February 26, 2018

かつうらビッグひな祭り

代休の今日は『2018かつうらビッグひな祭り』を観に行って来ました。ウォーカープラスを何気に見ていた時に千葉県の上位の方に表示され、噂には聞いていたけど未だ一度も観たことが無かったので、平日を狙って行く事にしたのです。春休み中の星奈もバイトが入っていなく、また、実家の母も暇していたので誘い、先々週の金曜日の河津桜鑑賞と同じメンツと相成りました。

勝浦までは実家の八街からクルマで1時間40分程度の距離でしたが、超久し振りに走る九十九里有料道路は殆どクルマが走ってなく、左手に太平洋を見ながら快適ドライブ。夏になると週末は海水浴の人たちでごった返すと思われる九十九里のビーチも、今は人影は殆ど無く寂しそうでした。

勝浦市街に到着し駐車場にクルマを停めた後、5分ほど歩いて遠見岬神社まで近づいて来ると、長い石段に並んだたくさんのお雛様が見えて来ました。鳥居まで来てみると、星奈が「ビックひな祭りは今日は中止って書いてあるよ」って看板を指して言っていましたが、「並べてあるだけだから、パレードみたいな何かの催し物が中止なだけでは?」と言っていたのですが、な、なんと、強風のため石段にお雛様は並べられて無く、お雛様の写真のパネルが並べてあるだけでした!

思いっきり想定外でしたが、確かに人形なら飛ばされるくらいの強い風が時おり吹いて来ていたので、致し方ないですね。もっとも、写真のパネルでも石段を写真に収めると、なんとなくそれらしい写真になったので良しとし、商店街に各々の趣向で飾られていたお雛様を観ながら散策してから、墨名交差点にたくさん並んでいたお雛様を最後に観て退散。勿論、ランチは勝浦タンタンメンを食べましたよ!

その後、隣街の御宿で『おんじゅくまちかどつるし雛めぐり』を開催していたので寄ることにし、まずは月の沙漠記念館に寄ってみたところ、つるし雛が館内にたくさん飾られていて華やかでした。

"まちかどつるし雛めぐり"という名称の通り、御宿内に20軒以上点在している展示会場を巡るのが本来の鑑賞ですが、健脚ではない母なので、たくさんの吊るし雛を一度に見るのに月の沙漠記念館はGOODでした。そして、月の沙漠記念公園で星奈とお互いに写真撮影してから帰路に就きました。


23:12:00 | tom | comments(0) | TrackBacks