January 31, 2012

Appleは安泰なのだろうか?

昨日発売の週間ダイヤモンドは某S社特集でしたが、特集と言ってもポジティブな記事ではなくネガティブな記事(私はマガストアから電子版を買って読みました。600円也だけど、電子版、もっと安くならないのかなぁ。手間は全然違うと思うんだけど。)でした。Appleと比較した内容が多かったのですが、Appleフリークな私としては、喜んでよいやら悲しんでよいのやら、複雑な心境でした(汗)。

さて、その記事を読んだ後に、1月19日に開催されたApple Education Eventを帰りの電車の中で観たのですが、「この先、Appleも安泰なのだろうか?」と思ってしまいました。まあ、Steve Jobsと比べたら可哀想なのですが、Phil Schillerのプレゼンにカリスマ性が感じられず、「Incredible!」とか「Unbelievable!」と言っても、「そうかなぁ?」と素直に受け止めることが出来ませんでした。。。現Apple CEOのTim Cookの基調講演は未だ観たことがありませんが、どうなんでしょう? 個人的には、Steveの次にはScott Forstallのプレゼンが好きですが、今後、覇権争いなども起きてくるのかなぁ。。。

わずか15年前には倒産寸前だったAppleが今では時価総額世界一の会社になる時代ですから、これから先、某S社もAppleもどうなるかわかりませんが、今だけを見て一喜一憂するのではなく、長いスパンで物事を考えたいと思っている今日この頃です。


23:29:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 30, 2012

スマホ用手袋

ここ数日は目茶苦茶寒い日が続き、外では手袋が必需品となっていますが、昨年末、日本に帰って来たと同時くらいに楽天のポイントで買ったスマホ用手袋(静電式のタッチパネルが操作出来る手袋)、思ったよりも編み込みの隙間が多くてスースーするのと、使い始めて2週間足らずで指先や指の付け根が段々ほどけてきたので、先々週の週末にノジマでこのタイプのスマホ用手袋を買ったのですが、指の付け根から指先まで全体にわたって導電の編み込みがしてあって、そのせいか指全体がとても冷たい。。。

でもせっかく買ったので使っていたのですが、昨日、家内が買い物の間、スーパーの隣にあるコジマに入ってブロードバンドのプロモーションで配っていたクジを引いところ、なんと、スマホ用手袋が当たりました。こいつも薄めですが、導電の編み込みがあるのは指先だけなので、ノジマで買ったのよりは指が冷たくはなりません。ただ、、、導電の編み込みは親指と人差し指だけなので、iPadの3本指以上で行うジェスチャーが出来ない・・・例えば、4本指によるアプリの切り替え。

皆さんは、寒い時のスマホ対応はどのようにしていますか? お薦めのスマホ用手袋があったら、是非ご教示願います m(_ _)m 。


23:56:37 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 29, 2012

iPhone4S Ferrari Edition

iPhone4SJBして直ぐにCydiaにあったフェラーリのテーマを導入したのですが、アイコンやスキン、ボタン等の変化が中途半端だったので、数日前より色々と研究していました。そのテーマがiPhone4以降のRetinaディスプレイに対応していないのが一番の原因なのですが、何か方法は無いものかと。。。そして本日、やっと納得がいくところまで出来たので、備忘録代わりに記します。

・参考にしたサイト:iOS5の棚 ビギナーズラックの「テーマを作る
・使ったTheme:Ferrari iPhone Winterboard Theme、Ferrari Red Theme、Buuf4
・使ったツール1:Phone Disk。iPhoneを外付けDiskのように扱いFinderから自由にアクセス出来る。アプリ形式のファイルも「パッケージの内容を表示」で見ることが出来る。
・使ったツール2:ImageWell。画像ファイルをRetinaディスプレイ用のサイズに変換する時に使用。

Ferrari iPhone Winterboard Themeオリジナルの状態で起きた問題と対応は以下の通りです。

・日本語名のアプリのアイコン(メール、電話等)が変わらない:iPhoneの設定で言語を英語にすれば変わるのですが、これだとアドレス帳に日本語の索引が出て来ないので不便。これは、ここのサイトを見ながらアイコン名を日本語にして解決。

・Ferrari Themeのアイコンに無いアプリがトップページに置いてあるので統一感が無い:Themeで用意されているアイコン名をトップページに置いてあるアプリのアイコン名に変更。尚、Themeで変更するアイコンはTheme内のIconsフォルダに入れる。

・電話のキーパッドが変わらない:Theme内のFoldersにあるMobilePhone.app内のアイコンのサイズをRetinaディスプレイ用のサイズ(オリジナルの2倍)にし、ファイル名と「.png」の間に@2xを追加。同様に、Theme内にある全てのpng画像を変更。

・Ferrari iPhone Winterboard Themeにある全てのアプリ・アイコンを使い切ってしまった後の対応:フォルダに入れずにホーム画面に置いてあるアプリは、Ferrari Red Themeの淡い赤アイコンに変更。これまた、アイコンのファイル名をアプリの名前にしTheme内のIconsフォルダに入れればOK。

・Ferrari iPhone Winterboard Themeは、複数のアプリが入ったフォルダの変更に対応していない:iPhone4用にリリースされたBuuf4のファイル構造を見て、Theme内のBundlesフォルダ -> com.apple.springboardフォルダに、フォルダ関係のpngファイルを入れる(頭にFolderが付くpngファイル)。とり急ぎBuuf4のフォルダ・アイコンをそのまま使っている。

以上ですが、色々とトライしたけど、最終的にはFerrari iPhone Winterboard Theme内にある全ての画像ファイル(pngファイル)のサイズをRetinaディスプレイ用に倍にしたのが功を奏しました。画像のサイズをオリジナルよりも大きくしたので画質的には悪化するのですが、iPhone4Sで見る限り全然気になりませんよ。

Retinaディスプレイ用になっているFerrari関係のテーマを、結構な時間を費やして探していましたが全然見つからず、結果的には、開き直って画像のサイズを大きくしてファイル名を変更すれば良かったのです(下の写真は、私のiPhone4Sの画面キャプチャーです)。あと残っているのは、ステータスバー(iPhoneの画面の一番上)が変わらないことだけ。これはBuuf4でも変わらなかったので、iOS5以降でファイル構成が変わったのでしょうかね。Theme内ではなく、iPhoneのオリジナルの画像を変更するしか術はないのかな?

追伸:JBは米著作権局が合法と判断しましたが、すべて自己責任(At Your Own Risk)です。iPhoneやiPadが動かなくなる可能性もありますからね。


23:18:55 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 28, 2012

北京故宮博物院200選

今日は元紀は塾、星奈は部活の遠征試合で早朝から二人とも出掛けてしまいました。今後も益々、このように夫婦二人だけの休日が多くなるんだろうなぁと思い、今日は家内とプチデートをすることにしました。

で、かねてから気になっていた、上野の東京国立博物館で開催されている「北京故宮博物院200選」に行って来ました。台北と北京、両方の故宮に行ったことがある私としては(家内も両方行ってますね)、是非見てみたいと思っていたのです。

ランチを上野で摂るタイミングで西船自宅を出発し京成本線でGo。上野は最寄の東中山駅から電車で1本なので楽チンです。上野では幾つかレストランを見て廻ったけど、「ランチが1,500円、うわぁ高!」と思いながら最終的に入ったのはアメ横にある居酒屋の「酒亭 じゅらく」。ここの月替りランチセットである「炙り海鮮丼と蕎麦セット」を二人とも注文し、私は浮いたお金で生中一杯(笑)。

北京故宮博物院200選は、その名の通り北京の故宮から運んできた作品だけだったので、日本の人に「故宮」と言ってすぐに思い浮かぶであろう翡翠で作った白菜や豚角煮の置物は、台北の故宮にある作品なのでありませんでしたが、北京の故宮に行ったけど殆ど記憶に残っていない作品達(笑)を観賞しました。因みに、パンフレットに書いてある本展の見どころは、
・門外不出の宗、元時代の書画:全41件のうち、39件が日本初公開。
・知られざる名品。空前の規模の北京故宮展:出展作品の約半分が国級品(一級文物)。
・皇帝コレクションの粋:宮廷美と壮大な世界観。

平成館に入場して最初は第一部を観ましたが、習字なのど書物が多く、家内と「ずっと書物だけなのかなぁ?」と不安になりましたが(笑)、一部の後半からは水墨画などの絵画が増えてきて、第二部は玉器や青銅器などの食器や装飾品などになり、普段は美術品に無頓着な我が夫婦でも楽しめました。特に、北京の故宮=紫禁城などの建物が展示品と思っていたので装飾品や書物の記憶が全くなく、更に、説明に日本語は無かったのでじっくり観ることはしなかったと思うので、意外と新鮮でした。

参観後、館内の休憩コーナーで休んでいると、隣のグループの一人が「今日で6回目」と言っていましたが、決して安くない鑑賞料金1,500円なので気合が入っていますよね。でも、展示開始直後は入館まで2時間待ちが当り前だったとも言っていたので、館内は混雑していたけど待つ必要が無いこれからが見頃でしょう。但し「清明上河図」の作品展示は1月24日で終了し、今は複製品(印刷)の展示となっていますが。。。

観賞後はアメ横で夕食の材料の調達。タラバ蟹片足分が1,500円、5,000円と値札に書いてあるマグロの中トロを1,000円でゲットし、晩御飯で堪能しました。


23:25:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 27, 2012

人間ドックの結果

火曜日に受けた人間ドック、その後にあった大打ち上げ宴会やバリウム事件で報告する機会を逸しておりましたので、ここに改めて報告します(って、義務ではないが覚書の意味で。笑)。

身体計測:体重が1kg増えたけど、中国長期出張時と年末年始の暴飲暴飲から考えると、この程度で済んで恩の字。BMIと肥満度はSpec内だけど上限寄り。腹囲も奇跡的に赴任前と変わらずだがSpecアウト。よってもってC判定。でも腹囲は身長に関かわらずSpecが一定なのと、女性の方がSpecが大きく実情に合っていないということで、メタボの判定方法は見直されるもよう。

内科診察:異常無しのA判定
眼科検査:裸眼 右0.4、左0.3。矯正 左右1.0。眼底、眼圧は異常無しのA判定。
聴力検査:正常でA判定。
血圧:例によって最低の方がSpecアウトだったけど、若干だったのでB判定。
心電図・胸部X線:異常無しのA判定。
血液系検査:赤血球、白血球等々問題無しのA判定。
糖尿病検査、尿酸検査:問題無しのA判定。
脂質検査:総コレストロールと悪玉コレストロールがSpecアウトでB判定。

肝機能検査:AST、ALT、γ-GTPがSpecアウト。特にγ-GTPが3桁になったのでD3判定。アルコールを控えて3ケ月後に再検査との事。まあ、中国出張時と年末年始のアルコール摂取量から考えると、悪くなっているとは思っていましたが(汗)。

膵機能、腎・尿路系、食道・胃・十二指腸:問題無しのA判定。
便潜血:前回はバリウムを使った再検査まで行ったけど、今回は問題無しのA判定。
上腹部超音波:胆のうポリープ、軽度脂肪肝、そして前回は片側だけだった腎臓の石が両側にあってD12判定。1年後に再検査=次の人間ドックで様子見。

こうしてみると、肝機能以外は総じて前回の人間ドックの結果よりも良くなっているんだけど、マレーシア単身+中国長期出張+年末年始程度の生活は、私の身体にとっては不摂生のうちに入らない?(笑)。


23:21:00 | tom | comments(0) | TrackBacks