January 26, 2018

プレイリスト:オフィスDJ 邦楽

月980円で聴き放題の林檎音楽ですが、いろんな楽曲をランダムで聴くのが好きなので、「For You」に表示されるプレイリストを聴くのが普段の使い方です。そんな中、昨日ダウンロードしたプレイリスト「オフィスDJ:邦楽」を今朝の通勤時に聴いていたところ、私が最もJ-Popを聴いていた時の楽曲がたくさんあり、心の琴線に触れました。

以下のような楽曲で未だ16番までしか聴いていませんが、今朝の通勤時に連続でグッときたのは、8〜16でした(笑)。

1. 花の唄:Aimer
2. 普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー:三浦大知
3. WanteD! WanteD!:Mrs. GREEN APPLE
4. 打上花火:DAOKO×米津玄師
5. 空:GENERATIONS from EXILE TRIBE
6. Destiny:シェネル
7. おとなの掟 :Doughnuts Hole
8. Everything:MISIA
9. First Love :宇多田ヒカル
10. 淋しい熱帯魚:Wink
11. ひだまりの詩:Le Couple
12. クリスマス・イブ:山下達郎
13. ハナミズキ 一:青窈
14. さくら(独唱):森山直太朗
15. 三日月:絢香
16. セーラー服と機関銃:薬師丸ひろ子
17. My Revolution:渡辺 美里
18. 青い珊瑚礁: 松田 聖子
19. DEPARTURES:globe
20. 友よ ~ この先もずっと・・・:ケツメイシ ケツメイシ
21. come again:m-flo
22. TRUE LOVE:藤井フミヤ
23. 瞳がほほえむから (album version):今井美樹
24. さよなら:オフコース
25. 愛をこめて花束を:Superfly
26. 与える男 -UC30 若返る勤労 Remastered- ユニコーン
27. 今宵の月のように:エレファントカシマシ
28. 君がいるだけで:米米CLUB
29. ワインレッドの心:安全地帯
30. ルビーの指環:寺尾 聰
31. Story:AI
32. 君がくれた夏:家入レオ
33. One more time,One more chance:山崎まさよし
34. 明日があるさ (ジョージアで行きましょう編):ウルフルズ
35. やさしい気持ち:Chara
36. 海の声:浦島太郎 (桐谷健太)
37. 涙そうそう :夏川りみ
38. 昴 -すばる-:谷村新司

なお、このプレイリストの説明には「オフィスの誰もが楽しめる、年代を越えた耳心地の良いJ-Popヒット曲。プレイリストないの曲は随時更新されるので、お気に入りの曲はライブラリに追加して下さい」とのことで、今日さらに見てみたら、50曲になっていました(笑)


23:29:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 25, 2018

冷凍庫 or 冷蔵庫

今朝の都心の気温はマイナス4℃でしたが、これは1970年以来48年ぶりだそうです。なお、府中は統計史上最低のマイナス8.4℃とのこと! 朝6時25分にiPhoneの天気appでチェックした時には、東京はマイナス3℃で船橋はマイナス2℃でした。これくらい低い温度だと「冷凍庫の中!」と言いたいところですが、家庭用冷蔵庫の冷凍室の平均的な温度はマイナス18℃だそうです。

せっかくなので調べてみると、Panasonicの場合は以下の通りでした。
・冷蔵室:約3℃〜約6℃
・野菜室:約3℃〜約8℃
・チルド室:約0℃〜約2℃
・パーシャル室:約-1℃〜約-3℃
・新鮮凍結ルーム:約-17℃〜約-19℃
・冷凍室:約-18℃〜約-20℃
今日の東京の最高気温は4℃だったそうなので、昼間が冷蔵室で朝晩がパーシャル室ですかね(笑)。なお、今朝は東京ミッドタウンの池の表面は凍っていましたよ。

都内に比べたら積雪量が半分程度の船橋は、一部の日影を除いて雪は殆ど溶けましたが、都内はビルが多くて日影になっている時間が多いところが多々あり、オフィスの近くでは六本木ヒルズとテレビ朝日に日光を遮ぎられている時間が長い毛利庭園は閉鎖されていて、この気温とあの陽の当たり方では、暫くは雪と氷の庭園になっていそうです。

明日の朝もパーシャル室の温度みたいな気温のようなので、心して起床したいと思います。もっとも、身が引き締まる思いがする冬の寒さも嫌いではないので、(48年ぶりなので)一生のうち1回か2回のパーシャル室みたいな気温を楽しみたいと思います。


21:53:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 23, 2018

4年振りの大雪

昨日は土曜日出勤分の代休でしたが、首都圏でも午後から雪が積もるくらい降る天気予報だったので、その前に走ろうと篠崎水門の駐車場に9時50分ごろ到着し走り出しました。スタート時点から既に霙(ミゾレ)が舞っている感じで、旧江戸川沿いを東京側から今井橋まで行き、千葉県側に渡って折り返して来ましたが、7km過ぎからは霙が本格的に降りだして身体も結構濡れて来ました。

それよりも辛かったのが、指先の感覚が無くなるくらい手が凍えそうで痛くなってきたこと。。。我慢できなくなたので、ジャンパーの袖を伸ばして拳をジャンパーの内側に仕舞い込むようにし、なんとか最低目標の10kmを走り切りました。その時の気温は3℃なので当たり前かも知れませんが、寒い時のランニングには手袋も必需品であることを実感しました。

その後、自宅に戻ってのんびりしていましたが、船橋辺りでも午後3時くらいか雪が本格的に降り始め、夜になると正に"深々"と降っている感じで結構積もって来ました。交通機関のマヒを危惧して早目に帰宅命令を出す会社が多かったようですが、かえって集中してしまい、駅構内への入場制限が掛かって大混乱してましたね。

家内は田町にある金融系の会社でパートしていますが、同様に早目に帰宅命令が出て15時に駅に行き、その時は比較的空いていたようですが、数時間後に同じ駅に行った従姉妹は、入場制限が既に掛かっていて帰宅難民になっていたそうです。私は休みだったので、本当にラッキーでした。

昨日のうちにマネージャから「通勤が難しい場合はwork from home可」という連絡が来ていたので、今朝の積雪具合をみて今日は在宅勤務にしました。尚、翌朝の雪掻きに備えて夕べは23時には就寝し、今朝は5時ちょっと前に起床して6時過ぎから雪掻きしましたが、4年前の大雪の時の積雪量に比べたら大したことなかったので、45分ほど雪掻きして、取り急ぎ玄関から通りまで歩いて出られる分の小道を作りました。

4年前の積雪の時は週末だったので、近所の人達が多く出てきて皆で雪掻きしていましたが、今回は平日なので数人しかおらず、また自宅玄関前だけ最低限の雪掻きをして、その後は足早に出社する人が殆どでしたが、私は在宅勤務させてもらえる分で、ご近所さんの玄関にも小道を繋げていました。結構良い運動になりましたけどね(笑)。

昼時に近所の丸亀製麺まで歩いてランチしに行った時には、道路の雪は殆ど溶けていたので、明日の通勤は問題ないでしょう。なお、明日は史上最強クラスの寒波の到来で都心でも最低気温がマイナス2℃くらいになるそうです。10cm程度の積雪量の船橋とは違って、23cm積った都内は雪が残っている場所もあるかも知れないので、凍結した道路で滑って転ばないよう、気を抜かないで出勤しましょう。


20:53:03 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 20, 2018

超超超偶然の初ご対面

休日出勤の今日の帰りに、「確率にしたら、どれくらい低いんだろう!」というような、正にタイトル通りの"超超超偶然"による、北海道在住のFacebook友達との初めてのご対面がありました。

そのお相手は、私が中学校時代に3年間クラスが一緒だった同級生女子の妹さんなのですが、"ランニング"という共通の趣味があり、2年前にお姉さんとプチ同窓会(30年以上ぶりの再会)した後に姉妹の間でも話が出たようで、比較的アクティブにFacebookを活用している妹さん(Hさん)から申請があり、Facebook友達になりました。

そして私が走った翌年に彼女もホノルルマラソンに出走し、その後もお互いのFacebookの投稿に「いいね」したりコメントしたりしていましたが、Hさんの住んでいるところが北海道なので、お会い出来るチャンスは中々無い。。。そんな中、昨年の北海道マラソンの時にお誘いを受けましたが、なにぶん北海道マラソンは8月なので、それに向けての調整が関東では多湿な梅雨の期間で容易ではなく、身体へのダメージも大きいフルマラソンはそれなりの調整をして臨む必要があるので、断腸の思いでパスしました。

そして今日、仕事を終えた後に何気に「今日は麻布十番商店街を散策して帰ろう」と思い、さらに「週末だから、昨日に続いて今晩もアルコールは解禁にしよう!」(笑)と思って麻布十番の成城石井で赤ワインと生ハムを買ったのですが、その時にインスタ映えしそうなスィーツがあり、「パパは誕生日やクリスマス以外に、帰りにスィーツとか買って来てくれたこと無いよねぇ!」という、我が家の女子達からの罵りも思い出したので、それを2つ買って帰路に就きました。

都営大江戸線の麻布十番駅から森下駅まで行き、都営新宿線に乗り換えて本八幡駅まで来てから京成本線に乗り換え。本八幡駅に着いた時にYahoo!乗換案内アプリの通勤タイマーを開くと、京成八幡駅の直近の発車まで2分台だったので諦め、11分後の電車に乗るべくエスカレーターも歩かず左側に立ったままで、ゆっくりと向かいました。そしてスマホを操作しながら京成八幡駅のホーム迄の階段を降りると、ちょっと視線を感じたので振り返ったら、、、な、なんと、ちょっと前にFacebookでの投稿を見て「いいね」したばかりのHさんがいるではないですか!!

都営新宿線の電車の中で、彼女が子供達と羽田空港で別れを惜しんでいた投稿を見て「あとでコメントしようかな」と思っていたし、「飛行機に乗って既に北海道に帰ったのか」とも思っていた時に本人が目の前に現れたので、スマホの中の仮想空間の世界の人が急に現実の世界に登場したような感じで、感動よりも、なんだか狐につままれた感じでしたよ!

そして、普段なら女性とのツーショットは、要らぬ誤解を与える可能性もあるので家内か星奈としか撮らないのに(3人以上なら遠慮なく撮りますが、笑)、この偶然をお姉さん(私の同級生)にLINEで伝えたく、駅のホームで自撮って送っちゃいましたよ。ちょうど、日昼に吉岡里帆のツイッター写真使って「彼女とデートなう」ってLINEで送ってたので、妹のHさんとのツーショット写真に再び「彼女とデートなう」ってコメントして送りましたよ(笑)。

しかし、こんな偶然ってあるんですね!! わたし的には「我が家の女子達にスィーツを買って来たから、神様にご褒美を貰えた」と思っていますが、以下の"もし、もし"を考えると確率的には非常に低いはず。

・もし今日、休日出勤でなかったら
・もし帰りに麻布十番方面に歩いて向かわなかったら
・もし麻布十番で成城石井に寄らなかったら
・もし本八幡で走って京成本線まで行き、一つ前の電車に乗っていたら
・もしHさんのご主人の実家が市川でなかったら
・もしHさんが羽田に行ってなかったら
・もしHさんが私(その時点では、私に似ていると思う人)に気付いてくれなかったら
・もしHさんが、その似ているような人に声掛けてくれなかったら

どれか一つでも無かったら此のタイミングで会えていなかった事になるので、これまた、私が好きな『「また必ず会おう」と誰もが言った』の中のフレーズ、「偶然に見える全ての出会いが必然である」を実感してしまいました。う〜ん、これだからFacebookやブログでの情報発信と交流がやめられない!


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

January 19, 2018

神奈川・千葉・埼玉が大バトル

今週は昨日まで4日間アルコールを飲んでいなかったので(今日は会社のイベントで飲みましたが)寝落ちすることも無く、家族と一緒にテレビを観ている時間が比較的多くて、火曜日は『踊る!さんま御殿!!』を観ていましたが、「神奈川・千葉・埼玉が大バトル!首都圏の勢力図が塗り変わる!?」というサブタイトルでした。千葉県民の私としても中々面白そうなサブタイトルだったので思わず見入ってしまいましたが、各県出身のゲストは以下の通りでした。

千葉県:
小島瑠璃子(市原)、ジャングルポケット斉藤(八千代)、乃木坂46高山一実(南房総)、

神奈川県:
出川哲朗(横浜)、柳沢慎吾(小田原)、西川史子(相模原)、トレンディエンジェル斎藤(横浜)、佐藤藍子(川崎)、神田愛花(横浜)、鈴木亜美(座間) ,

埼玉県:
オードリー春日(所沢)、夏菜(戸田)、益若つばさ(越谷)

客観的にみて、千葉と埼玉からは"一歩抜けている"感じの神奈川県出身のゲストが多かったのですが、同じ神奈川でも横浜とそれ以外は別物扱いを横浜市出身の人はしていて、更に同じ横浜でも、みなとみらい周辺とそれ以外で、また別物扱いしているような雰囲気でした。

それぞれの言い分を列記すると、以下のような感じでした。千葉、神奈川、埼玉出身の人たちは、どう思いますか? わたし的には、「千葉県は国として独立してもやっていける」というコジルリの発言が嵌ったし、私よりも偏差値高い高校出身の彼女は弁も立つので、千葉県民としては心強かったです(笑)。

・トレンディエンジェル斎藤:横浜をよく知らない人から「青葉区は横浜じゃない」と言われる。
・トレンディエンジェル斎藤:青葉区から横浜駅まで行くのに40分かかるが、渋谷までは30分で行けるため東京側だ。
・神田愛花:青葉区の気温が低いのでコートが必要な地域。
・トレンディエンジェル斎藤:山のほうだけど横浜の高級住宅地。響きも一番いい。僕からしたら港南区は静岡。
・西川史子:海に近くないから横浜といっても横浜ではない。みなとみらいに近いところが横浜。
・出川哲朗:「青葉区の人が一生懸命しゃべってるなぁ」って感じ。青葉区と港南区は同じ並び。僕なんて横浜駅まで歩いて10分。

・佐藤藍子:埼玉は商業施設の大きさ自慢する。越谷レイクタウンは大きすぎて一見さんが楽しめない。
・益若つばさ:レイクタウンは埼玉の全てが詰まってる。芸能人が来るトークショースペースがある。毎週芸能人見放題。
・ジャングルポケット斉藤:「何でも」って言うだけで「これだ!」っていうものがない。
・出川哲朗:何だ益若埼玉かよ。バリバリ青山とか原宿とかいうイメージだったから話す時緊張してたけど、これからは下に見ちゃう。
・夏菜:益若みたいなカリスマで出てくる芸能人多い。例えば藤田ニコル。

・小島瑠璃子:神奈川からばかにされるし埼玉には勝ってると思ったら、「結構東京の名前使ってる」と言われる。
・ジャングルポケット斉藤:東京ドイツ村は東京とドイツを両方借りてる。そういうの我々は言われ続けてきた。
・小島瑠璃子:日本人は埼玉に行かずに生活できるが千葉に行かずに生活できない。埼玉行かないで一生終える国民はたぶん8割から9割ぐらい。
・ジャングルポケット斉藤:大宮は人が多いけど何をしていいのかわからない。
・夏菜:何もないからどの県にも歩み寄れる。埼玉県民は優しい気持ちを持てるってこと。
・小島瑠璃子:千葉は国として機能する。埼玉が孤立したとしたら2週間持つか持たないか。千葉は海産物もあり山のものもある。いざとなったら成田空港から飛び立てる。
・オードリー春日:東京ドイツ村とか東京ディズニーランドとか東京を借りてるから千葉が有名になってるだけでオリジナリティーがない。
・オードリー春日:「東京に近い」とか言ってるが、外房の方は電車で半日ぐらい掛かる。埼玉は新幹線も通ってる。
・ジャングルポケット斉藤:新幹線は敢えて通らない。

・高山一実:高速バスをいつも使ってるけど、それでも2時間弱かかる。一番近いリゾート地だと思う。海も奇麗で温泉もある。
・夏菜:埼玉にも温泉ある。スーパー銭湯!(笑われる)
・神田愛花:神奈川には箱根がある。
・柳沢慎吾:熱海もある。え、熱海は静岡?(笑われる)

・出川哲朗:港の見える丘公園から港があまり見えない。山下公園は完璧で海も見えデートスポットとしてバッチリ。
・出川哲朗:山下公園はそんじょそこらの公園と全然違う。山下公園に来たらカップルは絶対チューしなきゃいけない。
・高山一実:千葉県のロマンチックな場所は東京ドイツ村の冬のイルミネーション。
・ジャングルポケット斉藤:中山競馬場のイルミネーションもロマンチック。
・柳沢慎吾:海辺でウィンカーを出しながら、いとしのエリーを聴きながらデート。
・柳沢慎吾:小田原に住んでなかったら芸能界入ってないかった。『ゆうひが丘の総理大臣』は大磯でロケしてて、高校の頃見に行った。
・夏菜:埼玉のチューの場所はカラオケボックス。

・西川史子:こういう企画がすごく気に入らない。千葉と埼玉と一緒にされたくない。
・西川史子:埼玉と千葉には美人はいない。存在として神奈川のほうが確実に上。戦うとしたら東京と戦いたい。
・オードリー春日:横浜が神奈川のレベル上げてるからで、横浜抜いた神奈川は全然ダメ。
・出川哲朗:川崎はホント柄が悪い。子供の頃「川崎行くな」って言われてた。
・神田愛花:川崎の商店街を歩いてたら自転車を運転してるオジサンが「NHK!」って言って突っ込んできた。川崎だけは埼玉にあげたい。
・神田愛花:小学校で神奈川は「犬の形」と習う。川崎がなくなると小顔のワンちゃんになる。

・神田愛花:神奈川も方言があり、「じゃん」と「だべ」。
・トレンディエンジェル斎藤:横浜の人が田舎のものを使うみたいな逆なおしゃれ。絶対の自信があるから「だべ」を使うことで古民家カフェみたいな。
・益若つばさ:埼玉には方言は無い
・夏菜:一番”標準”ってこと。
・さんま:埼玉、我を出せよもっと!


23:49:00 | tom | comments(0) | TrackBacks