December 30, 2017

Amazon Echo Plus

11月下旬に招待リクエストをした『Amazon Echo Plus』ですが、今週の水曜日(27日)に「Echo Plusの招待者に選ばれました!招待購入の有効期限は、本メールを受信されてから4日間です。」という連絡が来たので、早速購入の手続きをして翌28日に届きました。なお、間違えて同時に『Amazon Echo』の招待リクエストもしちゃったのですが、こちらはまだ連絡がなく、Echo Plusが来た件をFacebookに投稿したときに「2ヶ月くらい待っているけど、まだ来ない」というコメントもあったので、もしかしたらノーマルのEchoの方が品薄なのかも知れません。

また、同時に【Amazon Alexa対応製品】となっていたLinkJapanの『eRemote』を買い、Echo Plusの同時購入キャンペーンでPhilipsのスマート電球『Hue』が追加費用なしで買えた(貰えた)ので、 こいつも申し込んで全部が一緒に届きました。ということで、年末年始連休直前のGOODなタイミングにやって来て、休み中の絶好のオモチャになりそうですが、早速昨日セットアップして使ってみました。

Echo Plus自体のセットアップはとても簡単で、Alexaアプリをダウンロードし、そのアプリを利用してWiFiネットワークに接続させます。基本的にはこれだけでOKで、あとはEcho Plusに話しかけるだけ。Echo Plusを起動させる"ウェイクワード"は「Alexa(アレクサ)」なので、「Alexa、今日の天気は?」と話しかけると、頭のリングが青く回転するように輝きながら、今日の自宅付近の天気を教えてくれます。なお、西船(にしふな)を「しーふな」と発音するのはご愛嬌(笑)。

Zigbee LightLink対応のPhilips Hueとの接続も超簡単。Philips Hueを電灯のソケットに差し込み「アレクサ、デバイスを見つけて」と言うだけで設定でき、その後は「Alexa、ライトをつけて」と話しかければPhilips Hueが点いて、「Alexa、ライトを消して」と話しかければPhilips Hueが消えます。

eRemoteはeHomeアプリをダウンロードして設定しますが、WiFiの設定に若干戸惑ったものの何とか完了し、TVとエアコンを登録しました。なお、Echo Plusで使う場合にはコツが必要で、eHomeアプリでエアコンやテレビから登録してはダメで、一旦、照明として登録する必要があるのです。なお、照明として登録した後に名前の変更はでき、それが「Alexa、」の後に使うデバイス名になるので、それぞれ、"テレビ"、"エアコン"に変更しました。私はまだ電源のオンとオフしか設定していませんが、工夫すればチャンネル変更や音量上下、エアコンの温度の上下なども出来るようなので、別途トライします。詳細はこちらのサイトを参照。

eRemoteもそうですが、Echo Plusに機能を追加するには”スキルを追加”という方法で行います。eRemoteの場合は”LinkJapan”というスキルを追加するのですが、昨日一番使ったのが”radiko”のスキルでした。Echo Plusをあたかもラジオのように使えるので、例えば日記(ブログ)を書いている時などにBGM代わりに使うのにGOODです。実際に、bayfm78聴きながら一昨日の長めの日記を書いていましたよ。

今現在、追加してあるスキルは以下の通り。
・LinkJapan
・radiko
・Yahoo!ニュース
・Yahoo!天気
・ITmedia NEWS
・駅スパート
・三菱東京UFJ銀行
・じゃらん
日本で使えるスキルは現在300以上あるようなので、じっくりと吟味したいと思います。ということで、暫く我が家では「Alexa、」と話しかけることが多くなりそうです(笑)。


Posted by tom at 11:17 P | from category: 電脳情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks