October 21, 2018

2回目のアクアラインはハーフで

今日は『ちばアクアラインマラソン 2018』に出走して来ました。自身、一昨年に続いて2回目のアクアラインマラソンですが、今回はフルマラソンではなくハーフ。フルマラソンは身体へのダメージが結構大きいので、自分の中では「フルマラソンは数万人単位が集まる大きな大会に1度出れば充分」と思っているからです。

ということで、アクアラインのフルは既に走っているし(脚が攣りまくりだったけど)、このマラソンの一番大きな醍醐味、普段は歩くことすら出来ないアクアラインの橋の部分の海ほたるまでの往復はハーフマラソンの部でも味わえるので今回はハーフでエントリーしましたし、今後もアクアラインマラソンはハーフマラソンの部にエントリーし続けることでしょう。ハーフの場合、極端な話"二日酔い状態"でも走れますからね(笑)。

なお不思議なことにアクアラインマラソンは、一昨年のフルマラソンの時も一度落選したのに二次募集でエントリーすることが出来ましたが(宿泊プランが埋まらず空きが出たという理由)、今回も最初のエントリーでは落選だったのに、6月末に「抽選結果発表後、入金期間終了段階で入金者が定員に達しませんでしたので、二次抽選を行うことになりました。その結果、あなたは当選いたしましたのでご案内申し上げます。」という嬉しい連絡があり走れるようになったのです!

ちなみにアクアラインマラソンの募集要項はフルマラソンが12,000人で、ハーフと車椅子が合わせて5,000人なので、ハーフの方が狭き門。実際の応募者数は分かりませんが、私みたいにフルを一度走った人はハーフに応募する可能性が高いと思うので、回を重ねる毎にハーフの方が倍率が高くなるのを懸念しています。実際、PR大使(千葉真子、オリエンタルラジオの藤森、ボビーオロゴン)招待選手、ゲストランナーもハーフの人が結構多いですからね。

ところで、昨夜は雨が降っていたのにも関わらず今朝は雲一つない超快晴の天気で(一昨日の報道ステーションの天気予報でも「日曜日は"日本中が晴れ"という最近では珍しい日だ」と言っていました)、船橋駅から乗った内房線からも冠雪している富士山が綺麗に観えました。SNS友達からは、「ホント、晴れ男だよねぇ!」とのコメントを数人から貰いましたよ。あっ、家内からも(笑)。

そしてアクアラインのハーフですが「ゆっくりで良い」と思っていたものの、実際に走り始めると大会の雰囲気(沿道の応援が凄い)と自分の身体の状況からアクアラインに乗るまでの約10kmはキロ5分30秒以下のペースで走っていましたが、アクアラインに乗って観た景色、富士山、横浜のみなとみらい、そして東京ベイエリアの景色が絶景すぎて、何度も停まって写真を撮ったり、海ほたるでチーバくんとツーショットの写真撮って貰ったりしていたので、アクアラインに乗って以降はタイムは全く気にしなくなりました(笑)。

一方で、景色と写真撮影に気持ちが言ってしまって走るリズムが気薄になったせいか、海ほたるに到着するちょっと前くらいから横っ腹が痛くなって来たのと、残り3kmくらいは結構バテててたし、最後の1kmでは脹脛がピクピクし出したのですが、なんとか無事に完走出来ました。

ちなみにグロス2時間6分1秒、ネット2時間4分58秒なので、人生初のハーフマラソンだった銚子半島ハーフマラソに続く悪いタイムでしたが、超快晴の綺麗な景色を200%くらい堪能できたので、超満足で充実した21kmでした!! そして、ハーフゴールのイベント会場でトークショーしていた鈴木亜美ちゃんを超間近で見られましたが、メチャ可愛かったです(笑)。


23:51:00 | tom | comments(0) | TrackBacks