January 27, 2018

Find my iPhone

今朝気が付いたらリビングで7時30分を過ぎていました。昨夜は帰宅して風呂にも入らず、コンタクトも外さずにコタツで「バタンキュー」だったもようです。なお、昨夜のSOP同窓会兼新年会で二次会に行ったのもあまり覚えてなく、どうやって帰って来たのかも記憶喪失だったのですが(汗)、船橋駅から歩いて帰宅しようと思って歩き始めたけど、あまりにも寒くて途中でタクシーを拾い、それで東中山駅まで来たのは覚えています。

そして今朝、スマホが見つからない。。。自分の電話番号に電話しても近くで振動している気配がなく、まずはタクシーに置き忘れたのではと思ってポケットに残っていた領収書の番号に電話してクルマの中を探して貰いましたが、ありませんでした。。。確認してもらっている間に、二日酔いでボーッとしている頭で"Find my iPhone"のことを思い出し、iPadの"Find my iPhone"アプリでチェックしてみると、、、JR本八幡駅の南口方面の中華料理屋の近くにあることになっていました。

「その辺にJRか都営新宿線の忘れ物預り所みたいなのがあるのかな?」と思い、シャワーを浴びて直ぐに電車で本八幡に向かい、その場所に行ってみましたが、、、事務所らしきものはなく中華料理屋の隣は美容室。地図上のiPhoneアイコンのドンピシャの場所には青い大きなごみ箱があったので、念のため蓋を開けてみると、、、空っぽで何もありませんでした。

それでは「駅の事務所に行ってみよう」と思いましたが、「距離的にはJR本八幡駅が近いけど、JR総武線の車内に忘れたら終点駅の千葉や津田沼、或いは西船橋まで行ってしまい、そこの預り所だろう」と思ったので、まずは都営新宿線の本八幡駅に行くことにしました。本八幡駅は終点駅なので、車内に忘れていたら車掌さんに拾われていて事務所にある可能性大ですからね。

駅長室兼忘れ物預り所で、何時くらいの電車か、モデル名と色、カバーやケースの有無を尋かれたので答えると、「昨夜1件ありました。終電より1本前の電車ですね」と言われ、それらしきものを持ってくると、見事、私のiPhoneでした! パスワードを入力してロック画面から解除し、私のだという証明も完了。その後は受領書に住所、氏名、電話番号を記入し、身分証明書として免許証を提示して無事回収できました。

ということで、Find my iPhoneの有難さを思いっきり実感しました! そして日本ではこの手の落し物も非常に高い確率で戻ってくる、安心・安全度を改めて実感。中国でタクシーの中に忘れた時には、自分の携帯に電話したら着信拒否され、それ以降、電源が切られた状態になりましたらからね(拾った次の客か運ちゃんかに盗られ、おそらくその後、街の中古屋とかに売られたのでしょう)。

帰りに京成八幡駅で電車を待っている時にスカイライナーが通過するので、戻って来たばかりのiPhoneで通過する瞬間を撮影したら、"成田山開運号"というマークがフロントに付いているスカイライナーでした。何かとツイテいるようです(笑)。

尚、iPhoneの中のSuicaアプリで確認したところ、下北沢・新宿間の履歴と新宿・本八幡駅間の履歴はあったので、小田急線と都営新宿線で帰って来てJRは使ってませんでしたね(汗)。また、京成船橋でSuicaかPASMOが通過出来なかったようで、京成船橋駅と印刷されていた「PASMO・Suica処理連絡票」なる紙がポケットから見つかり、京成八幡駅から京成本線に乗ったのも間違い無し。

各駅停車なら3駅で最寄り駅に着いたのに、なんで京成船橋駅まで行っちゃったんでしょうねぇ(汗)。でも、新宿駅の乗り換え、本八幡での乗り換えでは結構歩くのに、全く記憶に無い(大汗)。「終わり良ければすべて良し!」ということにしていきましょう。


Posted by tom at 11:27 P | from category: 電脳情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks