April 15, 2017

SINGIN' IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜

今日は友達から誘われたミュージカル『SINGIN' IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜』を鑑賞して来ました。会場は渋谷ヒカリエの11Fにある東急シアターオーブ。普通のビルの11階よりは随分高いと思われる景観で、大規模工事中の渋谷駅の様子もよく見えましたよ。また、12時30分からの開演だったので、6階の中華『招福門』でブランチ&昼呑みしてから出陣しました!

その影響からか、上演開始には若干ウトウトした時もありましたが、前から2列目という”かぶりつき”のような席だったので、美人白人ダンサーたちの美脚がよく観えて(大きな声では言えませんが、スカ○トの中のおパ○ツも。笑)魅了され、眠気は早々に吹き飛びました。また、「劇場に12トンの雨が降る!!」というのは伊達ではなく、1幕目のラストと2幕目のカーテンコールには大量の雨が降り、前の方の席の人にはダンスで水しぶきが掛かるので、水避けのビニールが2枚ずつ用意されていましたし、リピーターと思われる人は最初からカッパを着ていましたよ。

誘われたので予備知識は全く無く、出演者も日本人だと思っていたのですが(汗)、主演のアダム・クーパーをはじめ、メインキャストが英国オリジナルキャストという世界的にも貴重な舞台とのこと。席が前過ぎて舞台の両脇に表示される日本語字幕は全く見ずに鑑賞していましたが、英語Onlyでディテールまでは分からなくても、かえって演劇に集中でき大いに楽しめました。

そしてFacebookカーの私には嬉しい配慮で、最後の5分間くらいは写真撮影が許され、念のため持ち歩いていたコンデジのズームで、カーテンコールの賑やかで迫力のある写真を撮影できました!水に濡れないように注意しながらね(笑)。もっとも、我々は左端の席だったので水じぶきが掛かることは殆どありませんでしたが、中央の席の人たちは、5列目くらいまでは結構掛かっていたと思います。

ある意味”予期せぬミュージカル鑑賞”でしたが、素晴らしい舞台を観て心が豊かになり、ネイティブの生英語で耳の保養になり、そして美脚+αで目の保養にもなり、実り多き土曜の午後のひと時でした!


23:02:00 | tom | comments(0) | TrackBacks