May 19, 2018

千葉ロッテ 2018年配布ユニホーム

今日はZOZOマリンスタジアムで開催された『千葉ロッテマリーンズ vs. 福岡ソフトバンクホークス』のゲームを観戦してきました。往路は週末お決まりで自宅から走って行きましたが、スタンドで水分補給?のためにビールを飲もうとスーパードライのおねーさんを呼ぶと、以下のような会話になりました。これもまた愉し(笑)。

小姐:スポーティな格好ですね!
途夢:走ってきたからね
小姐:近くに住んでるんですか?
途夢:船橋だけど
小姐:私も船橋ですけど、遠くないですか?!
途夢:12kmくらいだけど
小姐:それって凄くないですか!どれくらい掛かるんですか?
途夢:1時間ちょっと
小姐:私には無理!(ビールが注ぎおわり)楽しんでって下さいね

今日は『ALL for CHIBA』のイベントゲームで"千葉市"に特化した日でしたが、今シーズン4試合目の『ALL for CHIBA』にして初めてのユニホーム無料配布ゲームでした。そして其のユニホームは、、、マリンフェスタのユニホームと同じようなコンセプトのデザインで、昨年までとは大幅に変わりました。

公式サイトの説明によると、「チームカラー、そして千葉県公式マスコットキャラクター『チーバくん』の赤、移転当時のユニフォームのサンライズピンク、これらを掛け合わせたサンライズレッドに、マリーンズの象徴であるカモメをあしらった『CHIBAオリジナルユニフォーム』」とのことです。

私はメルカリで買った16番涌井選手のレプリカユニフォームを持参したのですが、ユニフォーム配布ゲームは(当たり前ですが)其のユニフォームを着ている人が圧倒的に多く、私も周りとの一体感を考慮して今回は配布ユニフォームを着ようとも思っていました。でも選手が着用するユニフォームは、マリンフェスタとは違って其のデザインのユニフォームではなく、昨年までのと同じデザインだったので、涌井ユニフォームを着て応援することにしました。

今年の無料配布ユニフォームは何れもアロハチックで祭りの会場などに似合いそうなデザインではありますが、今日配布された2018年版の「CHIBAオリジナルユニフォーム」の赤は若干白っぽくてくすんで感じられ、わたし的にはイマイチな印象でした。選手が着用していて私も持っている涌井レプリカのピンクっぽいサンライズレッドや、広島東洋カープのユニフォームのような深紅の赤い色の方が好きです。

なお、今年は初開催の夏のビッグイベント『MAKUHARI SUMMER STADIUM』があり、そのサマーユニフォームが発表されましたが、これまた斬新なデザインです! こちらは花火にも見える柄が夏っぽくて個人的には好きかも(笑)。アパレルのZOZOタウンスタートトゥデイ社の社長は剛力彩芽の彼氏)がマリンスタジアムの命名権を取得してからは、ユニフォームも含めてグッズがファッショナブルになっているように思えます。


23:19:00 | tom | comments(0) | TrackBacks