April 18, 2017

TOHOと109の勘違いが不幸中の幸いに!

昨夜から”春の嵐”で暴風雨となり、今朝も凄い風と雨だったので「フレックス使って遅めに出社しよう」と考えたのですが、今日締めの案件と会議の予定等を確認し、特に影響は無かったので午前半休取ることにしました。最近は休日出勤が定期的にあるので平日に代休を取る一方で、有給休暇は殆ど取得出来ていないので、その消化にも良い機会でしたからね。

風は未だ強かったものの雨は8時過ぎには止んだので、「家にいるのは退屈なので、出勤前に映画でも観ようかな」と思いましたが、今日は1日でも14日でもないので普通に一般は1,800円の日。。。そんな時、コンビニの端末使って会員価格で劇場鑑賞チケットが購入できる福利厚生倶楽部の特典を思い出したので、初めて使ってみることにしました。これだと1,300円になります。

鑑賞する映画に関しては、家内とは今後一緒に観ないであろうタイトルで(両者とも関心があるタイトルは夫婦50割使うので)、且つ、遅くとも12時30分までには上映が終わるTOHOシネマズ六本木で上映している作品にする必要があったのですが、予告編見て関心があった『ゴースト・イン・ザ・シェル』が見事該当しました。ただし、9時35分上映開始なので、行動を決めてからは結構慌ただしく支度をして出掛けました。

それでもTOHOシネマズ六本木への到着はギリギリになることが予想されたので、劇場鑑賞チケットの発行方法などを移動中の車内で予習し、そして六本木駅近くのファミマのFamiポートで無事ゲットしてから、なんとか3分前にチケットカウンターに到着出来ました。そして作品のチケットに引き換えようと劇場鑑賞チケットを受付のお姐さんに見せると、、、「これ、東急(109)のチケットなので、此処では使えないのですが・・・」。

一瞬耳を疑いましたが、チケットには確かに『109シネマズ&ムービル共通チケット 特別映画鑑賞券』と印刷してあるではないですか!Famiポートの画面左上の最初に目が行くところにあったのですが、自分の中では『109シネマズ』なんてのが存在するのを知らなかったし、時間があまり無く急いでいたこともあり、”109”の”10”を見た瞬間に”東宝(TOHO)”の”10”だと全く疑いませんでしたよ。。。

もっとも、この劇場鑑賞チケットの有効期限が10月31日まであるので、「しょうがない、今日は通常価格で観るか、、、」と観念し、此処でのチケットを改めて購入することにしてクレジット決済のためのヒルズカードとポイント付加のために既に手に持っていたシネマイレージカードを何気に同時に出すと、「ではシネマイレージデイで1,400円になります」とのこと。「あれ?1,800円では無く1,400円なの?」と思って「シネマイレージデイってのがあるんですか?」て尋いたら、「毎週火曜日がシネマイレージデイで1,400円になります」とのことでした。

うわ〜ぁ、そんな割引があったのを初めて知りましたよ!TOHOシネマズの割引は、夫婦50割、毎月1日のファーストデイ、毎月14日のTOHOシネマズデイ、そして今回使おうとした福利厚生倶楽部のしか知りませんでしたが、もし今回のような勘違いトラブルが今後もなく、また、あっても火曜日でなかったとしたら、今後も全く知らなかったと思います(汗)。

火曜日でも福利厚生倶楽部の特典の方が100円安いとはいえ、急に映画が観たくなった火曜日に近くにコンビニが無かったり、上映開始まで時間が無い時には、このシネマイレージデイの割引でも充分です。Famiポートを使った劇場鑑賞チケットの支払いにはクレジットカードや電子マネーは使えないので、クレジットポイントやヒルズポイントの分も考えると、カウンターでのクレジット払いで100円の差は更に縮まりますからね。

ホント、”不幸中の幸い”で”転んでもタダでは起きない”ない私の本領発揮かもでした(笑)。なお、109シネマズの劇場数は神奈川県以外の関東ではメチャクチャ少なく、行ける劇場は木場くらい。また、ムービルに至っては神奈川西区の一箇所だけでしたよ。


23:13:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 13, 2017

東村山黒焼きそば

明日は代休なので、仕事が終わった後に東村山まで足を伸ばしてみました。「なんで東村山?」かというと、、、3月7日の日記の種明かしはしていませんでしたが、昨年広島に赴いた元紀が異動になり、この4月から東京本社に勤務していて、東村山にアパートを借りて独り暮らしを始めたのです。

彼の会社の東京本社は高田馬場にあり、我が家からも楽勝で通えるのですが、一度独り暮らしを始めると実家には戻りたく無いと思うのは、私も彼くらいの歳の時にはそう思ったので、よく理解できますよ。誰にも気兼ねせず邪魔されず、自由気ままですからね!

そしてその東村山の彼のアパートへ、表敬訪問を兼ねてアポ無しで初めて訪れたのです。で、何を食べようかとネットで「東村山、名物」って検索したところ、黒焼きそばが「東村山の新たな逸品」として詳しく紹介されているアサヒビールのページ記事にヒットし、『東村山 黒焼きそば 食べ歩きマップ』なんてのも載っていました。まさに私好み!

そのアサヒビールのページに依ると、黒焼きそばは以下のようなB級グルメ。
******************
「東村山 黒焼きそば」は地元で生まれた「黒」ソースを味のベースに、各店がそれぞれ自慢の「黒焼きそば」を生み出している焼きそば。「黒」ソースとは、秘伝の「イカすみ」と、幻のうま味酒と言われる鹿児島特産の「黒酒」、さらに様々な香辛料をブレンドした香り高いソース。

その濃い色あいから、こってり味の焼きそばかと思いきや、上品なスパイスの効いた中に、「イカすみ」や「黒酒」などの旨みが深みを添えた、今までに無い“大人”の味わい! 東村山の方達が、思わずハマってしまうというのも納得。
******************

そして、元紀が帰って来るのを待ちつつ、"東村山 黒焼きそば 食べ歩きマップ"で探した中から、居酒屋チェーン店で初めてでも敷居が低い『はなの舞』に入り、東村山の地酒と共に堪能しました。黒酢が効いてて、確かに"大人の味"でしたよ。まいうー!


23:03:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 10, 2017

Myサクラ観賞2017総括

3月21日に東京都でサクラの開花宣言が出てから3週間ほど経とうとしていますが、この週末の風雨にも耐え、今年は比較的長い期間サクラの”お花見”が出来たような気がします。今日は爽やかな良い天気だったので、ランチ時に毛利庭園から六本木さくら坂まで散策しましたが、日当たりの関係からか比較的開花状況が遅かった六本木さくら坂のソメイヨシノも、やっと満開になっていました。

ということで、私の今年のお花見の実績(写真撮影をメインに訪ねたところ)は以下の通りでした。
・2月20日:河津町:これはソメイヨシノではないので番外編ですが、ピンクの河津桜、綺麗でした
・3月22日:靖国神社:開花宣言翌日の標本木を観に行っただけでしたが
・4月2日:上野恩賜公園:満開宣言が出た日でしたが、ここではサクラよりもお花見している人達を見るのが楽しみ
・4月3日:跡見学園女子大学:星奈の入学式で出向いたら、思いがけずサクラの名所でした

・4月5日:毛利庭園の夜桜:池の反射が情緒的でした。他の日の日昼にも何度か様子を見に行ってましたけどね
・4月7日:千鳥ヶ淵:一眼レフカメラ使えなかったけど、なんとかiPhoneのカメラで雰囲気がある写真は撮れました
・4月9日:目黒川:散り始めていましたが、それが逆に風情を生んでいるようなシーンを撮れました
・4月10日:六本木さくら坂:これまたiPhoneのカメラでしたが、満開の華々しい写真が撮れました

他にも行きたかった"サクラの名所"は多々ありますが(「それだけ行けば充分でしょ!」という声も聞こえて来そうですが、笑)、これが今年の総括になると思います。う〜ん、日本のサクラ、本当に素晴らしいですね。


23:31:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 27, 2017

新潟県村上市に想う・・・

北東にも東西にも長い新潟県なので、同じ新潟県で生まれて7年間住んでいたモノの、長野県や群馬県に近い頸城郡や魚沼郡、十日町市辺りの中越地区を比較的往来していた私には、下越地区にあって秋田県にほど近い新潟県最北の村上市は全く知りませんでした。もちろん、訪問するのも初めて。

週末の新潟旅行は、昨日の日記のように現美新幹線SLに乗ることが主目的だったので、旅程の中に組み込まれていた4時間強の村上市の滞在は、あまり下調べをすることもなく、配られたパンフレット類を現地に到着してから参考にして『町屋の人形さま巡り』をなんとなくしていましたが、今後の地方都市の在り方のようなモノをちょっと感じてしまいました。

東京から決してアクセスが良いとは言えない本州の裏側のなので(それでも、新幹線と特急列車を使えば3時間強ですが)、何か特徴的な観光客を呼べるイベントとして『町屋の人形さま巡り』と、その期間中の2日間のみ走る『SL村上ひな街道号』は町興しの一大イベントのようで、村上駅に到着するなり、歓迎セレモニーが大々的に模様されました。複数のゆるキャラ、地元出身アイドルによる1日駅長、市長の挨拶、鏡開き、地元産のお酒の振る舞い等々、、、。

そして『町屋の人形さま巡り』散策に出掛けましたが、かつて村上藩の城下町として栄えた武家町、商人町の面影が現在でも市中に残っているものの、以前、独り旅で行ったことがある飛騨高山に比べると、比較的広い範囲に町屋などの建物が散りばめられているような感じで、一大イベントの割には街を歩いている観光客が多くは感じず、閑散としているような気がしました。なので、このようなイベントが無い時には、超閑散としているのではと。。。

せっかくなので調べてみると、村上市の現在の人口は62,000人弱と新潟県8位ではあるものの、1970年以降右肩下がりで減少しており、市町村合併する前の2008年の村上市は30,000人強しかいなかったそうです(私がよく行く、観客収容能力約35,000人の神宮球場よりも少ない!)。このような地方都市を今後盛り上げていくにはどうしたら良いか、、、

"COOL JAPAN"が認識されている国が世界にどれくらいあるか定かではありませんが、比較的アクセスが悪い山深いところでも、どんな口コミがあって来るのか外国人がいたりしますが、村上市では全くと言っていいほど見かけず、唯一、香港人だと思われるカップルが『割烹 吉源』で「ランチが出来るか否か?」を尋いていた時に見たくらいでした(お店の人は英語は全く分からなかったので、私が通訳しましたよ、笑)。

でも、村上市の観光案内のWEBは英語とのバイリンガルで結構よく出来ているし、わたし的には”鮭とば”がめちゃくちゃ美味しかったので、ロケーション的な理を利用して中国北東部、韓国やロシアからもお客さんが来るようになれば「意外とブレークするかも?!」ですね。新潟の米やお酒、そしてSLという資源があるのですから、潜在能力はありそうで期待しています!


23:25:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 22, 2017

桜の標本木と開花宣言

朝から本格的な雨で肌寒かった昨日、予想外に気象庁から桜の開花宣言(「東京都心でソメイヨシノが開花した」と発表)がありました。前日の春分の日に休日出勤していた際のランチ後に、六本木さくら坂でソメイヨシノの様子を観察した時には、まだ全然蕾の状態で「咲くのは一週間くらい先かなぁ?」と思ったばかりだったので意外。。。「随分と早い開花宣言だなぁ」とも思ったのですが、平年より5日早いものの、昨年と同じだそうですね。

ということで、今日は代休だったので、朝の情報番組でも盛んに取り上げられていた、東京管区気象台が開花を観測するための『桜の標本木』の様子を、靖国神社に行って観て来ました。靖国神社でその標本木を観た(認識した)のは初めてですが、昨日の今日なので、標本木に咲いている桜を撮影している人が結構いました。私も早速撮影しましたが、昨日とは打って変わった晴天だったものの、風が強くて桜が結構ブレる。。。

なお、今日は夜にイベントもあったのでTAMRONの望遠レンズは持って行かなかったのですが、咲いている花までは思ったよりも距離があり、2倍程度のズームだと結構小さくしか撮れなかったので、望遠を持って行かなかったのをちょっと後悔。iPhone 7 Plusのデジタル10倍ズームで撮影してみましたが、やはり光学ズームに比べると色合いや輪郭の画質がイマイチでした(汗)。

桜の見頃は開花から10日後くらいとのことなので、来週の中盤から再来週にかけてが良いタイミングでしょうか。星奈の入学式は4月3日(月)なので、JD娘と桜のGOODな写真が撮れるかな?もちろん、その時はTAMRONの望遠レンズ持っていきます。


23:50:00 | tom | comments(0) | TrackBacks