December 07, 2018

大人の休日倶楽部レストランウィーク

それほど活用しきれていないJR東日本の『大人の休日倶楽部』ですが、毎月自宅に送られてくる会報に『大人の休日倶楽部レストランウィーク』のチラシが入っていて、「『大人の休日倶楽部パス』の販売期間に合わせ、横浜・鎌倉グルメを堪能できるレストランウィークを開催」とのことで、久し振りに鎌倉に行ってみたくなったので家内に声掛けました。

ランチなら3,000円〜5,000円、ディナーは7,000円〜10,000円のコースで、11月29日〜12月11日の期間なのですが、日程と場所は家内に選んで貰いました。そして「10,000円のディナーでも良いよ」とも伝えたのです。普段は釣った魚に餌をあげない私なのに(笑)そのココロは・・・。

実は、10月23日に星奈の2ヶ月遅れの誕生日祝いと大学中退の景気付けを兼ねて行った六本木の焼肉店『YAKINIKU DAICHI ROPPONGI』の、うににく(生うにの肉巻き)付き豪華ディナーを家内には内緒にしていたのですが、そんな時に今回のレストランウィークの案内が来たので、罪滅ぼしを踏まえての打診だったのです(笑)。

そして「ディナーだと面倒だし、せっかくなら鎌倉散策もしたいから」ということでランチになり、家内のパートが休みの日に私の休みを合わせ本日に決まったのです。お店を決めるのは結構悩んだようですが、鶴岡八幡宮にほど近い『創作和料理 近藤』になりました。

駅からそれほど遠くないのと、食事に「土鍋炊きの鯛飯を用意」と書かれていたのが決め手になったとか。そしてこのお店、ミシュランガイド横浜・川崎・湘南 2015特別編にも載っていて、オーナーシェフの近藤元人さんは、フジテレビの『料理の鉄人』に出演したり、テレビ東京の『TVチャンピオン鍋料理人選手権』で優勝した凄腕でした!

そして、その凄腕シェフから繰り出された5,000円の超贅沢な懐石料理ランチは、
・先付(焼き胡麻豆腐:胡麻クリームソース、山葵)
・八寸(人参葉の胡麻和え、鯛の小袖寿司、錦玉子、姫慈姑、鮟肝、粟麩の田楽、蓮根の明太子鋳込み、小芋の餅粉揚げ、水菜の千枚漬巻き)
・茶碗蒸し(雲子入り茶碗蒸し:ポン酢餡、紅葉おろし)
・向付(季節のお造り:マグロと鯛の刺身)
・焚き合わせ(鯛の南禅寺蒸し:百合根、銀杏、京人参、木耳、銀餡、生姜)
・焼き物(鰤の照り焼き)
・メイン料理(3種類の料理の中から選べるが、二人とも味噌漬けのローストビーフを選択)
・お食事(土鍋炊きの鯛飯)
・デザート(ラフランスのババロア)
・桂花烏龍茶
う〜ん、超美味しくてお洒落で、贅沢だった! そして、星奈と二人だけで行った豪華肉ディナーの罪の意識は200%消え、内緒にしていた話を自首しました(笑)。


23:33:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 04, 2018

世界のフルーツ食べ放題@千疋屋

田舎育ちで食べ物の好き嫌いが全く無い私は食に拘りがあまり無いので、皆さんが知っているような超有名店を知らない事が少なくはないのですが(汗)、昨日連れてってもらった『千疋屋』もその一つでした。

そもそも漢字が読めませんでしたが(汗)『千疋屋』=『せんびきや』でWikipediaに依ると、
********************
千疋屋は、果物の輸入・販売を専門とする日本の小売業者の屋号である。
現在、千疋屋といえば、東京・日本橋の千疋屋総本店、京橋の京橋千疋屋、銀座の銀座千疋屋の3社のことを指す。
京橋と銀座の千疋屋は、総本店からのれん分けされた別の企業である。
総本店の創業は1834年と大変古く、明治・大正時代から高級な贈答品の代名詞として、「水菓の千疋屋」と呼ばれている。
取扱商品は果物、ワイン、洋菓子と幅広く、直営のフルーツパーラーやレストランも存在する。
********************
いわゆる高級果物屋で、私が聞いた事がある高野フルーツパーラー(新宿高野)と双璧のようです。

そして今回Facebook友達でもある同僚から、「千疋屋のフルーツ食べ放題の予約が取れましたが如何? 是非ブログのネタに!そしてフルーツは流石の千疋屋で間違いなく美味しい!!」とお誘いを受け、タイミングよく予定も入っていなかったので二つ返事で参加することにしました。

この『世界のフルーツ食べ放題』は千疋屋総本店の一部の店舗で毎週月曜日の夜18時〜20時までやっているそうで、毎月1日に次の月の予約をネットか電話でするそうですが、大人気で予約が取りづらいのだとか。実際既に1月分は全て満席ですね。

その中では今回行ったアトレヴィ信濃町店は比較的取り易いようで同僚も12月狙い撃ちで取れ、今回の開催となったのです。なお「店内はほぼ女子しかおりませんが・・・」と脅され、我々総勢4名も私以外は同僚女子でしたが、意外にも男性も少なからずいて(男性だけの組もありw)安堵しました(笑)。

「果物なので食べ放題でも楽勝だろう」と思いきや、開始45分くらいで結構お腹いっぱいになり、60分以降は思いっきりペースがスローダウンしましたが、後半はお腹に溜まらなそうなブルーベリーをたくさん食べていましたよ。眼が良くなりそう。

マスクメロン、イチゴ、マンゴー、梨、洋梨、みかん、パパイヤ、マンゴスチン、ライチ、グレープフルーツなどなど20種類以上の果物は噂通りどれも美味しく、更に3種類のカレー、特にスパイシーココナッツカレーが適度な辛さでメチャ美味かったです。

なお、昨日は就寝までお腹いっぱい感があったものの、今朝は肉を食べ過ぎた時のような胃のもたれはなく、結構快調(快腸w)でした。店内にはアルコールはないので、昨日は休肝日にもなりましたしね。


23:16:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

October 20, 2018

改装後の六ヒル5Fレストランフロア

今年の2月の日記に「レストラン大リニューアル中@六ヒル」というタイトルで、六本木ヒルズの多くのレストランが昨年末からリニューアル中で閉まっている話を書きましたが、9月くらいからやっと新装開店し始めたものの、お店自体が別のお店になり、ランチでも単価が大幅に高くなってしまいました! これまでは1,000円平均くらいで行けてたのに、おそらく今では1,500円平均以上のような気がします。

どうもリニューアル後は、森ビルのワーカーよりもインバウンドの外国人を含む観光客をターゲットにしたような気がして、新装開店してもあまり寄り付かなくなりましたが、ヒルズマスターカードの毎月の明細に付いてくるショッピングチケットを使い、休日出勤の時に偵察を兼ねた自分へのご褒美として、これまでに3軒ほど行って贅沢なランチを堪能してきました。

天婦羅 天蒼々
税別1,500円のランチ限定20食の天丼を1,500円のチケット使って120円で食す。
昼メニューは、おまかせ天婦羅コース(い)15,000円より、天婦羅コース(ろ)13,000円、天婦羅定食(に)5,800円、得々上天丼10,000円

鰻處 黒長堂
税別2,800円の鰻丼を2,500円のチケット使って524円で食す。
昼メニューは、鰻重天然時価、鰻重天下無敵8,800円、鰻重特上6,800円、鰻重上4,800円、鰻重並3,800円、蒲焼か白焼定食6,800円

赤身専門 にくがとう
税込2,800円の黒毛和牛A5ランプ牛カツ御膳150gを2,500円のチケット使って300円で食す(今日でした)。
昼メニューは、同じ牛カツ御膳100gが2,000円、200gが3,500円

他にも平日同僚達と行った新しいお店は以下の通りです。いずれも一番安いのを食べました(汗)
澄まし処 お料理 ふくぼく
昼メニューは、澄まし麺 or 醤油かけ麺+ 名物鴨だしご飯セット1,200円、しらすご飯セット1,500円、ふくぼくセット1,500円、しらすいくらご飯セット1,800円

スペイン料理 ビキニ シス
昼のセットメニューは、パスタのパエリア税別1,500円、季節のカルドソ1,500円、イベリコ豚のグリル1,700円、本日の鮮魚のコスケラ1,700円、そして3,500円と5,000円のランチコース

さて、次の休日出勤は自分へのご褒美で何処の店に行こうかな?(笑)。未だ未だ行っていないお店がたくさんあります!


20:52:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

September 05, 2018

My 麻布十番(as of 2018/8)

昨日の日記「大人は麻布十番に辿り着く」で紹介されたお店には全く行ったことは無かったのですが、麻布十番の飲食店には個人的な飲み会、食事会、そして会社の親睦会等で結構行っているので、思い出す限り並べてみました。

一応、行った回数順になっていますが『鰓呼吸』と『海南鶏飯食堂』以外は多くて3回くらいで、8番目以下は全て1回です。また、既に無くなっているお店も幾つかありました。

1. 鰓呼吸:居酒屋(麻布十番の中で私が一番多く通っているお店)
2. 海南鶏飯食堂:シンガポール料理
3. あべちゃん:居酒屋
4. Le Bar a Vin 52:成城石井のレストラン
5. 麻布ラーメン:ラーメン屋
6. 居酒屋 十番:居酒屋
7. デモデ 6:ステーキ屋
8. あもん:串揚げ
9. 別館 あじと:居酒屋
10. 元祖久留米らーめん 福ヤ:ラーメン屋

11. 東京さぬき倶楽部:ホテルのレストランで讃岐料理
12. 福琳:台湾料理
13. 麻布十番 ライム:アクアリウムダイニング
14. 仙台坂ひむか:割烹/小料理
15. 山本牛臓:韓国料理
16. 鉄板バンビーナbyうしごろ:鉄板焼き
17. 目利きの銀次:居酒屋
18. カフェ ラ ボエム:イタリアン
19. プレゴ:イタリアン
20. モンスーンカフェ:アジア料理
21. 麻布十番 和:割烹/小料理

こうやって並べて改めて分かったのは、東京カレンダーで紹介されていた『仙台坂ひむか』には行ったことがあったこと。3年前、USからビッグボズが来た時に部署のメンバーと一緒に行っていました。なので「東京カレンダーで紹介されたお店には全く行ったことは無かった」は撤回です(汗)。


23:59:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

July 11, 2018

ロコモコ夏セット ポケモンGO参加券付き

正確には「ロコモコ夏セット『Pokémon GO』スペシャル・ウィークエンド参加券付き」ですが、ポケモンGO大好きの同僚から、ポケモンGOやってる同じ部署のグループLINEに情報が入り、今日の10:30から配布とのことだったので、今日のランチはグループLINEのメンバーのうち4人でマックに行き、マックのスマホ用アプリ内の参加券付き専用クーポンを使ってロコモコ夏セットを食べてきました。

最近は年に数回しか行かないマック(マクドナルド)ですが、このロコモコ夏セットは夏限定で以下のような構成でした。
・ロコモコバーガー(肉厚ビーフ × パワフルエッグ)
・マックフィズ ブルーハワイ
・マックフライポテトM+ワイルドバーベキュー味のシャカシャカ

クーポンで750円が700円にはなりましたが、「マックで700円は高っ!」と思いましたよ。そして毎度ながら写真と実物の差が結構ある・・・(笑)。最近は業績をV回復して好調のようなので、あまりネガティブなことを言うのは控えますが、この企画でロコモコ夏セットの売り上げは急増するのは確実でしょう。ある意味"いい商売"です!

なお、今回ゲットした『Pokémon GO』スペシャル・ウィークエンド参加券のイベント日程ですが、7月28日(土)の午前10時から午後8時まで。な、なんと、私が高校同窓生達と白馬に1泊で登山に行く日ではないですか?! 午前10時なんて既に山登りを始めててイベントがあるポケストップは近くに無いし、当然ながら宿泊する山荘にも無いので、イベントには参加できないタイミングでした(泣)。


21:42:08 | tom | comments(0) | TrackBacks