January 09, 2019

雑誌のAmazon特集

Kindle Unlimitedで読める雑誌『家電批評』と『MONOQLO』の2月号の特集が、前者が「全世代熱狂! Amazonベストヒット」で後者が「Amazon辛口ベストバイ112」と奇しくも両者ともAmazon絡みの内容だったので、両方ともダウンロードして読み始めたところですが、よく見たら同じ「晋遊舎」の雑誌だったのですね!?

「これって手抜きかよ」とも思いましたが、名称がお固い『家電批評』は、家電やコンピュータ、ITガジェット系に比較的詳しくて厳しい目を向ける40代以上をターゲットに、片や『MONOQLO』は私が若いころ定期的に購読していた『MONOマガジン』みたいなトレンド系という感じで30代以下をターゲットにしていると思われます。

そしれそれぞれの内容ですが、サブタイトルと目次を記すと以下の通りです。まだ詳細を見ていないとはいえ、同じ時期に同じ出版社で同じような特集なのに、商品が一つも重なっていないような気が・・・。こうなると"手抜きではなく編集部ごとの競争や"意地の張り合い"かも知れませんね。家電批評の方が私のようなオジさんたち向けに、懐かし系が多いような気がしますが(笑)。

家電批評:全世代熱狂!あなたのおすすめリスト荒らします。Amazon全世代カタログ
・一緒に購入:ちょい足しこそAmazonの真骨頂
・カメラアクセサリー:Amazonで超有名な御三家、サムヤン、ピークデザイン、あとK&F
・掃除機:ダイソン派はもうこれでいいんじゃないでしょうか
・テレビ環境アップ:実はサウンドバーより日本住宅向きなコレ
・STB:もはや死角なし!安くて速くてAlexa対応のFire TV Stick 4K
・バックパック:Amazonは日本最大のバックパックストア!
・オーディオ:Amazonは「安くていいもの」の宝庫なんです
・ビジネスグッズ:USAの流行りモノを取り入れる
・カードゲーム:This is the 大人買い
・プラレール、ボトエン、ベイブレード:「懐かしワード」検索で大興奮
・ゲーム:自宅をゲーセンにするAmazon的リフォーム
・家電批評Basics:Amazonで買うべき「検証済」デジモノ&家電カタログ
・蒐集:Amazon男子の合言葉は懐かしのアイテム「フルコンプ」
・ペット:買うべきは飼い主よりもペットの満足度が高いモノ!
・スマホガジェット:ただのスマホレンズはもう飽きた!そんな人へのスマホ改造計画
・トミカ:新作からジオラマまでAmazon”ディーラー”にお任せ!
・カーライフ:高評価レビュー連発!ほんとのAmazon快適カーライフ

MONOQLO:ホントに良いものは検索にはヒットしかなった!日本でイチバン商品が多いAmazonには掘り出し物がゴロゴロ!
・完全ワイヤレスイヤホン:AirPods超え!プロも認めたU1万円の最強イヤホン
・超格安テレビ:約2万円の超掘り出しテレビを発見!
・アレクサ:「第三世代」モデルこそ買い時でした
・上から給水加湿器:たった5,000円なのに超優秀な最高の加湿器
・格安ロボット掃除機:年末年始に狙うべき!ルンバを超えた掃除能力ILIFE
・海鮮セット:Amazon掘り出し物の「まぐろ、うに、いくら」極旨セット
・電熱ダウン:極寒でも超暖かい!絶対買うべき冬アウター
・毛玉取り:ダサい毛玉が驚くほどキレイに取れた!
・格安革靴:5000円なのに見た目もつくりも一級品の一足!
・スーツケース:2万円で買える史上最高のスーツケース登場!
・Aバイク:本格的に持ち歩ける!超軽い”通勤用”折りたたみ自転車
・格安ドラレコ:あおり運転対策もしっかりの最強1万7000円ドラレコ!

他にもMONOQLOの「ユニクロ&GU 買ってイイ服×ダメな服」なんて特集も面白そうす!そういえば"MONOQLO"は名称が"ユニクロ(UNIQLO)"にも似てますね(笑)。


22:38:43 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 28, 2018

単焦点レンズ:E50mm F1.8

今月頭にNikon D5600を買ったので、これまでメイン機として使っていたミラーレス一眼のSONY NEX-6はメルカリ等で売ろうと思っていたのですが、こんなに写真を撮っているのに人生でこれまで一度も使ったことが無かった単焦点レンズでちょっと遊んでみようと思い、SONYのEマウント APS-C用の”神レンズ”として評判が良い中望遠単焦点レンズ SEL50F18(E 50mm F1.8 OSS)メルカリヤフオク!で狙っていました。

メルカリは総じて高く2万円を超えている場合が殆どで、ヤフオク!でも最終的な落札価格は安くても1万5千円を超えている状況の中、落札最低価格10,000円で出品されていた商品が、結果的に入札したのが私だけで、火曜日の夜に落札出来ちゃいました。ちなみに年内の期間限定で利用できるクーポン1,500円があったのもヤフオク!で落札してみたくなったトリガーでしたが、更にYahoo!系のネットだけで使える期間限定ポイントも含めたTポイントが2,300円強も使えたので、送料500円を含めても実質6,700円弱で購入出来ちゃいました!

私しか入札していなかった理由として、商品詳細の説明に「状態:レンズ内ホコリ、カビによる痛み大。*商品状態は画像にて良くご確認いただき、ご納得頂ける方のみご入札下さい。」と書かれていたからだと思われます。

実は最初、この注記を認識せず入札しちゃったのですが、入札終了予定当日になっても私より高値で入札してくる人がいないのを不思議に思い、改めて商品詳細を見て上記の注記を知ったのです(汗)。もっとも「商品のご使用に支障をきたすような明らかな不具合がありましたらご返品させていただきますので、ご連絡ください。」とも書かれていたので、「ホコリやカビが画像に映り込むようなら返品しよう」と楽観的に考え取り引きしました。

そして今日、上野に『ムンク展』を観に行った時に試し撮りしてみましたが、う〜ん、開放絞り値がF1.8の明るいレンズによる滑らかで美しいボケは素晴らしい!上野恩賜公園の大噴水の周りに咲いていたチューリップをNEX-6の絞り優先モードで、絞り値はF1.8の解放にしてピントを合わせた時の背景(東京国立博物館)のボケ具合が絶品で、被写体のチューリップが超引き立っていましたよ。そして想像していたよりもレンズのカビやホコリなどは少なく、画像に映り込むことは全くありませんでした。

"焦点距離50mm"とはいうもの35mmフィルム換算で75mmの中望遠域なので、ファインダーを覗いた時に思っていたよりもズームっていました。ネット上のSEL50F18のレビューを見ても「引くに引けなく寄るに寄れない風景撮影では使い勝手の悪さ」とも書かれていましたが、比較的私の写真で多いと思われる「被写体の一部を切り取って、意図するものを伝る」ような写し方が基本のレンズみたいなので、NEX-6+SEL50F18は私にとって街撮りのGOODな組み合わせになりそうです。


23:47:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 13, 2018

ふるさと納税2018

カテゴリを「ショッピング情報」にして良いやらですが(笑)、今年は終盤に入って何かと支出が多かったのでふるさと納税は躊躇していましたが、吉田羊の「ふるさとチョイス」のCMを観ていたり、毎日のように来る ふるさと納税系のメルマガを見ていたら、やはり納税したくなりました。

もっとも「自分のふるさとでも無いところに、見境なくふるさと納税するのって、僕はどうかと思いますよ」のように、敢えて制度をディスってる「さとふる」のCMもあり、正直私もそう思いますが、おそらく世の中の9割以上の人は返礼品狙いだと思うので私も気にしません(笑)。

実際、納税しているというよりも「返礼品のショッピングをしている」感が強く、確定申告の時にやっと「納税してたんだなぁ。美味しいものも食べれて節税にもなり、やっぱりお得!」と思うくらいですからね。

そして今年も吉田羊を裏切り東京03のCMのほうのさとふるで以下の自治体に納税しました。正確に言うと「ショッピングしました!」(笑)。
・福岡県築上郡上毛町:【叶え屋】A4以上!九州産黒毛和牛切落し1kg(豊後牛・頂)
・福岡県築上郡上毛町:【大平樂】九州産特大うなぎの蒲焼2尾
・北海道茅部郡森町:【特大サイズ】本たらばがに足1肩
・滋賀県草津市:【近江牛 牛肩ロース】すき焼・しゃぶしゃぶ用 500g

そして草津市の近江牛牛肩ロースが早速届きましたが、それはそれは、綺麗な霜降り肉でした。まだ食べていませんが、自分&家族のご褒美として、年末は美味しいものを堪能したいと思います。そして数ヶ月後に節税申告!


23:07:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 03, 2018

Nikon D5600

土曜日に木更津のアウトレットに寄った際に購入した新しいカメラは、、、Nikonの一眼レフカメラD5600です。NEX-6以前は同じSONYのα100を使っていたので、今回はミラーレスから再びミラー有りに戻ったことになります。

メカ屋&ガジェット好きな私としては、SONYのα7が切り開いて人気を博しているフルサイズのミラーレス一眼、Nikonなら最近発売されたばかりのZ6やZ7、ミラー有りならプロ仕様のD850が欲しかったのが正直なところですが、なにぶん本体だけで20万以上になるので気軽に手が出ません。。。

一方で自分の使い方、主にFacebookなどSNSに投稿する風景などの写真を撮ることが殆どなのを考えると、そんなに高級じゃなくても充分に目的は達成できると思い、比較的手頃な価格になっているNikon D5600に決めたのです。

なお、D5600は2016年発売のモデルである一方、今年発売されたばかりのD3500が有効画素数、高速連続撮影のコマ数が一緒で値段も安かったので最初はD3500を考えたのですが、液晶パネルが固定でバリアングルにならないのが大きなマイナスポイント・・・。

2年古いモデルとはいえ、上位シリーズ(5000シリーズ)では一番新しく価格差も12,000円程度なので、D5600にしました。なお、連写機能等で数段高性能なD7500にも触手をくすぐられましたが、D5600に比べると随分と大きくなって価格も数万円高くなるので、思い留まりましたよ。

なお、ダブルズームキットなら18,000円程度の追加で300mmまで望遠のレンズが付いてきますが、70-300mmだと広角側で写真撮りたい時はレンズを交換する必要があり、これまでのNEX-6のようにタムロンのレンズB011(18-200mm、35mm判換算で28- 310mm)を取り付けて外さずに、広角から望遠まで気軽に撮れる方が私の使い方にはマッチしているので(特に山登りの時など)、D5600は本体のみにし、レンズは高倍率ズームの『AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II』にしました。

発売当時は希望小売価格118,800円だった高級なレンズが半額以下になっていて、更に三井アウトレットパークのウインターセールで30,000円以上は10%オフになったので、Nikon純正のレンズフィルターも追加して全部合わせて約10.8万でした。

ところで、2台続けて一眼レフカメラはSONY製だったのに今回Nikonにしたのは、(一眼レフではないけど)併用している光学83倍ズームのCOOLPIX P900と同じメーカーの方がメニューなど使い方が似ていて良いと思ったのと、珍しく家内と2人で行った紅葉観賞でカメラが壊れ、家内の方から「このあとアウトレットに行ける?」と言ったその木更津のアウトレットパークに全国4箇所しかないニコンダイレクトストアがあったので、ある意味「神のお告げ」だと思ったからでもあります(笑)。

数日前からカメラの調子が悪いという話はしていて、リビングで独り言言いながらメルカリでチェックもしていたのも聞いていたようだったので、アウトレットに行く時に「カメラ買おうかな」と言ってもネガティブな反応や反対するような素振りがなかったのはラッキーでした。なお、値段に関しては詳しく伝えていません(笑)。


22:50:36 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 15, 2018

GU

昨日星奈と映画を観た後、「ねえパパぁ〜、服買ってぇ〜」と猫撫で声で言われ(これが本当の「パパ活」?笑)、「GUに行きたい」というので付き合いましたが、女子の洋服の買い物に付き合うのはちょっと苦手。更にGUユニクロの廉価版で"若い人版"というイメージがあったので、店内に入った事は殆どありませんでした。

そんなGUですが、しょうがなく一緒に入って「男性モノもあるんでしょ?」と尋いてからメンズをサラッと物色していましたが、平日の昼間だったからか意外と私よりも年配の男性(人生の大先輩)もいたので、じっくり物色しちゃいました。そしてマネキンが履いていた『裏フリースストレッチデニムジョガーパンツ』のネイビーが良い感じだったので、買っちゃいました。更に、最近在庫が少なくて朝履く時に探すのが大変だった靴下の3足セットが590円(+税)だったので、これを2セット買うことにしました。

そして星奈が買ったモノも併せてレジに行くと、、、無人レジ。カゴごと扉式のボックスの中に入れると合計金額が表示され、金額を確認して支払方法を選択し、クレジットカードをスキャンすると支払いが完了するのです。スーパーなどの無人レジは商品のバーコードを1個ずつスキャンしますが(ホノルルのドンキホーテの無人レジもそうでした)、GUのはその必要も無し!

カラクリはRFタグですが、私がまだ製造業にバリバリ携わっていた香港企業時代(中国の工場で仕事をしていた時代)に、日本の見本市(CEATECだったかな?)に来た時にRFタグを見て、「これを使えば製品のロット単位の管理ではなく個別管理、究極のカンバン方式トヨタ生産方式でJIT(Just In Time)の生産が出来る!」と思いました。もっとも、当時はRFタグのコストが高かったので直ぐには普及しませんでしたが、それから10年近く経った今、ローコスト商品を謳っているGUで使われているのに驚きました。

もっとも結果としてレジは無人化されているので、固定費として比較的高い人件費の削減に貢献していると思うとちょっと感慨深く、この無人レジの操作がしたくて今後はユニクロよりもGUに行っちゃいそうです。GU(ジーユー)は"自由"から付けられた名前だと聞いたことがあるので、おっさんが行くのも自由ですしね(笑)。


23:58:00 | tom | comments(0) | TrackBacks