July 06, 2017

オプティアーク”大”同窓会

昨日の夜は延べ人数(おそらく)40名以上になった壮大な呑み会でしたが、4年前に事業終了して解散した『ソニーオプティアーク』のメンバー(元同僚)でした。事業終了が社内で発表されたくらいからだと記憶していますが、同僚の間でもFacebook友達になる人が急激に増え、そして解散後も積極的に投稿する人が少なくはなかったので(典型的なのが私、笑)、全然久し振りで無いように感じる人が結構いましたけどね。

この壮大な呑み会のトリガーは、幹事のYZさんが何気にFacebookメッセンジャーで作った”オプティアーク同窓会”というグループでの呑み会の呼び掛け。「4月12日に下北沢」というお誘いで、残念ながら私は別件が有り参加出来ませんでしたが、この時も20人強の大人数が集まったようです。そして懐かしい面々の写真や「楽しかったー!」っていう感想がグループメッセンジャーに次々と投稿され、メチャクチャ賑やかになっていました。

その余韻も覚めぬ中、YZさんから「みなさんに都合の良い場所はなかなか難しいですが、中間に近い下北沢あたりを核に懐かしの厚木とか五反田パターンもせねばですね。」との予告があり、早々に場所は厚木に決まって日程調整が始まりました。”中間に近い”というのは、解散後は私のように転職して会社が変わった人や、勤務先が都内になった人、そして引き続き厚木の人、東京、神奈川、埼玉、千葉と、勤務地や自宅のロケーションが多種多彩になったからです。

「懐かしの厚木とか五反田」に関しては、ソニーとNECの合弁会社として出来た『ソニーNECオプティアーク』の所在地が五反田(ゲートシティ大崎)であり、途中からソニー100%の会社となって、ソニー厚木第2テクノロジーセンター内に移動したから。なお、厚木第2テックはオプティアークの前身であるソニーのデータストレージ事業部、光ストレージ事業部があった場所であり、私も1990年代前半から馴染みが深い場所でした。

当時は『ソニーアスコ』(@東金)に転職したばかりでしたが、担当したのはフロッピーディスクドライブの生産用設備。その後、担当がCDーROMドライブの生産用設備になりましたが、この時の顧客が米国林檎社であり、当時としては珍しくオフィスに林檎ブランドのコンピュータが並んでいて、早くから林檎コンピュータに触れ、MacOSに慣れ親しめたのが、結果的に今に繋がっています。

そしてこのデータストレージ、光ストレージの業務に関わったことからマレーシアに赴任する機会を得て、異国の文化を味わい、異国の友達がたくさんでき、ホームページを開設して情報発信するようになってからは、見知らぬ人との”偶然のように思る必然”の出会いや繋がりに生き甲斐を覚え、海外でも遣っていける自信がでて台湾や香港の企業に飛び込み、中国に滞在する機会を得て中華文化を体験して中国語も出来るようになったので、”厚木”は私の人生の中で、とても重要な場所であったことを、今回の飲み会を機に改めて認識しています。

そんな厚木で開催された同窓会は、あれよあれよいう間に40人以上が参加を表明し、急用で参加出来ない人や飛び入り参加の人、早目に退散したり遅れて来る人もいて、結果的に何人だったかは私は分かりませんが、壮大な”大”同窓会になりました!

会場は馴染みのメンバーが多い『焼酎居酒屋 階(きざはし)』でしたが、奇遇にも7月5日が15周年の日。また、残念なことに15周年を迎えてすぐの7月21日をもって営業を終了されるとのことで、”15周年+感謝”の意味で贈呈したお花が、圧倒的にオッさんが多い会場を華やかにしてくれましたよ。

次は五反田になるのではと予感していますが、何人集まるのか今から楽しみです!


23:19:00 | tom | comments(0) | TrackBacks