December 01, 2017

18年ぶりのシンガポール

今日から私は1週間の休暇です。そして休暇中のメインイベントは4泊5日のシンガポール旅行!4時起きで羽田空港6時50分集合に合わせて移動し(JTBのカウンターでeチケット渡されるだけでしたが)、8時50分発のSQ631便でシンガポールにやって来ました。

久し振りのシンガポール航空で約7時間のフライトでしたが、
・上空から冠雪している富士山が綺麗に見えました!
・映画を3本も観れました。ちなみに観たのは『IT』『昼顔』『ダンケルク
・機内食が美味しくてボリューミーで満足
・機上からWiFiが繋がる!有料(1時間US$11.95、3時間$16.95、24時間$21.95)なので繋ぎませんでしたけどね
・ボディラインくっきりの制服のCAさん、目のやり場に困ることも。給仕の時の胸元(笑)

そして降り立ったチャンギ空港で旅行者向け現地プリペイドSIMをゲットしてiPad miniに入れ(WiFiルーター替り)、JTBの現地ガイドさんに連れられて外に出てみると、、、う〜ん、空気が生温い!夏に仕事で滞在した緯度が10度ほど高い彼の国某市とは明らかに湿度高めの空気感です。もっとも、約5年半住んでいたマレーシアの空気感と同じなので慣れてますけどね。

ところで、「前回シンガポールに降り立ったのはいつだろう?」と思って調べてみると、チャンギ空港でのトランジットを除くと、おそらく2000年1月に当時住んでいたクアラルンプールから家族旅行で来た時以来。ということは約18年ぶりですね。当時から大都会でモダンな都市だったので「見た目の変化は大きくないだろう」と思いつつも、マリーナベイ・サンズなどは無く結構変わっているので、5日間の滞在で色々と散策したいと思います。

今日はホテルに到着後、マリーナベイ・サンズのエキスポ&コンベンションセンターシンガポールマラソンのゼッケンを取りに行くのが重要な任務でしたが、片道30分弱の距離を歩いて向かうと、、、気温摂氏33度で汗が噴き出して来ました。出走は陽が昇る前とはいえ、この気候の中を42.195km走るのか・・・(汗)。

なお、エントリーした時に在庫がなくなっててSサイズしか選べなかったマラソンのTシャツですが(USサイズなので日本のより大きめ)、交換希望のポストイットが貼られたボードがあったので眺めているとインド系の人から話しかけられ、彼の持っていたMサイズと交換して貰えました。一昨日メールで事務局に駄目元で問い合わせた時は、引き続き「残念ながら在庫なし。現地で交換したい人がいたら交換できるかも」との事でしたが、こんなに早々に交換できるとは思ってもみませんでした! 嬉しい誤算です。

そして本日最大の"嬉しい誤算"といえば、、、羽田空港で「これからシンガポールに出発!」的な内容をFacebookに投稿すると、マレーシアのクアラルンプール時代の同僚Aちゃんから「期間中に会えるチャンスはある?」とのメッセージが入りました。クアラルンプール時代には夫婦共々同僚だったのですが、今は二人ともシンガポールに在住していたのです! ちなみにAちゃんは、米国に一緒に出張した時の帰りに荷物が成田への便に乗らず翌日着く事になり、トランジットで成田泊とはいえ換えの下着等も無かったので、八街の実家に連れて来て1泊したことがありました。家内がクルマで買い物に連れてったっけ、、、それもまた懐かしい。

で、早速今晩一緒にディナーすることになりましたが、同じく私の投稿に反応してくれたクアラルンプール時代の別の同僚も現在シンガポール在住で、私が飛行機に乗っていた時に彼からも「会えるチャンスがある?」とコメントが入っていたのですが、それを見たAちゃんから「今晩会うから一緒にどう?」との事で、思いがけず3人の元同僚+娘さん2人と総勢6人の賑やかなディナーとなりました。そして18年前に来たことがあるシーフードの有名なお店『JUMBO』で初日から待望のチリクラブを堪能できちゃいました!

しかし、"持つべきものは友達"ですし、旅先に友達がいると一般的な観光旅行とは違った楽しみもあるし、旅先にいるとは知らずでも、こうやってFacebookで急遽再会することが出来るしで、あらためて人との繋がりの大切さ、貴重さ、そしてSNSの便利さ、偉大さを実感しました!Facebookでの情報発信、ますます止められない(笑)。


23:26:00 | tom | comments(0) | TrackBacks