March 18, 2018

台北散策

今日は1日台北市内を散策しました。朝食を食べない私は午前中は家内と娘とは別行動とし、国立国父紀念館がある中山公園に歩いて行って来ました。あらためて思ったのが、沖縄よりも南にある台湾なので、生い茂っている樹木も緑が濃くて幹も太く、力強さを感じさせられたこと。なお、今の時期でも今日の最高気温は29℃まで上がったので、午前中でも日向を歩くと汗ばむくらいでした。

中山公園まで来ると台北101も間近に見えますが、今回の滞在では台北101に行く予定は無いので、広大な中山公園から臨む写真だけパチリ。国立国父紀念館の前にある花壇がとても大きくて色鮮やかな花々で飾られていて印象的でした。また、「翠湖」いう名の池の近くでは野生のリスが姿を現わしたのですが、ティッシュのようなモノを両手で掴んで立ち上がっている姿を撮れたのでラッキーでした!

その後は娘と家内と合流して台湾在住時代に住んでいた天母地区に移動し、当時よく食べに行っていた『一品山西刀削麺之家』に行って刀削トマト牛肉麺を堪能しました。「移転した」と聞いていましたが、新店舗は比較的簡単に見つかり、以前よりも5割くらい広くなっていました。

刀削トマト牛肉麺は一般的な牛肉麺より辛くはなく、この素朴で優しい味がGOODです。家内は刀削麺ではなく水餃子入りのトマトスープでしたが、こちらも美味しかった! なお、星奈が台湾に住んでいたのは幼稚園までなので結構忘れていることも多いようですが、ここで食べた豚の耳ミミガーの小食は何故かよく覚えていて、今回も食べていましたよ。

そして午後からは人気の雑貨屋や食べ物屋が多いという永康街を散策。この時間帯は私は女性陣のお付き合い。それでもモダンな茶芸館『回留』でお上品な烏龍茶を味わい、『思慕昔(スムージー)』で「スーパーソルベとマンゴー雪花氷」を堪能し、その間に足裏マッサージにも行きました。私を担当した若いお兄ちゃんは力の入れかたがイマイチ弱く、痛いくらいのを好む私にはちょっと不充分だったかもです。

そして夕方には"星奈のお楽しみ"である士林夜市に行きました。この屋台的な雰囲気は住んでいたマレーシアや台湾で何度も味わってきたので、家族共々大好きです。美食系が地下に入ってから初めて来たのですが、メチャクチャ賑わっていて日本語メニューも豊富で、台湾ビールのおつまみに、焼き牡蠣、空芯菜、渡り蟹のフライ、玉葱の玉子焼、牛肉炒飯、魚丸湯を堪能しました! その後も散策している時に"エリンギ焼き"を見つけて星奈と堪能し(家内はキノコ類嫌いなのでNG)、松茸気分を味わいました。

ということで、充実した台北市内散策の一日でした!なお、今日の移動では初めてUber(ウーバー)を使ってみましたが、台北も始まっていたのですね。とても便利でしたが、詳細はまた後日に記します。


23:14:00 | tom | comments(0) | TrackBacks