July 11, 2018

ロコモコ夏セット ポケモンGO参加券付き

正確には「ロコモコ夏セット『Pokémon GO』スペシャル・ウィークエンド参加券付き」ですが、ポケモンGO大好きの同僚から、ポケモンGOやってる同じ部署のグループLINEに情報が入り、今日の10:30から配布とのことだったので、今日のランチはグループLINEのメンバーのうち4人でマックに行き、マックのスマホ用アプリ内の参加券付き専用クーポンを使ってロコモコ夏セットを食べてきました。

最近は年に数回しか行かないマック(マクドナルド)ですが、このロコモコ夏セットは夏限定で以下のような構成でした。
・ロコモコバーガー(肉厚ビーフ × パワフルエッグ)
・マックフィズ ブルーハワイ
・マックフライポテトM+ワイルドバーベキュー味のシャカシャカ

クーポンで750円が700円にはなりましたが、「マックで700円は高っ!」と思いましたよ。そして毎度ながら写真と実物の差が結構ある・・・(笑)。最近は業績をV回復して好調のようなので、あまりネガティブなことを言うのは控えますが、この企画でロコモコ夏セットの売り上げは急増するのは確実でしょう。ある意味"いい商売"です!

なお、今回ゲットした『Pokémon GO』スペシャル・ウィークエンド参加券のイベント日程ですが、7月28日(土)の午前10時から午後8時まで。な、なんと、私が高校同窓生達と白馬に1泊で登山に行く日ではないですか?! 午前10時なんて既に山登りを始めててイベントがあるポケストップは近くに無いし、当然ながら宿泊する山荘にも無いので、イベントには参加できないタイミングでした(泣)。


21:42:08 | tom | comments(0) | TrackBacks

April 07, 2018

さとうさん たなかさん大集合!

昨日の朝、「子供達が2人で落ち合って晩飯を一緒に食べる予定だ」という話を家内が元紀からのLINEで知ったようで、星奈に詳しく尋いていたのですが、何やら『串カツ田中』が全国のさとうさんを対象に割引キャンペーンをしていて、それに行くのだそうす。

その日は幕張で仕事の元紀が直帰出来るので、比較的早く上がれるとのことで、18時に西船橋の『串カツ田中』に集合するのだとか。18時からなら家内も仕事を終えて間に合うので参加するとのことだったので、私も新宿御苑散策等を早めに終えて18時に西船橋に帰還することにし参加することにしました。

このキャンペーン、4月1日のエイプリルフールの時に「串カツ田中は4月1日をもちまして串カツさとうに店名変更致します」という嘘から始まったのですが、4月1日から7日まで「さとうさん たなかさん大集合!」とし、来店グループ内のさとうさん&たなかさん1名につき会計金額から5%オフになるという内容です。

さとうさんは、我が家のように一般的な"佐藤"だけでなく"佐東"や"左登"でもよく、たなかさんも"田中"だけではなく"田仲"などもOKで、とにかく読み方が「さとう」と「たなか」であれば対象です。また「グループ内1名につき5%オフ」というのは、2人いれば10%、3人いれば15%となり、最大10人で50%まで可能なのです。ということで、我が家の場合4人全員"さとう"なので20%オフ!

私にとっても家内にとっても初めての『串カツ田中』は、単価が安いものの大阪伝統の味の串カツはドンドン食べられちゃうので、会計の時には11,000円弱になっていましたが、支払った金額は9,000円弱で済みました。「日本で一番多い苗字の"佐藤"で得した」と感じたのは此れまでの人生で無かったと思いますが、このようなキャンペーンやエイプリールフールの嘘なら大歓迎です!(笑)。

なお、串カツ田中には「チンチロリンハイボール」というオーダーの仕方があり、2個のサイコロを振ってゾロ目が出ると無料、偶数で半額、奇数だと倍額払って2杯分のメガジョッキとなるのですが(なので基本的に損は無し)、昨日の私はゾロ目1回、偶数が3回だったので、390円の角ハイボールを4杯飲んで780円でしたよ。串カツ田中に行ったら毎回オーダーすること必至です!


23:17:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 24, 2018

本格インド料理:ベンガルタイガー

最近までシンガポールに勤務していた同僚のご主人が千葉市にオープンしたインド料理屋『ベンガルタイガー』の開店の日に、同僚達と総勢9人で行ってきました。開店初日なので忙しくしているとも思いましたが、「開店の日なんて1度しかないので貴重!」という首謀者に同調し、陣中見舞いも兼ねてレッツらGO!

実はこのご主人はインド系の人なのですが、某有名IT企業のシェフとして長年腕を奮っていた人で、日本でインド料理屋さんをオープンするにあたり、同僚も日本に帰国することを決めて一緒に来日し、この度、晴れて開店する運びになったのです。

インド系のご主人なので勿論本格的なインド料理ですし、インド系の人達も多く住んでいて競争が激しいシンガポールで認められていた人なので、その味も確か!私がマレーシアやシンガポールで食べたインド料理と同じ味でした。

適当な私たちのオーダーの仕方は「スペシャリティのページの、スープを除いて全部!」という大人買い(大人オーダー、笑)。その料理は以下の通りでした。
・エビのタマリンドソース炒め
・チキンロリポップ
・タンドーリチキン
・マライケバブ
・ラムタンドーリ
・青パパイヤのサラダ エビ入り
・ポテトとカリフラワーのインド風炒め
・オクラのインド風炒め

そしてカレーを3種類くらいオーダーしましたが、この頃になると結構酔っ払って良い気持ちになっていたので、何をオーダーしたかは不明(笑)。お腹いっぱい食べて、よく飲みました!インド産ビールも3種類あってGOOD。
キングフィッシャー
・キングフィッシャーストロング
タージマハール
更にインド産のワインもあり、グローバーザンパ・カベルネシラーズ が何とも言えない癖がある味(ドライで渋い味)でしたが、インド料理にはメチャクチャ合って美味しかったのです。インド料理には欠かせないワインになりそう。

JR千葉駅北口から徒歩8分程度の住宅街にありますが、本格インド料理を食べたい人、インド産のビールやワインを飲みたい人は、是非行きましょう!


23:06:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 12, 2018

擔擔麺@蒼龍唐玉堂

建国記念日の振替休日の今日は休日出勤でしたが、最近の休日出勤時のランチは、六本木通りを越えて出雲大社東京分祠の近くにある『蒼龍唐玉堂』で担々麺(蒼龍唐玉堂の看板では”擔擔麺”)が続いています。

ここは『スピード』や『マトリックス』で有名な俳優の「キアヌ・リーブスが来日時にお忍びでやって来る」と以前から聞いていたのですが、今年になってから、朝の通勤時に六本木西公園前の道を通った時に蒼龍唐玉堂の横も通ったので思い出し、1月20日の休日出勤時に初めて来店し、この日はキアヌ・リーブスが一番好きだという黒胡麻担々麺を食べました。黒胡麻の香ばしさがメチャクチャ美味くて、スープを全部飲んじゃいましたよ。

黒胡麻担々麺以外にも食欲を唆られるメニューばかりで、特に、私の大好きなパクチーが載ったパクチー担々麺と、ビジュアル的にインパクトが大きい赤トマト担々麺は外せず、2月3日の休日出勤時にはパクチー担々麺を食べ、今日はトマトが丸ごと1個入っている赤トマト担々麺を堪能しました。結果的に、休日出勤時は3回連続蒼龍唐玉堂に通っちゃいましたよ。

ここまで来たら蒼龍唐玉堂のメニュー内で、少なくても担々麺シリーズ(名物坦々麺)は全部制しましょうかね。辛さを示す唐辛子マークでは、黒胡麻担々麺が3辛、パクチー担々麺と赤トマト担々麺が2辛でしたが、それよりも辛いメニューも含め、まだ以下のように残っています。

・無類漢担々麺(5辛)
・紅麻辣担々麺(4辛)
・汁無し担々麺(4辛)
・牛バラ担々麺(3辛)
・特製牛バラ担々麺(たぶん、3辛)
・牛スジ担々麺(3辛)
・白胡麻担々麺(2辛)

わたし的には黒胡麻担々麺の3辛もそれほど辛くなかったので、4辛までは問題無いと思ってますが、5辛の無類漢担々麺は、名前からしても覚悟して臨みたいと思います。次の休日出勤の時には、4辛の紅麻辣担々麺かな(笑)。


23:06:41 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 11, 2018

創作割烹 武田101

今日は元紀の彼女と我が家のご対面を兼ねてディナーが催されました。私は大学ラグビー決勝戦の時に会っているので約1ヶ月ぶりの再会ですが、実はその後、話がトントン拍子に進んで、今では"彼女"から"フィアンセ"に発展しました。ラグビー観戦で元紀がトイレに行っている時に、「俺が元紀のお母さんに会ったのは、元紀の今の歳と同じなんだよねぇ」と言ったことが効いてはいないとは思いますが(笑)、遠距離恋愛が展開を加速させたことは間違いないようです。

そして顔合わせの会場になったのが『創作割烹 武田101』。元紀が予約してくれたのですが、家内と二人で「あんな場所にレストランなんてあったけ?」と思うような場所だったので、午前中のランニングの時に下見することにし、ぐるなびから辿ったGoogleマップの地図でピンが打たれた場所に行ってみましたが、普通の民家しかありません。。。その民家の南側の建屋にシャッターが降りていたので、夕方から開店するのかなと思い、その場から去ってランニングを続けました。

そして集合時間に再び訪れてみると、その民家のシャッターは相変わらず閉まったままで、しかも其処は星奈の同級生の家だそうです。予約をした元紀も見つけられず、お店に電話すると「迎えに来る」とのことでしたが中々来ず。その後、電話が掛かってきて案内通りに進むと、普通のマンションで入口に看板もなく、「101というのは101号室?」と思いマンション入口に並んでいたポストを見ても、101に『創作割烹 武田』というような表示は無し。。。

結局101号室がそうだったのですが、普通のマンションの1室という感じで、まさに"隠れ家"的な場所でした。なお、迎えが来なかったのは、元紀が電話して話したのは社長さんで、社長さんが店内のシェフさんに連絡したけど料理の仕込み中で気付かなかったそうです。そして、この夜のお客さんは我が家だけだったようで、このシェフさんが全てを一人でこなしていたのです。

そんな隠れ家で元紀が予約してくれた「風コース」は以下のような内容でした。
・乾杯:スパークリングワイン
・おもてなし:本日のクリームスープ
・前菜:旬のもの盛り合わせ
・煮物:豚肉と野菜のデミグラスソース煮込み
・お造り:旬の海鮮
・揚げ物:旬の野菜天ぷら盛り合わせ
・焼き物:チキンステーキ岩塩添え
・食事:チーズリゾット
・止椀:赤出し
・香の物:漬物
・水菓子:旬のフルーツ

これで4,000円はコスパ超良し!ぐるなびの”ご利用シーン”には「記念日・接待・顔合わせ → 完全個室なので誰にも邪魔されない空間をお約束」と記載がありましたが、ホント、誰にも邪魔されないで、美味しい料理をお腹いっぱい堪能し、私は赤ワインを嗜みながら、和気藹々と愉しく過ごせました。此処、超お薦めです。


23:12:00 | tom | comments(0) | TrackBacks