February 01, 2018

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

昨日は皆既月食でしたが、「曇りで観られないかも知れない」という朝の天気予報は良い方向に外れ、ふなばし三番瀬海浜公園からは、月が欠け始める月食の始まりから、月が地球の影に完全に隠れて皆既月食になっている間も、雲に隠れること無くとても綺麗に観えました。

結局ふなばし三番瀬海浜公園には約2時間いましたが、充分な防寒をしていた上半身は全く問題無かったものの、靴下2枚重ねでも爪先が冷たくなり、カメラを操作するので手袋を外していた右手も結構冷たかったです。なので、皆既月食が終わって月が輝き始めるところ迄は観ずに退散しました。それでも22時45分くらいにはなっていたので、翌日の仕事を考えたらタイムリミットでしょう(笑)。

六本木ヒルズの屋上スカイデッキでも、閉館時間を遅くして皆既月食鑑賞のイベントが開催されたので、私も最初はスカイデッキで鑑賞しようと思っていたのですが、欠け始めが殆んど21時で、皆既月食になるのが約22時。皆既月食の間も結構観ていたら帰れなくなりそうな時間帯です。

さらに、大きなカメラと防寒着を会社に持参したのに天気が悪くて観られなかったらショックが大きいし、仮に観られたとしても高層ビルの屋上の方が寒さもひとしおだと思ったので、そのイベントには参加せず自宅周辺で観ることにしました。実際、帰宅時にオフィスから外に出ると、既に月は出ていましたが靄っていたので、スカイデッキからどのように観えたかは不明です。

ところで今回の皆既月食は、満月が通常よりも大きく見える”スーパームーン”と、同じ月に2度目の満月となる”ブルームーン”が重なる35年ぶりの貴重な皆既月食とのこと。皆既月食は月が赤っぽく見えるので”ブラッドムーン”と呼ばれるようなので、タイトルのように”スーパー・ブルー・ブラッドムーン”なのだそうです。 "スーパー"はともかく、青と赤という相反する名称が付くなんて、とても贅沢な月ですよね!

そしてそんな月を光学83倍ズームを誇るNikonのCOOLPIX P900で撮影しましたが、月モードで色合いを調整可能なので、欠け始める前の満月を”ブルームーン”に見えるように、青モードでも撮影してみました。そして皆既月食になった時には、色合いを何も調整しなくても自動で赤い月、まさに"ブラッドムーン"に撮れていました! 肉眼でも赤っぽく見えてはいましたが、光学83倍のズームで観る皆既月食のブラッドムーンは、とても神秘的でミステリアスな綺麗さでした。

帰宅すると既に23時を回っていましたが、即日Facebookに投稿した写真の「いいね」が急激に増加するのを見ていたら、凍えそうになっていたこともすっかり忘れ、「次は何の天体ショーを撮ろうかな?何の自然を撮ろうかな?」などと、次の活動に向けてモチベーションが高揚して来ていました(笑)。


Posted by tom at 10:14 P | from category: イベント情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks