March 04, 2019

東京マラソンこぼれ話

東京マラソン完走&自己ベスト更新で多くのSNS友達から祝メッセージを頂き有難い限りですが、その中で幾つかあった質問が「東京マラソン、よく当選したよね!」ということ。自分がフルマラソン走るようになってから過去2回申し込んで抽選に外れ、実は今回2019年の大会も抽選では外れて3年連続落選だったのです(汗)。

では何故走れたかというと、決して10万円払ってチャリティーラン枠で応募した訳ではなく、実は愛車のおかげだったのです。エントリーに3年連続落選した通知があってから数週間経過した時に、愛車を購入したディーラーの担当営業マンから「渡りに船」的なオファーが来たのです。

東京マラソンのオフィシャルパートナーの1社でありマラソンの先導車でもあるBMWですが、そのディーラーに出走枠がいくつか来たようで、定期点検の時などに世間話で私がマラソンすることを覚えてくれていた営業マンから打診があったのです。当然ながら一般の人と同じ参加料は払うのですが、12倍強の競争率を回避できるだけでも超ラッキーなので、二つ返事で申し込みました。そして晴れて走れることになったのです!

2つ目のこぼれ話は、「ハーフマラソンは二日酔いでも走れるけど、フルマラソンはそれなりの準備をしないと結構辛い」と思っているので、東京マラソンに備えて1ヶ月くらい前から平日のイベント無しデーにはアルコールを摂らないように節酒し、先週も月曜日から木曜日まではアルコール抜きだったのですが、金曜日の親睦会が楽し過ぎて3次会まで行き、更に酔った勢いで帰りにコンビニで赤ワイン1瓶買って飲んでしまった為、翌土曜日は自分でも酒臭いのが分かるくらい二日酔いでした(汗)。

そんな状態だったので、翌日の東京マラソン本番も「4時間30分目標と言ったけど、もしかしたら5時間くらい掛かるかなぁ?」と結構懸念していたのですが、蓋を開けてみたら全く影響無かったようです。逆に、この不摂生が無ければ本当にサブ4も目指せそうな気がして来ていますよ。なお、昨日はマラソン完走後に帰宅してお風呂で温まってから、ビールと赤ワイン、そして缶チュウハイで美酒に酔い、早々に寝落ちりました(笑)。

3つ目は因果関係は不明で自身初めての体験ですが、昨夜、そのお酒を飲むくらいから「しゃっくり」が止まらなくなったのです。正確に言うと、眠っている時には止まっていたのですが、今朝起きて(代休だったので)昨夜飲み残した缶チュウハイを一口飲んだ瞬間に再発!そして暫く止まっていたのに、ランチ時にビールを飲んだらまた再発しました。42.195kmをあの速度で走る時の呼吸で、横隔膜に何か変化があったのでしょうか? 晩飯以降は止まりました。

最後は今日の身体の状況です。昨日ゴールした後、預けた荷物を引き取りに行くまでに迂回も含めて1km程度歩かされ、信号待ち時に脹脛の疲労感が半端なくあって乳酸がたくさん出ているのを実感しました。これは大阪マラソンの時にも経験していて、その時よりも「若干重いかな?」程度だったのですが、今日は膝を曲げる際に左脚膝の外側の腱に痛みがあり、階段の上り下りがギクシャクしていました。ホノルルマラソンの時にも経験した痛みですが、その時に比べたら全然軽いです。


23:33:00 | tom | comments(0) | TrackBacks