May 23, 2018

立ち上がれ日本人:マハティール・モハマド

日本のGWが終わった後に賑わっていたニュースで私にとって非常に身近に感じられたのが、1957年の独立後初の政権交代となったマレーシアのマハティールさん首相就任のニュースです。しかも93歳という年齢は、選挙で選ばれた指導者では世界最高齢になるとのこと!

マハティールさんは過去に22年間にわたって首相として政権を担っていましたが、ちょうど私がマレーシアに長期出張し(2年間で366日)、その後家族と共に赴任して駐在していた時(1994年〜2001年)にあたり、「ルック・イースト政策」を導入して2020年に先進国入りする目標『WAWASAN 2020』の看板を街のいたるところで見かけたものでした。

当時はまだ日本が元気な時だったので、若干上から目線で懐疑的に見ていたのも正直なところですが、その後の日本の「失われた20年」や昨今の首相の動向と国会の混乱した状況、そして北朝鮮問題では全くと言って良いほど存在感を発揮できない母国を見ていると、あらためてマハティールさんの偉大さを思わずにはいられませんでした。

そんな中、Facebookに高校同窓生が「日本で政治してくんないかなぁ」とコメントしてリンクをシェアした『日本人よ誇りを持て」日本の高校生を泣かせた、92歳のマハティール首相のスピーチ』という記事には其のスピーチの全文が紹介されていましたが、2003年12月に発行されていた書籍で其れが収録されているマハティールさん著書の書籍『立ち上がれ日本人:マハティール・モハマド』を読みたくなり、Kindle版をダウンロード購入して読みました。

この書籍を翻訳された加藤暁子さんが「訳者前書き」に書かれた内容で共感する部分が多かったので、その一部分を以下に転記します。
*************************
人口わずか2300万人余りの東南アジアの小国が、世界の大国に堂々と意見をする姿に何度、私はすがすがしさを感じたことでしょうか。そして、どれだけマレーシア国民が羨ましいと思ったか。こんなリーダーが日本にいたらどんなに「日本」という国に誇りを持てたでしょうか。

ただただ米国の言いなりになる”経済大国”の政治家には、腹立たしさよりふがいなさを覚えます。マハティールに直にインタビューを続けて5年余り、しかし、そんな私は「日本」という国に生まれたことを感謝するようになりました。

「日本はすごい国だ」「日本の勤勉精神はどこにも負けないセールスポイントだ」と言い続けるマハティールに、「まだまだ日本人は負けてはいられない。自信をもとうじゃないか」との気持ちが高まってきたのです
*************************


「訳者前書き」は最後に以下のように締めくくられていますが、その後に目次を記しときます。「マハティールさん、Terima Kasih Banyak!」

*************************
序章の「日本人よ誇りを持て」は、2002年11月、マレーシアを訪れた東京都立国際高校の修学旅行生に対してマハティールが行ったスピーチです。「あなたたちには日本人の勤勉な血が流れているのだから、誇りに思いなさい」

茶髪の高校生たちは、マハティールの言葉に「感動した。こんなことを言ってくれる日本の政治家はいない」と感激していました。握手をして泣く子供たちの姿に、日本もまだまだ捨てたものではない、と私ももらい泣きをしました。

日本という国はいま、羅針盤を失っています。米国に追いつけ追い越せと一丸になって経済発展を遂げた日本は、確かに物質的に豊かな国になりました。しかしその半面、人の心がゆがみ、若者が夢を失っているのです。子どもたちは「大人になってもいいことなんかない」と退廃的になり、欲望のおもむくままに行動しています。その悲鳴を大人たちは受け止めているのでしょうか。日本はまさに、大人が手本を示さなくなってしまった国に成り下がっています。

アジアの哲人宰相マハティール。いったい彼はなぜ、日本を愛し続けてくれるのでしょうか。彼は日本が汗水たらして歩んだ過去を振り返り、精神的な「国のかたち」のありかを私たちに投げかけています。「国を愛する」という意味を、曲解するすることなくマハティール首相の言葉から感じとっていただけたら、これほどの喜びはありません。
*************************


序章:日本人よ誇りを持て
・日本に学んだこと
・日本人よ自信を取り戻せ
・辞任にあたって伝えたいこと

第1章:ルックイースト - 日本への憧れ
・アジアはいつも日本を仰いでいた
・「自由貿易」という圧力
・新たなる「植民地化」の危機
・「日本株式会社」の素晴らしさ
・アジアは欧米にあらず
・今こそ強力なリーダーを

第2章:教育こそ国の柱
・知識教育を怠るな
・科学的思考の重要性
・宗教教育と道徳
・フリーターが国を滅ぼす
・若者よ、愛国心を持て
・家族の役割

第3章:中国に怯えるな
・中国は脅威か
・ASEANと日本の優位性
・巨象を軍備に走らせるな
・中国はチャンスだ

第4章:日本人こそイスラム世界を理解できる
・誤解されたイスラム教
・パレスチナ紛争は宗教対立ではない
・テロは許せない
・領土を拡張してきたヨーロッパ人
・イラク戦争の誤り
・ネオコンに対する危惧
・日本人よ、盲従するなかれ

第5章:富める者の責任
・真のグローバリゼーションとは
・節度ある規制を
・「地球税」が世界を救う
・民主主義は絶対ではない
・途上国の声に耳を傾けよ
・自らの足で立ち、戦うということ


21:35:17 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 14, 2018

Venova:ヴェノーヴァ

5月6日の休日出勤の時にメルマガで送られてきた東洋経済オンラインのダイジェストを眺めていたところ、『ヤマハ「新型管楽器」はなぜ日本でウケたのか:見た目はリコーダー似でも音色はサックス風』という記事が目に留まり、真剣に読んじゃいました。

楽器なんて小中学校の音楽の授業で縦笛(リコーダー)くらいしか演ったことがなく、中学三年の時に通販で買ったギターも余り弾けずに挫折し、それ以来、楽器を買った事も演奏した事も殆どありませんでしたが、マレーシアのKLへの長期出張時代(1993年〜1995年)に、カセットテープをプレゼントされてよく聴いた『ケニー・G』が奏でるソプラノサックスで、「彼の楽曲 ”Foever in Love”や”The Moment”などが弾けたらカッコ良いなぁ」と密かに思っていました。

もっとも、「管楽器は難しい」という先入観と、「ソプラノサックスは買ったら20万程度はする!」という現実から全く手が出ませんでしたが、東洋経済オンラインの記事内の以下のような紹介が、私の心の琴線に触れました。

************
リコーダーのような、ソプラノサックスのような見た目をした、これまでにない新しい楽器が人気を博している。ヤマハが2017年4月、欧州を皮切りに発売した新タイプのアコースティック管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」。180グラムと軽く、リコーダーに似た指使いで、サクソフォンのような広がりのある音色を奏でられるのが特徴だ。
************

1万円程度という価格なので、結果的に吹けずに挫折しても大して痛くはない一方で、「販売好調の日本では商品不足も」という言及もあったので、ダメ元でAmazonで検索してみると、「はじめてのヴェノーヴァ」という教則本付きのセットが10,800円で短納期で買える状況だったので、即決で衝動ポチ(衝動買い)し、5月10日(木)に自宅に届きました。

実際に演ってみると、、、生まれて初めて吹くリードの楽器は予想以上に強く息を吹かないと音が出ないのと、思ったよりも音量が大きい・・・。なので夜の練習は躊躇するのと、リビングで吹くと我が家の女性陣に「煩い!」と叱られるので、まともに楽曲が演奏できるようになるまでは、練習する"時と場所"を選ぶ必要がありそうです(汗)。

具体的には、日昼に女性陣が出掛けて自宅にいない時や、何処かにクルマで出掛けた時の屋外駐車場での車内が練習場になりそうですが、ちょうど土曜日の午後は女性陣が家にいなかったので結構練習し、「ソ」「ラ」「シ」「ド」「レ」の5つの音で演奏でき、教則本の最初に登場する楽曲『聖者の行進』はなんとか出来るようになりましたよ。本体裏面の穴を押えていた左手の親指の腹が結構痛いですけどね(汗)。気張らず気長に頑張ります!


22:47:43 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 11, 2018

半沢直樹シリーズ

Kindle Unlimited(読み放題)を申し込んで約1ヶ月経過した時に、「なんだか急に読書家になった気分」と書きましたが、以前Kindle版を買っていて、最後まで読んだか読まなかったかあまり覚えていなかった『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』を、この2週間で読破しました。

特に『オレたち花のバブル組』は、昨日30kmの長距離ランニングを終えて電車で帰宅し、晩飯時に赤ワイン飲んでリビングでTV観ていたら8時過ぎには寝落ちってしまい、1時半に目が覚めたので風呂に入ってからベッドで横になり、枕元に置いてあったKindle Paperwhiteを開き、『オレたち花のバブル組』を読み始めたら止められなくなってしまい、まだ半分以上残っていたのに、そのまま全部読み終えちゃいましたよ。その時の時間は5時30分。今日は休日出勤なので、出かける準備をしてオフィスに向かいました。

『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』は何れも池井戸 潤さん著で半沢直樹が主人公の小説ですが、あらためて半沢直樹は爽快だと実感しました!サラリーマンとして上司に全く屈せず正義を通す姿を描いた半沢直樹シリーズは、池井戸さんが「サラリーマンチャンバラ劇」と言っているのにも納得です。

『オレたち花のバブル組』では大和田常務を失脚させたあと、喧嘩両成敗的に半沢直樹も人事異動を促されるところで終わっているのですが、それからどうなるかが思いっ切り気になるので、第3作の『ロスジェネの逆襲』、第4作の『銀翼のイカロス』も読まなくては!


21:13:22 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 03, 2018

コンタクトレンズのスペック変更

私はコンタクトレンズを愛用していますが、かれこれ20年以上使っているアキュビューの2週間使い捨てタイプの度数は、ずっと「-2.50」でした。なお、海外でコンタクトレンズを買っていた時には必要が無い眼科の処方箋が、日本のショップでは必要で面倒なので、コンタクトレンズはずっと個人輸入で買っていました(笑)。

そんな中、数年前から視力が落ちたような気がしたので、「ちょっと度数を上げてみようかな?」と思って2年前に度数を「-2.75」にしてみたのですが、ちょっと乱視っぽいのが影響したのか、昨年の年次健康診断の視力検査の結果が前年の「1.0」から「0.7」に下がってしまったので、度数を「-2.50」に戻していました。

とはいうものの、会議室のスクリーンに映されたプレゼン資料や、ちょっと離れたところいる人の顔も目を細めないとクリアに見えなくなって来ていたので、3月7日に控えている年次健康診断の前に、視力を測ってコンタクトレンズのスペックを変更することにし、本日、イオンモール船橋に入っているエースコンタクトに行って来ました。

昨日のうちにWEBで本日11時に予約をして訪問し、まずは同じフロアのアイクリニックで視力検査と眼の状態の検査をしましたが(寝落ちったときにコンタクト嵌めたまま眠っている事が多いけど、核膜に異常は無し)、やはり乱視が入っているので、今回は乱視用のコンタクトレンズにすることにしました。

そして、今回購入するコンタクトレンズのスペックは以下の通りになりました。
・右:度数-3.00:ベースカーブ8.60:直径14.50:乱視度数-0.75:乱視角度90
・左:度数-3.25:以下同上
これで視力は、右が1.2、左が1.0でしたが、両眼だと1.5見えました。

お店に来る前に比べると明らかに全てがクリアに見えるようになって快適ですが、遠くがよく見える分、近くが見辛くなっている・・・(汗)。スマホの画面や紙の文字などを見るときにも距離を若干離さなくてはなりませんが、業務で一番使うコンピュータの画面の距離なら問題ないので、良しとしましょう。ショッピングモールからの帰りの運転も快適でしたよ!

尚、1 Dayの使い捨てレンズもだいぶ安くなって来ているので、今回はシードの1 Day使い捨てのを1か月分(左右1箱ずつ)と、アキュビューの2週間使い捨てタイプのを3ヶ月分(左右1箱ずつ)オーダーしました。

以下、費用面の備忘録です。
・眼科費用(初診料含む)の自己負担:1,010円
・2 Weeks アキュビューオアシス乱視用(1箱、会員割引後):3,775円
・シード 1 Day Pure うるおいプラス乱視用(1箱、会員割引後):3,488円


20:30:15 | tom | comments(0) | TrackBacks

March 02, 2018

Kindle Unlimited 無料体験期間終了

2月初めに申し込んだKindle Unlimited(読み放題)の30日間無料体験が終了しますが、申し込んだ時にも記したように、このまま月額980円で継続します。なお、特に意識したわけでは無いのですが、この1ヶ月間で読書量が半端なく増えました!

これが呼び水になったのか、ダウンロード済みだったけど読み終えていなかったKindle本や、iBooksでダウンロードして読み終えていない作品、そしてKindleオーナーライブラリーでダウンロードして読み終えていなかった作品も、あらためて読み直して読み終えましたよ。

以下が、この間にKindle Unlimitedで読んだ("眺めた"を含む、笑)雑誌と書籍です。
書籍:
・松下幸之助の流儀 一日本人としての生き方・考え方:松下 幸之助
・なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」:志賀内 泰弘
・レバレッジ リーディング:本田 直之
・3日食べなきゃ、7割治る:船瀬 俊介
・犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ:池井戸 潤
・なるへそ:池井戸 潤
・正しいストーカー殺人 警部補 姫川玲子:誉田 哲也
・珍夜特急2 ―パキスタン・イラン・トルコ―:クロサワ コウタロウ
・結婚の準備とマナー パーフェクトガイド:小山由美子
・山田全自動でござる:山田全自動

雑誌、ムック本
・週刊エコノミスト 2018年02月13日号
・週刊エコノミスト 2018年02月20日号
・週刊エコノミスト 2018年03月06日号
・日経ビジネスアソシエ 2018年 1月号
・Mac Fan 2018年3月号
・GetNavi 2018年3月号
・家電批評 2018年2月号
・家電批評 2018年3月号
・MONOQLO 2018年 04月号
・Running Style 2017年9月号 Vol.102
・Running Style 2017年12月号 Vol.105
・別冊SPA!
・るるぶ台湾 ’19
・本当にあった笑える話 2018年3月号
・驚異!デジカメだけで月面や土星の輪が撮れる―ニコンCOOLPIX P900天体撮影テクニック:山野 泰照
・デジタルカメラマガジン 2018年2月号
・東京カレンダー 2018年3月号

iBooksは以下の通り
・69:村上龍
・(止ん事無き事情により非公開。笑)

ダウンロード済みだったけど読み終えていなかったKindle本
・明治維新を成功させた坂本龍馬の戦略思考〜坂本龍馬はマーケティングの天才だった〜:占部 正尚
・神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ:池井戸 潤
・おとなが楽しむなぞなぞ問題集:ポリッチ
・51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法:鶴見 辰吾
・世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと:トニー野中

Kindleオーナーライブラリーでダウンロードして読み終えていなかった作品
・珍夜特急1 ―インド・パキスタン―:クロサワ コウタロウ

う〜ん、なんだか急に読書家になった気分(爆笑)。


22:51:05 | tom | comments(0) | TrackBacks