August 02, 2018

火星大接近

7月最後の日(7/31)の夜、遅出遅帰りだったので20時半ちょっと前に帰宅しましたが、帰りの電車の中でSNS見ていて、その日が火星大接近の日だと初めて知りました。

もっとも、月や太陽の蝕(日食、月食)と違って、火星や金星は光学83倍ズームのカメラを使っても点のようにしか撮れないので、「ふ〜ん、そうなんだ」くらいにしか思っていなかったのですが、最寄り駅を降りて南南東の空を見上げると、想像よりも目立っていて赤オレンジ色に輝いている火星が見えました。

自宅に着いて晩飯食べる前にNikonのCOOLPIX P900を持って外に出てファインダーを覗いてみると、光学ズームの領域(83倍)では確かに点にしか見えませんでしたが、もっとズームってデジタルズーム領域(最大322倍)まで入ると、月のように丸くなりました。

早速手持ちで何枚か撮りましたが、暗くてシャッター速度が遅くブレブレ、、、クルマから一脚を取り出し撮ってみましたが、これでも未だブレます。。。なので、数ヶ月前にAmazonで買ったきり未だ一度も使っていなかった中華製の三脚をクルマから取り出し、P900を取り付けて撮影してみました。

さすが三脚では1秒程度のシャッター速度でもブレずに丸く撮れていましたが、模様的には遠くの小さな光を大ズームで撮ったがゆえの虚像(実際の像ではない)に思えたので、Facebookに投稿するつもりは無かったのですが、その後、報道ステーションで火星大接近に関する報道をしていた時に流れた火星の映像も似たようなものだったので、日が変わる直前にFacebookに投稿しちゃいました(笑)。

火星の軌道は楕円なので、一番遠いときと大接近の時では火星の視直径が倍近く違うそうですが、公転の速度も地球とは違うので、大接近は15年から17年に一度ほどだとか。そして今回は15年ぶりの大接近だったのだそうです。思いがけず、天体ショーを楽しめて火星感のある写真をSNSにも投稿できたラッキーな夜でした!


21:53:19 | tom | comments(0) | TrackBacks