May 02, 2018

GWの谷間は母親孝行デー

ゴールデンウィークの谷間(前半三連休、後半四連休)の今日は仕事の人も多かったとは思いますが、私は日曜日の休日出勤分の代休でした。元々、今日は予定は入っていなかったのですが、4/26の日記にも書いたように、母(イチ子さん)のリクエストに応えて私が何処かに連れてくことにしました。

ということで、母息子おデートの目的地はウォーカープラスの千葉県で調べて「藤が綺麗」とのことだった『水郷佐原あやめパーク』。八街から1時間足らずで到着しちゃいましたが、「なにやら閑散としている」と思いきや、今年は例年よりも春が暖かかったせいでソメイヨシノ同様に開花が早く、もう殆ど散っちゃっていました。入場の際に券売所の女性がすまなそうに事前に教えてくれましたが、せっかく来たので入りましたよ。

入場早々、「オレはこの辺に座って休んでいるから、お前は適当に公園内を廻って来ていいよ」とのことだったので、花が殆ど咲いていない園内を散策してアヤメや蓮などを"それなりに"撮ってきましたが、一周してイチ子さんの所に戻ると、園内の売店で買ったお土産袋を2つほど抱えて待っていましたよ。相変わらずイチ子さん(母)は「花より団子」のようです(笑)。

早々に『水郷佐原あやめパーク』を後にして向かったのは、”蔵の街”佐原。3月に高校同窓生と行った三毳山フラワーハイクの時”蔵の街”栃木の存在を知り、有名な川越と共に佐原もそうであることを改めて認識したのですが、水郷佐原あやめパークに入るときに貰った地域の観光パンフレットに『小江戸さわら 蔵の街』が載っていたので、行くことにしたのです。町並み舟めぐりがあって、健脚ではないイチ子さんにもGOODでしたからね!

伊能忠敬記念館の駐車場にクルマを停め、まずは千葉県有形文化財にも指定されている老舗蕎麦屋『小堀屋本店』で天もりを食しました。江戸時代にタイムスリップしたような佇まいで趣がありましたよ。黒切りそばを頼まなかったのがちょっと心残りでしたが。。。

そしてお待たせの小野川・町並み舟めぐりは30分弱の時間ですが、地元の船頭さんが色々と説明してくれ、此処に来たら必須のアトラクションだと思います。1時間に往復2本くらいしか出ていないJR成田線の線路の下を通ったときに、ちょうど電車も来て撮鉄出来てラッキーでしたよ。小江戸さわら、お薦めです!


23:06:00 | tom | comments(0) | TrackBacks