May 22, 2018

Apple Pencil

今のiPad Pro(9.7インチ版)を使い始めて2年が過ぎましたが、通勤時の電車内で電子書籍を読むときに使い、旅行時にはSmart Keyboardと一緒に持ってってパソコン替わりに活用(主に日記を書く時)していますが、一緒に買ったApple Pencilを最近は全然使っていなく、いざ使おうとするとバッテリー切れで充電から始めなくてはならないことが多くなっていました。

そんな中、Mac Fanの2018年6月号では3月末にリリースされた新型iPad(主に教育市場向けへプロモ)が特集されていて、廉価版のiPadでもApple Pencilが使えるようになったことが最大のアドバンテージと謳われていたので、私のiPadの利用状況でも改めてApple Pencilを見直すことにしました。iPad Proを買ったばかりの時は「お絵かきソフトで絵画にもチャレンジしてみよう!」と思っていましたが、それも3日坊主だったし・・・(汗)。

さしあたって、iPadを買った後にインストールして便利に使っていた手書き日本語入力『mazec』をもっと積極的に使うことにしましたが、「使おうと思った時にApple Pencilのバッテリー無し」を防ぐため、常に目に見えて手が届くところに置けるように、Amazonで『Ostart Apple Pencil 充電スタンド アップル ペンシル充電ドック』なるものを「ポチっ!」しました。

1,800円と比較的安かったのですが、直接挿し込んで充電できるし、その時にキャップを入れてお穴もあり、その穴は充電後にはペンスタンドにもなり中々便利です。Apple Pencilをオフィスの机の引き出しに入れちゃわないので、使いたい時にすぐ取り出せるのがやはりGOODですね。

Mac Fanの2018年6月号には「iPadの”最驚”使いこなし術」という特集記事もあり、iPadを使った15のアイデアが紹介されていました。
1. ドラレコやカーナビとして使う
2. 一眼レフを操るカメラコントローラとして使う
3. 自宅やオフィスの監視カメラとして使う
4. デジタルサイネージとして動画やメッセージを表示させる
5. プログラミングでロボットを動かす
6. 楽器を一切使わずにギターやドラムを演奏する
7. パーティでDJをする
8. 本を自炊して読書専用端末として使う
9. 自分専用機としていつでもどこでもテレビを視聴する
10. デジタルを活かして英語を勉強する
11. スポーツ上達のためにフォームを確認する
12. 素人でもハイクオリティなイラストを描く
13. マインドフルネスを高める塗り絵を楽しむ
14. イベントのための豪華なビデオを作成する
15. Apple Pencilを駆使してチラシやポスターを作る

1から4までは、それをiPadでやるのは勿体ない気がしますが、私の場合は此の中では既に実施している8(但し、自炊はもう卒業)と9は引き続きiPadのキモ的な活用内容ですし、これから遣ってみたいのは、やはり一度三日坊主になった12ですかね(笑)。


23:49:00 | tom | comments(0) | TrackBacks