February 21, 2018

10年以上ぶりに過去最高益!の会社

毎週日曜日の朝7時30分から放映している『がっちりマンデー!!』は私のお気に入りのTV番組の一つですが、前回2/18放送分は、止ん事無き事情で特に気になりました(理由を知っている人は知っている、笑)。お題は「10年以上ぶりに過去最高益!の会社」でしたが、3つの会社が以下のように紹介されていました。

『エステー』が社長を姪っ子に引き継いだら過去最高益!
『ムシューダ』や『消臭力』でお馴染みのエステー(株)は、2017年度の純利益が対前期比24%増の22億円で、過去最高になる見通しなのだそうです。どうしてそんなに好調になったかというと、5年前に鈴木貴子社長が就任してからとのこと。前社長で現会長の鈴木喬さんとは姓が同じ、、、実は会長の姪っ子さんが現社長なのです。

この鈴木貴子さん、以前はルイ・ヴィトン・ジャパンのマーケティングの第一線で働いていたスーパーウーマンだったそうで、その手腕を見込んで叔父である会長がエステーに呼び寄せたそうなのです。

そしてデザイン改革が始まり、
・スポーツ新聞の見出しみたいなデザインだったトイレ用の『消臭力』を、女性を意識したデザインに変更:売り上げが1.4倍に!
・お部屋の消臭ポットを華やかでゴージャスな外観にし、鍵の形をしたチャームも付けて名前を『シャルダンステキプラス』に変更:以前よりも100円以上高くしたのに、1ヶ月で100万個以上売れる大ヒットに!

商品を女性目線で捉えて大成功したということで、エステー社内のムードが一変し、オジさん社員たちも、今や「女心」を学ぼうと竹下通りやコスメショップを訪れ、女性の感性を猛勉強中なのだそうです。なお、社内は女性の登用が進んでおり、女性の常務がいて、IT部長も女性、財務部長も女性なのだそうです。ということで「エステーはデザインを新しくしてがっちり!」


『井村屋』が−20度でも凍らない!謎のお餅で過去最高益!
井村屋といえば「肉まん」や「あんまん」、そしてアイスの『あずきバー』で馴染みがある1947年創業の会社ですが、2016年度の利益が前年に比べて61%増の7億1,600万円になったとのこと。これは1987年度以来29年ぶりなのだそうです。

アイスクリーム事業が牽引力になっているのですが、『あずきバー』ではなく新商品の『やわもちアイス』が、「年間1億円の売上でヒット」と言われるアイスクリームの世界で、昨年度は35億円を超える大ヒットになったのだそうです。

この商品の大きな特徴は、冷やしても硬くならないお餅。たった一人の開発者で材料の配合などを試行錯誤し、完成するまで3年掛ったとのことですが、主力アイスの『あずきバー』の売上げが落ちる冬場でも『やわもちアイス』がカバーし、今回の過去最高益に繋がったのだそうです。なので「井村屋はやわもちアイスでがっちり!」


『べルーナ』がちょっと変わった儲かりカタログで過去最高益!
べルーナ??? 家内は知っていましたが、私は知らない会社でした。カタログ通販の会社だったのですが、今期が前年から19%増益で、130億円の営業利益になる見込みとのことです。

今の時代、インターネット通販に押されてカタログ通販の会社は苦戦している筈なのに、ベルーナは何でそんなに儲かっているのかというと、ターゲットを絞った専門的なカタログが豊富だからとのこと。

その中でも特に絶好調なのが、看護師向けのカタログ通販。またまた知りませんでしたが、今の看護師さんの白衣とか制服って、病院ごとに決まっているのではなく、費用は会社持ちだけど自分で好きなのを選べるところが多くなっているのだそうですね。ということで、「ベルーナはカタログ通販でがっちり!」


23:22:00 | tom | comments(0) | TrackBacks