February 27, 2018

名曲の花束:及川浩治ピアノリサイタル

先日の日曜日はクラシック音楽の師匠のお誘いを受け、サントリーホール及川浩治さんのピアノリサイタル『名曲の花束』を鑑賞して来ました。師匠が及川さんと同じ大学出身なので、及川さんのコンサートを拝聴するのは3回目だと思いますが、今回は以下のような楽曲でした。

前半:
・主よ、人の望みの喜びよ(ヘス編):J.S.バッハ
・トッカータとフーガ ニ短調BWV565(ブゾーニ編):J.S.バッハ
・トロイメライ:シューマン
・ラ カンパネラ(ブゾーニ編):リスト
・エリーゼのために:ベートーヴェン
・ピアノソナタ 第23番 へ短調「情熱」op.57:ベートーヴェン

後半:
・ノクターン 第16番 変ホ長調 op.55-2:ショパン
・バラード 第1番 ト短調 op.23:ショパン
・愛の夢 第3番:リスト
・死の舞踏 S.525:リスト

アンコール
・ピアノ協奏曲 第2番 第2楽章:ショパン
・ノクターン 第20番 嬰ハ短調:ショパン

私が野球少年で音楽には殆ど興味がなかった幼少の頃、TVドラマ『赤い激流』で主演の水谷豊が演奏し、耳に残るほど何度も聴いたリストのラ・カンパネラを聴き入っちゃいましたが、その際に「超高いキーを叩く時って、アドリブ風に音を決めているのかな?」と思ったので、その旨、師匠に話してみると、「ラ・カンパネラはダブルクリックしてたね。及川くん、疲れているのかな?」とのことでした。

私は全然気が付きませんでしたが、(当然かも知れませんが)ピアニストには分かるんですね。更に、「「あっ、やべー。やっちゃった!」と本人が思っているも、ものすごく良く伝わって来た!」とのことでしたよ。α波がたっぷり出て夢心地で癒された演奏ばかりでしたが、素人の私は、「及川浩治さんの演奏は、静かな楽曲よりも激しい楽曲の方が迫力もあって素晴らしく感じるかも」と思いました。


22:15:50 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 26, 2018

かつうらビッグひな祭り

代休の今日は『2018かつうらビッグひな祭り』を観に行って来ました。ウォーカープラスを何気に見ていた時に千葉県の上位の方に表示され、噂には聞いていたけど未だ一度も観たことが無かったので、平日を狙って行く事にしたのです。春休み中の星奈もバイトが入っていなく、また、実家の母も暇していたので誘い、先々週の金曜日の河津桜鑑賞と同じメンツと相成りました。

勝浦までは実家の八街からクルマで1時間40分程度の距離でしたが、超久し振りに走る九十九里有料道路は殆どクルマが走ってなく、左手に太平洋を見ながら快適ドライブ。夏になると週末は海水浴の人たちでごった返すと思われる九十九里のビーチも、今は人影は殆ど無く寂しそうでした。

勝浦市街に到着し駐車場にクルマを停めた後、5分ほど歩いて遠見岬神社まで近づいて来ると、長い石段に並んだたくさんのお雛様が見えて来ました。鳥居まで来てみると、星奈が「ビックひな祭りは今日は中止って書いてあるよ」って看板を指して言っていましたが、「並べてあるだけだから、パレードみたいな何かの催し物が中止なだけでは?」と言っていたのですが、な、なんと、強風のため石段にお雛様は並べられて無く、お雛様の写真のパネルが並べてあるだけでした!

思いっきり想定外でしたが、確かに人形なら飛ばされるくらいの強い風が時おり吹いて来ていたので、致し方ないですね。もっとも、写真のパネルでも石段を写真に収めると、なんとなくそれらしい写真になったので良しとし、商店街に各々の趣向で飾られていたお雛様を観ながら散策してから、墨名交差点にたくさん並んでいたお雛様を最後に観て退散。勿論、ランチは勝浦タンタンメンを食べましたよ!

その後、隣街の御宿で『おんじゅくまちかどつるし雛めぐり』を開催していたので寄ることにし、まずは月の沙漠記念館に寄ってみたところ、つるし雛が館内にたくさん飾られていて華やかでした。

"まちかどつるし雛めぐり"という名称の通り、御宿内に20軒以上点在している展示会場を巡るのが本来の鑑賞ですが、健脚ではない母なので、たくさんの吊るし雛を一度に見るのに月の沙漠記念館はGOODでした。そして、月の沙漠記念公園で星奈とお互いに写真撮影してから帰路に就きました。


23:12:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 23, 2018

最強の生産性革命 発刊記念セミナー

昨日は仕事が終わった後、森ビルオフィスライフのメルマガで「先着順30名ご招待」という告知があって、見事に申し込めた『ムーギー・キム×竹中平蔵「最強の生産性革命」刊行記念トークセッション』を拝聴して来ました。長年製造業に携わっていた私には、”生産性”とか”革命”って単語には関心が湧くのですが、小泉内閣時代の大臣でTVでもよくお見かけする竹中平蔵さんの生の姿を拝見できるのも魅力的だったからです。

ムーギー・キムさんは私は存じ上げていませんでしたが、慶應義塾大学時代に竹中さんのゼミを聴講していて、INSEAD(フランス、シンガポール、アブダビにキャンパスを持つビジネススクール・経営大学院)にてMBAを取得。その後、外資系金融機関の投資銀行部門やグローバル・コンサルティングファームにて数々の実績を残し、現在はシンガポールと東京を拠点にしつつ、INSEADの卒業生が世界中で設立するベンチャーに投資・支援をするINSEADERS VCの共同経営者です。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍し、著書にベストセラー『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』『一流の育て方』『最強の働き方』など多数。そしてお母さんは、東洋経済オンラインの人生相談室で活躍中のミセス・パンプキン

セミナーはキムさんの講演の後、竹中さんとの対談で進められました。キムさんの講演は、主に『幸せな生産性の高め方 vs. 不幸な生産性向上』がテーマでしたが、堅苦しい語り方では無く、早口で面白おかしく喋べくり捲くっている感じでした。セミナー中にiPadでメモった内容を備忘録として以下に記しますが、長文ご容赦願います。

なお、本日のセミナーの竹中さんの纏めは、『歩こう! ブロッコリーを食べよう! 兼職を積極的にしよう!

1. 個人
・まずは健康であることが一番大事
・最高の健康法と習慣に関して日本を代表するドクター100人に尋き、その後、セカンドオピニオン、サードオピニオンも伺って得た結論
・健康の定義:37兆個ある人間の細胞に、健康で新鮮な血液を届けること
・血液は体重の8%。ペットボトル4本程度の量の血液が、約20秒で体内を一周する
・食べ物は口の中には数十秒しかいないが、お腹の中には18時間もいる
・腸の表面積は30平米。従って、口よりも腸が大事
・ドクター達から得た情報の結論:毎日1時間歩くこと。ブロッコリーやセロリを食べること

2. 組織
・若い人たちがすぐに辞めてしまうような会社は、時代遅れの組織制度やマインドセットになっている
・若くて優秀な人を引き留める人事制度が必要。グーグルのような逆三角形型の組織体系が望まれる
・上司は部下が自己実現しやすい環境を整える。上司は部下のモチベーションを高める
・上から目線で命令だけするのは、ガラパゴス上司
・毒上司を一人外すことによって、組織は活性化する

3. ビジネスモデル
・レッドオーシャン:業界の常識に従い、業界の競合環境に倣って同じようなことをするとで、マージンを落とす
・ブルーオーシャン:顧客が気にしていない部分を削ぎ落とす。価値のシフトをする
・マネタイズで成功しているメディアは日経新聞しかない。印刷なども含め、自前でリソースを抱えているところが多い
・ニュースピックスは何処がブルーオーシャンか?
 (1) 自前でニュースを持たない。アウトソースを活用
(2) 専門家によるコメントを付ける。ホリエモン、竹中さん等々
(3) 他の業界からの私見を持ってくる
(4) 記事はコモディティなので、会員をコミュニティとして囲い込む
(5) コメントをつけられるようにする。また、自分が認められているようなリコグニッシンの機会を作る

4. 本書『最強の生産性革命』のハイライト
・時代遅れの制度やルールに気付き、縛られない生き方を導く


対談:
健康の話
・キムさんの健康の秘訣:グローバルウォーク、グローバルどんぶり、グローバルジュース
・世界の5大健康食品:納豆、キムチ、ヨーグルト、豆腐、レンズ豆
・ある歳から生活習慣病に関する数値が上がってくる。
・竹中さんはライザップのアドバイザーとして試し、4週間で4kg痩せた。そしてもう立証できたので止めた
・キッコーマンの茂木会長は現在83歳。毎日30分早歩きで歩くことを68歳から始めた
・”アンチエージング”というより”ポジティブエージング”と呼ぼう
・階段を見るたびに「これは糖尿病や生活習慣病を防ぐチャンスだ!」と思うことにしている

時代遅れの組織
・働き方改革フォーラムに参加していたDeNAの人の言葉。一度で良いから転職して下さい
・世間では、転職したいと思っても最後で一歩を踏み出せない
・世界三大物知らずの、親、先生、上司に効くからダメ
・日本=終身雇用のイメージがあるが、実は、終身雇用で働いている人は日本には18%くらいしかない
・実は、若い人ほど「良い大学に入って、良い会社に入りたい」と思っている
・東京大学は、単に東京にある大学
・官僚はゴリゴリの終身雇用。出戻り出来なかったり、内部で異動も少ない
・出世に関して生え抜きが優遇される傾向にあるのが変わっていない
・トップが外部から来るとと、生え抜き優遇主義は無くなる
・欧米では5億くらいの調査費を使って、世界中から次のトップを選ぶ
・日本の企業は、トップをどうやって選んで継承するかの議論が未だされていない
・諸外国に比べてスタートアップが進んでいない一方で、潰れる会社も少ない
・日本の経営者は「俺の代で切りたくない」という思いが強すぎる。先代の社長とOB会などで会うと気不味い
・コーポレートガバナンス強化に関して、経団連が頑なに反対している
・江戸時代の商人道から、「商人は出過ぎてはいけない。先代から預かったものを次に引き継ぐんだ」程度の考えになっている
・本人が希望して米国のグーグル本社に転勤になった日本人のマネージャー。中間職なのに年収5,000万
・グーグルでは上司から仕事を指示されたことがない、自分から遣りたいことを提案する
・上司は、部下が自分の中から仕事が湧くように仕向ける。自分で決めているという実感を持たせる

第四次産業革命
・今の欧米で成功している先端企業のアイデアは、かなりの部分が日本で生み出されている。上司に提案して止められ、諸外国に出し抜かれている
・部下が上司を変えた良い事例は? 日本だと部下が辞めさせられるような状況に陥ることが多い
・ある会社の評価制度。課長が部下を評価し内容を公開する。異論や議論が必要な場合、部長が部下と課長との議論を聴く
・生産性を上げるために個々人が出来ることのきっかけは、兼業を認めること。インディペンデントコントラクター
・転職はできないけど兼職は出来るはず。将来の進む道にプラスになる
・会社は兼職を認めるべきだが、経団連会長は反対意見
・兼業を認めない背景:一定の規模の企業は就業規則が必要。その昔、参考とされたモデル就業規則に「原則的に兼業を認めない」という表記があり、皆が其れを当たり前だと思ってしまった

ダボス会議のジャパンセッション
・安倍レガシー、安倍さんの功績は?:景気回復は10年続いている、その比率は相対的に見ると日本は大きい
・この5年間でインバウンドは4倍
・但し、今を良くすることだけを遣っていて、未来をよくする為のことはしていない
・未来を良くするために必要な、移民政策、社会保障政策、個人認証は遅れている。マイナンバーは20人に1人くらいしか持っていない
・2025年には団塊の世代全員が後期高齢者。介護難民問題になる
・今の内閣でバラマキを遣り過ぎているので、次に首相は大変
・リーダーの大事な仕事、次の後継者を示すことだが、今はいない(でも、竹中さんは心配していない)
・首相になってから大化けする人がいる。風見鶏と言われた中曽根さん。変人を言われた小泉さん

働き方改革絵ブーム
・本来やるべきことは、自由で多様な働き方と、自由で多様な雇用の仕方
・今は労働時間の削減だけを議論している。単純に労働時間を10%落としたら、GDPも10%落ちる
・70年変わらなかった労働基準法を変えようとしているのは評価できる
・学歴、収入などで格差社会が広がると、働き方改革のステージまで上がれない人が出て来るのでは
・非正規の人の差別をやめよう。頑張らなくて胡座をかいているだけの人を辞めさせよう
・お金が無い人でも教育出来るようにしよう。シンガポールの大学などは、大学がお金を払ってでも来て欲しいと思う人を募る
・今はお金を持っていない若い人がお金を持っている高齢者を支えているが、お金を持っている高齢者がお金を持っていない高齢者を支えるようにしよう
・世界中で広がっている格差の解消に関して、長期的には教育、短期的には所得の再配分。ベーシックインカムを導入すべき
・日本は、我慢強いことが不利になっているのでは? 我慢してでも最後までやることが美徳になっている
・キムさんの留学中、お母さんのミセスパンプキンが隣に家を借り、人を招待して料理を作るのが好きだった。毎回10人呼んで10回やった。人脈が広がった


23:57:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 21, 2018

10年以上ぶりに過去最高益!の会社

毎週日曜日の朝7時30分から放映している『がっちりマンデー!!』は私のお気に入りのTV番組の一つですが、前回2/18放送分は、止ん事無き事情で特に気になりました(理由を知っている人は知っている、笑)。お題は「10年以上ぶりに過去最高益!の会社」でしたが、3つの会社が以下のように紹介されていました。

『エステー』が社長を姪っ子に引き継いだら過去最高益!
『ムシューダ』や『消臭力』でお馴染みのエステー(株)は、2017年度の純利益が対前期比24%増の22億円で、過去最高になる見通しなのだそうです。どうしてそんなに好調になったかというと、5年前に鈴木貴子社長が就任してからとのこと。前社長で現会長の鈴木喬さんとは姓が同じ、、、実は会長の姪っ子さんが現社長なのです。

この鈴木貴子さん、以前はルイ・ヴィトン・ジャパンのマーケティングの第一線で働いていたスーパーウーマンだったそうで、その手腕を見込んで叔父である会長がエステーに呼び寄せたそうなのです。

そしてデザイン改革が始まり、
・スポーツ新聞の見出しみたいなデザインだったトイレ用の『消臭力』を、女性を意識したデザインに変更:売り上げが1.4倍に!
・お部屋の消臭ポットを華やかでゴージャスな外観にし、鍵の形をしたチャームも付けて名前を『シャルダンステキプラス』に変更:以前よりも100円以上高くしたのに、1ヶ月で100万個以上売れる大ヒットに!

商品を女性目線で捉えて大成功したということで、エステー社内のムードが一変し、オジさん社員たちも、今や「女心」を学ぼうと竹下通りやコスメショップを訪れ、女性の感性を猛勉強中なのだそうです。なお、社内は女性の登用が進んでおり、女性の常務がいて、IT部長も女性、財務部長も女性なのだそうです。ということで「エステーはデザインを新しくしてがっちり!」


『井村屋』が−20度でも凍らない!謎のお餅で過去最高益!
井村屋といえば「肉まん」や「あんまん」、そしてアイスの『あずきバー』で馴染みがある1947年創業の会社ですが、2016年度の利益が前年に比べて61%増の7億1,600万円になったとのこと。これは1987年度以来29年ぶりなのだそうです。

アイスクリーム事業が牽引力になっているのですが、『あずきバー』ではなく新商品の『やわもちアイス』が、「年間1億円の売上でヒット」と言われるアイスクリームの世界で、昨年度は35億円を超える大ヒットになったのだそうです。

この商品の大きな特徴は、冷やしても硬くならないお餅。たった一人の開発者で材料の配合などを試行錯誤し、完成するまで3年掛ったとのことですが、主力アイスの『あずきバー』の売上げが落ちる冬場でも『やわもちアイス』がカバーし、今回の過去最高益に繋がったのだそうです。なので「井村屋はやわもちアイスでがっちり!」


『べルーナ』がちょっと変わった儲かりカタログで過去最高益!
べルーナ??? 家内は知っていましたが、私は知らない会社でした。カタログ通販の会社だったのですが、今期が前年から19%増益で、130億円の営業利益になる見込みとのことです。

今の時代、インターネット通販に押されてカタログ通販の会社は苦戦している筈なのに、ベルーナは何でそんなに儲かっているのかというと、ターゲットを絞った専門的なカタログが豊富だからとのこと。

その中でも特に絶好調なのが、看護師向けのカタログ通販。またまた知りませんでしたが、今の看護師さんの白衣とか制服って、病院ごとに決まっているのではなく、費用は会社持ちだけど自分で好きなのを選べるところが多くなっているのだそうですね。ということで、「ベルーナはカタログ通販でがっちり!」


23:22:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 19, 2018

若いスポーツ選手の国際化

日本中が平昌オリンピックの話題で沸いていて、日本の選手も期待通りの活躍を見せてくれていますが、ソチ五輪でメダルが取れなかった高梨沙羅ちゃんが悲願の銅メダルを獲得し、羽生結弦くんは66年振りに五輪連覇し、新潟県村上市出身の平野歩夢くんも2大会連続銀。そして昨夜は、今大会の日本代表選手団の団長である小平奈緒さんも金メダルを獲得し、或る意味、安堵しましたよね。

小平選手は、500mでは昨季からワールドカップで15連勝、2016年から国内外の大会で24連勝中だっただけに、日本中の、いや、米国のデータ専門会社を初めとした世界中の人たちが、500mで小平選手が金メダルを取ると予想していたと思われる中、本人が世界記録を保持している1,000mでは惜しくも銀メダル。。。なので、500mでは相当なプレッシャーだったと思いますが、それに打ち勝って五輪新記録で金メダルを獲得したのは、本当に凄いと思いました!

そして今朝の情報番組では、羽生結弦くんが海外メディアから「プーさんがたくさん投げ込まれましたが、どうしますか?」という質問に対し、「プーさんは森に帰します、、、冗談です。僕がすべてを家に持って行くのは難しいので、いつも子どものチームなどに寄付しています」と英語で答えていましたが、結構流暢な英語でした。

高梨沙羅ちゃんがワールドカップの表彰台でインタビューに答えていた時も、英語で答えているシーンが多かったので感心していました。沙羅ちゃんの場合は簡単な単語で日本人的な発音の英語でしたが、東南アジアの英語を聞いている限り、文法や発音など気にしなくても意味が伝われば充分だと思っているので、臆せず堂々と話す沙羅ちゃんも頼もしいと思っています。

平野歩夢くんや小平奈緒さんの英語力は分かりませんが、結構な期間海外を転戦しているので、英語、或いは現地語をそこそこ話せるのではないでしょうか。ちなみに、スノボで活躍している鬼塚雅さんは英語が流量なようですし、サッカー選手も本田圭佑のように欧州の現地語を話す人が結構多いですよね。そういえば、エンゼルスに行った大谷翔平くんも英語を話す気満々なのをインタビューなどで匂わせていますよね。

私の年代のオジさん達は、「今の若いものは、、、」をネガティブな意味で使うことが多いような気がしますが、若い頃から海外で武者修行しているスポーツ選手たちを見ていると、早くから国際感覚が身に付いていてグローバルで活躍している若い世代には、今後の日本を任せる意味においても、結構期待できるのかも知れません。


23:02:20 | tom | comments(0) | TrackBacks