December 03, 2018

Nikon D5600

土曜日に木更津のアウトレットに寄った際に購入した新しいカメラは、、、Nikonの一眼レフカメラD5600です。NEX-6以前は同じSONYのα100を使っていたので、今回はミラーレスから再びミラー有りに戻ったことになります。

メカ屋&ガジェット好きな私としては、SONYのα7が切り開いて人気を博しているフルサイズのミラーレス一眼、Nikonなら最近発売されたばかりのZ6やZ7、ミラー有りならプロ仕様のD850が欲しかったのが正直なところですが、なにぶん本体だけで20万以上になるので気軽に手が出ません。。。

一方で自分の使い方、主にFacebookなどSNSに投稿する風景などの写真を撮ることが殆どなのを考えると、そんなに高級じゃなくても充分に目的は達成できると思い、比較的手頃な価格になっているNikon D5600に決めたのです。

なお、D5600は2016年発売のモデルである一方、今年発売されたばかりのD3500が有効画素数、高速連続撮影のコマ数が一緒で値段も安かったので最初はD3500を考えたのですが、液晶パネルが固定でバリアングルにならないのが大きなマイナスポイント・・・。

2年古いモデルとはいえ、上位シリーズ(5000シリーズ)では一番新しく価格差も12,000円程度なので、D5600にしました。なお、連写機能等で数段高性能なD7500にも触手をくすぐられましたが、D5600に比べると随分と大きくなって価格も数万円高くなるので、思い留まりましたよ。

なお、ダブルズームキットなら18,000円程度の追加で300mmまで望遠のレンズが付いてきますが、70-300mmだと広角側で写真撮りたい時はレンズを交換する必要があり、これまでのNEX-6のようにタムロンのレンズB011(18-200mm、35mm判換算で28- 310mm)を取り付けて外さずに、広角から望遠まで気軽に撮れる方が私の使い方にはマッチしているので(特に山登りの時など)、D5600は本体のみにし、レンズは高倍率ズームの『AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II』にしました。

発売当時は希望小売価格118,800円だった高級なレンズが半額以下になっていて、更に三井アウトレットパークのウインターセールで30,000円以上は10%オフになったので、Nikon純正のレンズフィルターも追加して全部合わせて約10.8万でした。

ところで、2台続けて一眼レフカメラはSONY製だったのに今回Nikonにしたのは、(一眼レフではないけど)併用している光学83倍ズームのCOOLPIX P900と同じメーカーの方がメニューなど使い方が似ていて良いと思ったのと、珍しく家内と2人で行った紅葉観賞でカメラが壊れ、家内の方から「このあとアウトレットに行ける?」と言ったその木更津のアウトレットパークに全国4箇所しかないニコンダイレクトストアがあったので、ある意味「神のお告げ」だと思ったからでもあります(笑)。

数日前からカメラの調子が悪いという話はしていて、リビングで独り言言いながらメルカリでチェックもしていたのも聞いていたようだったので、アウトレットに行く時に「カメラ買おうかな」と言ってもネガティブな反応や反対するような素振りがなかったのはラッキーでした。なお、値段に関しては詳しく伝えていません(笑)。


22:50:36 | tom | comments(0) | TrackBacks