December 21, 2017

浅草今半

今日は会社の部門の忘年会(兼QOL)が開催されましたが、会場は『浅草今半』。グルメではない私は知らなかったのですが(汗)、明治28年(1895年)創業の老舗で、すき焼きがひと際有名なお店だそうで、家内も含めて私の周りの人たちは結構知っていました。

つくばエクスプレスの浅草駅A2出口から徒歩0分にある国際通り本店でしたが、入り口の扉を開けた時のお出迎えや部屋への案内が旅館みたいな感じで、畳敷きの広〜い和室の宴会場も"温泉旅館の宴会場"という雰囲気でGOODでした。

着物姿の店員さんが最初に各テーブルについて焼いてくれたのですが、我々は4人掛けのテーブルだったので、割下、野菜などを入れた後に霜降り牛肉を2枚焼いてくれ、その後は自分たちで同じように焼きながら食べました。もちろん、生卵に漬けて絡ませてから。

ホント、トロけそうなほど美味しかったですよ! ラッキーなことに、我々のテーブル代表のNさんがジャンケン強く、ジャンケン大会で勝って他の人たちより多くお肉を味わえちゃいました!!

ところで、忘年会中にも"すき焼き"の関西と関東の違いが話題になりましたが、関西では"すき焼き"の名のとおり肉を焼く、割下を使わない調理法が基本なのだそうです。以下、Wikipediaより抜粋
***********************
発祥の地である近畿地方では、「すき焼き」の名のとおり肉を焼く調理法である。火にかけたすき焼き鍋に牛脂を引いて牛肉を焼き、砂糖と醤油で味を付け、さらにネギ・キクナ(シュンギク)などの野菜や豆腐・糸コンニャクといった具を加える。本来のスタイルは、焼いた肉だけを先に味わい、残った肉汁と牛脂の上に野菜や焼き豆腐などを盛り合わせ、焦げ付かない程度の少量の出汁を加えて炒りつける。もっとも現在は関西においても、簡便で失敗のない調理法である関東風の割下を使用する店や家庭が増加している。


東京や横浜などでは、明治時代に流行した「牛鍋」がベースになっているそうで、肉を焼くのではなく出汁に醤油・砂糖・みりん・酒などの調味料を混ぜた割下をあらかじめ鍋に張り、この中で牛肉を煮る。当初は、鹿・猪・馬の肉を使う紅葉・牡丹・桜鍋のアレンジ料理であり、肉質も悪かったことから味噌で味付けされたが、牛肉の質が改善されるにつれて味醤油味に変わり、また関西のすき焼きの影響を受けて豆腐や白滝などの具材が追加されていった。東京には下町を中心として現在でも古いスタイルを守る「鳥すき」「桜鍋」「しし鍋」など各種の鍋屋があり、浅草には高級すき焼き屋が多数あるなど、新旧入りまじり多種多様である。
***********************

その昔、香港在住時代の日本出張の際に、香港人の同僚と二人で当時のボスの大阪の家に招待され晩飯をご馳走になったのですが、その時が"すき焼き"で、割下を使わない関西風の調理方法でした。これまでに食べたどの"すき焼き"よりも美味しく、メチャクチャ感動した記憶があります。また関西風の"すき焼き"を食べたいなぁ。


23:59:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

December 20, 2017

ロシア料理

今日は『秋葉原より東で飲む会』の忘年会が錦糸町のロシアレストラン『スカズカ』で催されました。尚、このお店を推薦してくれたTさんはインフルエンザを発症して欠席という残念なことになりましたが、おかげで初めて?のロシア料理にありつけました。Tさん、ありがとう&お大事に!

ところで「ロシア料理」と聞いても俄かにはどんな料理だかイメージがわかなかったのと、当然ながらウォッカ以外の料理の名前も出て来なかったのですが(ウォッカは料理ではないって?笑)、、、"【飲み放題付】ボルシチ含むお料理5品コース"は、こんなメニューでした。
・サラダ(ニシン or オリビエ)
・ボルシチ
・ピロシキ
・メインディッシュ 肉料理 or 魚料理
・クレープ(選べるソース:サワークリーム、イチゴジャム、ブルーベリージャム)

なお、飲み放題のメニューは"赤・白ワイン、生ビール"という内容でウォッカは無く、また、ワインも"カリフォルニア産"のカルロロッシで、ロシア感無しでした(笑)。

"ボルシチ"はその名前を少なからず聞いたことはありましたが、あらためてググるとWikipediaでは以下のような説明でした。
**************
テーブルビートとタマネギ、ニンジン、キャベツ、牛肉などの材料を炒めてから、スープでじっくり煮込んで作る。但し、スープの中身は決まっているわけではない。それ以外の具としてソーセージ、ハム、ベーコン、肉だんご、鶏肉などの肉類や魚のから揚げ、ズッキーニ、リンゴ、インゲンマメなどを使ったりもする。ボルシチの素材は地域によって異なり、特にウクライナでは地方ごとに40種類以上のバリエーションがあるが、いずれもスメタナ(サワークリーム)を混ぜて食べることと、主材料にテーブルビートを使用している点は共通している。仕上げに入れるハーブはディルが多いがイタリアンパセリでも代用ができる。
**************

そして"ピロシキ"もよく聞く名前で、"ちょっと硬めの薄味カレーパン"的なイメージでしたが、これもググると「東欧料理の惣菜パンである。主にウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。」との説明でした(By Wikipedia)。今夜のピロシキはカレーの味は殆ど無かったので、ほんと、"総菜パン"という説明がぴったりでしたよ。

そしてメインディッシュはグラタン風の料理でしたが、肉と魚をミックスして頼んだので、皆でシェアしながら食べました。う〜ん、今宵もよく食べてよく飲んだ!赤ワインはボトルを何本空けたんだろ? 水曜日なので先週の土曜日のような迷走もなく、まっすぐ帰宅しましたけどね。ただし、気がついたらリビングのコタツに入ったまま朝3時30分でした(汗)。


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

November 23, 2017

鳥貴族

日経ビジネス11月13日号の「企業研究」のコーナーに、「値上げに透ける苦悩」というテーマで紹介されていた居酒屋チェーンの『鳥貴族』。看板を目にする度に「行きたい!」と思っていたけど機会が無く行けていなかったのですが、昨日の仕事後に六義園の「紅葉と大名庭園のライトアップ」を音楽関係の師匠と鑑賞し、反省会(と称する呑み会)の場所を捜していると駒込駅前に『鳥貴族』があったので、待望の"鳥貴族体験"が出来ました!

日経ビジネスの記事は、「280円均一を売り物に快進撃を続けてきた居酒屋チェーン大手の鳥貴族が、人件費、食材費などのコスト増を受けて、28年間維持してきた280円均一を遂に10月から298円に値上げし、8月28日に発表した時には業界の内外で大きな話題を呼んだ」という内容と、その背景に関して綴られていました。

なので或る意味、タイミング的には「もっと早く行っていれば、、、」でしたが、それでも鱈腹飲んで食べて一人3,000円行かなかったのは、値上げ後もリーズナブルで財布に優しいです(笑)。

ちなみに昨晩食したのは(覚えている範囲で)、
・手羽先
・つくね塩
・砂ずり(砂肝)
・かわ塩
・ひざなんこつ
・ハートたれ
・赤じそ風味の大根さらだ
・ピリ辛キューリ漬
・ホルモンねぎ盛ポン酢
・国産大豆の冷やっこ
・ザ・プレミアム・モルツ(中)
・角ハイボール
・トリキルージュ(赤ワイン):少なくても2杯
う〜ん、余は満足じゃったぁ!

なお、記事内では「均一料金の焼鳥店などが急増。鳥貴族と競合する低価格居酒屋」とされて、以下の居酒屋チェーンも紹介されていました。
●焼き鳥(均一価格)
豊後高田どり酒場(モンテローザ):280円均一
鳥二郎(ダイナミクス):270円均一
●焼き鳥(均一以外)
やきとりセンター(コロワイド):焼き鳥やビールなどメニューの多くは280円
三代目鳥メロ(ワタミ):焼き鳥以外に串揚げも充実させている
焼鳥日高(ハイデイ日高):焼き鳥と軽食など店舗ごとにメニューは異なる
●焼き鳥以外
串カツ田中(企業名も同じ):串カツが100円の立ち飲み業態も展開

ちなみに、この中で次に一番行きたいと思っているのは、六本木の通勤路にもある『串カツ田中』です。ソースの2度づけ禁止!


23:30:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

October 13, 2017

Pie Holic

先月末、六本木駅からオフィスビルまでの通勤路に、たくさんの円形のカラフルな商品の写真が掲げられた楽しそうな店舗が出来ていたので、水曜日に通った時に写真を撮りネットで調べました。

最初「ピザ屋?」と思っていたのですが、『Pie Holic』という名称が示すとおりパイのお店でした。"パイ"となると、私のイメージは「スィーツで若い女性の食べ物」って感じで、おっさん独りで入るのは恥ずいので、「そのうち星奈でも誘って来るか、友人・同僚の女子との会話で、此処の話が出たら誘って来てみよう」と考えていました。

そんな中、今日は代休で仕事は休みだったのに雨で紅葉観賞にはアウトだったので、雨の日のドライブがてら、大学がある新座まで星奈を迎えに行こうか提案するとOK。そして授業が終わるのがお昼だったので、ランチの後、六本木まで脚を伸ばして『Pie Holic』に寄ることにしました。ちなみにランチは、新座駅からほど近い川越街道沿いの『かつや』でガテン系。前から『かつや』は知ってて気になっていたものの、実は入るのは今回が初めてでした。

アクティブ・クルーズコントロール車テレビで渋滞も苦にならないし、ヒルズマスターカードで駐車場も2時間まで無料なので、"ちょこっと寄り道感覚"で行けるのがGOODです。そして訪れた『Pie Holic』は、、、此処はテイクアウト専門なのですね。スィーツ系だけでなく惣菜系もあって、ピクニックドライブに出掛ける前に寄ってアウトドアで食べるのが良さそうですね。尚、15時ちょっと過ぎの時間帯でしたが、我々が店にいた間に来たお客さんは全員女子でした。

『Pie Holic』は昨年3月に日本1号店が横浜・みなとみならいの『MARINE & WALK YOKOHAMA』にでき、横浜店のランチタイムはパイ食べ放題なのだそうです!12月31日まで有効な横浜店の20%割引券を貰ったので、横浜へのドライブがてら、また星奈と訪れましょう。あっ、家内も行くそうです(笑)。

なお、六本木店は横浜店のメニューの4分の1となる直径7センチの手のひらサイズのパイを展開し、「テイクアウトやギフトボックスを開けた時に思わず写真を撮ってしまうようなフォトジェニックなデザインを数多く揃えた」とのことです。私はInstagramはやっていませんが、いわゆる”インスタ映え”するメニューが揃っているようです。これを機に私もパイデビュー!もっとも、おっさん独りで行く勇気はありませんが(笑)。


23:00:00 | tom | comments(0) | TrackBacks

May 13, 2017

パワーサラダ

何の記事で見たかは忘れましたが、昨年、東京にサラダ専門店が続々とオープンし、ヘルシーだけではなくお腹いっぱい食べられる"パワーサラダ"と呼ばれているようで気になっていました。そして、平日のランチ時に六本木ヒルズヒルサイド1Fの中華に行く時に、いつも店の前に行列が出来ていて「何のお店だろ?」と思っていた其処が、サラダ専門店の『CRISP SALAD WORKS』でした。

昨夜はJR西船橋駅近くの『フナバシ屋』で家族3人で居酒屋ディナーだったのですが、食べ過ぎ&飲み過ぎでお腹がもたれ気味だったので、休日出勤の今日のブランチはサッパリしたものが食べたく、その『CRISP SALAD WORKS』を思い出して初めて行ってみました。

平日のランチどきは行列が出来ているお店も、休日の11時半くらいだと私の前に3人が店内でオーダー待ちしている程度だったのでラッキー。最初、オーダーの仕方が分からなかったものの、"シグネイチャーサラダ"という方のメニューを見ると"クラシック・チキンシーザー"が1,060円と比較的手頃な価格だったので、それにしました。

「ドレッシングはお勧めで良いか」「サラダに掛けちゃって良いか」と尋かれ、大きなロメインレタスやグリルチキンなどを、器具を使って其の場で細かくして作ってくれましたが、私の前の男性は常連さんだったようで、作っている間(1分程度)、店の女の子たちと楽しそうに会話をしていました。

『CRISP SALAD WORKS』は「つくっているのは、つながりを生む場所」というカルチャーがあり、「食べること、楽しむことで、特別なつながりを生み出すこと。だから、お店の空間づくり、接客やオーダーのとり方、調理の動作や見せ方、継続的な関係性のつくり方まで、全てにおいて、"CONNECTION"を大切に考えてる」のだそうです。なので、上記のような楽しそうな会話のキャッチボールも出てくるのですね。

サラダはテイクアウトしてオフィスで食べましたが、グリルドチキンやクルトンなどで確かに食べ応えがあり、お腹も膨れて満足でしたよ。最近はちょっと体重が増え気味なので(汗)、調整のために此れからも寄ることが多くなりそうな予感です。次は"カスタムサラダ"にもチャレンジしてみたいと思いますが、特に、プレミアムとされているアボガドが美味しそうだったので。


23:32:00 | tom | comments(0) | TrackBacks