May 09, 2018

自動車税

3月から5月にかけては何かと納税の多い時期で、確定申告後の所得税、自宅の固定資産税、そして自動車税と続きましたが、インターネット経由のクレジットカードによる一括払いで、自動車税を先ほど納税しました。

この時にちょっと目を疑ったのが、1,500cc超〜2,000cc以下の課税額39,500円かと思いきや、手続きを進めていくと納付金額10,000円、システム利用料の324円をプラスしても10,324円と表示されました。

「あれ? 昨年の9月に買い替えた時に前納した? まさか下取りに出したN-Boxのが間違って来ちゃった?」と思って納税通知書の登録番号を見てみると、間違いなく私のX1のであり、「4月から翌年3月までの1年間の税額」と書いてあります。

「何で?」と思って同封されていた『平成30年度版 自動車税のしおり』を見てみると、「グリーン化税制について」のQ&Aに、
*******************
Q:今年の自動車税、去年と金額が違うんだけど・・・。
A:環境への配慮を税額に反映させる「自動車税のグリーン化」に該当する可能性があります。以下をご覧ください。
*******************
と書かれていました。

<税額が低くなる自動車>
平成29年4月1日〜平成30年3月31日の間に新車新規登録された以下の自動車
 電気自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリッド自動車
 天然ガス自動車・クリーンディーゼル乗用車(いずれも一定の基準を満たすもの)
 → 平成30年度のみ、通常より約75%低くなります。

おお!愛車のX1 xDrive18dはクリーンディーゼル車で一定基準も満たしているようで、標準課税額より約75%低くなって10,000円になったのです! 「平成30年度のみ」とのことなので今年だけですが、納税なのに何だか得した気分になっちゃいましたよ。

購入してからこれまでの通算燃費は16.3km/Lだし、軽油自体もハイオクやレギュラーガソリンに比べたら安いので、何かと財布に優しい愛車のようで、更に愛おしくなりました(笑)。


21:52:48 | tom | comments(0) | TrackBacks