February 21, 2019

牡蠣とワイン

1週間前に星奈から「パパ今度ここいくべ。牡蠣とワインが安い店」というお誘いがLINEであり、今晩行って来ました。星奈はビールは苦くて飲めないとのことですが、ワインと牡蠣は私同様大好物なのです。一応息子夫婦と家内にも声掛けましたが、都合が悪かったりでNG。ということで、今宵は娘と二人で”おデート呑み”となりました。

星奈ご推薦のお店は錦糸町の『CASVAL』。常時100種類の国産ワインが楽しめ、牡蠣はスチーム、生、グリル、そしてカキフライと豊富に楽しめるお店です。なお、牡蠣は家内の苦手な食べ物の一つなので、下戸の家内が昨日の河津桜ドライブに続いて2連荘でイベントに参加するモチベーションは湧かなかったもよう。

まずは生牡蠣と白ワインで乾杯し、お酒が進むにつれ"父娘二人呑みの恒例"で星奈の恋バナを聞かされていました。アサヤスペシャルの白ワインのデキャンタが終わった後はアサヤスペシャルの赤ワインのデキャンタになり、オーダーした料理は以下の通り。
・生牡蠣(6pcs)
・本日のSeaサラダ
・アンチョビブロッコリー
・鴨カプレーゼ
・マルゲリータ
・チーズ盛合せ
・鶏レバーのパテ
・黒毛和牛のカルパッチョ

そして気が付けば赤ワインのデキャンタは3本も頼んでしまい、結果的に二人で4本(500ml × 4本 = 2L)飲んだことに。私が6割くらい飲んでいたとはいえ、おそるべし父娘でお勘定も結構行っちゃいましたよ(汗)。

更に、One more thing、、、

私がお勘定の30分くらい前に「〆のラーメンでも行くかぁ」と言ったのを星奈は実行したく、私が「言った後にメニュー2つも頼んじゃったから、もうお腹いっぱいで要らないよ」と言うと、「男なのに根性ねぇなぁ。西船橋の家に帰る途中にあるラーメン屋で良いから行くぞ!奢るわ!!」と宣い、結局夜22時半過ぎに『麺屋あらき竈の番人外伝』で船橋ソースラーメン食べちゃいました。おそるべし親父ギャル!


23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 18, 2019

女くどき飯

ここ数日、会社帰りの電車の中で観ていたのがAmazon Prime Videoで配信されていた『女くどき飯』でした。タイトルに惹かれたわけではありませんが(たぶんw)、観始めたら「ぐるなび」推薦のレストランが毎回出て来て、そこのフルコースと思われる料理とその説明が私の琴線に触れ、まずはシーズン1の全8話を観ちゃいました。

第1話で主役女子を初めて見た時には、大食いタレント?のギャル曽根かと思っちゃったのですが、私が知るギャル曽根よりも「綺麗になった?」と思ったら、貫地谷しほりさんでした。これまで彼女を意識したことはありませんでしたし名前も知らなかったのですが、回を追うごとに綺麗に思えて来ました(笑)。

このドラマは、2014年5月から「ぐるなび」のグルメ情報コンテンツ「みんなのごはん」に連載しているエッセイ漫画作品が原作であり、読者である一般男性応募者とのデート企画で、食事をする過程とその男性の口説きかたに関する感想を綴るというもの。そしてこのドラマ版はTBS系で2015年1月から3月まで放送されていたそうで、貫地谷しほり演ずる「彼氏いない歴5年」のライターが、連載企画で初対面の男性たちと外食デートをするという内容でした。

シーズン1の各回のサブタイトルとお店、そして毎回恒例の「本日の口説き文句」は次の通りです。
・第1話:ハイスペック・リーマンと銀座でドライエイジングビーフ:LOVER:俺が守ってやんなきゃって思う
・第2話:熱過ぎる起業家の卵(?)と恵比寿でヒマラヤ鍋:クンビラ:優しくさせてください
・第3話:二十歳のリア充イケメン大学生と中目黒で燻製バレンタイン・ディナー:nakameguro 燻製 apartment:俺のカッコ悪いとこ、沢山見てくれますか?
・第4話:こじらせエリート歯科医と六本木で寿司割烹:旬菜鮨割烹 菘:あなたの事、ちゃんと口説きたかったな
・第5話:バブルおじさんと麻布十番でネオ中華:Shi‐Fan:俺の最後の女になる?
・第6話:地獄沼系おしゃクソイケメンと渋谷でオイスターバー:パッチョ オイスターバー:お酒のせいにして、一緒に恋愛始めようか?
・第7話:カタコト萌えイケメン韓国人留学生と八重洲で高級焼肉&絶品スイーツ:CHARCOAL:これからしばらく、あなたの事ばかり考えちゃうんだろうな…
・第8話:イケメン恋愛スクール講師と浅草で江戸ねぎま鍋:浅草一文 別館:また、俺に会うてくれますか?

どうですか?面白そうでしょ。仕事依頼人が毎回「喰われちゃだめ!」と言うものの、食事が終わる頃には"喰われても良いモード"になってライターが告るのですが、いつも躱されてフラれるというパターンで終わるんですけどね。シーズン2も第1話は観ちゃいましたが、貫地谷しほり、、、結構タイプかも(笑)。機会があれば各レストランに行ってみたいとも思っています。


23:40:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 16, 2019

六ヒル5階はプレミアムダイニングフロア?

「港区の高揚感」というサブタイトルがついた都内の情報雑誌『東京カレンダー』の2019年1月号に、一昨年の11月くらいから半年以上かけて行われた大リニューアル以降ほとんど行かなくなってしまった六本木ヒルズ森タワー5階のレストランがたくさん紹介されていたので、じっくりと読んでみました。

表題に「六本木ヒルズの5階から目が離せない! 港区で話題の新店はここに集結していた」として紹介されていましたが、六本木ヒルズが昨年15周年を迎えたのにあたって「プレミアムダイニングフロア」に大胆なリニューアルを図ったのだそうです。

記事で紹介されていたレストランは以下の通りで記事内のコメントや情報も記しときますが、ランチでも全体的に値段が高くなった(超高くなった)ので、我々の間では「オフィスワーカー軽視?」と囁かれています。そして実際、前述したように5階には殆ど行っていません。

鳥おか
・大人気『鳥しき』の2軒目の分店。「ヒルズ=丘」にちなんで『鳥おか』になった
・メニューはお任せコース(11本)7,300円のみ(税サ別)
・営業時間17:00〜23:00 ランチは年内開始予定

よし澤
・『銀座よし澤』が開いた新店
・10席だけのカウンターは背面が大きく開け放たれ、グランドハイアット東京を望める
・夜会席は16,800円から(税サ別)

老四川飄香小院
麻布十番の本店がコース主体なのに対して、アラカルトがメイン
・本場四川の牛肉麺:2,808円
・鶏の四川式おみくじ青山椒の香り:2,592円

天蒼々
・おまかせコース:16,200円から
・松茸の天ぷらは「香りごと楽しんでほしい」とあえてカットせず提供

赤肉専門 にくがとう
人形町に本店を構える人気店
・幸福感にひたれるコースは15品前後:11,880円

BIKiNi SIS
・女子会で選ぶならこういう店!
カタルニアの伝統料理がコースで5,400円から(7品)

串の坊
・アートとの融合がテーマ。進化した串揚げはシャンパンがよく似合う
・12種類の串が楽しめる「おきまりコース」は6,480円から

鰻處黒長堂鰻
鰻尽くしも叶う!地焼きの極上鰻をダイナミックに土鍋で
・うなぎ土鍋ごはん 特上1人前7,344円(2人前から)

澄まし処 お料理 ふくぼく
・シンプルを極めた味こそ経験値の高い大人たちを魅了する
神楽坂から移転
・ランチセット1,200円から

柿安 花れ
・創業140余年、肉の老舗『柿安』が手がける新たな料亭
・厳選された松坂牛の「すき焼」や「あみ焼」をメインとした懐石スタイル

鮨 みつ川
金沢が誇る鮨の名店が六本木に登場
・2016年ミシュラン1つ星を獲得した『鮨 みつ川』、東京初出店

料理の値段は(一部を除いて)ディナー時間帯のですが、気軽には行けない値段ですよね。それでなくても森タワーの5階は動線が複雑でアクセスし辛いのに、オフィスワーカーにランチも見放された場合、商売が成り立つのだろうか・・・?

とはいうもののSNSネタの偵察なども兼ね、ヒルズマスターカードでゲットしたショッピングチケットなどを使って、休日出勤のランチの時に自分へのご褒美として行ってみたいとは思っています。


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 07, 2018

大人の休日倶楽部レストランウィーク

それほど活用しきれていないJR東日本の『大人の休日倶楽部』ですが、毎月自宅に送られてくる会報に『大人の休日倶楽部レストランウィーク』のチラシが入っていて、「『大人の休日倶楽部パス』の販売期間に合わせ、横浜・鎌倉グルメを堪能できるレストランウィークを開催」とのことで、久し振りに鎌倉に行ってみたくなったので家内に声掛けました。

ランチなら3,000円〜5,000円、ディナーは7,000円〜10,000円のコースで、11月29日〜12月11日の期間なのですが、日程と場所は家内に選んで貰いました。そして「10,000円のディナーでも良いよ」とも伝えたのです。普段は釣った魚に餌をあげない私なのに(笑)そのココロは・・・。

実は、10月23日に星奈の2ヶ月遅れの誕生日祝いと大学中退の景気付けを兼ねて行った六本木の焼肉店『YAKINIKU DAICHI ROPPONGI』の、うににく(生うにの肉巻き)付き豪華ディナーを家内には内緒にしていたのですが、そんな時に今回のレストランウィークの案内が来たので、罪滅ぼしを踏まえての打診だったのです(笑)。

そして「ディナーだと面倒だし、せっかくなら鎌倉散策もしたいから」ということでランチになり、家内のパートが休みの日に私の休みを合わせ本日に決まったのです。お店を決めるのは結構悩んだようですが、鶴岡八幡宮にほど近い『創作和料理 近藤』になりました。

駅からそれほど遠くないのと、食事に「土鍋炊きの鯛飯を用意」と書かれていたのが決め手になったとか。そしてこのお店、ミシュランガイド横浜・川崎・湘南 2015特別編にも載っていて、オーナーシェフの近藤元人さんは、フジテレビの『料理の鉄人』に出演したり、テレビ東京の『TVチャンピオン鍋料理人選手権』で優勝した凄腕でした!

そして、その凄腕シェフから繰り出された5,000円の超贅沢な懐石料理ランチは、
・先付(焼き胡麻豆腐:胡麻クリームソース、山葵)
・八寸(人参葉の胡麻和え、鯛の小袖寿司、錦玉子、姫慈姑、鮟肝、粟麩の田楽、蓮根の明太子鋳込み、小芋の餅粉揚げ、水菜の千枚漬巻き)
・茶碗蒸し(雲子入り茶碗蒸し:ポン酢餡、紅葉おろし)
・向付(季節のお造り:マグロと鯛の刺身)
・焚き合わせ(鯛の南禅寺蒸し:百合根、銀杏、京人参、木耳、銀餡、生姜)
・焼き物(鰤の照り焼き)
・メイン料理(3種類の料理の中から選べるが、二人とも味噌漬けのローストビーフを選択)
・お食事(土鍋炊きの鯛飯)
・デザート(ラフランスのババロア)
・桂花烏龍茶
う〜ん、超美味しくてお洒落で、贅沢だった! そして、星奈と二人だけで行った豪華肉ディナーの罪の意識は200%消え、内緒にしていた話を自首しました(笑)。


23:33:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 04, 2018

世界のフルーツ食べ放題@千疋屋

田舎育ちで食べ物の好き嫌いが全く無い私は食に拘りがあまり無いので、皆さんが知っているような超有名店を知らない事が少なくはないのですが(汗)、昨日連れてってもらった『千疋屋』もその一つでした。

そもそも漢字が読めませんでしたが(汗)『千疋屋』=『せんびきや』でWikipediaに依ると、
********************
千疋屋は、果物の輸入・販売を専門とする日本の小売業者の屋号である。
現在、千疋屋といえば、東京・日本橋の千疋屋総本店、京橋の京橋千疋屋、銀座の銀座千疋屋の3社のことを指す。
京橋と銀座の千疋屋は、総本店からのれん分けされた別の企業である。
総本店の創業は1834年と大変古く、明治・大正時代から高級な贈答品の代名詞として、「水菓の千疋屋」と呼ばれている。
取扱商品は果物、ワイン、洋菓子と幅広く、直営のフルーツパーラーやレストランも存在する。
********************
いわゆる高級果物屋で、私が聞いた事がある高野フルーツパーラー(新宿高野)と双璧のようです。

そして今回Facebook友達でもある同僚から、「千疋屋のフルーツ食べ放題の予約が取れましたが如何? 是非ブログのネタに!そしてフルーツは流石の千疋屋で間違いなく美味しい!!」とお誘いを受け、タイミングよく予定も入っていなかったので二つ返事で参加することにしました。

この『世界のフルーツ食べ放題』は千疋屋総本店の一部の店舗で毎週月曜日の夜18時〜20時までやっているそうで、毎月1日に次の月の予約をネットか電話でするそうですが、大人気で予約が取りづらいのだとか。実際既に1月分は全て満席ですね。

その中では今回行ったアトレヴィ信濃町店は比較的取り易いようで同僚も12月狙い撃ちで取れ、今回の開催となったのです。なお「店内はほぼ女子しかおりませんが・・・」と脅され、我々総勢4名も私以外は同僚女子でしたが、意外にも男性も少なからずいて(男性だけの組もありw)安堵しました(笑)。

「果物なので食べ放題でも楽勝だろう」と思いきや、開始45分くらいで結構お腹いっぱいになり、60分以降は思いっきりペースがスローダウンしましたが、後半はお腹に溜まらなそうなブルーベリーをたくさん食べていましたよ。眼が良くなりそう。

マスクメロン、イチゴ、マンゴー、梨、洋梨、みかん、パパイヤ、マンゴスチン、ライチ、グレープフルーツなどなど20種類以上の果物は噂通りどれも美味しく、更に3種類のカレー、特にスパイシーココナッツカレーが適度な辛さでメチャ美味かったです。

なお、昨日は就寝までお腹いっぱい感があったものの、今朝は肉を食べ過ぎた時のような胃のもたれはなく、結構快調(快腸w)でした。店内にはアルコールはないので、昨日は休肝日にもなりましたしね。


23:16:00 | tom | comments(0) | TrackBacks