August 13, 2018

すみだ水族館

世間はまだお盆休み中の会社や人達が多いようですが、弊社は決まったお盆休みや夏休みは無く個別取得。なので、昨日の実家での集まり後の二日酔いにも備えて(笑)、今日は有給休暇を取って休みでした。

もっとも、特に行動を決めていたわけでは無かったので、ウォーカープラスで適当に探して行って来たのが『すみだ水族館』でした。家から京成で1本で行けるのと、東京スカイツリータウンの中にあり往来で蒸し暑い外に殆ど出ることがなく、水族館自体も涼しいしカメラの被写体は多いしでGOODだと思ったからです。特に「金魚づくしの夏祭り!」という謳い文句の『東京金魚ワンダーランド2018』が、更に涼しそうな雰囲気を醸し出してくれたので決め手となりました。

すみだ水族館に来るのは初めてでしたが、比較的こじんまりとした水族館で、通常はクラゲとペンギンを推している感じでした。特にペンギンたちの餌付けは食べ物の成分や栄養素を言いながらで特徴的。そしてペンギン達も人懐っこくて水槽を泳いでいる時に顔を正面に向けて「写真を撮って!」と言わんばかりのような雰囲気でしたよ。

そして東京金魚ワンダーランドは、金魚ちょうちん発祥の地、山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した100個の金魚ちょうちんが照す全長約100メートルの金魚展示エリアに、色も形もさまざまな約20種、約1000匹の金魚が展示されていて、涼しくも賑やかでした。プロジェクターで床に金魚の投影している場所がありTシャツに映して写真撮ってる人がいたので、自分も顔に投影し自撮ってみたら、何だか血まみれのプロレスラーみたいになっちゃいましたよ(汗)。

館内のカフェ周辺では、アメリカやイギリス、中国など世界各地で生み出されてきた金魚の紹介とともに、同じ土地で生まれたビールを販売し、世界中の金魚に囲まれてビアホールのように過ごせる「世界の金魚ビアホール」も開催中でしたが、私はソラマチ内の『世界のビール博物館』でブランチしながらベルギービールを堪能しました!


23:17:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 06, 2018

コナミスポーツクラブ

日曜日に書いた「走りたいのに走れない」というタイトルの日記でもスポーツクラブ/フィットネスクラブに関して触れましたが、代休だった月曜日のルーヴル美術館展鑑賞の帰りに下総中山のコナミスポーツクラブに寄って入会の手続きをし、本日初めて運動しに行ってきました。ちなみに、入会したコースは「まずは週1(月4回まで)」の月会費プランです。

本当は「しっかり週2(月8回まで)」も考えたのですが、今の時期は平日・休日共に野球観戦で埋まってることが多く、休日の野球観戦は走っていくことが殆どなので運動できるし(日焼け止め必須)、秋以降になれば日焼けをあまり気にせずに外でのランニングも多く出来るので、スポーツクラブはジムやスイミングなどで「週1で丁度良いかな」と思いました。

ジムでの筋力アップに嵌まり「平日の会社帰りにもっと通いたい」と思うようになったらプランの変更も出来ますし、月々の指定回数以上の利用も追加料金払えばOKなので、まずは週1でスタート! また、指定回数を消化しきれなかった場合には、1回まで翌月に繰り越せます。その時の状況に合わせてフレキシブルに活用したいと思っています。

ということで入会後初めて行きましたが、本当は入会翌日の火曜日に行こうと思ったけど、30分を2回まで無料で受けられる予約が必要な"パーソナルプログラム"が空いてなく、今週の他の日で私のスケジュールとトレーナーの空いている日時を考慮したら今日になったのです。このプログラムを受講する前でも施設は使えますが、そうなると其の日と今日で今週2回分消化しちゃうので避け、予約が21時30分と遅めだったので、プログラム受講前にランニングマシンを使ってみようと思い今日に纏めたのです。

実は千葉県東金市の某S社に勤務していた時に、記憶に間違いがなければ土気にあったスポーツクラブ(いま調べると土気には「スポーツクラブ ルネサンス 土気あすみが丘」がありますが、同じか不明)に入会して通ったことがあるのですが、数えるほどしか行かずに終わった気がします。おそらく、マレーシアへの出張が多くなり(2年間に渡り、年の半分くらい行ってました)、その後マレーシアに赴任することになったからだと思うのですが、それ以来なので少なく見積もっても20年以上ぶりのスポーツクラブです。

20時ちょっと前に自宅からチャリで下総中山に向かい受付を済ますと、ランニングマシンをやる前にまずはパーソナルプログラムの身体測定をするとのこと。汗をかいてからだと数値が変わるからだそうです。お腹の弛み度(胴囲の数値)に驚愕し、ランニングマシンとバイクマシンを終えてから、息子と同い年のトレーナーSさんから見せられた測定結果一覧の中にある、体脂肪率とBMIから表された身体バランスは"肥満型"と"かくれ肥満型"の境界線上。標準体重に対してもプラス6.9kg。「11月末の大阪マラソン(フル)まで5kg落とそう」という目標が出来ました!なお、ポジティブな部分では筋肉量が最多レベルでしたよ。特に脚!週1ペースで走っている成果ですかね。

そしてトレーナーから提案されたトレーニングプログラムは以下の通りです。代謝を増やして体重を落とすための全身筋肉増強プラン(更に!笑)。数値は設定値(備忘録)。いずれも15回を3セットです。
・レッグプレス:下半身:イス3:70kg〜90kg
・レッグエクステンション:太もも前:イス4 パッド2:20kg〜25kg
・チェストプレス:胸:イス4:26kg〜32kg
・フロントプルダウン:背:イス6:26.5kg〜35.5kg
・ローロウ:背:イス2 パッド7:20kg〜35kg
・アップライトロウ:肩:7.5kg〜10kg
・クランチ:腹
頑張ります!


23:42:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 20, 2018

住みよさランキング2018

今日の東洋経済オンラインに載っていた『最新版!「住みよさランキング2018」トップ50』でトップになった市は千葉県に在りますが、な、なんと7年連続だそうです! 何処だと思いますか?

その「住みよさランキング」で映えある7年連続トップに輝いた千葉県の市とは、、、印西市!「いんざい」と読みます。 印西市には千葉ニュータウンがあり、イオンモールやコストコなどもあって以前は船橋自宅からも行きましたが、最短距離の木下街道(きおろし街道)が結構混むので、最近は全然行ってません。実際、昨年2月に印西スマイルマラソン(ハーフ)で行ったのが最後です。

記事によると、印西市には多数の大型商業施設だけでなく、大学や企業の研究開発拠点、金融機関のデータセンターなども集積していて、東京と成田国際空港を結ぶ交通軸上にあり、京成成田空港線(成田スカイアクセス)で、成田空港だけでなく東京都心や羽田空港へのアクセスも良好で、東京への通勤率は20%を超え、また、成田空港近辺へ通勤する人々も多く暮らすのだとか。

「住みよさランキング」は、公的統計を基に「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類しランク付けしたものだそうですが、詳細は記事を見てもらうとして、10位までには以下のような市や区が並んでいます。なお括弧内は昨年の順位です。

1位:千葉県印西市(1位)
2位:愛知県長久手市(3位)
3位:宮城県名取市(11位)
4位:茨城県守谷市(10位)
5位:東京都中央区(81位)
6位:愛知県大府市(180位)
7位:茨城県つくば市(12位)
8位:東京都港区(96位)
9位:東京都千代田区(118位)
10位:千葉県成田市(15位)

意外にも東京都の区が3つも入っているんですね。しかも全て昨年の順位からは大躍進! 若い世代の人口流入が続いていて、今回から算定指標とした「年少人口(0〜14歳)増減率」の値が高いため、「安心度」を通じて総合順位を上げたからだそうです。更に、新たな指標として追加された「可住地面積当たり飲食品小売事業所数」が、比較的小規模な店舗やコンビニエンスストアの数が多い東京23区には有利に働いたからだとか。

でも、こうやって昨年の順位も並べてみると、印西市の安定度が際立ってますね! 比較的近くて同じ千葉県に住んでいる私には、実は全然ピンときません(笑)。実際に印西市に住んだことが無いので、昔からのイメージと固定観念が私にはネガティブ方向に作用していると思いますが、実際に住んでる人の感想も是非聞いてみたいと思っています。


22:44:21 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 12, 2018

北海道最終日は雨模様

今朝起きた時には完全に二日酔い状態でしたが(汗)、天気予報通り雨が降っていたので観光はやめ、ホテル内の温泉に入ってアルコールを抜いた後、昨日の日記を書いたりしてチェックアウト時間11時ギリギリまでホテルで過ごしました。おかげで歴史的は米朝首脳会談をテレビでLIVEで観られましたけどね。

雨が降っていなかったら、昨日使った定期観光バスの新千歳空港下車可能なコースに申し込んで小樽かニセコにでも寄ろうかと思っていましたが、チェックアウト後は新千歳空港に直行して、まずは『きくよ食堂』で元祖函館巴丼(雲丹、いくら、ホタテ)を肴に昼呑みし、お土産を買いに空港内を散策し(一番並んでいた『札幌農学校』で買いました)、まだまだ時間があったので『ジアス ルーク&タリー』で流氷ハイボールも飲んじゃいました。

そして成田行きのバニラエア便は定刻16時30分に出発し、終始雲の絨毯の上を飛行して18時過ぎにランディングしました。分厚い雲の中を通過するときは結構揺れましたが、着陸態勢に入って雲の中に入る直前では幻想的な風景が見られ、楽しかった3泊4日の北海道一人旅のエンディングとなりました。

ところで、札幌のNさんの話に依ると、我々が走った時は時期的にも美瑛はパワースポットだったそうですが、そのおかげか、新千歳空港にいる時に大阪マラソン(フル)に当選したメールを受け取りました。このての大きな大会で当選したのは初めて! 開催日は11月25日なので、夏から秋にかけては充分に走り込み、準備したいと思います。今から身体絞ろっと(笑)。


23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 11, 2018

札幌市内観光と反省会

今日の関東地方は台風5号の影響で雨模様だったかと思いますが、自称"晴れ男"が滞在している札幌は(笑)終始曇っていたものの雨は降ってなく、札幌市内観光を堪能しました。行き当たりバッタリで特に細かくは考えてはいませんでしたが、北海道中央バスの定期観光『大倉山&羊ヶ丘展望台のツアー』の午後の部を朝申し込んでいたので、その出発(14時10分)前に路線バスで札幌中心部に移動して、定番スポットを観光しました。

まずはブランチを兼ねて元祖さっぽろラーメン横丁の『札幌ラーメン熊吉』でコーンバター味噌ラーメンを食べ、大通公園に行ってさっぽろテレビ塔の写真を撮り、札幌市時計台北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)JRタワー札幌駅札幌ら〜めん共和国を参観しました。過去の北海道滞在時にも寄った定番中の定番ですね(笑)。

一方で定期観光バスツアーは、いずれも過去2回の札幌滞在時には行っていなかったところでしたが、高いところが好きな私には大倉山ジャンプ競技場は超良かったです。リフトでジャンプのスタート地点の展望台に行くと、メチャクチャ良い眺めでした。そしてスタート地点から見たジャンプ台は、、、いくら高いところが好きでジェットコースターも苦にしない私でもジャンプは無理! この高さ、角度、そして横幅の狭さでは飛べませんよ。葛西さん沙羅ちゃんには大いに敬服します。

さっぽろ羊ヶ丘展望台ではクラーク博士と同じポーズで撮影する人達だらけでしたが、そうしたくなる雰囲気ありありのクラーク博士像でしたよ。私は既に"ボーイ"ではありませんが(汗)、あらためて今後の人生への"大志"を抱きながら、札幌ドームや札幌市内を羊の放牧越えに臨んで「北海道、でっかいどー」と言いたくなりました(笑)。

そして今日のメインイベントは昨日のハーフマラソンの”反省会”と称する飲み会。マスターは2次会からの参戦(と言っても、お仕事の場ですが)だったので、1次会は夜景の見える『北海道原始焼き酒場 ルンゴカーニバル』で、昨日のラン姿とは違ったドレッシーなコスチュームのHさん、Nさん両美魔女に囲まれて、北海道の食材を堪能しましたよ(笑)。厚岸町産の牡蠣の大きさは、わたし史上最大だったと思いますし、ホッケもジンギスカンも時鮭も美味かった!

マスターのお店『BAR梟』での2次会では、私が大好きなラフロイグの臭いウィスキーを飲み、Hさんのご主人が入れているアルコール度が超高いウィスキーも頂き、タクシーに乗って帰る頃には殆ど記憶は無くなっていましたが、とても楽しい"反省しない反省会"でした。来年の札幌マラソン(ハーフ)に参加することを表明したようなしないような(笑)。


23:44:00 | tom | comments(0) | TrackBacks