April 24, 2017

礼服もAmazonで調達

先週の木曜日に父方の叔父が亡くなり、今日は通夜が執り行われ、明日は葬儀告別式が行われますが、通夜には午後半休で参列して来て、明日の葬儀告別式は1日休暇を貰って参列して来ます。

親父は9人兄弟姉妹だったのですが、お姉さん2人が順になくなり、そして3番目の親父が昨年亡くなり、そこまでは年齢順だったのですが、今回亡くなった叔父さんは下から2番目の次男なので、とうとう順番が入れ替っちゃいました。心臓系の病気は亡くなるのが速いですね、、、ご冥福をお祈りいたします。

実は、昨年父が亡くなった時は、靴やベルトまで含めて礼服を元紀の分と併せてレンタルしたのですが、親父も長男で私も長男であり、実家には住んでいないとはいえ、いわゆる”佐藤家の家督”は私なので、今後もこのような慶弔に参列する機会が多くなるのではと思い、この機会に礼服を調達することにしました。

20代の頃は自分の身内や友人、同僚達の結婚式に招かれ参列することが多かったので礼服も持っていましたが、マレーシアに赴任した1996年以降は全くと言っていいほど着る機会は無くなり、延べ12年間強の海外生活の間に処分しちゃってました。

もっとも、この週末はスポーツ観戦の予定があって多忙だったのと、最速土曜日の夜にお通夜も考えられたので、亡くなった晩にネット通販で買うことを思い付きました。最初「礼服 通販」でググってヒットした『AOKI』の通販サイトで検討していましたが、「もしかしたら、Amazonにもある?」と思ったのでチェックしたところ、"お急ぎ便"で翌日配達のが結構ありました。

参列しなければならない機会が多くなるとはいうものの、年に何度も着るモノではないので、それほどお金を掛けるつもりもなく、既製品のサイズで問題なく着られるので一番安いのをポチっ! スーツはAOKIの4割くらいのコストで済み、ワイシャツ、靴、ベルト、黒いネクタイ、数珠なども含めて一式調達しても2万円しませんでしたよ。

なお、スーツのパンツには裾上げテープが付いていて、ウェストも最大±6cmの調整機能が付いているので、今後若干おデブになってもダイエットに成功しても着られるし、この値段なら、最悪また買うことになっても気になりませんからね。やはりAmazonは便利です。


23:43:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 07, 2017

互換バッテリーのリスク

昨夜からの風雨でサクラが結構散ってしまったのではと危惧していましたが、朝のうち以外は曇りのようなので、花金の今日は仕事が終わってから千鳥ヶ淵の夜桜を鑑賞することにし、今朝は鞄にミラーレス一眼NEX-6を忍ばせて出社しました。

オフィスに着いてから「念のためバッテリーの残量をチェック」と思ってNEX-6を取り出すと、電源スイッチがオンのままになっている、、、そしてバッテリー残無しで電源入らずでした。もっとも、「Micro USBから充電できるので問題無し。早めに気が付いて良かった!」と思ってMicro USBケーブルをNEX-6に繋いだのですが、いつもは充電中に点灯していたと思われるLEDが点かないので、他の電源アダプタとMicroUSBケーブルでもトライしましたが、やはり点かない。。。

「LEDだけの問題かなぁ?」と思って暫く接続したままにして、1時間後に電源スイッチをオンにしてみたけど全く起動する気配が無いので、やはり充電されていないようです。なお、今日本体に入っていたバッテリーは、高校同窓生仲間達と黒斑山に行く前にAmazonで買った互換バッテリー『Newmowa NP-FW50』でしたが、同梱の充電器では充電できNEX-6でも問題なく使えていました。でも、カスタマーレビューを色々と眺めていたら「カメラに装着状態で純正USBアダプター経由の充電は、カメラの充電ランプが点灯せず全く充電されない」というのがあり、正に今の状態。。。

「Micro USBで充電できる」と全く疑わなかったので、純正バッテリーも予備として持って来なかったのですが、結果的に今宵はiPhone 7 Plusのカメラだけで撮影することを余儀なくされました(汗)。もっとも、ライトアップされて幻想的な千鳥ヶ淵の風景は、SNSに投稿する程度の写真のクオリティなら、iPhone 7 Plusでも充分でしたけどね!

SONYの純正バッテリーがAmazonでも1個7,000円以上するのに対して、この互換バッテリーは2個+充電器で2,500円強と激安なのですが、それにはそれなりの理由があるのですね。良い勉強になりましたよ。もっとも、付属の充電器で充電している分には問題無いし、その充電器で純正バッテリーも充電出来るので、決して損したとは思っていません。コスパ相当の仕様だと認識し、使い分けが必要なだけですね!


23:44:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 05, 2017

KALDIはパクチーの宝庫!

月曜日の星奈の入学式の帰りに、最近の求人広告を見た彼女がバイト先の候補として考えている、西船橋駅エキナカ『Dila西船橋』の『カルディコーヒーファーム(KALDI)』の様子を伺いたいというので、寄ってきました。

KALDIといえば、「カルビーのポテトチップパクチー味が、いまいちドクダミ風味感が少なくて物足りなかった」という話をFacebookに投稿したところ、「KALDIにもパクチー味のポテチがあるよ」とコメントがあり、ちょうど良い機会だったので早速探してみました。

すると、、、「KALDIは"パクチー祭り"でも開催しているのではないか?」と思うほど、パクチー系食材の宝庫でした! 取り急ぎ、店内の棚の写真を撮って後でよく見てみたところ、ポテトチップス以外にも、
パクチーラーメン
鶏パクチー粥
パクチー焼きそば
パクチーペースト
パクチーペースト(ザク切り)
フリーズドライパクチー
パクチースープ
パクチーカレー
パクチーソーセージ
探せばもっと有りそうですが、これだけでも「恐るべし!」です。

なお、パクチーポテトチップスは、KALDIのも私にはマイルドで物足りなかったのですが、ドクダミ風味感を期待し過ぎですかねぇ。今回は他にパクチースープとパクチーソーセージも買ってきたのですが、パクチースープはパクチーの葉っぱも入っていて結構GOODでした。思うに、ソーセージも含めてパクチーが練り込んであるのはイマイチで、サラダやこのスープのように、実際の"葉っぱ感"がないと私には不充分なのかも知れません(笑)。それでも、ポテチを食べた星奈は「うわっ、パクチーの味でスースーする!」と言ってましたけどね。

KALDI(カルディコーヒーファーム)、見つけたらしばらくは即入店し、パクチー食材を買って来ちゃいそうです。


23:29:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 28, 2017

ウォシュレット

日経トレンディ2017年3月号に『日本最強の70, 80年代レガシー級ヒットの系譜 第1回:商品編』という記事があり、そこに表題の『ウォシュレット』も載っていたのですが、1ページだけの記事だったので、普通に読み流していました。

しかし、今朝の通勤時に、日経トレンディPodcast版を聴いていると、掲載された記事、或いは前回迄のPodcast版でのウォシュレットの扱いに不満だった「芸能界ナンバーワンのトイレマニア」と言われている『どきどきキャンプ』の佐藤満春氏が急遽ゲストで登場し、驚きのトイレ学を披露していました。

カンペも全く読まずにウォシュレットの歴史を語っていた彼曰く、”食育”と同じように”便育”が必要だと考えている中、例えば男子は学校で大きな方しただけでアダ名が『ウ○チ』と付けられてしまうような風潮は未だにあるようで、食事と同じくらい重要な排便にも関心を持ってもらい改善したいとのこと。

そして彼は、日本トイレ協会会員でもありトイレクリーンマイスターの資格も持っているのだそうです。その資格がどれくらい凄いのかどうかは不明ですが、私も”便育”に注力するのは大賛成であり、男子が老若問わず何の気遣いもなく大きい方に入れる状況がGOODだと思います。

なお、我が長男の元紀は、3歳の頃にマレーシアの現地の幼稚園に入って育った環境からなのか、台湾と香港の日本人学校で大きいのしたくなった時に、別に詳細まで言わなくても良いのに、「先生、ウ○コして来ます!」て宣って席を外したそうです。

田舎育ち&海外生活が比較的長かった私は、ウォシュレット(一般名詞は『温水洗浄便座』)なんて10年前まで使ったこと無かったのに、今では温水洗浄便座が付いていないトイレには"大"では入れないほど、愛好家になっています。ショッピングモールなどで"大"でトイレに入った時に、温水洗浄便座が無いと他を探すし、先週末の越後湯沢旅行の時だって、JR越後湯沢駅のトイレには無かったので、自宅に帰って来るまで我慢しましたからね(笑)。

佐藤満春氏が著者の『トイレ学』では、これまでのトイレは"5K"だったが(暗い、汚い、怖い、臭い、壊れてる)、これからは3C(Clean=清潔、Convenient=便利、 Comfortable= 快適)にしたいのだとか。Cleanは当然ながら、私の中でもConvenientとComfortableは大事で、温水洗浄便座があり、新聞や雑誌を読みながら15分以上長居しても脚が痺れず、快適でいられる環境が望まれます(笑)。


23:27:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 16, 2017

2シリーズ グランツアラー

家内がパートを変えて電車通勤になった1年半前から、そして私が週末はランニングや電車で行くようなイベントが増えてくると、家に2台あるクルマの稼働率が滅茶苦茶低くなっています。愛車(GF)の320d嬢も家内のBFのN-Box君も、1ヶ月に1回か2回しか走らない時があるかも・・・。一方で、狭い自宅の敷地に縦列駐車を余儀なくされているので、奥に停めてあるクルマを出したい時には前のクルマを動かさなくてはならず、滅茶苦茶面倒臭い。。。

私はGFを手放したくは無いし、百歩譲ってN-Box 1台にしちゃうと遠出する時に支障があるので(軽で高速道路は、80km/hで走っていても剛性が無いのが感じられて怖いし、エンジンが唸りすぎて煩い)、家内にはN-Boxを手放して320dを運転することを提案しているのですが、「大きくて嫌! 席が低くて嫌!! 前が長くて嫌!!!」と宣っている状況。。。

そんな時に、BMWから「【BMW】2シリーズアクティブ ツアラー/グラン ツアラーで家族でドライブを愉しもう。」というメールが来ていたので何気に見てみると、2シリーズは5人乗りのアクティブ ツアラーだけでなく7人乗りのグラン ツアラーがあることを再認識し、結構興味が湧いて来ました。

全幅は320dと同じ1,800mmで全高が約200mm高いのですが、全長が約300mm短い分、一見すると320dに比べて小さく感じるのかも知れません。家内が数ヶ月前に「イオンに小さいBMがあったよ」と言っていたのは、この2シリーズかも知れません。もっとも、星奈の大学受験と進学でお金が結構掛かっている今はGOODなタイミングでは無いので、来年の3月の車検の際に真剣に検討したいと思います。

なお、個人的には雪国にも積極的に行けるような4輪駆動のxDriveと、高トルクで加速が滅茶苦茶良いのに燃費も良すぎて、一度乗ったらやめられないディーゼルエンジンの組み合わせの「218d xDriveが良いなぁ?」と思っています。ちょっとのタイミング差で私の320d嬢は対応してなかったコネクテッド・ドライブにも対応しているしね。近いうちに家内と実車の試乗に行こうかな? これは直ぐにでも出来ますからね(笑)。


22:52:41 | tom | comments(0) | TrackBacks