February 09, 2018

Googleマップのタイムライン

読み放題のKindle Unlimitedを使い始めてから色んな雑誌を気軽に読んでいますが、このようなサービスで無ければ殆ど手にとって見るようなことがないであろう硬いタイトルの雑誌『家電批評』の表紙が、「アマゾン 最強ヒット商品ランキング100」というタイトルとAmazon Echo Dotの写真だったので、ダウンロードして読んでみました。

「アマゾン 最強ヒット商品ランキング100」では、自分がこれまで其の存在に気付いていなかったやフェイク暖炉(第4位)、改めて「うちも買ったほうが良いかな」と思った宅配ボックス(第8位)のような商品を知れて勉強になりました。また、別の記事にあった、キヤノンやニコンなら100万円クラスの超望遠レンズが、タムロンやシグマでは10万円台で買えるというのもGOODな情報。この『家電批評』、私の愛読誌の一つに追加されること必至です(笑)。

そして表題のGoogleマップのタイムラインも家電批評の或るコーナーで紹介されていたのですが、皆さんはご存知でした? Googleマップのサービスの一つなのですが、地図上で移動した場所、滞在した場所が自動的に記録されているんですよ。試しに、飲み会の後どうやって帰って来たか覚えていない1月26日を見てみると、、、おおぉ、こんな風に帰って来たのか!

・18:54〜23:13:下北沢
・23:22〜0:35:電車で移動(小田急線、都営新宿線、京成本線を乗り継いでいます)
・0:35〜0:50:京成船橋駅(Apple WatchのSuicaがエラーで改札から出られず格闘していたか)
・0:50〜1:34:船橋駅周辺を1.2kmほど徘徊(歩いて帰ろうと思ったけど寒くて駅に戻りタクシーに乗る。断片的に記憶あり)
・1:56〜2:03:タクシーで東中山駅へ
・2:03〜2:08:徒歩で自宅へ

自宅到着は2:08だったのですね(笑)。あれ?でもスマホを都営新宿線本八幡駅で落としていた筈なのに、それ以降の経路もトレースされている??? もう1台のスマホ、或いはApple Watch、はたまたiPadのGPSでトレースされていたのかな? まあ、使い方によっては色々な意味で怖いですが(笑)、ライフログの1つとして貴重な機能、サービスだと思います。


Posted by tom at 11:09 P | from category: 電脳情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks