! 再び走り始めると、乾門の交差点にも見事なイチョウの樹があってパチリ!

この時に乾門から出てくる人たちを見て、「あっ、乾通りの一般公開の影響で第二駐車場が封鎖されていたんだ」と知りました。そして皇居周回を左回りで進めていくと、内堀通り沿いに駐日英国大使館、東條会館、最高裁判所、国会前庭、国会議事堂前も黄金色のイチョウが綺麗!

乾門の一般公開のため、ランナーと自転車は皇居外苑に入ることは許されず日比谷通りへの迂回を余儀なくされましたが、ここでも日比谷公園、第一生命ミュージアム、帝国劇場、東京駅に続く行幸通り等々、黄金色のイチョウをたくさん見ることができました。

通常は約5kmの1周が迂回により6km強と長くなったので、2周目に入った途中で右折して千鳥ヶ淵の横に入り、そのまま靖国神社にも寄って来たのですが、靖国神社にもたくさんのイチョウがあり、上(樹)に下(地面)にと黄金色に輝いていました。

既に国営昭和記念公園外苑いちょう並木のイチョウを堪能しているとはいえ、改めて「東京ってイチョウが多いなぁ!」と思った次第です。


23:16:21 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 08, 2018

鎌倉散策

金曜日は私にとって3年半振りの鎌倉訪問でしたが、家内にとっては、少なくとも大仏さまは小学校の修学旅行以来約40年ぶりだったそうです。そんな鎌倉、毎度ながら私の初見です。

鶴岡八幡宮:
紅葉情報サイトに「見頃」と出ていたが、紅葉する樹々の範囲が狭く、ちょっよ残念。
・家内が「鎌倉で白い鳩を見ると幸せになれる」と言っていたが、白い鳩はたくさんいた(笑)。
・本宮に向かう階段を登りきった時に「後を振り返ると絶景が見られる」と家内から聞き、実際に振り返ると素晴らしかったので写真を撮ろうとしたら、警備員に「其処には立ち止まらないで下さい」と叱られた(汗)。
・本宮の写真を撮っても叱られる。横から入る宝物殿が有料だから?
・この時期でも七五三の親子が少なくはなく、仲睦まじい家族と無邪気な子ども達に癒される。

小町通り:
・道幅が狭いせいか、平日なのに凄い混雑感がある。これが休日だと恐ろしいものものを感じる。
・その要因の一つでもある、修学旅行生がたくさんいた。
・次の予定を考えて足早に通ったが、家内は此処にあと3時間いても飽きないだろう。
・豪華ランチしなければ、食べ歩いて食い倒れできるかも。個人的にはコロッケ食べたかった。

明月院と円覚寺:
・鎌倉へ向かう電車の中で家内がネットで見つけた明月院の「悟りの窓」の画像。これを見なかったら行かなかったと思うと家内に感謝。
・そしてその「悟りの窓」、素晴らしい! 陽射しが入る午前中だったらもっと素晴らしかっただろう。
・「悟りの窓」で写真を撮っているとリスが現れた。鎌倉には結構リスが多い? 明月院にはたくさんいた。
・明月院の入館料は500円。「悟りの窓」から見える本堂後庭園に行くには更に500円払う。
・最初、更に500払うのに躊躇したが、行かなかったら超後悔しただろう。
・そして「鎌倉=紅葉は大したことない」という印象になっていたかも知れない。
京都の東福寺ほどの規模はないが、庭園のデザインと相まって綺麗だった。特に一箇所に在った凄く赤い紅葉が素晴らしい!
円覚寺は奥に長く延びているらしいが、明月院で1,000円費やしたのと、これから大仏さまに行くことを考えると長居は出来ないので、入口迄で帰ってきた。
・何気に撮影した紅葉背景の家内の後ろ姿の写真が、Facebookで高評価(笑)。

鎌倉大仏殿高徳院:
・鎌倉駅からバスで行く方が大仏さまの入口近くまで行けて便利。
・今回の訪問地の中で外国人が一番多かった。感覚的には半分以上が外国人。
・40年振りの家内の所見は「意外に小さい!」。これは私が3年前に訪れた時と同じ。小学校の修学旅行で自分が小さかったからだろう。
・胎内に20円で入れるのを初めて知った。そして胎内へアクセスする通路が狭くて真っ暗だった。
・大仏さまを後ろから見ると、背中が何か物語っていて、ちょっと寂しげにも感じた。
・最近TVの情婦番組でも見たタコせんべい、タコを調理具に入れて作るところから見られてよかった。
・帰りは江ノ電に乗ったが、(お化粧で想像する限り)韓国人が多かった。

その他:
・鎌倉から船橋までは横須賀線&総武線快速のグリーン車を奢ったが、僅か980円で贅沢な気分を味わえた。
・グリーン車でも社内販売が来るのは意外だったが、おかげで駅で買い忘れた缶チューハイを飲めて良かった。
・次は紫陽花のシーズンに行こう!往復グリーン車で(笑)。


23:44:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 01, 2018

紅葉観賞@亀山湖

11月は元紀の結婚式&ハワイ旅行に始まり、先日の大阪マラソン&関西旅行もあって慌ただしい日々を過ごしていた中、この週末は日曜日の大学ラグビー観戦もあるので、土曜日の今日は「ランニングする程度でノンビリ過ごそうかな」と思っていたのですが、"休日は自宅でのんびり派"の家内が珍しく「今年は未だ紅葉観にいっていない」というので、急遽、紅葉観賞に行くことにしました。

すでに12月に入っちゃったので「12月=紅葉」という図式が私の中には無く紅葉観賞もイメージできなかったのですが、温暖な房総半島は今が「見頃」の場所が比較的多く、昨年行って「見頃の時に来たらメチャクチャ綺麗なんだろうな」と思った亀山湖に行くことにしました。”君津”というと船橋からは遠いイメージがありますが、自宅から1時間半程度の距離なので他県の紅葉スポットに行くよりは手軽です。

晴天の土曜日で且つ「見頃」なので「混んでいるだろうなぁ」と思い早めに出発しましたが、道路は穴川の辺りで若干混んでいたものの、亀山湖自体は「全く」と言ってよいほど混んでなく、10分後のグッドなタイミングで10時発の紅葉狩りクルーズのボートに乗れました。

船頭さんも話していたように、今年は例年よりも暖かくて紅葉のピークも1週間くらい遅く、今日がピークではありませんでしたし、実際に期待していた「メチャクチャ綺麗」さはありませんでしたが、それでも午前中の冷んやりした空気を感じながらの湖面クルーズは趣がありました。自撮りツーショットを比較的嫌がる家内もノリノリでしたしね(笑)。

ところで、2ヶ月くらい前からミラーレス一眼のNEX-6の調子が悪く(実際はカメラ本体よりもタムロンのレンズ)、オートフォーカスでピント合わせの時にレンズがガタガタ動く時があったのですが、今日は最悪で露出も変な色に合わせられちゃうし(湖面の緑に合わせられて空の青さが出ない)、オートフォーカスが効かなくなった時にマニュアルフォーカスにしても、ピントが合わない。。。なので、あまり満足がいく写真が撮れなかったのです。

そんな中、家内が「ここからアウトレットって近い?」と言うので「そういえば木更津のアウトレットにカメラメーカーも、、、」と思い、「全く遠くないよ!」とばかりに同調し、新しいカメラを買っちゃいました! 何を買ったかは、後日報告します(笑)。


23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 28, 2018

大阪の雑感

土曜日から3泊4日で滞在した大阪は5年ぶりの訪問でしたが、今回の私の個人的な大阪の感想(雑感)を備忘録も兼ねて記しときます。何故か鉄道関係が多くなりましたが(笑)。

・外国人が東京よりも多い(特に韓国人)
・そのおかげで、衣服のセンスが適当でも気にならない
・そのおかげで、50過ぎのオッさんが自撮り棒使ってても恥ずかしくない
・そのおかげで、50過ぎのオッさんが道頓堀でグリコと同じポーズしていても恥ずかしくない
・大阪弁のカジュアルな響きから、誰とでも直ぐに仲良くなれそうな気がする

・電車の扉が開いている時間が東京よりも長い気がする(ゆったり待ってくれてる?)
・駅にエスカレーターが少なく階段が多い気がする
・電車の優先席に健常者が座っていることがあまりない
・駅のホームの椅子が線路を向いてなく進行方向 or その反対方向を向いているのは何故?
・大阪の駅構内の看板が分かりづらい気がする。特にライバル鉄道会社の案内が載ってない

・大阪の主要駅は改札を出ても地下なので、屋外に出る時に戸惑う
・大阪と京都の近さには驚いた(新快速で4駅目、30分)
・大阪と京都は超近いのに、エスカレーターに並ぶ位置が違うのは何故?(大阪は右、京都は関東と同じ左)
・ホテルがある桜川と道頓堀がある難波は一駅なのに、桜川周辺は寂しすぎ
・駅構内に歩行者が歩くラインの注意書きがあるのが、並んでいる人が多い時にGOOD
・行きの特急の座席が4号車44番で、翌日のマラソンで「何か良からぬことが起きるのでは?」と不安になった

・この日数でお好み焼き、たこ焼き、串カツ、豚まんを制覇しようとすると食い倒れる
・新世界は串カツ屋だらけで、タコ焼き屋を探すのに若干苦労する
・飲食店で働いてる人は意外と日本人が多い
・新世界は昼間から良い感じで酔っ払っているオヤジがいる
・大阪のお店の3次元的な看板の数々は楽しく、見ていて飽きない
・大阪に来ると何だか元気になれる気がする

皆さんの雑感はどんな感じでしょうか?私の雑感への反対意見、同意意見などウェルカムです!


23:27:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 27, 2018

大阪散策(道頓堀〜大阪城〜新世界)

大阪滞在最後の日の今日は、9時にホテル(スマイルホテルなんば。普通のビジネスホテルだけど変な名前w)をチェックアウトした後、先ずは南海なんば駅に行って関空までの特急ラピートβのチケットを購入し、スーツケースをコインロッカーに預けてから大阪散策を開始しました。

最初は昨夜寄った道頓堀に再び行き、昼間の様子を伺ってました。まだ心斎橋筋のお店が開いているのが少ないくらいの時間帯だったので観光客も疎らでしたが、先ずは今日の作戦を練るためにスタバヘ。そして、この後は法善寺を経由してから大阪城に向かい、最後に新世界(通天閣ジャンジャン横丁)に行くことに決めました。

そしてここ道頓堀では、今回の大阪観光で参考にしたKindle Unlimited版の『大阪観光ランキング ウォーカームック』の「大阪観光のテッパンがいっぱい」と評された道頓堀の項で紹介されていた名物看板特集が気になっていたのですが、昨夜もサクッと見たけど昼間の写真も撮ってみたくなり、全部制覇(+α)しました。
道頓堀ネオンサイン(グリコの看板)
中庭くいだおれビル(くいだおれ太郎)
大阪王将
明治カール
かに道楽
つぼらや(ふぐ)
元禄寿司
たこ家道頓堀くくる
金龍ラーメン
串かつだるま
ドンキホーテ

+αは、
コナモンミュージアム
たよし(ふぐ)
大阪かに源(タラバガニの脚)
たこ焼き十八番
飽きませんね(笑)。

法善寺も昨晩YZさんに連れてって貰ったものの、事前知識無しで行ったので見落としていたのですが、ここは全身に緑の苔がびっしり生えている不動尊が有名なパワースポットだったのですね。スタバで大阪観光ランキング ウォーカームックを見ていて知ったのですが、お賽銭をあげて不動尊の頭に水をかけて来ました。

そして地下鉄とJR環状線を乗り継いで大阪城ヘ。マラソンのスタート地点だったので一昨日来ましたが、実は過去の大阪訪問も含めて観光では一度も訪れたことが無い場所だったのです。マラソンの時と同じでJR大阪城公園駅から向かいましたが、こちらが裏側だったのを改めて知りましたよ。

折角なので天守閣まで上ることにしましたが、エレベーターは結構な人数並んでいたので階段で上りました。地上8階程度を上がったので汗が滲み出して来ていましたが、天守閣には比較的冷たい風が吹いていてメチャ気持ち良かったです。そして大阪城公園内の紅葉が綺麗に見えました。「お城の周り中360°全部紅葉」って感じで見頃でしたよ!

最後も昨夜に続いて再び新世界へ。此処では昭和レトロ感を探しつつ、昨夜は時間の関係であまり見られなかったビリケンさんを見つけてはたくさん写真を撮っていました。幸運の神様ですからね!そして遅めのブランチは今回未だ食べていなかったタコ焼きにし、ハイボール片手に堪能しました。どて焼きも美味かったです!

そして南海なんば駅から15時05分発のラピートβで関空に行き、家族から頼まれていた551蓬莱の焼売を買うときに、これまた今回の滞在で食べていなかった豚饅をプレモルと共に堪能しました。実は新世界のブランチ時に目に留まった「究極のTKG」を〆に食べちゃったのですが意外と量が多く、また豚饅は2個入りのが最少だったので、食い倒れそうになりましたよ(笑)。ということで、愉快で楽しく充実した3泊4日の大阪の旅でした!


23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks