June 10, 2018

丘のまちびえいヘルシーマラソン

今回の北海道旅行のメインイベントは『丘のまちびえいヘルシーマラソン』出走です。北海道在住のFacebook友達Hさん(中学校の時に3年間クラスが一緒で比較的仲が良かった同級生女子の妹さん)からこの大会のことを紹介され、ハーフマラソンなら観光気分で走れるし、美瑛macOSの壁紙に採用された『青い池』がとても気になっていて観に行きたかったので、ほとんど二つ返事で参加することを決めたのです。

そしてHさんのクルマに乗って、彼女の友達と行きつけのバーのマスター4人で札幌を6時頃出発して現地に向かいました。高速道路に入る前から私が運転役になり、行きは道央道で旭川経由で美瑛に入り、帰りは富良野三笠経由で札幌市内に帰還して皆さんがお気に入りのスープカレー屋さん『CHUTTA!』に来るまでは終始私が運転していましたが、思いがけず、広い北海道の大地を400km弱クルマで走ることが出来て楽しかったです! もともと長距離運転は全く苦にならないし、北海道の道路は運転しててストレスフリー(渋滞がほとんど無く、信号も少なめ)であることを改めて実感しました。

『丘のまちびえいヘルシーマラソン』はゴール地点から約15km離れたスタート地点の道の駅『びえい 白金ビルケ』近くまでバスで移動し、そこから戻って来るコースです。スタート直後から5km付近までは比較的なだらかな下りが続いていたせいか、自分が想定していたよりも速い1キロ5分30秒ペースでしたが、風が冷たくて気持ちよかったのと、下りなので体力もあまり消耗されず快調。

もっとも、10km地点手前の”心臓破りの坂”以降は、比較的ゆったりとした長い昇りと下りを繰り返すアップダウンが多い状況になり、昇りでは左脚の付け根の部分(お尻の部分)が「攣るのでは?」という感覚になってきましたが、大事に至ることなく無事ゴール! 完走証の記録はグロスだけ記載されていて"2時間03分17秒"でしたが、風景を楽しんで写真を撮りながら走ったレースだったので良しとしましょう(笑)。ホント、とても気持ちが良い21.0975kmでした!

ハーフマラソンを走り終えた後は既に観光モードになっていて、待望の『青い池』を観賞して撮影した後は白金温泉で汗を流して疲れを癒し、選果工房でソフトクリームを食べ、富良野からの果てしなく広い大地とまだ雪が残っている山々との眺めを楽しみ、運転の小休止がてらに寄った芦別の三段滝で複雑な地層を観賞し、CHUTTA!でラム肉とキノコのスープカレーを食べながらハーフマラソン後にまだ飲めていなかったビールにありつけ(ここで運転交代)、ホテルに帰還したのはほぼ22時。メチャクチャ充実した1日でした!


Posted by tom at 11:42 P | from category: イベント情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks