February 08, 2018

クアラルンプール:Kuala Lumpur

今週の初め、通勤で乗っていた都営地下鉄大江戸線が六本木駅に到着しそうになった時、座っていた席から何気に上を見上げたら、網棚の上の方に『KUALA LUMPUR』と大きく書かれた文字と、ナシゴレン(焼き飯)やアイスカチャン(かき氷)っぽい挿絵が描かれた広告がありました。

「おっ、あとでじっくり見たいので、降りる時に写真撮ろっ」と思い、駅に到着するよりも早目に立ち上がって撮り終えると、今度は『クアラルンプール・シティ・ギャラリー』と大きく書かれた文字と、『I Love KL』のモニュメントと共に建物と人が写っている写真の中刷り広告がありました。

「何か東京でKLのイベントしてるのかなぁ?」と思い、これも写真に納めて後でググってみましたが、特にそのようなイベントはなく『ウェルカム・アジア・キャンペーン』の一環で『Visit KL』の広告のようでした。写真に写っていた『クアラルンプール・シティ・ギャラリー@ムルデカ・スクエア』が2017年のクアラルンプール市長賞金賞を受賞したので、その宣伝も兼ねてですかね。

クアラルンプール(= KL)といえばマレーシアの首都ですが、私が1994年から1996年にかけて1年間に延べ180日以上のペースで長期出張していた都市で、ここで英語のスキルをアップし、ここで海外生活の楽しみを覚え、ここで海外の人たちと一緒に仕事をすることの遣り甲斐を見い出し、社会人として仕事にも自信を持てた、或る意味「”人生の転機”になった場所」と言っても過言ではありません。

その後、1996年から1998年5月までのペナン駐在を経て、1998年の6月から2000年の9月まで家族と一緒、特に星奈が生まれた後だったので、今の我が家全員で住み始めた思い出の地であり、とても思い入れがある場所です。よく遊び、よく仕事し、よく食べ、よく飲み、よく旅行し、本当に楽しかった記憶があります。

ペナンで始めたホームページもKLに住んでいる時に拡大し、マレーシア最大の日本語ホームページ『Jalan Jalan』の皆さんとも知り合えて人脈が大きく広がり、その皆さんとKLソフトボールで楽しく汗をかけたのも"ついこの間のような感覚"ですが、もう20年近く経っているんですよね。当時、生後45日でKLに来た星奈が今年の8月で二十歳だから、当たり前ですね。光陰矢の如し!

ということで、電車内の広告でKLを思い出し、あらためてKLやペナンでの楽しかった日々を実感し、「チャンスがあれば、また住みたいなぁ」と思った次第です。KLマラソンペナンブリッジマラソンも、そのうち参加しよっと。


23:14:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 05, 2018

関宿町

千葉県の北北西端でチーバくんでは黒い鼻の先端に当たり、江戸川と利根川が交わる、埼玉県、茨城県との県境にある関宿。千葉県民でも頻繁に行くような場所ではなく、私が記憶していたのは"関宿町"だったのですが、いつの間にか市町村合併で野田市に編入されていました。

ランニングをするようになってから江戸川沿いをよく走りますが、江戸川をずっと北上して行くとチーバくんの鼻の先端まで行けます。一度トライしてみたいと思っていますが、片道45km程度あるので生半可では行けない距離。。。なので、代休の今日は関宿までクルマで行き、そこから埼玉県、茨城県、そして千葉県の3県を走ってみることにしました。

行き先を関宿城がある『関宿にこにこ水辺公園』でカーナビに設定すると、三郷南ICから外環道に入り、東北道を経由して圏央道の五霞ICから出るルートを薦められましたが、せっかくなら千葉県側の道路を北上して行きたかったので、流山街道をひたすら北上して向かいました。途中すき屋で牛丼ランチしましたが、その時間を入れると自宅から『関宿にこにこ水辺公園』までは約2時間30分程度掛かりました。

白い壁が青空に映えてよく目立つ関宿城(千葉県立関宿城博物館)は、このての博物館にありがちな”月曜日休館”だったので中には入れませんでしたが(汗)、ここの無料駐車場にクルマを停めてランニングするのがメインなので没問題です。走り始めると、地図では分からなかった人専用の橋があり、江戸川流頭部中之島公園の埼玉県側には「あっ」と言う間に行けちゃいました。

その後、利根川を渡る橋までは5km程度あり、国道4号線が走る新利根大橋を渡ってやっと茨城県側に来れましたが、そこからひたすら利根川沿いを境大橋まで走り、千葉県側に戻ってきて関宿城に帰還しました。1周約12km程度の距離でしたが、中之島公園をもう一度じっくり見たかったので往復し、合計13km強のランニングとなりました。3県を跨いだのに、たったの13km(笑)。

帰りは国道16号を経由して柏ICから常磐道に入り、三郷南ICで下りる経路を使ったら1時間30分程度で帰宅できました。なんだか"遠いんだか近いんだかよく分からない"関宿でしたが、江戸川沿い45kmランニング、近い将来、挑戦してみたいと思います。


23:02:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

February 04, 2018

ふなばし三番瀬海浜公園

皆既月食の時に約2時間寒さに耐えていた『ふなばし三番瀬海浜公園』ですが、あらためて今日の午前中にランニングで寄ってきました。自宅からは片道6kmだったので、軽く走りたい時には往復でちょうど良い距離でした。

ふなばし三番瀬海浜公園は、WEBページによると正しくは「さんばんぜ」と読むそうですが、初めて知りました(汗)。そして以下のように紹介されていました。

************************
三番瀬は東京湾の最奥部に位置し、船橋市をはじめ、習志野市、市川市、浦安市、各市の東京湾沿いに広がる約1,800haの干潟・浅海域です。深いところでも干潮時の水深が5mほどの浅瀬で、日々繰り返される干満により、土の中に酸素が供給され、多くの生きものを育てています。

江戸時代初期には、「御菜浦(おさいのうら)」として、新鮮な魚介を将軍家に納める重要な役割を果たしていました。

戦後の高度経済成長の中で埋め立てられたところもありますが、現在でも漁業は盛んにおこなわれ、栄養豊かな浅瀬ではスズキやカレイなどの稚魚が育ち、成長した魚たちは、巻き網漁や底引き網漁で数多く水揚げされています。その他貝漁やノリの養殖も船橋の漁業の特色のひとつになっています。

干潟にはハゼ、アサリ、カニ、ゴカイなどの底生生物が多く生息し、それらをねらって、多くの水鳥たちも集まってきます。

ふなばし三番瀬海浜公園の前面に広がる干潟は人工的に作られたものですが、様々な生きものが生息し、東京湾の豊かな恵みを見ることができる貴重な場所になっています。
************************

ふなばし三番瀬海浜公園に着いた時には潮が引いていて、小さな子どもを連れた家族が沖のほうまで行って遊んでいましたが、潮干狩りの時期は4月から6月なのですね。潮干狩りなんて相当やっていませんが、自分が子供の頃に1回程度やった記憶しかなく、自分に子供が出来てからも行ってないですよ。子供たちが小さい時に異国にいたので、そのチャンスを逃したのだと思いますが、せっかく近くにあるので、今度、行ってみようかな。

砂の上は柔らかくて靴に砂も入りそうで走りづらかったので、潮が引いてて固くなっているところで細かい貝殻が密集している部分を海辺に沿って走りましたが、砂浜に打ち上げられた透明な物体を踏まないようにして、気を使いながら走りました。そう、クラゲが打ち上げられているんですね。

防波堤の先にはシニアの人達が望遠鏡やカメラを三脚にセットし、浜辺の生き物たちを観察&撮影しているようでした。朝10時前後でしたが、元気なシニアが増えていますよね。そういう私も元気なシニアに片足を突っ込んでいそうな気がしますが(笑)。ということで、今日は往復約18kmのランニングを楽しみました。


23:59:00 | tom | comments(0) | TrackBacks