June 21, 2018

アメリカで愛されるホンダ

これまた東洋経済オンラインネタですが、昨日の記事『ホンダがアメリカで熱狂的に愛される理由』というのが目に留まりました。今年の北米カーオブザイヤーをホンダ・アコードが受賞したそうですが、2016年の受賞がホンダ・シビックで、昨年はトラック部門でホンダ・リッジラインが受賞したので、これで3年連続イヤーカーをホンダ車が受賞したのだそうです!

その昔、ホンダが強かった時のF1(F1第2期)が好きで、ホンダブランドが好きで新卒入社した会社がホンダ(本田技研工業)で、娘にまでF1レーサー(アイルトン・セナ)にちなんだ名前を付けちゃった私は間違いなく今でもホンダファンですが、 上記の3年連続イヤーカー受賞も全然認識してなく、最近は「乗りたい」と思うようなホンダ車もありません(汗)。

ちなみに過去には4WSのプレシュード左ハンドルの2代目アコードクーペ、家内と共用でフリード、家内用でN-BOXを所有してきましたが、今はホンダ車は持ってないし、食指が湧くようなクルマも無いのです。強いて挙げるとNSXですが、宝くじで3億円くらい当たったら考えます(笑)。

ちなみに、同時期の日本のカーオブザイヤーはマツダ・ロードスタースバル・インプレッサ、そしてボルボ・XC60の順で、最近のホンダの受賞は2010-2011のCR-Zまで遡るのだそうです。もっとも、そのCR-Zも改めてよく見ると、「えっ、このクルマがカーオブザイヤー?!」と思っちゃいましたよ。

何故これほどホンダがアメリカで愛されるのかというと、詳細は東洋経済オンラインの記事を確認して頂けたらと思いますが、
・北米現地生産進出の早さ
・米国人好みのインディカーレースで活躍
・2輪、4輪、汎用機を上手に浸透させホンダファンを増やしている
・富裕層にはホンダジェット
ですかね。

以前はモータースポーツのイメージが圧倒的に強く個性的なクルマが多かったホンダですが、オデッセイステップワゴン、N-BOXでワゴン系の車種が増えて其れが売れちゃってからは、ファミリーカー的なイメージが強くなったようで、個人的にはちょっと残念です。


21:43:28 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 18, 2018

カタツムリはどこへ消えた?

今日は土曜日休日出勤分の代休だったので、「あじさい寺」とも呼ばれている松戸の本土寺(日蓮宗 本山 紫陽花寺 長谷山 本土寺)へ行って紫陽花鑑賞して来ました。3年前にも紫陽花のシーズンに行きましたが、その時は自宅からランニングで行って短パン・半袖のランニングウェアだったので、蚊に刺されまくられた嫌な思い出があります。

一方でこの週末は昨日ZOZOマリンスタジアムまで走り、継続したい週1回のランニングは終えていたこともあって、今回は躊躇なくクルマで行きました。なので長袖・長ズボンで蚊に刺される心配も無し(笑)。若干の渋滞を含めて、自宅からは45分程度の距離でした。

今年の紫陽花は、オフィスビル近くでは先月末くらいから咲いていたのを散見し撮影していたので、ちょうど雨上がりの朝の通勤時に撮った、紫陽花に水滴が付いている写真を高校同窓生のグループLINEに送ったときに、「これでカタツムリがいたら最高の写真だね!」と言われていたのですが、今日も花曇りで昼から雨が降る天気予定で、実際に本土寺に着いた時に雨が降ってきて紫陽花と水滴の良い感じになっていました。そしてベストショットを求めてカタツムリを探していましたが、、、残念ながら見つからず。

あらためて考えると、もう何年もカタツムリ見てませんが、日本で絶滅したと言うことなんてないですよね? 「最後に見たのはいつだろ?」と思い出そうとしても、マレーシアのペナンのステーキ屋『The Ship』で食べたエスカルゴしか思い出せませんよ(笑)。子供の頃には家の庭でもたくさん見た気がするのですが、、、なので今日のタイトルは、昔読んだ書籍『チーズはどこに消えた?』風にしました。


23:16:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 16, 2018

前世は女子

Facebook繋がりなどで「友達の友達は皆友達だ!」環境が増えている最近は、初対面の女性と野球観戦したり走ったり、そして呑んだりする機会が少なからずあるのですが、初めて会ったとは思えないほど打ち解けることが多いです(笑)。

正直、同性よりも異性の方がリラックス出来て話しやすいのですが、これは全く知らない初対面の場合だけでなく2回目以降も同様で、特に2人だけの場合には、同性の方が話す話題に困ったり、会話がぎこちなくなることが多いような気がします。心底心を許している親友みたいな同性以外は(笑)。

私は妹が4人いて(実が2人、義理が2人)、9人兄弟姉妹だった親父は姉妹が6人いて(私にとっては叔母、伯母)、その子供たち(私にとっては従兄弟、従姉妹)も女性の方が多かったので、幼い頃から女性が多い環境で育ち、その彼女たちと遊んだり話したりする機会が多かったのです。なので、初めて会った人でも女性の方がリラックス出来て話し易いのだと思います。

美瑛ハーフマラソンに行った時にも、ほぼ初対面の中学校同級生の妹のHさんと、Hさんの友達で完全初対面のNさんと長距離ドライブして、ハーフマラソン走って、観光して、食べて呑みましたが、食べ物の写真を撮っている時などに「女子っぽい」と言われてましたよ(笑)。そして翌日の反省会では、もう何年も前からの友達のように打ち解けてましたしね。逆に、同性のマスターと温泉で2人だけになった時の方がぎこちなかったかも(汗)。

ということで、「私の前世は女性だ」と思うことが益々多くなってきている今日この頃です。もっとも、男性が好きというわけではありませんので誤解なきように!(爆笑)


23:20:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 15, 2018

やっとプラス!

昨年の10月に日経平均株価が56年ぶりの連続上昇で歴代最長記録に並び、年末のアナリスト達の2018年の日経平均株価予測も2万5千円台を超えて2万7千円台に行くというような強気だった人が多かったと思いますが、その後、1月末に2万4千円台に乗った後に2万円台まで急落し、今も2万2千円台で燻っている状態です。発言に責任の無い?アナリスト達の予想は相変わらず当てになりません。

私がここ3年間売買せずに塩浸けになっている国内株式4銘柄のトータルの株価も、今年に入って燻っている状態でしたが、、、某1銘柄だけがこの1ヶ月間で約7割も急上昇し、保有しているトータルの株価が遂に昨日マイナス領域を脱し、含み益のレベルにまで回復しました! この3年間で最大200万円+αの含み損にまで膨れ上がり、某銘柄が急騰する前でも50万円程度の含み損だったのですが、この某銘柄さまさまです!

他の3銘柄は購入時の株価より相変わらずマイナスなのですが、この1銘柄は私が買った時よりも3.5倍の株価になっているので、このまま上昇し続けて欲しいと共に、他の2銘柄にも頑張ってほしいものです。1つは9.5割がた回復なのでもうちょっと、そしてもう1つは7割なので未だ未だですが、今週この2銘柄の配当金の連絡が来ていて、飲み会2回分くらいのお小遣いゲット出来たので良しとしましょう(笑)。

残りの1銘柄は、、、買った時の1/10以下になってるので諦めモードですが、全体がプラスになっているし、この銘柄を売っても大した軍資金にはならないので、もうちょっと静観していましょうかね(笑)。ちなみに私は、この手の投資にはセンスないと思っています(汗)。


23:09:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

June 09, 2018

北へ

今日から3泊4日の一人旅で北へ来ています。主目的は明日開催されるイベントへの参加ですが、まずは今日は宿泊先の札幌まで移動して来ました。宿泊先は『アパホテル&リゾート札幌』で札幌の繁華街からは結構離れていますが、そのぶん安いのでGOOD。なお、明日のイベントの場所はここからクルマで数時間掛かりますが、せっかくなので月火に休暇をとって来たので、活動に何かと便利な札幌全泊にしました。

新千歳空港まではLCCのバニラエアで来ましたが、往復16,000円強、安いですよねぇ!LCCを使うのは元紀が広島に住んでいた時に2往復した春秋航空に続いて3回目ですが、飛行機に乗っている時間が1時間程度であれば、狭くても全然気になりません。因みに自宅から成田空港までは京成本線で約1時間、そして新千歳空港からアパホテル&リゾート札幌までは直通バスが出ていて約70分(1,030円)でした。

明日は朝は早いので、早めに大浴場でゆったりと移動の疲れを癒し、そのまま浴衣姿でホテル内に隣接している海鮮料理『海へ』に寄り、北海珍味3点盛り(鮭麹漬け、チャンジャ、海老塩辛)を肴にサッポロクラシックビールを飲み、豪華に雲丹いくら丼を食べちゃいました! 明日のイベントへ向けてのエネルギーは充分にチャージ出来ました!


20:47:56 | tom | comments(0) | TrackBacks