November 30, 2017

チケットキャンプでチケット売却

数ヶ月前の話ですが、休日出勤中にプライベートアドレスのメールを見ていたところ、イープラスから『関東大学対抗戦 2017 明治大 vs 早稲田大』の案内が来ていたので、条件反射のように反応して2枚予約完了し、カレンダーアプリに入力しようとしたところで、、、この日(12/3)はシンガポールマラソンの日であることに気が付きました(汗)。

ということで、行けるわけ無いので母校の後輩でもある元紀に「あげるから誰か誘って行ってきな」と提案したところ、「俺、いいや」という予想外の回答。。。なので、明治卒の校友を数人当たりましたが、本人は行きたいけど同行者が見つからなかったり、既にチケットを入手済だったり、ラグビーには興味が無かったりで見つからず、ライバル校である早稲田卒の友達も数人を当りましたが、同様に見つからず。。。

そうこうしているうちに1週間前になってしまったので、捨てても良いつもりでチケットキャンプに出品してみることにしました。チケットはB指定席で1枚2,500円だったのですが、イープラスのシステム利用料が2枚で432円掛かっているので合計5,432円。なお、チケットは未だ発券してなかったので、ファミリーマートのFamiポートで発券する際に店頭発券手数料が1枚につき108円(2枚で216円)掛かりますが、払込票番号を連絡して購入者が発券するようにすれば私が払う必要はなし。

捨てても良いつもりだったので、早く処分するために定価2,500円よりも安くすることも考えましたが、ダメ元でまずは定価で出品することにし、イープラスのシステム利用料432円はサービスにすることにして1枚2,500円(2枚で5,000円、バラ可)で出品しました。すると、1時間もしないうちに購入したい人が現われ、チケットキャンプのサイト内での数回の遣り取りで、出品から2時間もしないうちに売れちゃいましたよ。

尚、チケットキャンプは取引が成立した場合には購入者には手数料は掛からないものの、出品者には税込8.64%、8,000円以下の場合は一律690円掛かり、結果的には4,310円となりました。更に売り上げを銀行振込にして貰うと振込手数料が380円掛かり、最終的に手元に入ったのは3,930円でした。

イープラスのシステム利用料を含めた合計5,432円からすると、1,502円の損失でしたね。もっとも、元紀にあげてたら全損でしたし(笑)、友達に譲るときは2枚で1枚分の値段で良いと思っていたので、結果的に「損失は最小限にできた」と思っています。

でも今回、チケットキャンプでの出品から入金されるまでの一連の流れとコストがよく分かったので、もし次回出品することを余儀なくされた場合には、これらのコストも含めた金額で損しない金額から出品し、需要が少なければ値下げして行く作戦にしたいと思います。何事も勉強と経験。


22:01:32 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 29, 2017

TVer:ティーバー

先日の日曜日、ランニングで帰宅してシャワーの前に体重を測ると、11月上旬にBluetooth接続のスマホ連携体重計を買って最初に測った時に比べて約4kg減ったことになる数字が出たので、今月は節酒していたものの、2日間で50km強走った自分への労いも込めて、安堵して缶チューハイ1缶と赤ワイン1瓶を飲みながらTVを観ていました。

そして毎度の如く寝落ちり、気が付くと22時30分くらいになっていたのですが、最近は他のことが忙しくて、今タームで唯一観ているTVドラマ『陸王』も終わっていました。。。もっとも、韓国旅行で『陸王』の開始時間に帰宅が間に合わない家内と星奈が録画予約していたのは知っていたので、早速観ようと録画済み番組を探してみると、、、無い、『陸王』が無い。。。

「寝ぼけているのか?!」と思い慎重に探してみるも、『陸王』は観終わっている先週放送回のしかなく、その直前に放送され録画予約されていた『アメトーーク!』は録画出来ていたので、どうやら、その録画途中でHDDの空き容量が無くなり『陸王』は録画出来なくなってしまったようです。

「1週間後くらいには再放送があるのでは?」と思いもしましたが、「再放送があるかどうかは分からないし、金曜日からシンガポールなので暫く観られない・・・」。そんな時に思い出したのが、CMで聞いた事がある気がする民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』。いわゆる見逃し配信サービスで、放映から1週間程度の期間見られるというサービスです。そして一昨日の晩、「見逃し配信」でググると『TVer』にもヒットし、見事に『陸王』も配信中になっていました。

そのままMacBook Proの15インチ画面で最後まで観ましたが、「う〜ん、今回の話は今までの中で一番爽快でおもしろかった!でも理不尽だぁ!」と思うと共に、『TVer』のようなサービスがあり事なきを得ました。今回初めて使いましたが、まさに"見逃し配信"、保険という意味でも有り難くて有意義なサービスです。


23:00:59 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 28, 2017

辻井伸行:音楽と絵画コンサート

昨日は音楽師匠に誘われて渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催された辻井伸行くんのコンサートを拝聴して来ましたが、誘われた場合は殆ど下調べしないで行くのが常なので、今回も渋谷に移動中のバスの中で、『音楽と絵画』という主旨のコンサートであり、辻井伸行くんの美しいピアノの演奏とともに著名絵画をスクリーンで観賞出来るコンサートであることを初めて知りましたよ(汗)。

第1部(人気の自作×フォトグラフ)のオープニングとエンディングはTV東京の『美の巨人たち』のテーマソングで、辻井伸行くんの演奏なのですね。私は『美の巨人たち』は観たことありませんが、なるほど、今回の企画も納得出来ました。実際、美術展に行くと音声ガイダンスのバックグラウンドで流れているのはクラシックが多いですし、あらためて絵画とクラシック音楽がマッチするのを実感しました。

そして彼が作曲した作品が、自身が写っている過去の写真や絵画と共に演奏されました。
・川のささやき:ピサロ、シスレー、カイユボットの川を描いた絵画
・ロックフェラーの天使の羽:幼少の頃の写真
・セーヌ川のロンド:幼少の頃の写真
・風の家:マヨルカ島訪問時の写真
・コルトナの朝:トスカーナ地方の写真
・ジェニーへのオマージュ:海外ツアー時の写真

20分間の休憩を挟んだ後の第2部(クラシックの名曲×著名絵画)は以下の内容でした。
ドビッシー
・2つのアラベスク:ドガ、ルノワールの絵画(ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会)
・夢:ルドンの絵画
・月の光:クルーの絵画

ラヴェル
・亡き王女のためのパヴァーヌ:モネの絵画(散歩、日傘をさす女性)
・水の戯れ:モネの絵画(睡蓮)

ショパン
・バラード第1番:フェルメールの絵画(真珠の耳飾の少女、天文学者、水差しを持つ女)
・英雄ポロネーズ:Various(民衆を導く自由の女神、サン・ベルナール峠を越えるナポレオン)

この中でも特に自分が国内の美術展で実際に観賞したルノワールフェルメールモネの絵画をスクリーンに映しながらの演奏には感慨深いものがありました。印象派のモネの絵画にはラヴェルの楽曲が柔らかさを助長し、フェルメールの写実的な絵画、特に"真珠の耳飾の少女"で始まり最後に再び"真珠の耳飾の少女"がスクリーンに出てきた演出は、ショパンの楽曲と共に不気味さをも感じました。そして私が幼少の頃観ていたTVドラマ『赤い激流』で水谷豊が演奏していて耳から離れない『英雄ポロネーズ』には、ナポレオン、自由の女神の絵画がピッタリでした!

更にアンコールは、
・別れの曲(ショパン)
・それでも、生きてゆく(自作:東日本大震災直後に、被災地の方々の事を想い、 希望を持って生きてほしいという願いを込めて制作した曲)
・革命のエチュード(ショパン)
う〜ん、とても優雅で有意義な週のスタートの月曜日でした!


23:09:29 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 27, 2017

家族の韓国インプレッション

この週末、金曜日から2泊3日で家内と星奈が韓国に旅行して来たので、これで我が家族の中で韓国に行っていないのは私だけになりました。元紀も星奈も2回ずつ、そして家内は初韓国でしたが、過去の仕事で全く関係無かったとは言えないものの、東南アジアや中国圏などには非常に多く行っているのに、何故か韓国には行くチャンスが無かったんですよね。旅行に関しても「近いからいつでも行ける」と思っていると、結果的に行っていなかったし。。。

尚、このタイミングで家内が初韓国に行ったのは、今週金曜日からの私のシンガポール行きへの”ずるい報復"が多分にあります(笑)。シンガポール行きを決めた時に「1室1人使いにしたから、格航空券買えば泊まるところはあるよ」と提案したのですが、星奈は「遠いから嫌だぁ」と言い、家内も「行ってもパパがマラソンなら私は何もすることなくてつまらないし、そもそも月初は仕事が忙しい!」とのことで、このタイミングで行くことになったのです。

ということで、私も近い将来韓国デビューする日に向け、家族に韓国のインプレッションを挙げてもらいました。インプレッションではない項目もありますが、ご愛嬌(笑)。

元紀:
・TWICE が可愛い
・カクテキやマッコリが美味しすぎて家でも楽しんじゃう
・変な日本語を街で目にする(例:おーみやげLAND)
・クルマは右側通行だから、横断歩道渡り始めのとき自分から見て左側から車が寄ってきてビビる
・地下鉄のマタニティ専用シート、基本妊婦しか座っちゃダメなのに、メタボのおじさんが座ってる時がある(追伸:かあさん、座っちゃダメだよ!)
・爆弾昨日やってべろべろになった(爆弾=ウィスキーのビール割)
・チャミスル二度と飲まねぇ
・ハングル、ゆっくりなら読めるようになった

星奈:
・ご飯が美味しい
・夜でも楽しめる
・服が安い
・屋台楽しい
・店員の態度が悪くて逆に面白い
・電車の乗り換えややこしい
・日本語話せるおじさんが話しかけてくる(笑笑)
・韓国語の看板が可愛い
・しかし全く読めない
・カップルがラブラブしててうざい

家内:
・エレベーターが閉まるのが遅くて、閉ボタンを押しても閉まらず、みんな閉まるまでじっと待つ
・レストランで朝からキムチが出てくる
・電車の券売機は日本語も選べてわかりやすい
・次の駅の案内も、日本語での表示と音声もあった
・改札を出る度に切符のカードを機械に入れて保証金500ウォンを受け取るのが面倒
・PASMOみたいなカードをゲットした方が便利
・トイレットペーパーを流さないでゴミ箱に入れてくれと書いてある所が多い
・私達のホテルもだけど、歯ブラシが無い所が多いらしい。アメニティは最小限らしい
・エスカレーターの並びは関東と逆
・地下鉄にマタニティ専用シートがある
・高級ホテルじゃないけど、トイレにウォシュレットが付いてた
・日本人は若い女子が多い
・人気の明洞は歩行者天国の通りにお店がひしめき、通りの真ん中に屋台が並ぶので、買い物しながら食べ歩きできて楽しい

皆さんの韓国のインプレッションも楽しみにしています!


23:03:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 26, 2017

順調に回復中

実家で朝を迎えた今日は、あるじが不在で昨夜2ヶ月半ぶりにエンジンを掛けてもらった妹のクルマを運転し、リハビリ入院中のその妹のお見舞いに母と行って来ました。病気で倒れた時には話すこともままならなかった状態が、以前通りの早口で喋れるようにまで回復し、術後の薬物アレルギーで湿疹だらけになっていた症状も、薄く跡が残っている程度になっていました。

毎日1時間のリハビリを3回ほどこなしているようですが、お医者さんも驚くくらい回復しているのは、施設柄、若い男性のトレーナーさんが多いからでしょうか(笑)。何事もモチベーションが重要です。職業的に長期休みが取りづらい環境だったでしょうから、久し振りに心身ともにノンビリするのも良いでしょう。

その後は、母と昭和の森で紅葉観賞して真っ赤な紅葉を撮影し(但し、数は少な目)、「心霊スポットで有名」とも言われている雄蛇ヶ池の様子も観察し(紅葉は"色つき始め")、東金市に住んでいた時に何度か行っていた『茶坊主』でうな重を食べて来ました。久し振りに未亡人になって1年強の母親孝行が出来たと共に、今日のランチといい昨日のディナーといい、70代も後半に突入している母の胃袋が丈夫なのを認識しましたよ。

そして実家にクルマと母を送り届けた後は、シンガポールマラソン前最後のランニングとして京成佐倉駅までの約10kmと、京成船橋駅から自宅までの約4kmを走りました。これで昨日との2日間の総ランニング距離は50km強になったので良しとしましょう。最近山登りや飲み会等で何かと交流が増えている高校同窓生ですが、途中で母校の高校にも寄ってきました。紅葉が綺麗でしたよ。


23:46:00 | tom | comments(0) | TrackBacks