March 16, 2019

マリンスタジアム2019

この週末は比較的暇で確定した予定は入っていなかったので、今日はZOZOマリンスタジアムの『千葉ロッテマリーンズ vs. 北海道日本ハムファイターズ』を観戦して来ました。

普段なら走って行くところですが、ファンクラブ会員更新に際して選択した記念品のフラップリュックを引き取りたかったのと、スタジアム横の駐車場は1日停めてても600円なのを今更ながら認識したので、「ここに停めたまま観戦後に海岸沿いをランニングしても良いかも?」とも思ってクルマで行きました。人間ドック直前の断酒中でビールも飲まないしね(笑)。

ということで記念品引き換えの窓口が開くちょっと前の9時40分頃には到着しましたが、この時間帯だと駐車場もガラガラですね。オープン戦だからということもあるかも知れませんが、シーズン中でも早目に来て此処にクルマを停め、試合開始前に海岸沿いを走るのには良いかもです。クルマだと着替えも持ってこれるので、イオンモールのランニングステーションまで行ってシャワーで汗を流してリフレッシュも出来ます。

オープン戦なので指定席はない一方で、バックネット裏などグラウンド間近の特別内野自由席でも2,800円だったのでこのチケットにし、1塁側マリーンズのベンチにほど近い席で観戦していました。次にマリンスタジアムに来るのは3/29(金)の開幕戦ですが、声掛けてくれたマリーンズファン仲間が「せっかくの開幕戦なのでSS指定席を!」と良い席にしたので、今日と同じような場所から観られると思います。

ところでマリンスタジアムは昨年末から行われた改修で、新たに3種類の座席(合計746席)が設けられたのですが、いずれもグラウンドレベルに隣接した、白熱プレーをより間近にダイナミックに観られる座席です。改修後にスタジアムに入るのは初めてだったので、それらの座席も観察して来ました。

ダグアウトボックス:
ダグアウト(チームベンチ)真後ろ上部に設置されたグループ席(5人席)。ダグアウトにいる選手が間近でチームと一体感を味わえる。ただし一般販売は無し。

サブマリン・シート:
グラウンドにせり出した今まで踏み入れることのなかったエリア。フィールドウイングシートの前に地面を掘って設置され、グラウンドレベルの目線で観戦することができる。全席にテーブル付き。

ホームランラグーン:
いわゆるラッキーゾーンにある、外野席初のグラウンドにせり出した観客席。選手と同じグラウンドの高さに位置し、外野手になったかのような雰囲気を持てる観客席。足元は人工芝で全席テーブル付き。

なお今日のオープン戦ではいずれも解放はしていませんでしたが、今回の改修でダグアウトもグラウンド側に随分と迫り出し屋根も控え目だったので、今日の席からダグアウトの選手たちがよく見えましたよ。

既に4月観戦予定のゲームは予約済みですが、WEB限定先々行抽選販売で申し込んだホームランラグーン席が4/20のゲームで当選したので、早速新しい座席で観戦できます! また今回新設の席とは異なりますが、福利厚生倶楽部で斡旋しているダグアウト裏側最前列のグランドシーサイド・シートも4/10分が取れたので、これまたいつもとは違った眺めから観戦でき今から楽しみです!


Posted by tom at 11:24 P | from category: スポット情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks