March 24, 2018

三毳山フラワーハイクと蔵の街散策

今日は高校同窓生と3人で毎日新聞旅行社『まいたび』の日帰りバスツアー「三毳山フラワーハイク」で、三毳山ハイキングとカタクリ群生の観賞をして来ました。山登り&ハイキング好きのアクティブな同窓生女子の声掛けがなかったら、「みかもやま」という読み方だけでなく三毳山の存在自体も知らなかたっし、「カタクリ」という名前の花があることさえも知らなかったでしょう(笑)。

バスツアーの良いところは道中でアルコールを嗜めるところですが、バスに乗るなり今日の旅の安全を願ってプレモルの<香>るエールで乾杯! バスに揺られること1時間半強で『道の駅みかも』に到着しました。三毳神社までの急な階段や三毳山の登りで結構いい具合に脹脛が伸びてる感じがしましたが、標高229m程度の山でも汗ばむくらいの良い運動になりましたよ。

途中『みかも山公園』の東公園で綺麗に咲いている満開の河津桜を見ながら休憩した後は、『万葉自然公園かたくりの里』のカタクリ群生地で紫色が艶やかなたくさんのカタクリを観賞しました。今回は積極的にミラーレス一眼NEX-6のマニュアルフォーカスでピント調整をしたり、露出を明るくしてアート風の写真を撮影したりと、写真撮影も充分に堪能しましたよ。結果的にFacebookに投稿する写真が絞りきれず、39枚も投稿しちゃいましたけどね(笑)。

その後は”蔵の街”栃木市を散策。これまた、栃木市が川越や佐原と同じ「小江戸」と呼ばれていることも初めて知りました。同じ栃木県の宇都宮に3年半ほど住み、家内の実家が宇都宮なので今でも年に数回は栃木県には行っているんですけどね(汗)。

私は川越や佐原を散策したことが未だ無いので、「小江戸」という場所には初めて来ましたが、白と黒のモノトーンの建物が良い感じで風情がありました。また、ちょっと早いような気がしますが、巴波川(うずまがわ)にたくさんの鯉のぼりがなびいていて、これまたGOODな写真が撮れましたよ。

小江戸とちぎ蔵の街を1時間半程度散策後、バスに乗って帰路に就きましたが、その前に栃木県産麦芽100%のビール『とち介 麦太郎』を味わい、「とちおとめ」を家族へのお土産として調達しました。天気にも恵まれて、3人とはいえ同窓生達とワイワイガヤガヤ楽しめた良い1日でした。


23:17:00 | tom | comments(0) | TrackBacks