March 07, 2018

人間ドックとオープン戦

今日は年次健康診断を兼ねて人間ドックに行ってきました。昨年までは健保手配の巡回健診が2月にもあったので、それで年次健康診断をしていましたが、今年から巡回は6月のみになった一方で、年度内(3月末日)に受診しなければならないので、千葉県内で健保提携の検診機関を探し、千葉駅近の『千葉ロイヤルクリニック』に決めました。なお、健康診断では予約枠が埋まっていたため、若干の追加費用が掛かるけど年度内に予約が可能な人間ドックにしたのです。

京成千葉駅から徒歩2分弱のセンシティビル内にある千葉ロイヤルクリニック、この手のクリニックで検診するのは、今の会社の雇入時健康診断で鎌ヶ谷のクリニックに行って以来でしたが、サロンみたいな感じで良い雰囲気でした。検査項目毎にブースがあり、それぞれに臨床検査技師がいて検査はシステマチックに進められ、受付開始時間と同時に来院したこともあり、午前中の比較的早い時間に完了しました。

1月の誕生日を過ぎてから節酒モード(飲み会などのイベント以外ではアルコールは飲まない)で備えた健診でγGTPの結果が分かるのは数週間後ですが、体重が73.3kgで全然増えていなかったので安堵しました。昨年のベトナム出張、そして年末年始の暴飲暴食から考えると、75kgくらいに肥えていてもおかしくないと思っていたので(汗)。

そして今日はタイミングよくZOZOマリンスタジアムで13時開始の『千葉ロッテマリーンズ vs. 読売ジャイアンツ』のオープン戦があり(けっして、オープン戦のスケジュールに合わせたわけではありませんよ!笑)、人間ドックは半日で終わるので、1日休暇を取得してオープン戦観戦するすることにしました。

いつもなら、野球観戦でビールを少なくとも3杯くらいは飲むところですが、胃部X線検査で飲んだバリウムが固まったら嫌なのと(過去に人間ドックの後に焼酎飲んで死ぬ思いをしたことあり)、今日は気温7℃以下で冷蔵庫の中のような肌寒い天気だったので、1杯で止めときました。

オープン戦は両チームとも主力以外の若い選手の登場が多かったのですが、その中でも巨人の岡本がこの日もホームランを放ち結果を残していました。そしてマリーンズでは、3年目の平沢大河がシャープなバッティングで結果を残し(但し、守備には大いに課題あり。特に送球)、中村も打率7割5分と打撃好調を維持しています。

そしてドラフト1位で入団した超高校級の安田は、身長188cm体重95kgで他の選手よりも一回り大きく、既に高校生の身体ではないです!この日は途中から1塁の守備に入り、1度巡って来た打席では三振で未だ結果は残せていませんが(オープン戦通算9打数1安打)、今後が楽しみです。

こう見ると、千葉ロッテマリーンズは今後活躍しそうな若い選手が少なくないので、井口監督の育て方と采配によっては、今の広島カープのように強くなる可能性を感じられたので、これからも地元千葉ロッテマリーンズを応援していきたい気持ちが益々高まって来ましたよ!


Posted by tom at 11:07 P | from category: イベント情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks