March 25, 2017

現美新幹線

子供達の春休みの時期には家族旅行をすることが多く、昨年は台湾一昨年がグアムその前が沖縄だったので、今回は「韓国にでも行こうか? パパは韓国一度も行ったこと無いし!」と言っていたのですが、星奈が「卒業旅行で友達と韓国に行く」と言い出したので、今年の春の家族旅行は無しにしました。もっとも、結果的には先週の広島訪問が家族旅行のようにうなりましたけどね。

そんな背景の中、1月末にJR東日本の『大人の休日倶楽部』から来たメールで、『春を告げる「SL村上ひな街道号」と観て乗って楽しむ「現美新幹線」』というツアーが私の琴線に触れ、家内にも意向を確認したところポジティブな反応だったので、二人で行くことにして申し込みました。

その後、星奈が一緒に行く予定だった友達が諸々の事情で行けなくなったので、星奈も韓国には行かなくなったのですが、このツアーは催行が決定し予定通り行くことにしたので(途中で、家内が「イチ子さん(私の母親)と言って来れば?」的なことを言っていましたが、、、)1年ぶりの夫婦二人だけの旅行となり(もっと久し振りかと思いきや、昨年のユーミンのコンサート@苗場がありました)、粗相が無いように留意して臨みました(笑)。

初日は新潟市への移動だけだったので出発も午後からで楽勝でしたが、今日のメインイベントであり私の大いなる関心は、越後湯沢駅から新潟駅まで乗る『現美新幹線』!。 こんな新幹線が走っていること自体、このツアーの紹介があるまで知りませんでしたが、外装のアートだけでなく、内部も7つの車両全てが異なったアーチストによる異なったテーマで装飾されていて感動ものでした!

詳細は現美新幹線のサイトを見ていただくとして、11号車から16号車までの7両編成の中で(11号車以外は自由席)我々は14号車に座っていましたが、越後湯沢から新潟までの54分間は座席は荷物を置いただけで、車内を歩き廻って写真撮りながら鑑賞していた時間の方が多かったかもです(笑)。

そして新潟市の夜は、新潟駅前の『さかなや道場』で、新鮮で美味しい料理と美味しいお酒を堪能し、ホテルに戻るなり爆睡しました!


Posted by tom at 11:44 P | from category: イベント情報 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks