December 27, 2004

台北を離れ香港に着きました

今日は10時に円山飯店を出発して、午後1時15分発のCX511便で香港に着きました。

円山飯店には元紀の友達がお母さんと共に見送りに来てくれ、最後の談笑と記念撮影です。空港行きのバンに乗り込むと、妻君は涙、涙で、元紀の友達はクルマと一緒に走りながら見送ってくれました。また、空港には我々よりも前の便で日本に帰任した人を見送りに来た台湾人の同級生(両親共台湾人ですが、日本語は両親も彼もペラペラ)が我々を待ってくれていて、妻君はここでも涙のお別れでした。

その後、台湾ドルを香港ドルに大量に両替し(レートは、Yahooファイナンスでの現在の通貨レイトに比べ、30万円強で5000円程マイナス)、牛肉麺や肉骨麺で腹ごしらえしていざ出発です。

ボーディングする時に、元紀がハンドキャリーしていたサッカーボールは萎ませないと機内に持ち込めないとの事で、このボールは台湾に置いてくることになりましたが、後の便で来ることになり、荷物引き取りのカウンターでチェックしたら、午後6時着くらいの便で香港入りするとのことでした。1週間以内くらいに取りにくればいいそうです。

香港中心街まではいつもはAirport Expressを使ってましたが、九龍駅からホテルまではタクシー(しかも荷物が多いので2台)でしたが、バス(City Flyer)なら主要ホテルの傍まで行くことが出来ると聞いていたので、それを使うことにしました。我々が泊まるHarbour Plaza Metropolisの場合、目の前のホンハム駅行きのバスに乗りましたが、一家4人分で99HKD、Airport Express大人一人分の価格とほとんど同じでした。今度から、空港との移動はバスのほうが良さそうです。眺めも良いし。。。

バス

重い荷物を持って徒歩10分弱とはいえ、道の舗装が石畳っぽくって苦労しましたが、午後4時半頃ホテルにチェックイン。その後、待ち合わせている不動産屋のR小姐と一緒に、ここからタクシーで5分ほどの新居に向かい、中野光一似のオーナー(女性)と部屋で合流して説明を色々と受け、キーを受取り契約書にサインしました。

今までとても綺麗に使っていたようで、その辺の注意点も妻君にされ、妻君はちょっとプレッシャー(綺麗に使わなければならない)です。。。実際、築6年にしてはとっても綺麗なんですけどね。

その後、隣にあるショッピングセンター内のUCCレストランでディナーを食し、ホテルに戻ってきました。明日は、電化製品、日用品の調達をし、いよいよ我々の香港生活の始まりです。

Posted by tom at 11:30 P | from category: Main | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks