June 19, 2017

スピードガン

昨日東京ドームに行った時に、22番ゲート前の場外広場に『スピードガンチャレンジ』なるものがあり、当日のゲーム観戦者は無料で出来るようだったので、独りだったら恥かしくて出来なかったけど、同行者もいたので演ってみました。

こう見えて高校3年の時には一応"背番号1"を背負っていたので、"昔取った杵柄"ではありませんが、「衰えたとはいえ100km/hくらいは出るだろう」と思いながら、私の数人前に投げたガタイがデカい白人のヘナチョコ50km/h台の球を上から目線で見ていたのですが、、、イメージに反して自分も全然ダメでした(汗)。

ボールを持った時にやたら軽く感じたのですが(ソフトボールのような材質感で、且つ軟式A号球よりも小さい感じ)、腕を振り上げて投げようとすると、肩に全く力が入らず抜けるような感じでしか投げられませんでした。内野手のようにコンパクトに投げれば、もうちょっと違った感覚で良かったかも知れませんが、前述のような感覚で投げた2球目の球速は、、、たったの71km/h。。。"昔取った杵柄"からは、情けない限りです(泣)。

もっとも、ボールなんてもう相当長い間投げていないし、高校野球で肩壊しているので当り前ですかね。実際、プロ野球選手が引退した後にヘナチョコボールしか投げられないのをTV番組で少なからず観ていますが、「あれは決して手を抜いているわけではなく、全力でも其の程度しか投げられないくらい壊れているか衰えているのだ」と、改めて実感しちゃいました。

千葉ロッテマリーンズの応援で腕を振り上げても痛かったりしないので、「まだ四十肩や五十肩にはなっていない」と自負していましたが、こと"投げること"に関しては確実に衰えているので、「今でも普通に出来そう」と思っていたテニスのサーブも、意外とまともには出来ないのではと懸念しています。ちなみに、あの程度の球速で2球しか投げてないのに、今日は肩が結構痛い(汗)。


22:10:32 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 04, 2017

長嶋茂雄記念岩名球場

今日は、千葉県佐倉市岩名運動公園内にある野球場、その名も『長嶋茂雄記念岩名球場』で開催されたイースタンリーグの『読売ジャイアンツ vs. 千葉ロッテマリーンズ』戦を観戦して来ました。

基本的にはジャイアンツファンであり、そして地元千葉県のマリーンズが対戦する試合とはいえ、2軍(イースタンリーグ)の試合を観戦した理由は、、、我らが”ミスター”、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、自身の名前が付いた『長嶋茂雄記念岩名球場』のリニューアルオープンを記念したこの試合の始球式に登場するからなのです。そして国歌斉唱は、これまた佐倉市出身の歌手 荻野目洋子さん!発売2日間で売り切れてしまったチケットを、ヤフオクで落札して観戦して来ましたよ。

既にこの日記でも何度か触れたと思いますが、長嶋さんは私が卒業した千葉県立佐倉高校の大先輩なのです。小学生の時に野球を始めた私が一番憧れていた野球選手は長嶋さんであり、長嶋さんの出身高校で野球がしたく、進学校で比較的偏差値も高かったので、一所懸命勉強して入学したのです(今では当時よりも更に高いそうです)。

その大先輩の始球式、、、栄光の背番号3のジャイアンツユニホームを着てバッターボックスに立ち、左手一本でバットを持っているとはいえ、明らかにバットに当てようとしていた長嶋さんは、地元の少年野球チームに所属する市川優斗君に4球もリクエストし、3球目を左手でスイングすると、球場内は大きな歓声が盛り上がりました!

2004年に脳梗塞で倒れた長嶋さんは、右半身麻痺の後遺症が残ったままなので右手は常にズボンのポケットに入ったままですが、昨年の6月9日に亡くなった私の父より1つ歳下なので、今年で父と同じ81歳となります。まだまだお元気そうなので、(恐れ多いが)親父の分まで長生きし、これからも日本国民と野球ファンを明るくし続けて頂きたいと思います。


23:56:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 29, 2017

下北沢

昨日の休日出勤の帰りに、止ん事無き事情で下北沢に行って下北沢駅で降りたのですが、前回いつ降りたか全く記憶に無いので(乗り換えを除く)、おそらく大学生の時以来だと思います。

その”止ん事無き事情”とは、、、ヘアカラー、別名「白髪染め」(笑)。私が『クイックカラーQ』という低価格で速いヘアカラー専門店を利用している話は、この日記にも何度か書いたと思いますが、女性でも2,700円(シャンプー・税込)という価格(私の場合は根元染の2,160円でOK)と40分強で出来ちゃうこと、そしてWEBで空きを見て予約できる手軽さが魅力的で広く知れ渡ってきているのか、これまで行っていたイオンモール船橋店は1週間以上先まで予約でいっぱいで、土日はほぼ空き無し。

他にも我が家から比較的近いモリシア津田沼店や、ちょっと遠いけどラパーク千城台店も比較的埋まっていて、私の都合と合わずに今に至っていました。そして19日に散髪に行って、夏に向けて両サイドと後ろ刈り上げ(通称:金正恩カット by 我が家族)にしたところ、コメカミから下の両脇の白髪が圧倒的に目立ってきたので、いよいよお尻に火が点きました。

そんな時、何気に都内にあるクイックカラーQの店舗をチェックしていたところ、レシピ下北沢店が此の土日でも予約でき、仕事が終わった後でもギリギリ間に合う18時からの予約もできたので、早速予約して休日出勤帰りに行ってきたのです。

その、超久し振りの下北沢は、、、まずは小田急線快速急行が停車する下北沢駅のプラットホームは凄く地下深くになっていて、改札に出るのに長〜いエスカレーターに乗りました。そして南口に降りたのですが、、、道が狭くてごみごみしている感じは相変わらずで、南口改札の駅舎も田舎の駅と見間違うほど小ぢんまりしていましたが、、、正直、以前がどんなんだったか、殆ど覚えていません(汗)。

今回は、クイックカラーQでヘアカラーが終わったあと足早に帰宅したので何処にも寄りませんでしたが、『プラリ下北沢』なんてサイトも見つけたので、次回また来る機会があれば、じっくりと探検したいと思っています。今のイオンモール船橋店の混雑度とレシピ下北沢店の空き度からすると、また仕事帰りに来る可能性も高いのではと思います。


23:31:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 25, 2017

GINZA SIX

先週金曜日発信のPodcast『伊藤洋一のRound Up WORLD NOW! 』の「今週のここ/これを見てきた」のコーナーでも紹介があった今話題の『GINZA SIX(ギンザ シックス)』ですが、今朝通勤時にiPadで読んでいた日経ビジネス5月22日号に、TSUTAYAカルチュア・コンビニエンス・クラブ)の記事と増田社長のインタビュー記事があり、GINZA SIXに出店した『蔦屋書店』にも触れていたので、午後半休で夕方のイベント迄時間があった今日、早速寄って来ました。

平日にも関わらず、外国人観光客やシニアのおばさま達で店内は結構賑わっていて、蔦屋書店がある6階から屋上庭園(GINZA SIX ガーデン)まで直通のエレベーターには行列が出来ていました。エスカレーターに乗る時も通勤時の駅のようにちょっと並ぶ感じだったので、「これが休日だったら?」と思うとゾッとするかもです。休日にしか行けない人は、落ち着くまで暫く待ったほうが良いかもです。

その6階の蔦屋書店は、”TカードのTSUTAYA”というイメージが全くしない、なんだか”蔦”が絡まるレンガ造りの外観が似合うそうな雰囲気の”超高級な蔦屋書店”という印象で、買うよりも眺めに行くような書店でしたが、アートに関する高価な書籍や写真集などを、お金持ちのインバウンドの外国人観光客が買うのでしょうかね? 開店間もないけど、1ヶ月の売り上げは8,000万円程度になりそうとのことがインタビュー記事に書かれていました。

屋上庭園は、、、暑くもなく寒くもない時期に、買い物に疲れた時の一休みで寄るのにはGOODな雰囲気でしたが、基本、周りのビルが間近に迫っているので、景観はあまり期待しないほうが良いかもです。。。今回は駆け足で見て来ましたが、これで下調べは終わったので、次はレストラン利用なども含めて、ゆっくり訪れたいと思います。平日の休みの時にね!


23:47:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 24, 2017

六本木の居心地

社会人になってから20年くらい工場に勤務していたので、2008年に12年振りに日本に帰国し大崎のオフィス勤務になった時は、正直、とても窮屈な気がしました。工場だと現場を動き回り、大きな声で会話していたことが多かったのですが、40歳を超えて初めて勤務する都会の高層ビル(ゲートシティ大崎)のオフィスでは、自分の席でPCと睨めっこしている時間が多かったですし、「シ〜ン」と静まり返っているオフィス内では同僚と話しするのも気が引けるくらい。。。

そんな私が2013年に今の会社に入って更に都会のど真ん中の高層階のオフィスになり、「さぞかし居心地が悪いのでは?」と思いきや、、、休日対応の業務でも積極的にオフィスに来たくなるほど居心地が良いのです(笑)。オフィスでは同様に席に座ってPCと睨めっこしていることが多く、比較的静まり返ってもいますが、仕事の内容が(良い意味で)"趣味の延長"のような内容であることや、観光スポットみたいな場所にオフィスが位置しているだけでは無いような気がしていました。

そして昨年12月末に、マレーシアのペナン仲間がブラジルと大阪からもやって来て久し振りに再会しましたが、大阪から来たR嬢が「六本木って、なんだかシンガポールみたいだよね!」と言っていたことに"激しく同意"でした。私が延べ5年半住んでいたマレーシアも多民族国家でしたが、その後3年間住んでいた香港はアングロサクソン系の白人も多くて人種のルツボみたいな場所でしたから、六本木は(シンガポールに似ている)香港のようにも思えます。

でも、そんな人種のルツボでカオスみたいな場所にいると、なんだか心地良くて落ち着くんですよ(笑)。日本人だけの社会だと、わびさびや謙譲、謙虚、遠慮、KYなど気を使うことが比較的多い一方で、人種のルツボみたいな場所にいると、お互いが母国語では無いので比較的ストレートな言い方をしても気にしないし、サンダル、Tシャツ、短パンという超ラフな格好で外出しても気にならないし、公共の交通機関内で大きな声で会話しても当たり前だしで、ほんと、他人の目を気にしたり遠慮する必要が無いんですよね。正直に生きられる感じです。

そして六本木のオフィス周辺も、アジア、欧米、インド、アフリカ系等々の人達が当たり前のように歩いていて、本当に多民族で人種のルツボなのです。休日出勤時の午前中なんて、歩いているのは非日本人的な人の方が多いくらいで、「ここは本当に日本?」と思っちゃうくらいなのです。でも、この多国籍な雰囲気が、なんだかとても居心地が良いと感じられる今日この頃です。


23:40:00 | tom | comments(0) | TrackBacks