April 13, 2017

東村山黒焼きそば

明日は代休なので、仕事が終わった後に東村山まで足を伸ばしてみました。「なんで東村山?」かというと、、、3月7日の日記の種明かしはしていませんでしたが、昨年広島に赴いた元紀が異動になり、この4月から東京本社に勤務していて、東村山にアパートを借りて独り暮らしを始めたのです。

彼の会社の東京本社は高田馬場にあり、我が家からも楽勝で通えるのですが、一度独り暮らしを始めると実家には戻りたく無いと思うのは、私も彼くらいの歳の時にはそう思ったので、よく理解できますよ。誰にも気兼ねせず邪魔されず、自由気ままですからね!

そしてその東村山の彼のアパートへ、表敬訪問を兼ねてアポ無しで初めて訪れたのです。で、何を食べようかとネットで「東村山、名物」って検索したところ、黒焼きそばが「東村山の新たな逸品」として詳しく紹介されているアサヒビールのページ記事にヒットし、『東村山 黒焼きそば 食べ歩きマップ』なんてのも載っていました。まさに私好み!

そのアサヒビールのページに依ると、黒焼きそばは以下のようなB級グルメ。
******************
「東村山 黒焼きそば」は地元で生まれた「黒」ソースを味のベースに、各店がそれぞれ自慢の「黒焼きそば」を生み出している焼きそば。「黒」ソースとは、秘伝の「イカすみ」と、幻のうま味酒と言われる鹿児島特産の「黒酒」、さらに様々な香辛料をブレンドした香り高いソース。

その濃い色あいから、こってり味の焼きそばかと思いきや、上品なスパイスの効いた中に、「イカすみ」や「黒酒」などの旨みが深みを添えた、今までに無い“大人”の味わい! 東村山の方達が、思わずハマってしまうというのも納得。
******************

そして、元紀が帰って来るのを待ちつつ、"東村山 黒焼きそば 食べ歩きマップ"で探した中から、居酒屋チェーン店で初めてでも敷居が低い『はなの舞』に入り、東村山の地酒と共に堪能しました。黒酢が効いてて、確かに"大人の味"でしたよ。まいうー!


23:03:00 | tom | comments(0) | TrackBacks