January 31, 2018

千葉ロッテと佐倉市

私の実家(八街市)の隣の市で高校時代3年間通い、私が野球少年だった頃に憧れていたミスター(長嶋茂雄さん)の出身地でもある佐倉市が、千葉ロッテマリーンズとスポーツを通じた地域振興・地域貢献に関する「フレンドシップシティ・プログラム協定」を締結することになったというニュースを、マリーンズのメルマガで知りました。

フレンドシップシティ協定対象市は、これまでに本拠地マリンスタジアムがある千葉市、秋季キャンプを行う鴨川市、そして、市原市、浦安市、柏市、袖ケ浦市、習志野市、成田市、船橋市、茂原市の10市があり、それに佐倉市が加わることになりました。

千葉ロッテマリーンズの山室晋也球団社長のコメントに、「佐倉市は千葉県の”中等学校野球発祥の地”といわれています。また千葉県民が誇る”ミスタープロ野球”長嶋茂雄さんの出生地でもあり、千葉県の野球にとっては特別な場所であると思っています」とありましたが、既に協定を締結していた市より、もっと前に締結していてもおかしくないくらいですよね。

協定連携では以下のような事項がありますが、わたし的に一番目立つと思うのは、ALL for CHIBAデーにチームが着用する赤い"CHIBA"ユニフォームの右袖に、対象市名入りのロゴが掲出されること。
・各市で行われるマリーンズ関連活動に関する連携
・競技普及や運動能力向上を目的に各市で行われる学校訪問活動に関する連携
・マリーンズ主催一軍公式戦における市民優待に関する連携
・その他各市で行われる千葉ロッテマリーンズによる地域振興活動に関する連携

「私が野球少年だった頃に憧れていた」と書きましたが、憧れが極まって長嶋さんの出身校である佐倉高校(長嶋さんの時代は佐倉一高)に進学して野球部に入部しましたし、最近は高校の同窓生達との交流も増えてきて、再び佐倉への愛着が増して来てる時に此のニュース!

なお、昨年のドラフト3位で千葉ロッテマリーンズに入団した島 孝明投手は佐倉市出身で、佐倉市立青菅小学校、佐倉市立井野中学校と完全なる佐倉地元民。今回の協定締結も含めて「佐倉=千葉ロッテマリーンズ」という意識にもなりそうで、今年は今まで以上に千葉ロッテマリーンズの応援に熱が高まりそうです。特に、6月17日(日)にマリンスタジアムで行われるセ・パ交流戦の巨人戦は、佐倉市のロゴが掲出されるゲームなので観戦必至です。でも長嶋さんに敬意を表してか、締結して最初の試合が巨人戦なんて、粋な計らいですね!


23:07:00 | tom | comments(0) | TrackBacks