October 26, 2010

家と会社が近いメリット

は、睡眠時間が十二分に取れることですね。今日も午後10時30分頃まで会社にいましたが、コンビニに寄っても家に着くのは10時45分くらい。なんたって、ドア to ドアで徒歩5分ですから(笑)。

なので、その時間に帰っても、プライベートメールを読んで、Google Readerのスクラップ記事をタイトルでソーティングして、Twitterのリンクも深読みしたいのは片っ端からRead It Laterに送り、シャワーを浴びてからブログを書き(正に今です)、Read It Laterに送った記事をじっくり読み、髪の毛を乾燥させてから布団に入ってiPadで書籍を読見始めるのは12時30分くらい。

ここから眠気に襲われて眠る時間が12時45分頃だとしても、翌日起床する6時45分まで、たっぷり6時間寝られます。通勤時間が短いのは、こんなに好きなことをやっても充分に睡眠時間が取れるもんなのだなぁ、と実感している今日この頃です。

もちろん、デメリットもたくさんありますが(仕事とPrivateの境目が無くなる、帰り際に不意にあった同僚と飲みにいくという機会が減る、駅周辺で飲むと会社に向かって戻ってくる羽目になる等)、睡眠時間が多く取れるのは、大きなメリットです。


23:59:00 | tom | comments(0) | TrackBacks