June 25, 2015

クルーズコントロール

昨日の日記でも若干触れましたが、今の愛車320dに乗ってから早2年、初めてクルーズコントロールを本格的に使ってみました。東関東自動車道をひたすら潮来方面に向かっていましたが、成田から先は2車線に減少するもののクルマが殆ど走ってなく、「そうだ、せっかく付いているクルーズコントロール使おっ!」と思い立ち、セットしました。

過去の愛車にもクルーズコントロール付いてるのが幾つかありましたが、日本の道路事情だと、設定した速度をキープしたまま走り続ける方が大変で、かえってリラックスして乗れませんでしたが、昨日の環境なら快適です。実際、アクセルを踏むことなくステアリング操作だけに専念できるのは、今更ながら、想像以上に快適でした!

さらに、今回使っていて発見したのが、320dの場合、ステアリング・スポーク内に付いている小さなレバーで、セットした速度を増減することが出来るので、前のクルマに近づいてきたら指先だけの操作で減速でき、そのクルマが車線変更して前が開いたら、再び指先だけの操作で速度を上げて巡行走行出来るのです。しかも、大きく動かすと時速10km単位で増減でき、指先だけでエンジンブレーキを掛けるような技も出来ました。これだと、若干交通量が多いときでもクルーズコントロールはセットしたままで対応できそうです。

首都高のような狭いところでワインディングを楽しむときは別ですが、家内の実家、宇都宮に行くときの東北自動車道は比較的クルマの量は少なく単調なので、クルーズコントロールを積極的に使って楽チン運転を愉しみたいと思います!


22:21:26 | tom | comments(0) | TrackBacks