September 30, 2017

脳の病気

人が生きていくのに重要な身体の部位は、心臓や肺などの首から脚の付け根までの臓器であることは間違いありませんが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を送るうえでは、それ以外の部位も重要であり、とりわけ脳は重要です。昨年亡くなった親父は、60代後半からパーキンソン病を発症してましたが、これも脳の病気ですよね。

そして”脳”が名前に付く病気としては、脳卒中、脳梗塞、脳出血あたりをよく耳にしますが、脳卒中を大きく分けると脳梗塞と脳出血になるのだそうです。著名人が発病した場合に報道されるので、その時に耳にすることが多いと思いますが、あらためて調べてみると以下のとおりでした(敬称略)。

脳梗塞:
長嶋茂雄、石原慎太郎、西城秀樹、江守徹、イビチャ・オシム、栃東、大鵬、磯野貴理子、麻木久仁子、大山のぶ代、坂上二郎、三遊亭圓楽、桜井和寿、大島渚、小渕恵三

脳出血:
桜金造、桑名正博、宮川大助、山下清、東八郎、福沢諭吉、河合美智子、松本竜介

そしてクモ膜下出血も脳出血のひとつだそうですが、
KEIKO、木村拓也(プロ野球選手)、南田洋子、星野源

実は親族で脳出血を発症した人がいてお見舞いに行って来ましたが、調子が良かった前日とは異なり、その日は頭痛が続いていたそうです。会話は出来ますが思い出せない言葉が少なくないようでしたし、右の手足が麻痺しているとのことでした。

1週間後に血腫を取り除く手術をしますが、その後はリハビリが必要なようです。もっとも、上記の著名人のリストを見ると、回復して元気になり仕事に復帰している人も多いので、彼女も何事も無かったように復帰することを節に祈っております。


23:21:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

September 29, 2017

Swarmでライフログ強化

ライフログ、いわゆる人生の記録は、丸13年を越えたこの日記(ブログ)とSNS、特に『Facebook』で録っている感じですが、ブログは1日1回(1話)で、Facebookの頻度は(ブログのリンクを除くと)ブログ以下なのと、検索性がイマイチなので、後で過去を振り返るときにちょっと不便です。

検索という意味では『Momento』が便利で、FacebookやTwitterなどのSNSをリンクして一元的に確認でき、「〇〇に旅行したのいつだっけ? その時の写真はどんな感じだっけ?」というような時に、キーワードを入れると簡単に見つけられます。Momentoだけでも写真や内容を確認出来ますが、リンク元のSNSにも飛べるので、オリジナルの投稿も簡単に見られます。

一方で、ブログの記事やFacebookに投稿するまでも無い、散髪屋などに行った時のチェックインとして便利だったのが『Foursquare』でしたが、MomentoがFoursquareをサポートしなくなってからは使わなくなっていました。。。

でもやはり、「前回の散髪は?」や「前回のヘアカラーは?」などは、あまり憶えていないけど知りたくなる事がけっこうあるので、Foursquareが公開していてMomentoもサポートしているアプリ『Swarm』を使ってみることにしました。しかし、同じFoursquare Labs, Inc.のサービスなのに、なんでMomentoがリンク出来るのはSwarmだけなんだろう・・・。

ということで、Foursquareと同等のチェックインアプリSwarmを2年半ぶりに活用することにしましたが、ランチに行く時に「先週は何処に行ったっけ?」って話をすることも比較的多いし、食べた料理を写真付きで記録するのにも良いので、今週からは昼飯の時にもSwarmでチェックインしています。

これまでもランチの写真は殆ど撮っていて、でもFacebookに載せるまでも無いので"撮っただけ"になっていましたが、これで食事ログ(自宅飯除く)もMomentoで一元確認出来そうです。


23:17:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

September 28, 2017

雨の日の楽しみ

昨日の日記『ConnectedDrive』を今朝早く起きて書こうと思い、昨夜は23時くらいには就寝したが、普通ならアラームをセットしてなくても5時には自動的に目が覚める筈なのに、夜中に雨音で数回起こされたせいか、目が覚めたら5時半を回っていました。

それからでも日記を書くには充分な時間はありましたが、起きた時も結構な勢いで雨が降っていたので、濡れた傘を持って満員電車に乗るのを避け、そのまま身支度をして早出出勤しました。そんな場合、普段なら"遅目"の時差出勤するのですが、今日は9時半からMtgがあったので、早目に出社して日記はオフィスに着いてから執筆することに(笑)。

雨の日は天気予報を見て、折り畳みの傘か普通の傘かを選びますが、1日中雨の日はあまり無いので折り畳み傘を持っていくほうが多く、クラウドファンディングのMakuakeで買った『カバンがかけられる傘 rumbrella』が登場する機会は少なかったのですが、今日は終日雨の予報だったので、久し振りに持ってって活用出来ました。駅のホームで電車待ちして立っている時や、エスカレーターに歩かず乗っている時などに、鞄を掛けていられるのは確かに楽ちんです!

そして、折り畳み傘で無い普通の傘の場合には、「こんなグッズないかなぁ?」と思って探し当てた『カサクルル』が使えるので、傘を閉じて細く畳む時に、あまり手を濡らすことなく傘生地を丸めて固定でき、便利さと快適さを実感出来ます。一推しのグッズなのに、私以外に使ってる人を未だ見たことはありませんけどね(笑)。

今日は帰りのエレベーターで部門のビッグボス(小柄な女性ですが)に遭遇したのですが、『カサクルル』に気が付き尋いてくれたので、『rumbrella』も含めて説明しちゃいました。なので、終日雨の日でも何気に"グッズで楽しめて良かった感”が高かったです(笑)。


23:47:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

September 27, 2017

ConnectedDrive

私の新しい彼女(X1 xDrive 18d)には『ConnectedDrive』というサービスがあるのですが、車載通信モジュールのハードは最初から装備されているのに、それを本格的に活用するには『コネクテッド・ドライブ・プレミアム』というオプションを申し込む必要があり、お試しで使うには躊躇する税込44,000円と金額です。。。

iDriveを使った純正カーナビは画面のタッチパネル操作が出来ず、音声操作も細かい部分まで対応出来ないので、結果的にiDriveのダイアルで50音表示から文字を選んで操作する必要があり、結講ストレスでした。なので、元カノ(320d)に乗っていた時の後半は、純正ナビは使わずにiPhoneアプリのナビを使っていたことが多かったのです。なお、元カノは『ConnectedDrive』には非対応。

そんな過去があったので、『ConnectedDrive』に対応している今カノには期待していましたが、本格的に活用するには追加費用が必要とは。。。なお、標準装備の『コネクテッド・ドライブ・スタンダード』には以下のサービスが付加されていました。
・SOSコール:万一の際に、24時間体制のコールセンターへ速やかに接続する
・テレサービス:車両のメインテナンス、バッテリ電圧低下などの情報を自動的に担当ディーラーに通知する
・BMWオンライン(3年更新):ニュースや天気予報などの最新情報を閲覧できる
・USBマップ・アップデート(3年更新):自宅のPCで地図データをUSBメモリにダウンロードし、クルマに接続することで更新できる

そしてオプションの『コネクテッド・ドライブ・プレミアム』に申込むと、次のようなサービスが使えるようになります。
・BMW Apps:スマホを車両に接続し、専用アプリ『BMW Connected』のコンテンツやアプリを車内のディスプレイに表示して、iDriveコントローラーで操作が可能
・BMW リモート・サービス(更に追加費用10,000円が必要)
    リモート・車両サーチ
    リモート・クライメート・コントロール(エアコンのコントロール)
    リモート・ドア・ロック/アンロック
    リモート・ライトフラッシュ

リモートサービスには大変興味があるものの、更に追加で費用が発生するので、本当に必要だと思った時に申込もうと思っていますが、iPhoneにインストールして使えるアプリ『BMW Connected』は興味津々だったので、『コネクテッド・ドライブ・プレミアム』に申し込んじゃいました。

ただし、、、唯一効果的に活用出来ているのは『Last Mile』で表示される地図から目的地を検索し、それを愛車に送る機能くらいでしょうか。その後、愛車の『ConnectedDrive』のメニューから"メッセージ"を選び、該当メッセージを表示して"目的地に設定"をすれば、純正カーナビで目的地を簡単にセットできます。

メーカーオプションで『アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)』を付けた際に自動的に付いてきた『ヘッドアップ・ディスプレイ』を無駄にしないよう、今カノでは純正かーナビのみ使おうと考えていますが、スマホを使って目的地を簡単に設定できようになったのは大きな前進だと思います!


23:13:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

September 26, 2017

そしてシンガポールへ!

昨日の東京マラソン3年連続落選の結果と、その後すぐに検討した青梅マラソンが、同日定員に達しエントリー終了となったことのショックが大きかったので、今日は昨日の日記の有言実行で、エントリー出来るフルマラソンを真剣に探していました。

ハーフマラソンとは全然違い、フルマラソンは身体へのダメージがそれなりに大きいので、道路を封鎖して行なわれる、普段は走れないような都市の大きな大会に絞って、1年に1回程度の頻度で出ようと思っているので、そんな大会を探してみましたが、これから開催される国内大都市のは、那覇福岡京都も既にエントリー終了。。。横浜大阪も抽選で外れましたしねぇ・・・(汗)。

なので国内は諦めて海外に目を向け、毎年12月に開催されるのを知っていた台北とシンガポールのをネットでチェックしてみると、シンガポールマラソンが12月3日(日)で台北マラソンが12月17日(日)でした。家族をおいて独りで海外に行くのは若干の罪悪感があったので(笑)、家内が「月初は会社休めない」と言っていたのを考慮し台北マラソンのツアーから優先的に探すと、クラブツーリズムのツアーがヒットして「リクエスト受付」とはなっていたものの、台北マラソン2017のエントリー自体は9月22日で終わっていました。。。

そしてシンガポールマラソンは、JTBで大会参加者向けのツアーがあり、4泊5日のツアーにまだ空きがありましたが、エントリーのリンクをクリックすると"申込終了"のつれない表示。。。でも「エントリーは9月30日まで」って出ていたので、直接シンガポールマラソンのサイトに行って"REGISTER"をクリックして進んでいくと、、、見事!エントリーが完了しました。

シンガポールマラソンはエントリーすれば参加出来る大会だったので(それゆえ、5万人規模のレース!)、エントリーと同時に出走が確定です。ツアーも1名1室で割高になったものの、5日間の滞在でマラソン後も1日半の猶予があり、シンガポールの同僚達、特に、日々テレカンしてるけどリアルでは会ったことがない同僚や、日本出張時に1度だけ面会してごはん食べFacebook友達になった同僚などに会えるのも楽しみです。

一粒で3度くらい美味しいツアーになりそうでしが、その前に「高温多湿のシンガポールで42.195kmを完走出来るコンディションを作らないと!」です。最後のフルマラソンは昨年10月23日のアクアラインでしたが、その時は30km超えた辺りから脹脛と太腿が攣りまくって瀕死の思いで完走した感じでしたし、"彼の国"出張で増えた体重を落とせていないのを自覚しているので、これからの2ヶ月間、LSDランニングで体重を落としながらフルマラソン同等の距離を経験するなどして準備をしたいと思います。


23:07:00 | tom | comments(0) | TrackBacks