February 22, 2018

世の中狭い[Part 12] & ベラルーシの家庭料理

昨日は麻布台某所にあるベラルーシの家庭料理『ミンスクの台所』で総勢3人での集いがありました。”ベラルーシ”は初めて聞く地名でしたが、Wikipediaに依ると『ベラルーシ共和国』は、日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれている、東ヨーロッパに位置する共和制国家。1990年にソビエト連邦から独立し、東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する世界最北の内陸国で、首都は『ミンスク』。

なるほど、お店の名前はベラルーシ共和国の首都の名前だったのですね。昨晩Facebookに載せた時には「ロシア料理」と記しちゃいましたが、正確には「ベラルーシ料理」で、ロシアに駐在経験がある台湾時代の友人K.Tさん(ゴルフ、飲み、ソフトボール、インターネット仲間)のオーダーで以下のようなベラルーシの家庭料理を堪能しました。
・ニシンとビーツのサラダ「毛皮のコートを着たニシン」
・ミンスク風ボルシチ
・ロシア風水餃子「ペリメーニ」
・おばあちゃんのロールキャベツ
・チキン キエフ
・カッテージチーズのクレープ巻き

そしてお酒は、
・グルジア・ワイン(オールド・トビリシ 赤 辛囗)
・ウォッカ

ところで今日のもう1名の紅一点の参加者は、昨年11月17日に開催されたパクチー・パーティーで知り合ってFacebook友達になったYさん。このパクチー・パーティーは、私が人生最短の9ヶ月しか在籍しなかったAZ社の研修で一緒だったA.Tさんが主催したのですが、YさんとA.Tさんは以前の会社の元同僚ということでした。

そしてYさんに友達申請を承認されて数日後、私は気が付かなかったのですが、Facebookの共通の友達にK.Tさんが表示されたそうで、Yさんから知らされた時には超驚きましたよ!お二人は同じ不動産業界にいて、Yさんが数年前台湾に行った時に台湾在住のK.Tさんと知り合ったのだそうです。なので、私の"世の中狭いシリーズ"も、このブログを「世の中狭い」で検索する限り、これで12回目となりました(笑)。

そして今回、K.Tさんが来日する際に「Yさんも交えて食事しましょう!」と声を掛けて頂き、昨日の集いと相成ったのです。Yさんとお会いするのは未だ2回目でしたが、例によって「Facebookを見てると、2回目って感じが全然しませんね」と言われ、私もK.Tさんとは2016年5月に台湾時代の異業種仲間『台北メール会』のメンバー+αで飲んで以来約2年ぶりの再会でしたが、K.TさんもFacebookにアクティブに投稿しているので、そんなに久し振りって感じが全然しませんでした(笑)。

"偶然のように思える必然"でご対面となったこの3人の共通点は台湾ですが、私が半世紀以上知らなかったベラルーシ共和国とその家庭料理に出会えたのも、また"偶然のように思える必然"。そんなふうに思うと、人だけでなく全てのモノや場所、コトなどとの出会いも貴重に感じられ、既に折り返している人生の中で、今後はどんな人、モノ、場所、コトに出会えるのかが楽しみでもあります。


23:35:10 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 20, 2018

ディーゼル車の人気再燃

昨日の讀賣新聞朝刊に載っていた記事ですが、国内の自動車市場でディーゼル車の人気が再び高まってきているのだそうです。2015年に発覚したフォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題の影響で、翌2016年の売れ行きは鈍ったそうなのですが、昨年は前年と比べて約10%増の15万6000台と再び増加に転じたとのこと。

その排ガス不正問題を起こしたVWは、このディーゼル車人気を受けて先週2月14日から『パサート』のディーゼルエンジン版を発売したそうですが、なんと、VWが日本市場でディーゼル車を販売するのは20年ぶりだそうです。

また、昨年最も売れた輸入車はBMW社傘下のMINIだったそうですが、その要因の一つに、2017年2月に全面改良したSUV『ミニ クロスオーバー』のディーゼルモデルのヒットがあるそうです。国産車の中で私が欲しいと思ったマツダのSUV『CX-8』はディーゼル車のみの設定だそうですが、昨年12月に発売して1ヶ月の時点での受注台数は、月間販売目標の10倍となる1万2000台に達したとのこと。

私も2013年に購入したBMW 320dツーリングからディーゼル車に乗っていますが、低回転でのトルクが大きいので街乗りや山間部のワインディングでもクルマの重さを感じさせないくらいキビキビ走るし、高速道路を乗っていることが比較的多いとはいえ、2,000ccなのに燃費はリッター16km強走りました。

そして昨年、無駄に2台あったクルマを1台に集約しましたが、家内が運転できるギリギリ大きいサイズのSUVで、且つ、ディーゼル車であるBMW X1の『xDrive 18d』が投入されていなかったら、あのタイミングでは買い換えていなかったと思っています。尚、FRからFFベースの4WDに変わったことで、320dに比べてキビキビ感が若干鈍ったように感じますが、燃費の良さは健在で、X1のxDrive 18dもリッター16km強走ってくれています。

また、2年前にリッター100円強だったレギューラーガソリンの価格は、その後の原油価格の高騰で今では135円を超えて30円以上あがりました。軽油(ディーゼル)は其れよりも20円弱安いので、同様に値上がりしているとはいえ今でも112円前後と、燃費の良さと燃料価格の安さでダブルで財布に優しいです!私がハイブリッド車やEV車に移行するのは、当分先になると思っています。


22:31:33 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 14, 2018

楽天プレミアムカード継続

以前は楽天トラベル楽天市場を使って楽天のポイントも貯めていたので、利用頻度が結構高かった楽天プレミアムカードですが、最近は全く使っていませんでした。

ネット通販を殆どAmazonでするようになり、今の会社になってからはメインのクレジットカードが、ポイント還元率が高くてオフィスビル周辺で使える特典が多いヒルズマスターカードになり、コンビニではTポイントやPontaカードでポイントを貯めるようになっていたからです。

そして全く使っていない一方で毎年2月に年会費10,800円が引き落とされていたので、昨年、年会費支払い時期を認識してなく不用意に更新されてしまった後には、「来年は必ず退会しよう」と思っていたのですが、今年も更新してしまいました。

実はあらためて考えてみると、楽天プレミアムカード最大の特典であり、世界1000か所以上の空港ラウンジが利用できて直接入会すると年会費US$399掛かる『プライオリティ・パス』が付帯しているのは超魅力的であり、「それを使わないのは勿体無いので、積極的に活用しよう!」と考え、年会費の引き落とし案内がきた後に『プライオリティ・パス』の継続発行申請をしました。

『プライオリティ・パス』は有効期限が2年間で自動更新はされないので、2年毎に継続発行申請しなければならないのですが、実は数年前、その認識がなくて中国広州の空港のラウンジで使おうとした時に、有効期限が切れていて使えなかったことがあったのです。

今の会社になってから海外出張が全くと言って良いほど無くなっていたので、一時は『プライオリティ・パス』の必要性も感じなくなっていたのですが、久し振りに出張があった昨年は、持っていればベトナム出張の時とシンガポールマラソンの時にラウンジを使えたし、今後もマラソン参加などで国内外の飛行機には毎年数回乗りそうな気がするので、あらためて『プライオリティ・パス』の利用価値を再認識した次第なのです。


22:43:21 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 07, 2018

ホットコーヒーの蓋

マックやコンビニでホットのドリップコーヒーを頼んだ場合、溢れるのを防ぐために大概はプラスチックの蓋を付けるかと思いますが、皆さんは此の蓋をしたまま飲んでますか? もし飲んでいる場合、熱過ぎたりしませんか? 私は蓋をしたまま飲もうとすると、唇で感じる熱気や湯気から、「このまま飲んだらアチってなって火傷しそう!」と思い、ちょっと冷めるまで時間をおいて飲むか、蓋を外して飲むことが殆どです。

一方で、出勤する日の朝と昼に毎日飲んでいるスタバのドリップコーヒーは、夏でも殆どホットで頼むのに、何の不安もなくプラスチックの蓋をしたまま飲んでいるのを、今更ながら気が付きました。微かに覚えているのは、今のオフィスになってスタバでコーヒーを飲み始めた時には、ちょっと警戒しながら飲んでいたかも知れないということ。

この違いはフタの厚さからなのか、それとも形状からなのか、ちょっと理系的に考えてみました。おそらく其れは厚さと形状の両方が関係していて、
・単純に、スタバの蓋のほうが厚い
・マックやコンビニの蓋は、穴の部分が蓋上面部分と同一平面になっていて、コーヒーが穴に一気になだれ込みそうに思える
・スタバの蓋の穴の手前には大きな凹み形状があり、穴に流れてくるコーヒーの量が相対的に少なくなる
・そのため、マックやコンビニの蓋に比べて、口に入る量の調整がカップの傾きで微調整し易い
・また、蓋の面で遮られている熱いコーヒーの温度が、蓋を介して唇にも伝わり辛い

私と同じように蓋をしたまま飲むのを躊躇っている人達もいたようで、実際に"蓋を外して飲む派"と"蓋をしたまま飲む派"に分かれるそうです。また、スタバに問い合わせたところ、広報から以下のような回答があったそうです。

**************************
フタ付き容器は『トラベラーリット』と呼んでいるもので、もともとホットのドリンクをテイクアウトするときにこぼれにくいということと、フタをしたまま穴から飲むと、保温効果があるということで使っています。

飲み方は人それぞれですし、お好みではあるんですが、この穴から飲むのには意味があるのです。たとえば、ラテやカプチーノの場合、エスプレッソの上にスチームミルクを入れていますが、フタを外して飲むと、混ざり合わずに一気に出てしまうのです。ですから、上のものと下のものとがバランスよく出てくるために、本来の美味しさを楽しむために、こちらではフタをして穴から飲むことをお勧めしています。
**************************

詳細は、以下の記事を参照して下さい。
スタバとかの穴のあいたフタつきカップを考える
穴のあいたフタつきのカップのコーヒーはどうやって飲めば良いのか?
私だけじゃなかった・・・!スタバのドリンクの蓋が苦手すぎるw

皆さんは、どちら派ですか?(笑)


22:16:20 | tom | comments(0) | TrackBacks